FXとは

移動平均線

移動平均線
※MA20の場合

移動平均線は3種類!それぞれの違いやおすすめの移動平均線を徹底解説

FX手法

さくら

移動平均線はいくつか種類があるけど、何がおすすめなの? 」とお悩みをお持ちの方に向けて、本記事では移動平均線の種類について詳しく紹介します。

湊

明日香

  • 移動平均線の種類
  • それぞれの移動平均線の違い
  • それぞれの移動平均線の正しい使い方
  • 初心者におすすめの移動平均線

FXで使用される移動平均線は全部で3種類

単純移動平均線(SMA)

単純移動平均線は、英語表記で「Simple Moving Average」であり、略して「SMA」と呼ばれています。

指数平滑移動平均線(EMA)

指数平滑移動平均線(EMA)は、英語表記で「Exponentially smoothed Moving Average」であり、略して「EMA」と呼ばれています。

  • 1日目の計算方法は、単純移動平均線と同様に、一定期間の終値の平均
  • 2日目の計算方法は、「前日の指数平滑移動平均線+K×(当日終値-前日の指数平滑移動平均線)」
  • K=2÷(n+1)、n=期間

加重移動平均線(WMA)

加重移動平均線(WMA)は、英語表記で「Weighted Moving Average」であり、略して「WMA」と呼ばれています。

  • n日移動平均線の場合
  • (当日値×n+前日値×(n-1)+・・n-1日前日値×1)÷(n+(n-1)+・・+1)

3種類の移動平均線の違い

上記の画像は、すべて25日移動平均線ですが、黄色が加重移動平均線・赤が指数平滑移動平均線・青が単純移動平均線となっています。

FXの移動平均線(SMA・EMA)でよく使われるMAは何日線?一覧で解説

※MA20の場合

よく使われる指数移動平均線(EMA)

移動平均線 移動平均線 移動平均線
よく使われる指数移動平均線(EMA) 特徴
5日線 短期トレーダーに多い
10日線 短期トレーダーに多い
20日線全ての時間軸に多い
200日線 全ての時間軸に多い

EMA(Exponential Moving Avarage)の特徴は『SMAよりもトレンドに反応しやすい』という特徴があります。
超短期トレーダー(スキャルピング)で使用しているトレーダーが割合としては多いですが、

※EMA200

まとめ・MA選択と並行して重要な事

結論から言うと、FXの移動平均線は『これを使えば間違いない!』というものは存在しません。 移動平均線

・トレンドを把握するだけに使う
・エントリーに使用する
・他のインジケータとの併用で利用する

といったように、使用用途も様々です。
ですので『みんなが利用しているからこれを使おう!』という選択よりも、
『自分のスタイルはこうだから、そのスタイルに役に立つこのMAを使用しよう!』と言った考え方が好ましいと思います。

MT4で上位軸の移動平均線の出し方&考え方、勝てないのでシンプルなチャート画面に変更します。

Oanda Japan(オアンダジャパン)口座開設・MT4用のアカウト作成・入金・トレード開始までの流れ

「OANDA(オアンダ)Japan」の口座開設からトレード開始までの一連の流れを以下の記事にまとめていますので、もしよかったら参考にして下さい。

私が使っているFX業者について

私は現在、 レバレッジ最大888倍 の「XM(エックスエム)」でFXトレードをしています。

強制ロスカットにかかるリスクを低くするために、日本のFX業者では100万円以上の入金は必要だと個人的に思いますが(私は300万円入金していました)、 レバレッジ最大888倍のXM(エックスエム)なら10万円の入金でも十分 です。

つまり、 レバレッジが大きい方が拘束される資金(=口座に入金する資金)も少なくて済む ということです。

「FXに挑戦したいけど十分なお金がない. お金が貯まるまで待てない」という人は、 XM(エックスエム)で挑戦してみるといいと思います。いま現在、手元に現金がなくても クレジットカード入金も可能 です。

「MT4」は日本の多くのFX業者ではなぜか取り扱っていませんが、FXトレーダーの中では 「 MT4で取引するだけで勝率が上がる 」と言う人もいますし、「 MT4じゃなと勝てない 」と言う人もいるくらいの高性能な取引ツールです。

海外の証券会社ですが、 日本語でのサポートも充実 しています。私は分からないことがあるとチャットによるリアルタイムサポートで質問して解決しています。

FXの移動平均線(SMA・EMA)でよく使われるMAは何日線?一覧で解説

※MA20の場合

よく使われる指数移動平均線(EMA)

よく使われる指数移動平均線(EMA) 特徴
5日線 短期トレーダーに多い
10日線 短期トレーダーに多い
20日線 全ての時間軸に多い
200日線 全ての時間軸に多い

EMA(Exponential Moving Avarage)の特徴は『SMAよりもトレンドに反応しやすい』という特徴があります。
超短期トレーダー(スキャルピング)で使用しているトレーダーが割合としては多いですが、

※EMA200

まとめ・MA選択と並行して重要な事

結論から言うと、FXの移動平均線は『これを使えば間違いない!』というものは存在しません。

・トレンドを把握するだけに使う
・エントリーに使用する
・他のインジケータとの併用で利用する

といったように、使用用途も様々です。
ですので『みんなが利用しているからこれを使おう!』という選択よりも、
『自分のスタイルはこうだから、そのスタイルに役に立つこのMAを使用しよう!』と言った考え方が好ましいと思います。

移動平均線は3種類!それぞれの違いやおすすめの移動平均線を徹底解説

FX手法

さくら

移動平均線はいくつか種類があるけど、何がおすすめなの? 」とお悩みをお持ちの方に向けて、本記事では移動平均線の種類について詳しく紹介します。

湊

明日香

  • 移動平均線の種類
  • それぞれの移動平均線の違い
  • それぞれの移動平均線の正しい使い方
  • 初心者におすすめの移動平均線

FXで使用される移動平均線は全部で3種類

単純移動平均線(SMA)

単純移動平均線は、英語表記で「Simple Moving Average」であり、略して「SMA」と呼ばれています。

指数平滑移動平均線(EMA)

指数平滑移動平均線(EMA)は、英語表記で「Exponentially smoothed Moving Average」であり、略して「EMA」と呼ばれています。

  • 1日目の計算方法は、単純移動平均線と同様に、一定期間の終値の平均
  • 2日目の計算方法は、「前日の指数平滑移動平均線+K×(当日終値-前日の指数平滑移動平均線)」
  • K=2÷(n+1)、n=期間

加重移動平均線(WMA)

加重移動平均線(WMA)は、英語表記で「Weighted Moving 移動平均線 Average」であり、略して「WMA」と呼ばれています。

  • n日移動平均線の場合
  • (当日値×n+前日値×(n-1)+・・n-1日前日値×1)÷(n+(n-1)+・・+1)

3種類の移動平均線の違い

上記の画像は、すべて25日移動平均線ですが、黄色が加重移動平均線・赤が指数平滑移動平均線・青が単純移動平均線となっています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる