投資

取引を始める前に押さえておくべき基礎知識

取引を始める前に押さえておくべき基礎知識
1000円から日米株にスマホで投資できる!IPOに1株から申込可能。キャンペーンも開催

家を買う手順6ステップ!住宅ローン手続きの前にまずやることとは?

一方、中古住宅のメリットとしては、まず価格が抑えられることが挙げられます。その分リフォーム代がかかるという反論もありますが、実際にはフルリフォームを行っても新築購入価格には及ばないことがほとんど。やはり費用の面では中古住宅が有利といえます。ただし、新築住宅に比べるとメンテナンスや修繕に手間がかかることは確かです。メンテナンスの必要がない最新設備が入っている家に住みたい場合は、新築住宅の方が向いているでしょう。

戸建て住宅かマンションかを決める

戸建て住宅のメリットとしてはプライバシー性の高さが挙げられます。マンションでは同じ建物で多くの人が共同生活をするという仕組み上、どうしてもトラブルは起こります。代表的なものとしては騒音トラブルです。基本的に夜中は騒音に配慮した生活が必要です。その点、戸建て住宅は独立した建物に住めるため、マンションに比べてプライバシー性の高く過ごせることがメリットっとなります。

マンションのメリットはなんといっても立地条件のよさです。一般的にマンションは戸建て住宅に比べて駅に近い便利な立地に建てられます。駅から離れた住宅街と比べると閑静な環境は失われるものの、周辺に買い物できる場所や子育て環境が充実しているため、利便性はピカイチです。共働き世帯などには特にマンションがおすすめです。

資金計画をする

住宅ローンの借入可能額を把握する

年収倍率とは、年収に対して住宅ローン借入額(もしくは家の購入金額)が何倍であるかという数字のことです。一般的に住宅ローン審査に通りやすい年収倍率の目安は5~7倍までと言われています。つまり、世帯年収500万円であれば2,500万円~3,500万円ほどが借入可能額の目安だと言えます。

また、返済負担率から借入可能額の目安を計算する方法もあります。返済負担率とは、年収に対して住宅ローンの1年あたりの返済額が何割であるかという数字のことです。住宅ローン審査に通りやすい返済負担率の目安は、30~35%以下だとされています。つまり、世帯年収500万円であれば、1年間の住宅ローン返済額の目安は150万円~175万円ということになります。

頭金としていくら用意するかを決める

住宅ローンの頭金として現金でどれくらい用意しておくかも考えておきましょう。頭金の目安は家の購入価格の10~20%と言われています。

最近では、頭金なしで住宅ローンを組める金融機関も増えているため、フルローンで家を買うのも1つの手です。

諸費用や住み替え費用にも注意

諸費用とは、家を買うにあたってかかる家の購入価格以外にかかるお金のことです。一般的に家の購入価格の5~10%が諸費用の目安とされています。具体的に諸費用としてかかる費用には以下のようなものがあります。

さらに、住み替えにあたっての仮住まい費用や引っ越し費用、家具家電の新調費用も忘れずに資金計画に入れておくようにしましょう。

希望条件を整理する

まずは、思いつくままに希望条件を挙げていった方がいいのですが、予算や土地には限りがあるため、すべての希望条件を実現することは難しいでしょう。そこで、ある程度条件を出し切ったら、優先度をつけることが必要です。

内見をして物件を選ぶ

また、Housii(ハウシー)などのネットであなたの条件に合った物件提案をもらうことのできる無料サービスを利用するのも1つの手です。

条件に合う物件を絞り込めたら、いよいよ実際に内見をしていきます。1日に見て回れる物件数は多くて3件が限度です。1日1~2件の内見を基本として考えておくと良いでしょう。

売買契約をする

まずは、購入申し込みをして売主に対して、その家を買いたいという意思表示をします。具体的には購入申込書という書類に記入して提出します。買いたいと決めているのになぜいきなり契約とならないかというと、他にもその家を買いたいと立候補している人がいる可能性があるためです。この購入申し込みは、まだ住宅ローンの審査待ちをしているけど買う意思はあるということを伝える役割も持っているのです。

売主買主双方で合意ができたら、売買契約を行います。売買契約は仲介業者から重要事項説明という物件の詳細や取引条件についての説明を受け、問題なければ署名・捺印をするという流れです。このタイミングで手付金や仲介手数料を支払うため、準備しておきましょう。

また、購入申し込み書の提出と売買契約自体にはそれほど時間はかからず、それぞれ1日で完了しますが、売買契約は売主・買主・不動産仲介業者の3者が立ち会って行われます。スケジュール調整を考慮して、購入申し込みから1~2週間の期間をみておくとよいでしょう。

手続きを済ませて家の引き渡しを受ける

支払いの準備まで整ったら、最後はいよいよ物件の引き渡しになります。なお建売の場合は新築しているケースもあるため、入居前には問題なく施工されているかチェックする「内覧会」が行われます。また注文住宅の場合であれば、工事中に何度か立ち会いに入るケースがほとんどです。施工を進める中でも特に重要な工程において、その都度確認が求められます。

「そろそろ家が欲しいかも…」と思ったら、まずはHousii(ハウシー)に登録してみませんか。複数の不動産会社が未公開を含むあなたにピッタリの物件を紹介してくれます。匿名登録なので、気になる物件が見つかるまで不動産会社に会わなくてOK。急かされずに、自分のペースで家を探せます。

商品開発の新人が学ぶべき4つの知識とは?【食品メーカー研究開発】

仕事

今回は、「商品開発の新人が何を学べばいいのか」についてお話ししていきたいと思います。

恐らく、これらを意識して最初の1~2年仕事に臨むのと、まったく考えずにがむしゃらにやるのでは中堅社員になったときの技量に差がついてくるだろうと思います。

みりあ

以上4つを意識することをオススメします。

みりあ

ちなみに今回もあくまで私個人の意見です!それぞれの人・会社でやり方が異なると思いますので参考として見ていただければ幸いです。

1.原材料の知識を増やす

開発を行う上で、原材料の知識は非常に重要です。

味見をする

まず、一番大切なのが原料の味を覚えることです。

一気に全部味見!はちょっと無理ですが、知らない原料を使うときは必ず味見するようにしましょう。

「味の特徴」「におい」「味の強さ(力価)」「色」「乳化具合」 などをメモしておくと後々試作をする時に役に立ちます。

似たような名前味が少しづつ異なる紛らわしい原料も沢山あるので、頑張って覚えましょう。笑

価格を覚える

商品開発には、原価管理がつきものです。

試作に使う原料を選ぶとき、ある程度価格が頭に入っていると、効率よく選定することができます。

規格書を見る

原料にはそれぞれ、説明書である「規格書」が存在します。規格書は会社のファイルに保管されていたり、原料メーカーへ問い合わせてもらったりすることができます。

規格書は原料情報の宝庫です!その原料がどんな製法や素材で作られているか、どんなアレルゲンが含まれているか、などなど・・・規格書を読んでおくと原料に対する理解が深まります。

みりあ

原料メーカーと商談する

営業マンは原料の使い方を教えてくれたり、今まで使ったことのない新しい原料を紹介してくれます。時には勉強会を開いてくれることもあるので、積極的に利用して知識を増やしていきましょう!

展示会に行く

多くの原料メーカーが一堂に会する展示会は、知識を増やす絶好の機会です。

ただ行くだけだと収穫がないので、「取引先を巡って新製品を全部見てくる」「こんな原料がほしいから、知らないメーカーも含めた中から探してみる」などの目的をもって動くのがおすすめです。

2.自社製品について覚える

自社製品のラインナップ

少しずつでもいいので、自分の会社がどんな製品を作っているのか把握しておくようにしましょう。

「どんな製品を持っていて、逆にどんな製品が無いのか」「製品を作るうえで大事にしているポイントは何か(味・価格・機能性等)」を最低限わかっておきましょう!

自社製品の味

ラインナップと一緒に覚えておきたいのが味の特徴です。

競合他社と比べて何が違うか?どこが良くてどこが悪いのか?意識しながらみると尚goodです!

これは少し上級編なのですが、加工食品は「作ったロットごとで味が若干異なる」場合があります。

そんな時にどの程度の差なら許容範囲なのか、どう工夫すれば極力差をなくせるのか考えておくのも開発者としてステップアップするための力になります。

自社製品の製造工程

ラインナップ、味ときましたが・・・最後に製造工程までしっかり覚えることができたら、とってもいい感じですね!

製造工程には 「加熱温度・時間・混ぜ方・充填や成型・包装・品質検査」 などの多くの要素があるためすべてを覚えるのは大変です。

手っ取り早いのが工場研修や製造立ち合いで実際に見てみることです。ただ製造研修は会社によって期間やタイミングがまちまちなので、足りない部分は先輩に聞く・製造工程表を覚えるなどで対応しましょう。

3.食品表示について学ぶ

意外と重要で、かつ自分で学ぶことができるのが食品表示です。

食品には必ず表示を付けなければならず、その情報を作っているのが開発者なんて会社も多いです。

みりあ

ちなみに食品表示は教材も手に入るし、食品表示検定という資格もあるので受けてみてもいいですね。もし勉強するなら中級がおススメです。

【投資入門】何から始める?初心者向けの投資&おすすめサービスはコレ!

f:id:BRIDGESTONE:20201223160044j:plain

f:id:haruka_sako:20201027173432p:plain


何から投資を始めようか迷っている人は、 ロボアドバイザー を使う方法もあります。

ロボアドバイザーは、AIを活用した資産運用のアドバイスサービス。
年齢や家族構成、収入など簡単な質問に答えれば、 AIが自動で最適な投資プランを判断し提案 してくれます。
ロボアドバイザーの中には、投資プランの提案だけでなく 実際の運用まで管理 してくれるものも。

年率0.3~1.2%程度の手数料コスト がかかるデメリットはありますが、投資知識のない人やズボラな人でも スマホで簡単 に投資を始められます。

何から投資を始めるか決められない人はFPに相談しよう

f:id:BRIDGESTONE:20201118165540j:plain

この記事では、何から投資を始めれば良いかわからない人のために、 投資の基礎知識初心者向け投資方法の仕組みと特徴 を紹介しました。
また、合わせて リスクを抑える投資方法 についてもお伝えしました。

何から始めるか決められないときは、当サイトの 「お金の健康診断」 を使って、お金のプロであるFPに 無料 かつ 匿名でチャット相談 をしてみてください。
投資の始め方や資金の捻出方法、無理のない投資金額を一緒に考えてもらえますよ。

無料かつ匿名でチャット相談ができるので、気軽に相談することができるはず。
チャット形式なので自分のタイミングで相談することができ、わざわざ外出する必要もありません。
ぜひ気軽に利用してみてくださいね。

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain

お金の健康診断 - お金のプロと無料でチャット相談

  • My story アドバイザーってどんな人? (130)
  • 投資 (87)
  • 資産運用 (78)
  • 投資信託 (取引を始める前に押さえておくべき基礎知識 15)
  • お金の話 (19)
  • 税金 (3)
  • ライフプラン (8)
  • 最近の話題・ホットニュース (8)
  • 保険 (3)
  • _writer_オカネコ編集部 (81)
  • 節約術 (17)
  • _writer_ココザス株式会社 (4)
  • 老後 (取引を始める前に押さえておくべき基礎知識 4)
  • FP (3)
  • 貯金 (82)
  • 相続 (2)
  • 家計簿 (23)
  • 子育て・教育 (6)
  • 節約 (8)
  • _writer_溝井英子 (4)
  • マネーセミナー (2)
  • _writer_西出滋 (43)
  • _writer_加藤映美 (10)
  • _writer_福永涼子 (1)
  • _writer_唐澤良 (1)
  • みんなのお悩み相談 (4)
  • _writer_砂川利行 (3)
  • _writer_ブロードマインド (2)
  • 取引を始める前に押さえておくべき基礎知識
  • _writer_渡邉浩子 (1)
  • _writer_武田拓也 (5)
  • _writer_氏家大輔 (8)
  • _writer_斉藤琢也 (4)
  • _writer_株式会社バリューアドバイザーズ (2)
  • _writer_志田正憲 (6)
  • _writer_白石定之 (1)
  • _writer_野尻哲史 (3)

お金のデザイン研究所所長 加藤康之

フィデリティ退職・投資教育研究所所長 野尻哲史

オカネコ編集部

ファイナンシャルプランナー 安藤宏和

ファイナンシャルプランナー 福永涼子

ファイナンシャルプランナー 武田拓也

ファイナンシャルプランナー 菅原良太

ファイナンシャルプランナー 白石定之

IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)砂川利行

IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)志田正憲

株式会社FPバンク

ライフプランナー テスト執筆者1

オカネコ みんなのおカネのこと

株式投資の基礎知識:初心者が株を始めるには?

初心者が株を始めるには?

株式とは

株式投資

株式は、一般には「株」と呼ばれ、 株式会社が資金を集めるために発行する証明書の事 です。

株式投資で出資者が得られる物は

株主優待

具体的には、値上がり益株主優待配当金の3種類があり、ここから順を追って説明します。

値上がり益を得られる

株主優待を受けられる

配当金が支払われる

株はどうやって購入する?始める前の基礎知識

チャートと投資

証券口座開設の方法

証券口座に入金

  • 即時入金サービス
  • リアルタイム入金
  • 取引を始める前に押さえておくべき基礎知識
  • 銀行振り込み
  • 振替入金
  • ATMカード入金等の方法

株の購入ルール

また証券会社によっては、 ミニ株取引 と呼ばれる通常の売買単位の10分の1で株を取引できる制度もあります。

銘柄選びに迷ったら

銘柄

将来有望な株を選ぶ

業績伸びている企業の株を選ぶ

インカムゲインで選ぶ

売買スタート!

初心者が、株式投資で失敗しないポイント

ポイント

銘柄はいくつかに分けて購入

取引スタイルは中長期で

損切のルールを決めておく

証券会社選びも大切

初心者が証券会社を選ぶ目安として、 「手数料 が安い 」「取扱商品の 豊富 」「充実 したサービス 」 から選んでいくのがいいでしょう。最近では、口座開設前に デモ取引ができるシミュレーションアプリを提供している証券会社もありますので、利用してみるのもいいですね。

米国株投資の始め方は?証券会社選びや銘柄選びなど手順に沿って解説

PayPay証券

1000円から日米株にスマホで投資できる!IPOに1株から申込可能。キャンペーンも開催

ファンディーノ

株式投資型クラウドファンディング・ファンディーノ

IPOやバイアウトを目指す急成長企業に数万円から投資可能!ESG企業の募集案件も多数

株式投資の最新ニュース

  • 2022/6/16SBIネオトレード証券、新情報サービス「マーケット情報」提供開始
  • 2022/6/16ズーム22年2~4月期、12%増収。5期連続3ケタ増収と比べて成長率は大きく鈍化
  • 2022/6/16楽天証券、「米国株決算速報」6/26提供開始。誰でも無料で利用可能
  • 2022/6/162022.6.16 マーケットレポート【FRBが予想通り0.75%の利上げへ】
  • 2022/6/16「中国経済は2023年に回復の可能性」シュローダーが予測

株式投資の人気コラム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる