海外バイナリーオプション

損切りから学ぶFX上達の近道

損切りから学ぶFX上達の近道
チャートはMT4⇒FXトレード・フィナンシャル

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

FXで勝てる、稼げるようになるには何をするのが一番ですか?

FX初心者です。コロナショック以降、資産運用に興味がわいてきてFXトレードを始めましたが、まったく勝てずに100万円ほど溶かしてしまいました。

独学で本を読んだり、たまたま見つけたトレーダーの情報商材を買って勉強したのですが、全然勝てませんでした。

(商材の手法自体が悪いわけでもなく、コンテンツも納得いくものでした)
損切りから学ぶFX上達の近道
ですが、やはり実際のチャートに向き合うと、損切りはできず、含み益が出たらすぐに利確してしまうし、ポジションを持ちたくなるポジポジ病がなかなか治りません。

典型的な初心者あるあるだと思いますが、みなさんはどのようにして勝てるようになりましたか?

最初は負けていたけど勝てるようになった方、稼げるようになった方の成功体験をお聞かせいただけると嬉しいです。

また、初心者にオススメの勉強法や勝てる方法があれば教えていただけると幸いです。

ベストアンサーに選ばれた回答

FXで勝てるようになるには「勝っている人から直接学ぶ」のが一番の近道です。

独学は時間がかかりますし、限界があるのでオススメできません。

私は大手企業に勤めるサラリーマンですが、コロナショックの影響で会社の業績が悪化し、収入を減らしてしまっていました。

「このままでは家族を守れなくなる」
「大手が安定・安泰とは限らない」
「給料以外の別の収入を作らないといけない」

と思い、会社員をやりながらでも始められるFXに興味をもち、最初は本を買ったりして独学でスタートしました。

ですが、本で勉強しても一行に勝てるようにならず、資金も100万円近く溶かし、半ば挫折していました。

そんな時、YouTubeでFXに関する動画を探していたら、先出しで相場を予想する「FXトレーダーのコジコジさん」という方を見つけました。

最初は「胡散臭そう」「偽物か、詐欺師だろう」と思いながら毎日動画を見ていたのですが、けっこうな頻度で予想を的中させていて、勝っているトレーダーだと確信に変わっていきました。

(ご覧いただければ分かると思いますが、先出しスタイルなので誤魔化すことができないのです)

質問者さんもぜひ一度、コジコジさんのYouTubeを見ていただけるといいかと思います。

他のFX系YouTuberは

・ノウハウを解説するだけ
・後出しで勝ちを自慢するだけ
・負け動画が一つもない(FXで負けないことはありえない)

という感じの動画がほとんどなのに対して、コジコジさんの場合は実践的な相場分析を毎日先出しで配信されるスタイルだったので、とても参考になりました。

今はコジコジさんが運営しているコジサロンというところに参加し、少しずつ勝てるようになりました。(大きく負けることがなくなりました)

独学でFXをしていた頃は毎月のように負け越していましたが、今は4か月連続でプラス収支になっています。

コジサロンに参加している方も、利益を出している方が多く、みんなで楽しくトレードができています。

教えてくれる手法もYouTubeで公開してくれていますし、シンプルで初心者にもわかりやすいです。

質問者さんの参考になると思いますので、ぜひ一度コジコジさんの動画を見てみてください。
↓ 損切りから学ぶFX上達の近道
https://www.youtube.com/channel/UClhtXJnEwfKT_sbd7jcsNjA

特典・キャンペーン中の証券会社

新規口座開設&クイズに正解で4,000円プレゼント!

タイアップキャンペーンもれなく現金4000円プレゼント!

オトクなタイアップキャンペーン実施中!

総額1億円還元キャンペーン

運用スタートプログラム

開設後1ヶ月間取引手数料0円!

2,000円プレゼント

新規デビュープログラム

証券に関する悩みや疑問をキーワードから探す

その他の回答

結論から言いますと「FXで勝つには勉強と実践しかない」というのが答えです。

. とだけお答えしても、質問者様が知りたいアンサーではないと思いますので、もう少し深掘りしてお伝えしますね。

■■本項目だけでも、読んでいただけると力になると思います!■■

まず「プロスペクト理論」というものを知ってみるのが良いかもしれません。
これは「本能に従ってトレードをすると100%負ける」という行動心理学の法則で、先人のトレーダーたちのデータに裏付けられた、逆らうことができない真理でもあります。

具体的には「ヒトは得を取るより、損を回避する傾向が強い」という法則です。

質問文に

"損切りはできず、含み益が出たらすぐに利確してしまうし"

と仰っていますが、まさにこれが「プロスペクト理論」です。小さな利確はできても、「損を回避したい!いつか上がるかもしれないから待とう!」との気持ちから、小さな損切りができないんです。

FX初心者の95%はこの「プロスペクト理論」を克服できないと言われています。
例に漏れず、質問者様もまずこれを克服する必要があります。

では、この解決方法は何か?
それをお伝えします。


■■プロスペクト理論を克服する方法■■
最初に結論として述べたとおり、結局「勉強と実践」しかありません。

データを元に、勝つ確率が高い方法で、ルール通りにトレードする。 損切りから学ぶFX上達の近道
これに尽きます。

なので、質問者様がやるべきは
①:勝つ確率が高い方法を見つける
②:何があったとしても、そのルール通りにエントリし、利確・損切する

以上2点かと思います。

これだけ聞くと、非常に難しそうですよね。

でも、安心して下さい。
気の遠くなるような時間の勉強を要したり「1000万円まずは損をしよう!」みたいな意味のない根性論ではないです。そんなもんはネットの詐欺まがいの商材が言っているだけです。

自分でチャートを眺めながら、一つずつ検証するだけでいいんです。
そして、お金も必要ないです。デモ口座でいいんです。

「今日はMACDを使ってみよう」
「今日は5MAと20MAを使ってみよう」

毎日気まぐれでいいので、こんな感じで地道に勉強してみてください。
大切なのは、「毎日データを記録しておく」ということ。

・20回トレードをしてMACDでは15回勝って、5回負けた、資金は2倍になった
・20回トレードしてMAでは8回勝って、12回負けた、資金は半分になった

こんな感じでデータを取っていくと、いずれご自身が「これならいける」という方法に行き着きます。

そこでやっと、リアル口座の運用を始めていい段階です。

道のりは長いかもしれませんが、1〜2ヶ月で見つけられるかもしれません。質問者様の努力と熱量次第だと思います。

ネット上の有料のFX商材などは99%がアフィリエイト目的なので、結局1番の近道はご自身で勉強すること、そのためのステップがここにまとめていることです。
基本的なことは、本当に全て載せてあります。


「まだ附に落ちない点がある」というのであれば、プロスペクト理論について、わかりやすく説明しているサイトがあったので、こちらも参考になると思います。

https://kaigaifx-jimusho.com/syuhou/

損切りから学ぶFX上達の近道
最後に、こういった質問ができるだけでも、質問者様は非常に熱意があり、チャレンジもされてきた賢い方だと思います。

とにかくネット上の詐欺商材には気をつけ、継続してがんばってみてください!
では以上になります。長文失礼いたしました。

勝てる方法ではありませんが、まずは自分のスタイル作りをしましょう。

買うか売るか、自分に合うスタイルでの一方向のトレードをしましょう。

臨機応変に買ったり売ったりは、上達してから行うものです。

どこでもポジションを持たず、直近高値で止まっている時は、見るだけにしましょう。

そこから下がれば底まで見てから買えばいい、そこから上がれば上がったで無傷なのですから、いいじゃないですか。ポジションを持ってから下落したら嫌な気分になるでしょう?

チキン利確を減らす

日足が上昇の流れなら、思い切って、週足の直近の最高値に指値を置いてもいいのでは?週足の最高値付近で買いポジションを持っているようでは、失敗トレードの可能性大です。

上昇トレンドであれば、多少の調整が入ってもまた上昇を開始することが多いです。

改善点は自分である程度見えているとは思いますので、実戦で鍛えれば強くなれると思いますよ。 損切りから学ぶFX上達の近道

損切りできない。ポジションを持つ。この病気を克服できれば勝てるようになります。ただ、性格的な面でもあるので改善しない場合は投資方法を見直すしかないと思います。
そのような病気があると自覚しているのなら、塩ですね。徳川家康のように上がらぬのなら上がるまで待とうホトドギスと思える投資金額で勝負すれば良いと思います。
今までの投資金額の1/10で、同額投資でやれば良いんでは無いでしょうか。

BNF氏の投資手法をまとめ!見えてきた株のやり方から学ぶ!

BNF氏の投資手法まとめ


様々な株式投資の書籍や手法がある中で、個人投資家なら誰もが一度は目にするBNF氏について今更ですがキチンと調べてみました。やはり、海外の有名な投資家の本を熟読するよりも生き字引とも言えるBNF氏のその投資手法を目の当たりにしたほうがよっぽど刺激的でした。

資産を164万円から200億にしたBNF氏の投資法 の解析をしてみたいと思います!

BNF氏の資産推移

BNF氏の資産推移と経歴 損切りから学ぶFX上達の近道
年度 BNF資産 BNF経歴
2000年(開始) 164万円 21歳
株式投資開始
2000年(年末) 280万円 同上
スイングトレード開始
2001年 6,100万円 22歳
投資手法「逆張りスイングトレード」の完成
2002年 9,600万円 23歳
2003年 2億7,000万円 24歳
投資手法「順張りスイングトレード」の完成
2004年 11億5,000万円 25歳
2ちゃんねるに「B・N・F」として登場
2005年 80億円 26歳
ジェイコム大量誤発注事件で16分で20億円の利益
2006年 157億円 27歳
2007年185億円 28歳
2008年 218億円 29歳
90億円で「チョムチョム秋葉原」購入
2011年 不明 32歳
170億円で「AKIBAカルチャーズZONE」購入

この資産推移で注目したいのはウン千万から億に行ったタイミングよりも、280万から6100万になったタイミングではないでしょうか?

BNF氏の資産推移と日経平均チャート

2000年から2008年の日経平均チャート


BNF氏が株を始めた2000年から、資産を200億にした2008年までの日経平均チャートです。

BNF氏が株を始めた2000年当時の日経平均は20,000円台ですが、資産が200億を超えた2008年当時では6,994円という波乱万丈な期間にも関わらず資産を増やし続けた事になります。

BNF氏の投資手法


BNF氏の行った手法は実はそんなに難しくないんですよね。手法は簡単でも経験で得た相場観はやはりすごい。その手法は「順張りスイングトレード」と「逆張りスイングトレード」の2つの手法を利用していた事を明かしています。

順張りスイングトレード

BNF 順張りスイングトレード


BNF氏の資産構築に大きく貢献した順張り手法です。これは、それぞれのセクターごとに乖離率の特徴と目安の設けて、買いで入る手法ですね。言葉にしてしまうと簡単そうですが、常に地合を見極める必要があったり、流動的に行える判断力が求められるかなり高度な投資手法になっています。

株価は不思議なもので、会社の価値は何も変わってないのに、その日のニューヨーク市場や先物の動向など、相場全体の雰囲気で上下するんですよね。
仮に鉄鋼株を例にとると……たとえば相場の雰囲気がいい日などは、住友金属、新日本製鐵、神戸製鋼所、JFE ホールディングスなど、その分野の主力株が軒並み騰げるんです。
連れ高にはパターンがあるんです。
たとえば鉄鋼なら、前兆として上の 4 社のどれかが、日経平均とともに騰げ始める。
しかしこの前兆段階だと、他の 3 社のどれかが、まだ騰がってなかったりするんです。
そんなときすぐ買いを入れるんですよ。
騰げるときには相場全体が一気に騰がるから、連れ高を利用した方が儲かるんです。
それ(連れ高が予測される瞬間を具体的にどう見極めるのか)ばかりは様々な企業の値動きを 1 日中見て“体得する”ほかないですね。
毎日これ(登録銘柄リスト)を見続けると“一気に下がっていたハイテクが値を戻し始め、すると日経平均が上がり、相場が強くなってきたのを受け鉄鋼も騰げ始める”というイメージが湧くんです。
儲かったのは僕の実力じゃなくて、単に時代のおかげ。
すべては相場環境しだいなんですよ。
「CIRCUS (サーカス) 2006年04月号」

  • セクターの主力株を把握し監視する
  • 出遅れ銘柄を発見したらすぐに買いを入れる
  • 連れ高の予測は体得するしかない
  • 毎日銘柄リストを見続けると相場の動きがイメージできる

BNF氏の順張りスイングトレードの肝は、連れ高銘柄を狙うという事 ですね。セクターごとに関連銘柄を把握して、上げ相場でまだ上がっていない銘柄があればそれが購入対象ということですね。この時指標となるのは日経平均です。
・・・とここまではありふれた手法ですよね?重要なのは「関連銘柄を把握して」の部分です。圧倒的情報量なのです。BNF氏の手法の肝だと断言できます。今あなたの監視銘柄はどの程度ありますか?BNF氏は常時700銘柄を追っています。

そして、今度は日経平均に連れ高する銘柄があったとします。その波を掴むには、楽天証券のマーケットスピードを利用し日経225先物を常に監視しているとの事。この先物相場は日経平均を先導する動きをするので、急騰したら日経連れ高銘柄への買いサインだというわけです。下げを見せたら売りとなります。実際に眺めているだけでもその動きの性質は理解できますね。
そして気付かされるはずです、反応が遅れると命取りになってしまうことを。

逆張りスイングトレード

BNF 逆張りスイングトレード


BNF氏の最大の武器だったとも言える 損切りから学ぶFX上達の近道 乖離率逆張り手法 です。これは25日移動平均乖離率を見て、大きく下げている銘柄を買っていくという作業のようなテクニックですね。下げすぎた株は結局元に戻ります。これは自然なことです。だったら下げすぎを拾っていこうという考えですね。探し方としては、投資サイトにある乖離率ランキングなどで眺めてみてください。そして、乖離率0%へ戻る中で売っていきます。

36 :B・N・F◆mKx8G6UMYQ :04/03/06 02:49 ID:kyul+4/n
>>33 損切りから学ぶFX上達の近道
別に嫉妬とかやっかみだなんて思わないですよ。
証拠を見せたわけではないので疑うのは当然だと思います。
私が180万から1億にする過程ではすごい下げ相場でしたが現物のみの短期の逆張りで簡単に儲かりました。
というのは私は逆張りが好きで株は逆張りが有利だと思っているからです。

その理由は例えば短期筋が順張りする場合(この話の短期は一泊二日長くて二泊三日の短期です)その株が動意づく前に買ってた人を1とすると、その株を常に監視して上がり出す雰囲気を感じてまだ大して上がってない時に、勇気出して買う人を2としてその後、完全に上がり出したのを確認してその株が次の日も、上がると思って買う人を3その日の高値で買う人を4とすると、大体そういう動意づいた株のその日の出来高の推移を見ると3~4の間での出来高が多い気がします。
そして次の日買い気配で始まればその寄りで買う人を5、寄った後に更にそれより高値で買う人を6とすると短期のつもりで3~4の間で買った人は良くて6の人に売って利益を出すって感じですが

損切りから学ぶFX上達の近道

これでは1で買った人の膨大な利益には到底及びません。
しかし、1の段階で買ってる人は長期の人でしょうから、資金効率的なリスクを負っているので短期のつもりで3~4の間で買う人の投資方法も、1の人と比べて悪いわけではないでしょう。
一泊二日の短期での順張りでは到底1の段階で、買うことは難しくコツコツ細かい利益を積み重ねる感じになる気がします。
細かい利益と言っても1%~6%ぐらいはいける気がしますが。

一方、一泊二日の短期の逆張りに目をやると過去の25日移動平均線から何パーセント乖離したところで株は反発するのか?相場の雰囲気がいいから乖離が浅めでも反発するんじゃないか?相場の雰囲気が悪いから今回の乖離は相当きついところまでいくんじゃないか?出来高はどうか?ボリンジャーバンド的にはどうか?などを考慮して底を見極め買うことができれば一泊二日の短期なのに短期売買での順張りでは買うことの難しい動意づく前の水準である1の段階と同等の水準で買うことができるのです。
底打ったかな~?ぐらいで買う人は、短期の順張りで言えば2の人ぐらいで完全に底打ってから買う人は短期の順張りでは3~4の人に相当すると思います。
私は一泊二日の短期なのに短期の順張りでの1の水準で買えるおいしい相場が下げ相場だと思っているので下げ相場でも上げ相場でも現物だけでもいいかなぁって感じです。

落ちてるナイフは危険じゃんという意見もあるでしょうが、前の日までのマイナス乖離のきつい株が当日もそれなりのマイナスである場面で、自分のテクニカルの判断で反発すると思ってる株を買ってもその日、そこから更に下落するのは余地は少なくなり、上がりそうもなければさっさと損切ればいいわけです。
私の感覚ではただでも乖離のきつい株がダウやナスの下げなどで朝から結構売られてれば、そこで買っても損切り早ければそんなにリスクを感じません。
むしろ短期の順張りでの1の水準で買えるかもとわくわくします。

こんな感じで180万から1億までは逆張りで儲けた比率がかなり高いですそこからは去年の上げ相場でアホになって順張りして儲けた感じですね。
ってもそれまで逆張りで儲けてきたのでかなりビビリ捲くりの順張りでしたから利益率はそれほどよくないです。

  1. 下げ相場でも現物のみの短期逆張りは有効
  2. 底を見極め買うことができれば一泊二日の短期でも利幅が取れる
  3. 損切りが早ければリスクはそんなにない
  • 過去の25日移動平均線からの乖離率
  • 相場の雰囲気
  • 出来高
  • ボリンジャーバンド(移動平均線と値動きの幅を表す線)

乖離率は何%を目安に?と思ってしまう気持ちもわかりますが、完全に状況次第ですね。
当時では最低20% 安心して買えるのは35%以上とBNF氏は語っていましたが、もちろんそれではダメな時期もあれば、セクター(業種)ごとの乖離率のクセもあります。
現在で目安になるとは限りません。現在の相場を見極めて反発を狙うことです。
また、株人口が増えた影響で思ったようなリバウンドにならないと後に語っています。

BNF氏の損切りタイミング

FCFS_negi


BNF氏にとっても損切りの早さは最も重要だと言い切るほどの、そのタイミングを一言で言うと「想定より下がった場合」とのこと。絶対に上がるまで待つことはせずに、早めの損失を確定していることが特徴です。

特別すごいことを言っているようには聞こえませんが、実はこれちょっと勉強になります。
通常、想定より下がるという部分をどう考えますか?「何%下がったら損切り」「前日の最安値を割ったら損切り」というように具体的な値段を決めてしまいがちですよね。
BNF氏の損切りラインはその時々で変わるのです。もちろんパターン化できる物はしていて数種類の損切り方法があるようですが。

さらに、損切りの失敗パターンについても詳細を例に、損切りや手仕舞いの心理を披露しています。

よく損切りを失敗するパターンとして自分が買った銘柄やセクターだけ下げるというときがあります。
今回のリバではうまく金融セクターを初動で持ち越せたなら問題はありませんが金融セクターの初動時点ではディフェンシブ・資源・内需関連などはまだ下げ続けていました。
そんな場合でも迷わず損切りします。
結果的に出遅れで上昇することもあるのですがそれは今回のような強い上昇のときだけで下げ相場では特定のテーマ株だけ一時的に買われてもそれ以外の銘柄には資金が回って来ずにダラダラ下げ続けるということもよくあります。 損切りから学ぶFX上達の近道
自分の資金が少ないならばそういった銘柄をいつまでも持って資金拘束されるよりも上昇していく銘柄に乗り換えた方が資金効率がイイと思います。
もちろん初動は逃すことになりますから持ち越しには十分注意し出来高が直近最高値をつけたような日にはもう相場が過熟していることが多く含み損益にかかわらず、手仕舞いする方がリスクが小さいように思います。
私はその株が上がると思って買っているのではなく移動平均線の乖離からその相場や銘柄に応じて買いが入る可能性が高い乖離位置で買い。
強いならば持ち続けるだけであって(ここが買いで勝てるかどうかにおける最大の運の要素だと思います。)
どのような相場においてもそこからどちらに動くのかは正直わかりません。
しかし 徹底的に損切りできれば下落のリスクもさほど感じません 新興市場のような値動きの速い銘柄は別ですが・・・。
とにかく下げ相場ではコツコツ負けてドカンと勝つという感じで私は資産を増やしました。

そうそう、BNF氏だって損切り予想を外して反発してしまうことが多々あると言っています。それでも資産が増えるのは、損切りの早さに他ならないでしょう。

損切りと同じぐらい重要視しているのは「いつか上がるという希望的観測は絶対にダメ」という教訓です。

BNF氏の監視銘柄と保有銘柄


BNF氏が語る、監視銘柄と保有銘柄についてのコメントがあります。もちろんBNF氏の現在資産やその時々で保有銘柄は変わってくるのは当たり前ですが、どの程度の比率で保有しているのかを聞くと、BNF氏のキャパの広さが浮き彫りになります。

通常はだいたい 30 銘柄から 70 銘柄を保有していますが、株価のチャートなどが頭に入っている監視銘柄だけでも 600 銘柄から 700 銘柄くらいはあります。
「KING 2007年10月号」

順張りスイングトレードの項目でも触れましたが、監視銘柄の数が700銘柄というのには驚かされます。株式投資の天才とも言われる裏では見えない努力が必ずあるのですよね。

買って逃げてまたすぐ買い直すなんて手法は、資金が少ないときしかできないんです。
だから手法は順張りに変わったし、銘柄も何十億円入れてもビクともしない大型株に変わった。
出来高の少ない銘柄はもう監視してません。
逆張り時代は 2 ~ 3 銘柄しか保有してなかったけど、いまは 20 ~ 50 銘柄に分散しています。
「マネーの王道 vol.1」

資産が大きな金額になるにつれて、保有銘柄の数も分散しているようです。また、監視銘柄も出来高の多い物に注力している事がわかりますね。

BNF氏が利用する証券口座は?


BNF氏は 楽天証券を利用している事で有名です。ある取材の時にはメインツールである「マーケットスピード」を利用して実際に投資手法について語ったり、その指さばきを披露していました。では、なぜBNF氏は楽天証券を選んだのか?

注目したいのは、トレーディングツールのマーケットスピードです。このツールは多くのプロフェッショナルの投資家から最強のツールとして支持されています。
これこそBNF氏の投資手法を行う上で欠かせない物なのではないでしょうか。

ツールを活用する能力

株取引に不可欠とも言えるツールは、自分が利用しやすい事はもちろんですが、勝率に結びつく情報でなければ豚に真珠です。
BNF氏もこんなことを吐露していました。

テクニカル分析

「 株価予測アルゴリズム」では、膨大な株銘柄の中で、「値上がり・値下がりする銘柄」をAIが予測するアルゴリズムを個人が手軽に購入・利用できるサービスです。
累計実績が数百%のアルゴリズムがごろごろしています。1日1回メールやLINEで売買銘柄のお知らせが届き、チャンスを逃す事もない徹底された環境をワンコインから導入できるとなれば、 一般投資家がゼロサムゲームの株式市場で利益を叩く事は非常に難しくなっていく かもしれません。

ファンダメンタルズ分析

「お宝銘柄配信サービス」といったサービスでは、その圧倒的な情報量を駆使し、どこよりも早く手元に「今買うべき銘柄」が届く環境を構築できます。さらに、14日間の無料期間が設けられており、 無料期間のみで利益を上げてもらって構わない と言い切ります。
株式の全てはデータ戦と監視力、そして決断力と判断力です。この大部分を一般投資家が再現するのは並大抵のことではありません。時代の先行者利益を享受できる今、どんな戦略で株式に挑むかで大きく結果は左右される可能性もあります。

BNF手法まとめ

  1. 投資スタイルはスイングトレード
  2. 情報源はマケスピのニュースと2chのみ
  3. 日経平均先物に注目し日経平均を予測
  4. 状況に応じて順張りと逆張りを使い分ける
  5. 順張りは監視銘柄数と連れ高が重要
  6. 短期の逆張りは乖離率が重要
  7. 損切りは想定を超えたら早く行う

株が飴玉やコインで行うゲームだったら、もっと冷静で大胆に売買できると思いませんか? 損切りから学ぶFX上達の近道
私がBNF氏を見ていて一番感じたのはお金への執着のなさ。まさにゲーム感覚で上手にコインを増やしているような思考だったと思います。
もちろん現金は見ないようにしていると公言していましたから、意識的なのでしょうがスゴイですね。

そんな当時、株を学んだのは一冊の本だけで、それ以外一切書籍からは学んでいないと言うんだから驚きます。
BNF氏が読んだ本は「世紀の相場師ジェシー・リバモア」です。これだけは絶対読んだほうがいいです。間違いありません。

誰にも言えないFX失敗体験談|大損地獄から学ぶ失敗しないためのまとめ


FXの世界では、日々あまたの退場者を出し続けています。巨大掲示板やブログなどをのぞいてみると、様々な悲鳴が聞こえてきます。お金を儲けたいという思いで始めたFXが、自分の思惑とは全く逆の結果を招いているのです。

1.FXの失敗体験談|なぜ勝てない!?大損を出した失敗例 損切りから学ぶFX上達の近道

1-1.FX失敗体験談1|借金なみの恥ずかしい失敗例

「くそ! あの時損切りしないで持っておけば利益が出てたじゃないか!」

相場は波打つものだから、損切りせずに持っていればそのうち価格が戻ってくる。これはこれで一つの正しい考えなのかもしれない、と当時の私は考えました。

1-2.FX失敗体験談2|ブログやまとめ記事には成功者が

しかし、投資におけるメンタルとは、耐え忍ぶという意味ではなく、どんな状況でも決めたことを実行できる自制心だと今ならわかります。これを履き違えていると、一時期はうまくいったとしても、一つの大きな失敗をして、相場の世界から退場することになる可能性が非常に高いです。

1-3.FX失敗体験談3|失敗した主婦を笑えない大損地獄

そこで、じっとしていればまだ良かったのかもしれません。しかし、私は現状を早くなんとかしようとして、ナンピンを入れたりもしていました。ナンピンとは、例えば持っている買いポジションがマイナスになった時に、その下がった価格でさらに買い増して平均取得金額を下げることです。やり方に熟達しているなら、うまく機能することもありますが、「下手なナンピン、スカンピン」という格言どおり、素人がやっても損失を積み上げる可能性が高いです。ちなみに、スカンピンとは漢字にすると「素寒貧」となり、貧乏で何もないという意味になります。

その後、さらに2カ月程度、放置していました。価格を見ないようにしていましたが、ある日たまたまニュースで現在の価格を知り、背に悪寒が走りました。当時の私としては、もはやありえないくらいの損失になっていました。そして、精神的に耐え切れず決済しました。もはや取り返すことができないくらいの大損です。さらに、私が決済した途端、私を嘲笑うように価格が急上昇していきました。自分が決済した価格が大底になっていたのです。まさに、地獄のような経験でした。

2.FXでの失敗を呼び込み成功を阻む理由まとめ


1章では、大損を出す個人投資家の典型例とでもいうべき、過去の私の恥ずかしい体験談を告白しました。でも、失敗を失敗で終わらせてはいけません。失敗から学び取ってこそ成長できるからです。
この章では、1章の失敗例をもとに、何がいけなかったのか、どうすれば成功に近づくことができるのかを解説します。

2-1.FXで失敗する3つの要因

(1)損切りしない
損が出ているということは、問題が発生しているということです。例えば、仕事でも問題が発生したら、何らかの対応をしますよね。問題を放置していると、その問題はどんどん大きくなり対応不可能なものになっていくことがよくあります。損切りもこうした問題に対応する手段なのです。損切りしないのであれば、資金管理や両建てなど、損切りに変わる方法で、しっかりと問題に対応してください。

(2)メンタルの履き違え
上記でも書きましたが、相場の本などには、メンタルを強くすることが大切とよく書かれています。
メンタルの強さとは、何も損失に耐えうる鈍感さという意味ではありません。規律を守れる心の強さが、メンタルの強さです。損切りすると決めた価格で、きっちり損切りを実行できる心の強さのことです。
こうしたメンタルの強さが役立つのは、何もFXに限ったことではありません。ビジネスも同じです。例えば、PDCAサイクルを回して業務を改善していくのも、日々の振り返りや改善に必要なことをきちんと実行していくという、メンタルの強さが必要なのです。

(3)ナンピン
特に初心者がナンピンを一度覚えると、精神的に楽なので多用しがちです。また、それで価格が戻ってくると、まるで自分が上手になったかのように錯覚するものです。ナンピンが全て悪いというわけではありませんが、もしやるなら何回までナンピンするかを決めてからやってください。例えばナンピン3回までやってそれでも、思惑通り価格が動かなければその時点で全て決済するなど。そういう規律を作ることが、あなたを大損から救ってくれるはずです。

2-2.FXブログや2chなどの情報に踊らされて失敗

なぜなら、人間は自分で取った行動を強化する情報ばかりが目に入り、自分が取った行動を否定するような情報は目に入ってこないことが多いからです。情報を探せば探すほど、たとえ誤っていても自分の行動や考え方を強化するような情報ばかりが手に入り、なかなか軌道修正ができなくなるのです。

3.FXで失敗しない方法はある?失敗しても大きく学ぼう


FXで常に失敗せず、勝ち続けることはできません。必ず自分の思惑が外れたり、損失を出してしまったりすることがあります。そうした損失どれだけ小さく抑えられるか、またその失敗からどれだけ多くのことを学べるかが、あなたが将来どれだけ多く相場で稼げるかにか関わってきます。

FXで大失敗|1000万円の大損経験でわかった初心者が損しない5つのこと

しかし、損切しないでナンピンをすると、ポジションが倍になります。もし逆行すると、倍々で損失がふくらんでいきます。 決済ボタンをクリックすべきときに、新規注文をクリックするのですから、無茶苦茶なことをしています 。1回は助かったとしても、いずれ地獄を見るのは、火を見るよりも明らかです。1回で大損しなかったとしても、口座資金が一気に減ることになります。モチベーションも急激に低下し、資金もメンタルも立ち直るまで相当な時間を要します。

3.初心者が負ける5つの行動

1. ロットの上げ過ぎ
2. 損切りしない
3. 損切り貧乏
4. 無計画ナンピン

実は、 負けるトレーダーにはある程度の共通点があります。

1. 勉強しない
2. 勘違い
3. 焦り

4. 他力本願
5. リスクをよく考えない

3.1. 勉強しない

重要なことは、勉強してFX全般の知識をインプットし、それを実践でアウトプットすることです。 実践が役立つのは、知識をインプットしていることが前提 になります。そのために、まず知識をインプットしなければなりません。

3.2. 勘違い

しかし、 損切りから学ぶFX上達の近道 イメージすることと勘違いすることは、大違いです。 コツをつかんだからといっても、それはまぐれかもしれません。勝てるようになってきても、この先勝ち続けられるとは限らないです。 少し慣れてくると勘違いすることがあるので、注意が必要です。

3.3. 焦り

しかし、焦りはじめると、本を読んだりトレードしていても、何も頭にはいってきません。 いつも上の空状態で、つねに冷静さを欠いた状態になります。

1. エントリーまでの戦略を立てる(トレード根拠)
2. エントリーポイント(ロングorショート)
3. イグジットポイント(利益確定or損切り)

しかし、 焦りがあると、どこかが欠けてしまします。 結果、一貫性のあるトレードができなくなります。負けるとさらに焦り、負のスパイラルに陥るのです。この状態になると、トレードが苦痛になってきますね。

3.4. 他力本願

・インジケータが役にたたない
・本に書いていることが使えない
・この相場では仕方がない
・運が悪かっただけ

人は、 敗因を何かになすりつけることで、精神的に楽になろうとする傾向 があります。負けたのは自分のせいだと認めると、勝てない事実を突きつけられたことになり、FXでお金を稼ぐという夢が崩れてしまいますからね。どこか、逃げ道を作っておきたいのでしょう。

・勝てるトレード手法を探す

3.5. リスクをよく考えない

毎日20pips勝つと、「1年後には資産が1000万は超えている!」などと、捕らぬ狸の皮算用をしがちです。 勝ちばかりにフォーカスしてしまうと、リスクから目をそむけようとします。 確かに、大損などリスクが表面化しない限り、考えなくてもいいかもしれません。

私の場合、 リスクが顕在化するまで4年~5年かかりました。

リスクはあると認識していても、FXがどれほどリスキーな投資であるか、本気で考えたことがなかったです。負けはつきものですし、負けたら勉強代として勘定すればいい、と言い訳できる思考でした。 実際に大損しないと、リスクに対する実感がわかなったのでしょう

4.負けないようにすれば勝てる

それは、大損しないようにすればいいのです。

ほとんどの人は、勝てるようになるために、良いトレードルールを求めて試行錯誤します。フォーカスしているのは、利益確定の方ですね。そうではなく、上述したことの逆の行動をするだけでも、勝てるようになります。負けないこと、 少なくとも大損しないことが、勝ちにつながります。

1. ロットを上げ過ぎない
2. 必ず損切りする
3. 連敗を察知したら様子見する
4. 無計画ナンピンしない 損切りから学ぶFX上達の近道
5. しっかり学ぶ
6. 都合よく解釈しない
7. 焦らない
8. 他力本願をやめる
9. リスクを認識する

これらを意識するだけでも、 防御力が急激にアップし、負けを防ぐことが可能です。 これまでが「布の服」だとしたら、「鋼の鎧」をまとったイメージでしょうか。攻撃力も必要ですが、守備力・防御力も大事です。

自分の考えを否定し、その逆を認めるわけですからね。でも、これは「自分こそ正しい」という前提があるからではないでしょうか。 「自分は間違っているかもしれない」という謙虚な姿勢があれば、逆転の発想をすることができます。

5. 儲けるよりも生き残ること

確かに、最終的なトレードの目的は儲けることです。しかし、それには前提があり、生き残っていることです。退場してしまうと、全てが終了してしまいます。 どんな会心の一撃が出せたとしても、痛恨の一撃を受けたら一瞬で死にます。 防御力は高めておきましょう。

つまり、大損などの大失敗をしなければ、 おのずと生き残り、儲けることができます。 勝ち方は、ゆっくり考えれば良いのではないでしょうか。勝ち方よりも、先に負け方も学んでいかなければなりません。そのために、上述したような行動を心がけてください。

【FX】ライントレードで勝てるラインの引き方と上達のコツ!

チャートはMT4⇒FXトレード・フィナンシャル

トレンドラインの練習の仕方

  • この記事を書いた人

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

comment コメントをキャンセル

【MT4】Fractals(フラクタル)を利用したトレンドラインの引き方

トレンドラインはトレードを行う上で重要なテクニカルですね。 しかし、トレンドラインはどれが正しくてどれが間違っているかわからないのも事実。 だからこそ、こういったツールが人気があるわけですね。 さて今 .

【FX】ライントレードでスキャルピングするには?

ライントレードでスキャルピングをするにはどうしたらいいのか? 先日書いたこんな記事があります。 【FX】ライントレードで勝てるラインの引き方と上達のコツ! 結構、反響が大きかったので今回はもう少し突っ .

ライントレード手法はシンプル

今、ライントレードが流行ってますね。 ライントレードというと、なんだか新しいテクニカルのように思えますが、実際は昔からあるトレンドラインなどを使ったトレードのことを指します。 ライントレードの優位性が .損切りから学ぶFX上達の近道

サポ―ト&レジスタンスライン(水平線)確実性を求めるならコレ

サポート&レジスタンス(水平線)はやっぱり機能します。 だからこそ、自分なりに正しいと思える引き方を覚えるべきですね。 ゴルスパFXはその引き方を知るにはもってこい⇒ゴールデンスパイダーFX で、今日 .

サポート&レジスタンスラインをターゲットにして勝率アップ

今日はドル円でコツコツやってます。 で、私的に納得がいくトレードがあったのでメモ的に公開してみます。 その前に・・・管理人からのお願いです。 不正なしでブログランキングに参加してます! 応援していただ .

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる