外為ニュース

オプション戦略のご紹介

オプション戦略のご紹介
米国株オプション

オプション戦略のご紹介

機密性の高い情報のため、ここで詳しくご説明はできないのですが、これは私が分析する 最新の相場情報をメールにてユーザーの皆様に配信 するものです。

このセミナーでは、日経225オプション取引の基本的なテクニックはもちろん、 「どうやったら利益が出しやすくなるのか?」「私が日々実践している取引テクニックとは?」 などなど、初心者の方にも中級者の方にもお役立ていただける講義を行ってまいります。

このE-BOOKには、日経225オプション取引の基本はもちろん、用語集や戦略の説明など、 初心者に必要な様々なコンテンツ が記載されています。

グローバルアセットパートナーズのスタッフがブログを書いています。
良かったらご覧ください


当サイトに最後までお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました。
ここでご紹介させていただいた日経225オプション取引は、まだまだ認知度が低く、
株やFX、先物取引など、メジャーな投資種目しか知らない人にとっては、
やや理解しがたい内容だったかもしれません。

最後に、一言だけあなたにお伝えできるとすれば、それは・・・
あなたがよく知っている投資種目、たとえば株やFX、先物よりも、
日経225オプション取引の方が手堅い投資種目であり、実践も簡単だということです。

しかし、一般的には「日経225オプション取引こそ素人には不向きだ!」なんて声を
よく耳にしますし、「資金が多くないとオプション取引は実践できない!」というような
間違った認識を持たれている方も多いようです。

そう勘違いされてしまう大きな原因は、
(1)メジャーな投資種目とは少し勝手が違うので、独学では参入しにくい。
(2)市販されている入門書や解説書は、難しく書かれているので分かりにくい。
というものがあるかと思います。

手前味噌ではありますが、私はプロとして一通りの投資種目は実践経験があります。
そんな中、あなたにお奨めできる投資種目があったとすれば、
それこそ日経225オプション取引なのです。

日経225オプション取引で安定した利益を出し続けるためには、
膨大に存在する戦略の中、どの戦略を選び、どうやって投資するかが最も重要であり、
極論、それ一点さえ分かれば、初心者でさえ利益を出すことはそんなに難しくありません。
そして、オプション必勝倶楽部の「ミリオン戦略」ならそれが分かります。

つまり、オプション必勝倶楽部がご提供するミリオン戦略は、
【膨大に存在する戦略の中、どの戦略を選び、どうやって投資するか】を
動画で分かりやすく解説したDVDなのです。

また、あなたに気に入っていただけるとすれば、
それは勝率が高いことやリスクを最小限に抑えることができること、
そして何よりも相場の上下予測をしなくても、レンジで利益を出すことが可能なところでしょう。

冗談は抜きにして、「エントリーした途端、相場が反対方向に動いてしまった・・・」
そんな経験をお持ちの方は多いはずです。
しかし、ミリオン戦略でレンジで利益を出す投資戦略を学べば、
エントリー後、相場が上に動こうが、下に動こうが、想定したレンジ内であれば、
利益を出すことが出来てしまいます。

話が少し長くなってしまいましたが、
もしあなたが日経225オプション取引で資金を運用したいと思ったならば、
この機会にオプション必勝倶楽部の「ミリオン戦略」をご利用されることを強くお勧めします。
たとえ日経225オプション取引が手軽にできる投資種目だとしても、
戦略なき者に勝利の女神は微笑みません。

この度は当サイトにご訪問くださりまして、また、最後までお付き合いいただきまして
本当にありがとうごいざました。
あなたが投資の成功者として大きく羽ばたいていかれることを心から願い、
最後の言葉に代えさせていただきます。


ご質問が有りましたら、オプション必勝倶楽部までお気軽にお問い合わせください。
ご購入者の皆様に、本当に利益を出して充実した生活をしていただきたく思っております。
そのため、あなたからのお問い合わせに対して、
本音ベースで対応致しますのでご安心ください。

※なお、オプションの取引やポジションに関する質問は、ご容赦いただきたいと思います。

オプション取引の学習に最適!初心者でもわかる取引条件5つを満たす成功確率の高いオプション戦略をご紹介

1.初心者がまずは抑えておきたい、オプション取引を行うための5つの条件とその解説

2.5つの事例から学習するオプション取引の賢い戦略

3.まとめ

1.まずは抑えておきたい、オプション取引を行うための5つの条件とその解説

  • ①損失限定
  • ②損失が出た場合に次もエントリーする気になる損失額;リスク許容度によるがおおむねリスクにさらす資産の2~5%以内
  • オプション戦略のご紹介
  • ③流動性があること=約定させやすいこと
  • ④保有するポジションの数が多すぎないこと
  • ⑤瞬発力を必要とするものではないこと(例えば、瞬間的な価格の歪みを利益に変える等は困難です)

1.損失限定であること

よってオプション買い戦略を推奨しますが、常に掛け続けた場合にはオプション買い戦略は勝率が 低く オプション戦略のご紹介 なります。

2.損失が出た場合に次もエントリーする気になる損失額

3.流動性があること

日経平均株価の 125 円刻みごとにオプションが存在しますので、投資対象の量が多くなり権利行使価格によって流動性にばらつきが生じます。

4.保有するポジションの数が多すぎないこと

5.瞬発力を必要とするものではないこと

特にデイトレードのようにその場その場で臨機応変に戦略を変えたりポジションを組みかえるような戦略は、4 ポジション のオプションを複数枚建てる必要があるため練習が必要であり、さらに瞬発力も必要となります。

2.5つの事例から見るオプション取引の賢い戦略

抑えておきたいオプション取引5つの事例

  1. 上昇相場の終わり天井示唆プットオプション単体買い
  2. オプション戦略のご紹介
  3. コールクレジットスプレッド
  4. 100円以下のオプション買い+mini(ポジティブガンマ)
  5. 日経VI先物買い(VI指数が16以下で手掛ける)
  6. 日経VI16~17以下のときmini1枚買い+日経VI先物数枚買い

①上昇相場の終わり天井示唆プットオプション単体買い

②コールクレジットスプレッド

コールクレジットスプレッドは、 コールの売りを、買いオプションで守る作戦です。 安い方の権利行使価格のコールオプションを売って、権利行使価格のコールオプションを買います。

このスマイルカーブでコール側のIVを見ると、アットザマネーからアウトオブザマネーにかけては「 権利行使価格の 安い方が IVが 高く、 権利行使価格の 高い方が IVが 安い」状態にあります。

③100円以下のオプション買い+mini(ポジティブガンマ)

④日経VI先物買い(VI指数が16以下で手掛ける)

⑤日経VI16~17以下のときmini1枚買い+日経VI先物数枚買い

3.まとめ

  • ①損失限定
  • ②損失が出た場合に次もエントリーする気になる損失額;リスク許容度によるがおおむねリスクにさらす資産の2~5%以内
  • ③流動性があること=約定させやすいこと
  • ④保有するポジションの数が多すぎないこと
  • ⑤瞬発力を必要とするものではないこと(例えば、瞬間的な価格の歪みを利益に変える等は困難です)

上昇相場の終わり天井示唆プットオプション単体買い
コールクレジットスプレッド
100円以下のオプション買い+mini(ポジティブガンマ)
日経VI先物買い(VI指数が16以下で手掛ける)
日経VI16~17以下のときmini1枚買い+日経VI先物数枚買い

オプション戦略:バタフライの紹介

重要なオプション戦略であるバタフライはFXを中心とした市場では非常に有名な戦略です。70年代初頭に開発されたオプション価格決定モデル(ヨーロピアンオプション)のブラック・ショールズモデルでは、原資産のボラティリティー σ(シグマ) は一定であると仮定しています。しかし、インプライド・ボラティリティーは権利行使価格の違いによって時間的に(実際には絶えず)変化していることがわかり、この矛盾をボラティリティー・スマイルと呼んでいます。

ジョン・ハルは、『オプション、先物およびその他の金融デリバティブ』(トレーダー/セールス/ブローカー必読)の中で、通貨は一般的にいわゆるボラティリティ・スマイルを提供する傾向があると考察しています。これは、例えば 25 OTM コール(満期 1 週間)の価格が 25 OTM プットの価格と同じになることを意味します。この場合、 リスク・リバーサル:RR (25-デルタ)はゼロとなり、FX市場にスキューが発生することになるからです。

※ 25 デルタ・コールとは、OTM(アウト・オブ・ザ・マネー:権利行使価格が現在価格より上に位置する)のコールオプションのことで、原資産が 1 上昇した場合、コールオプションの価値は 0.25 上昇します(パーセンテージではなく単位です)

1. ロングバタフライスプレッド(中央の権利行使価格のコール2枚をショート、上下の権利行使価格のコール1枚ずつをロング)

– 4月30日コールを1枚購入
– 4月50日コールを1枚購入
– 4月40日コールを2枚売る

2. ショートバタフライスプレッド(中央の権利行使価格のコール2枚をロング、上下の権利行使価格のコール1枚ずつをショート)

– 4月30日コールのショート
– 4月50日コールを1枚ショート
– 4月40日コールを2枚買う

BF25 = (σ25C + σ25P) /2 – σATM

リスクリバーサルが傾き(歪度)を測定するように、バタフライスプレッドは曲率(尖度)を測定します。覚えておいていただきたいのが、統計学では、尖度は、データが正規分布に対してピークになっているか、フラットになっているかを示す指標です。尖り度が高いデータセットは、平均値付近に明確なピークがあり、かなり急激に減少し、重い尾を持つ傾向があります。尖り度が低いデータセットは、鋭いピークではなく、平均付近で平らなトップを持つ傾向があります。つまり、バタフライ スプレッドが大きいほど、インプライド・ボラティリティー カーブは「ピーク」を形成します。

バイナリーオプションの正しい戦略の立て方・エントリー例を紹介!

必勝法

  • 投資家達がどのようなシナリオを持って取引しているのかがわかる
  • 読み解いたシナリオをどうやって自分の取引に応用すればいいかがわかる

ハイローオーストラリアの口座開設がお済みでない方は、ぜひ口座の開設をしておくことをおすすめします。( 登録は無料・3分程度で完了します。 )公式サイトでは無料デモも利用でき、キャッシュバックなどキャンペーンも行っています。ハイローオーストラリアは海外業者の人気NO.1で僕のイチオシの口座です。

  • 1 バイナリーオプションの戦略について
  • オプション戦略のご紹介
  • 2 バイナリーオプションの戦略の立て方
    • 2.1 1、ダブルトップとは?(チャートパターンの理解)
    • 2.2 2、ダブルトップができる理由
    • 2.3 3、シナリオの立て方
    • 3.1 高値の更新できなかったポイント
    • 3.2 ネックラインをブレイクしたポイント
    • 3.3 押し安値のラインで買い注文
    • 3.4 ネックラインで反発したポイント
    • 4.1 ④:ネックラインでの反発後の流れに合わせたLowエントリー

    バイナリーオプションの戦略について

    バイナリーオプションの戦略の立て方

    1. チャートパターンの理解
    2. ダブルトップができる理由
    3. シナリオの立て方
    4. 鉄板エントリーポイント

    1、ダブルトップとは?(チャートパターンの理解)

    「価格の上昇 → 下落 → 前回の高値付近まで上昇 → 下落 → 前回の安値をブレイク」

    2、ダブルトップができる理由

    上昇トレンドの最中で高値をつける

    下落

    再度上昇したが高値を更新できずに下落

    「上昇の力が弱くなっている」という不信感が出てくるため、売りの勢力が強くなりそのまま下落

    主要なオプション取引戦略を一覧でわかりやすくまとめてみた【入門】

    米国株オプション

    そーたろー

    • お金、投資、資産運用、副業が中心のブログです。

    そーたろー

    • 2008年から国内・海外ETF、つみたてNISA、iDeCoなどでインデックス投資をしています。
    • 2020年より米国株オプション、サラリーマン大家、副業ブログを実験中です。

    そーたろー

    • オプション取引戦略の使い分けに関心がある方

    この記事の目的

    主要なオプション取引戦略をわかりやすく一覧でまとめ

    ">なし">コール売り(CCW)">
    • CCW:Coverd Call Writing
    • CSP:Cash Secured Put
    • PP:Protective Put
    • Vxxx・yyyS:Vertical xxx yyy Spread
    • ダイアゴナルS、カレンダーS:Diagonal Spread、Calendar Spread
    • KO:Knock Out(ノックアウト・オプション)
    • CFD:Contract For オプション戦略のご紹介 Difference(差金決済取引)
    • セルの色
      • 赤:バイ・アンド・ホールドと相性がいい
      • 黃:バイ・アンド・ホールドで検討できる

      オプション取引戦略の分類

      • コール:原資産を権利行使価格で買う権利
        • ロング・コール(コール買い)
        • ショート・コール(コール売り)
        • ロング・プット(プット買い)
        • ショート・プット(プット売り)

        スプレッド

        • バーティカル・スプレッド:同じ権利行使日で異なる権利行使価格の組み合わせ
          • デビット・スプレッド
            • レシオスプレッド
            • バックスプレッド
            • カレンダー・スプレッド
            • リバース・カレンダー・スプレッド

            コンビネーション

            • ストラドル:同一権利行使価格のオプション組み合わせ
              • ロング・ストラドル(ストラドルの買い)
              • ショート・ストラドル(ストラドルの売り)
                オプション戦略のご紹介
              • ロング・ストラングル(ストラングルの買い)
              • ショート・ストラングル(ストラングルの売り)

              使い分けのポイント

              • 必ずしもすべて覚える必要はない
              • オプション戦略のご紹介
              • オプション取引は基本的に相場予想が必要
              • 複数オプションの組み合わせについて

              必ずしもすべて覚える必要はない

              オプション取引は基本的に相場予想が必要

              複数オプションの組み合わせについて

              【感想】バイ・アンド・ホールドとの組み合わせについて

              • 赤いセル:キャッシュ・セキュアード・プットとカバード・コール
                • 実践中です。
                • 今のところ採用していないが検討に値すると考えています。
                • 現時点で利用予定なし。

                キャッシュ・セキュアード・プットとカバード・コール

                • キャッシュ・セキュアード・プット:変動しない+上昇する
                  • → ここまでは下がらないだろう(もし下がっても買い取りすればよい)
                  • → ここまでは上がらないだろう(もし上がっても売却すればよい)

                  相場のトレンドが明確な場合に有効な戦略について

                  はっきりしない相場で収益を上げやすい戦略について

                  もし、あなたが株式投資のエリートでないのなら、普通の株式投資は捨てましょう。 その代わり、高機能な戦略を可能にする「オプション取引」で利益を出しましょう。 ◆あなたは天才か、秀才か、凡人か 世の中には、努力をしなくても、本能のままに動くことで、高パフォーマンスを実現してしまう人がいます。いわゆる天才と呼ばれる人です。 .

                  関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる