デモトレード

投資におけるテクニカル分析で必須

投資におけるテクニカル分析で必須
FX心理学

レノボニュースルーム

2022年6月14日、香港 - Lenovo Group Limited(以下「レノボ」)(HKSE:992)(ADR:LNVGY)とPCCW Limited(以下「PCCW」)(HKSE:0008)は、共同でアジア太平洋地域におけるテクノロジーソリューション事業を提供するジョイントベンチャー「PCCW Lenovo Technology Solutions Limited」(以下「PLTS」)を創設する戦略提携の最終契約を締結したことを本日発表しました。このパートナーシップにより、レノボとPCCWは相互の総合力を活用して、両社の社員、顧客、株主にとって魅力的な価値を創造していく予定です。

それぞれの強みを生かす戦略的パートナーシップ

Lenovoは、デバイス、インフラストラクチャ、ソリューションおよびサービスにわたるグローバルな技術力のあるパワーハウスとして、そのイノベーション、グローバルな存在感、企業顧客との深い関係、強力なGo to marketおよびデリバリー能力をこのパートナーシップにもたらし、アジア太平洋地域の市場においてPLTSの成長と競争力強化を支援することになります。

20年以上の実績を持つPCCW Solutionsは、アジア太平洋地域をリードするITサービスプロバイダーであり、香港のシステムインテグレーションとアプリケーション開発におけるリーダーとして位置づけられています。市場をリードするブランドに加えて、PCCW Solutionsは、システムインテグレーションとアプリケーション開発における強力な能力、オペレーション上の専門知識、および高度なスキルを持つ人材をPLTSにもたらすことになります。

シナジー効果を発揮する大きな機会

「このパートナーシップは、デバイスとインフラの会社から、ITソリューションとサービスのグローバルリーダーへの変貌を強化するものです。当社のソリューションとサービス事業は、引き続き当社の成長意欲の基盤であり、PCCWとの戦略的パートナーシップは、アジア太平洋地域の顧客のために革新的なソリューションを市場に投入する機会を加速させます」とレノボのExecutive Vice President兼レノボ・サービス&ソリューション・グループPresidentのKen Wongは述べています。「主要産業における強み、実証済みのソリューション、強力な人材を持つPCCWは、当社のITサービスのリーダーシップをさらに飛躍させるのに最適なパートナーです。」

「この戦略的パートナーシップは、アジアにおける主要なITサービスプロバイダーとしての当社の発展における重要なマイルストーンとなります」と、PCCW Solutionsのマネージングディレクター、Jerry Liは述べています。「この地域での継続的な技術の発展を考えると、我々は適切な時期に適切な位置にいることになります。このパートナーシップは、当社のチームがスキルを向上させる機会をさらに増やすことを意味します。PCCWとレノボの強固な基盤の上に、より幅広いデジタルソリューションを顧客に提供し、この地域のスマートシティ開発にさらに貢献できることを楽しみにしています。」

Lenovoと PCCWの戦略的パートナーシップの構造

戦略的パートナーシップは、現金5億1360万USドルとLenovo株式1億USドルからなる合計6億1360万USドルの対価で実施され、完了時に86,424,677株のLenovo株式のPCCWへの割り当てと発行が行われます。この株式は、2022年6月14日の取引終値に基づき、19.2%のプレミアムに相当する1株当たり9.025香港ドルで発行される予定です。 この取引が完了すると、レノボはPLTSの80%の株式を直接取得し、PCCWのITソリューション事業の持株会社であるPCCW Network Servicesの20%の株式を通じて、実質的に84%の株主となる予定です。PLTSは、主にアジア太平洋地域における活動の拡大に注力していきます。株式の対価の特徴と、その結果得られるレノボのPCCWの株式保有は、戦略的パートナーシップに対する両社の長期的なコミットメントと信頼を反映したものです。

投資におけるテクニカル分析で必須

ADXとは、英語のAverageDirectionalMovementIndex の略であり、日本語で平均方向性指数と呼ばれています。ADXは、トレンドの総合的な強さを測定するために特に役立つテクニカル指標です。強いトレンドの方向に従って正確に取引をすることで、リスクを軽減し、利益を得る確率を高めることができます。

ADX指数には、0から100までの数値で表示されている3つの異なる線があります。 ADX線 と2つの方向性指数線 ( +DI-DI )が表示されます。

  • +DIの線 (プラスまたは上昇方向性指数)は、市場における上昇トレンドの強さや弱さを表します。
    すなわち、これは市場での買い手の強さを示します。
  • -DIの線 (マイナスまたは下落する方向性指数)は、市場における下降トレンドの強さや弱さを表します。
    すなわち、これは市場での売り手の強さを示します。
  • ADXの線 (平均方向性指数)は、+ DIの線-DIの線 の両方で構成されている青色の線です。
    昇・下降トレンドの総合的な強度だけでなく、トレンドの方向性も示します。

トレンドの強さを数値化する方法は?

トレンドシグナルとして+DIと-DIを使用する方法

ここまで、 +DI買い手の強さを表し、 -DI売り手の強さを表すことを学んできました。さて、ADX指標では、トレンド形成の可能性がある時期を +DI-DI が交差さら見ることが予測することができます。以下の例を見てみましょう。

上昇トレンドシグナル

+DI-DI を下から上に抜けた場合、これは市場での買い手の数が増加し、売り手の数が減少していることを意味します。強気市場が形成される可能性があるので、通常この交差点は買いサインを示します。右下のチャートでは、 +DI–DI を下から上に抜けたとき、上昇トレンドが形成されていることがはっきりと分かります。

下降トレンドシグナル

-DI+DI を下から上に抜けた場合、これは市場での売り手の数が増加し、買い手の数が減少していることを意味します。弱気市場が形成される可能性があるので、通常この交差点は売りサインとして考えられています。右下のチャートでは、 -DI+DI を下から上に抜けたとき、下降トレンドが形成されていることがはっきりと分かります。

ADX指標の概要

では、以下のチャートでADX指標について学んだすべてのことをまとめてみましょう。 +DI 投資におけるテクニカル分析で必須 (買い手)-DI (売り手)を下から上に抜けた場合、上昇トレンドが(緑色で表示)形成され、買いシグナルが 発生したことが分かります。 -DI (売り手)+DI (買い手)を下から上に抜けた時、下降トレンドが(赤色で表示)形成され、売りシグナルを示しています。さらに、ADX線が40のレベルを超える場合(青色で強調表示)、上昇トレンドまたは下降トレンドが強いことが分かります。

これまでに、最も一般的に使用される4つのテクニカル指標について学びました。これらの指標は、いつ強気市場弱気市場になるか、いつ買い過ぎ相場または売り過ぎ相場であるか、トレンドがどれくらい強いか、売買の注文をするのに最適な時期を理解するのに役立ちます。

FX投資手法の解説、テクニカル分析「DMI」

infodmi

「DMI」は、J.W.ワイルダー氏が考案したRSIの進化系ともなるテクニカル指標です。
DMIとは Directional Movement Index の略で、一般的に方向性指数と訳されています。
RSIに比べるとラインも多く難易度は高めですが、その分、相場状況をより適確に把握することができます。
RSIの欠点をカバーする目的で作られていますので、こちらの方を使いこなせるようになっておきたいものです。

DMIの特徴

DMIは下のサブチャートに表示されている、3本のラインのことです。

infodmi2

相場が下降トレンドを見せている時には、-DIが上昇して+DIが下降し、それと同時にADXも上昇します。
トレンドの勢いが弱くなるとADXは低下をしていきます。
一方、相場に上昇トレンドが出てくると、+DIが上昇して-DIが下降し、それと同時に再びADXも上昇します。

DMIの計算式とその意味合い

DMIを構成する、+DI、-DI、ADXの計算式を紹介します。
+DI=(n日間の「+DM」の合計)÷(n日間の「TR」の合計)×100
-DI=(n日間「-DM」の合計)÷(n日間の「TR」の合計)×100
ADX=|「+DI」-「-DI」|÷(「+DI」+「-DI」 )

+DMというのは上昇幅、-DMというのは下降幅、TRというのは変動幅を意味します。
それぞれの具体的な計算式は以下のとおりです。
+DM=現在のローソク足の高値-直前のローソク足の高値(※1)
-DM=直前のローソク足の安値-現在のローソク足の安値(※2)

パラメータについて

DMIのパラメータは、+DMや-DMを集計する期間(n日間)です。
一般的には14が使われることが多いと思いますが、より敏感に反応させるためには9などにすることもあるようです。
どんなテクニカルにも共通することですが、分析期間を短くすればするほどダマシは多くなります。
20や30にすることで、中長期のトレンドを見ることが出来ます。

DMIを使った相場環境の認識

+DIとADXが上昇する一方で-DIが低い水準にある場合は、上昇トレンドです。
-DIとADXが上昇する一方で+DIが低い水準にある場合は、下降トレンドです。
一方で、+DI、-DI、ADXが全て低い水準にある場合は、ヨコヨコとなります。
そして、上昇トレンド、下降トレンドに入る際には、+DIと-DIがクロスをします。
これがDMIの基本のサインとなります。

エントリーした後は、ADXの動きに注目します。
トレンドが強さを維持している間はADXは上昇を続けますが、勢いが弱くなってくるとADXは下降に転じます。
このADXの傾きでトレンドの限界を判断して、決済のタイミングを探ることができます。

DMIは、レンジ相場のときは、エントリーサイン(+DIと-DIの交差)がでても、エントリーしないほうが無難です。
そして、レンジ相場であるかどうかを見抜くために使われるのが、ADXとADXRです。
ADXとADXRが下向きのときは、レンジ相場になっていくことを示しています。
そして、ADXとADXRの数値が小さければ小さいほど、トレンドがないことを示します。
ADXもADXRも、25以下で、下向きであるならば、ほとんどトレンドがないと判断します。

DMIの売買タイミング

+DIが強い傾きで上がっているときはロングのエントリーサイン
-DIが強い傾きで上がっているときはショートのエントリーサイン
ゴールデンクロス、デッドクロスと、やや遅めに動くADXも合わせて考えると売買サインの信頼度が向上します。

レンジ相場のときはエントリーしない方が無難です。レンジ相場であるかどうかの判断はADXとADXRの向きと数値の大きさを見ます。また、+DIと-DIの傾きには常に気を配って下さい。

DMIの仕舞いタイミング

ADXがADXRを上抜いたらトレンドの開始、下抜いたらトレンドの終了です。
ADXがピークアウトしたとき(ADXとADXRのデッドクロス)手仕舞いのツールとして、+DIと-DIの差(投資におけるテクニカル分析で必須 DMIDifference,DMDIF)を用いることがあります。
DMDIFが30より大きな場合には調整やトレンドの転換の可能性を示します。
DMDIFは通常上昇より下落の値動きが早いことを考慮して、上昇には+30、下降には-40を用いることが多いようです。

DMIは「前日の高値・安値」と「当日の高値・安値」をチャート化したものです。トレンドの有無と強さを見ることができる指標です。

FXにおける認知的不協和とは?自分を正当化してしまう問題を改善する方法についてわかりやすく解説してみた

FX 認知的不協和

FX心理学

認知的不協和とは

FXの認知的不協和のケース

損切り位置の変更してしまう

ポジポジ病

FXのポジポジ病とは、暇があればトレードしたくてたまらず チャートを開けばポジションを持ってしまうFXの病気の一種です。 ポジポジ病になると優位性ないポジションでもエントリーするため負けてしまうリスクが高くなります。 今回は、FXのかかると怖いポジポジ病の直し方や克服の対策の仕方についてわかりやすく解説してみました。

エントリーからの逆行

FXの認知的不協和の対策

FX-EA System Projectでは、

もしFX-EA System Projectに興味があれば

FXのエントリー恐怖症を克服するための具体的な対処方法についてまとめてみた

FXでお金が動くと恐怖を感じる FXは画面上でお金が動きますので特に初心者の方は恐怖心を抱きやすいです。 私もFXでは恐怖心は少なくともあります。 ですがしっかりとコントロールしているので恐怖心に屈しないです。 今回はF.

FXのかかると怖いポジポジ病の直し方や克服の対策の仕方についてわかりやすく解説してみた

FXのポジポジ病とは、暇があればトレードしたくてたまらず 投資におけるテクニカル分析で必須 チャートを開けばポジションを持ってしまうFXの病気の一種です。 ポジポジ病になると優位性ないポジションでもエントリーするため負けてしまうリスクが高くなります。 今回は、FXのかかると怖いポジポジ病の直し方や克服の対策の仕方についてわかりやすく解説してみました。

FXのプロスペクト理論とは?損失回避の克服や脱却方法について徹底解説してみた

プロスペクト理論とは2002年ノーベル経済学賞を受賞した行動経済学における理論です。 投資におけるテクニカル分析で必須 プロスペクト理論は利益を得ることよりも、損失を回避することを優先し、 利益に関してはすぐに確定させて、損失に関しては先送りにするという人間の心理になります。 FXのトレードでプロスペクト理論にハマってしまうと思うように結果が出ません。 今回は、FXのプロスペクト理論とは?損失回避の克服や脱却方法について徹底解説してみました。

FXの大衆心理とは?相場の読み方や勉強するための本など徹底解説してみた

FXにおいて大衆心理は非常に重要です。 相場は多くのトレーダーが思った方向に相場が動くので大衆心理を理解すれば、 必然的に勝率も上がりますし、トレンドに乗っかることができるので利益も伸ばすことができます。 つまり、FXで安定して多くの利益を稼ぐのであれば大衆心理が重要になります。 今回はFXの大衆心理とは?相場の読み方や勉強するための本など徹底解説してみました。

FXで負けるのが怖くなりトレードでエントリーできない病気タジタジ病についてわかりやすく解説してみた

タジタジ病とは、ポジポジ病のようにどんな時でもポジションを持ちたがるのとは真逆のFXの病気で、 慎重になりすぎて、ポジションを取るのが怖くてエントリーしない状況を言います。 自分のエントリーに自信が無くなったり、損をするのが怖くなるとなりやすいです。 今回はFXで負けるのが怖くなりトレードでエントリーできない病気タジタジ病についてわかりやすく解説してみました。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる