よくあるご質問

株式投資とは

株式投資とは
投資信託

You must read the following information before proceeding. When you have read the information 株式投資とは set out below, please click on the "I confirm that I have read and understand the 株式投資とは above information" link at the bottom of the page to acknowledge that you have read the information 株式投資とは and to continue.

This website is directed only at residents of Japan and the information provided is not for distribution outside Japan. Shares of the NEXT FUNDS are not offered for sale or distribution outside of Japan.

Not all securities, products or services described in the website are available everywhere. The information contained in this 株式投資とは 株式投資とは website is for information purposes only and does not constitute a distribution, an offer to sell or the solicitation of an offer to buy any securities or provide any services in any jurisdiction in which such distribution or offer is not authorized. Although the information provided on this site is obtained or compiled from sources 株式投資とは that Nomura Asset Management Co., Ltd. believes to be reliable, Nomura Asset Management Co., Ltd. cannot and does not guarantee the accuracy, certainty or completeness of the information and materials contained in this website.

The information on this website is for reference purposes only and does not constitute an offer to sell or the solicitation of an offer to buy securities by Nomura Asset Management Co., Ltd. to any person in Japan.

Furthermore, the information on this website is not made or directed to any person in the United Kingdom and under no circumstance shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any person in the United Kingdom.

Furthermore, 株式投資とは 株式投資とは the information on this website is not made or directed to any person in the United 株式投資とは States or to any U.S. Person. Under no circumstances shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any person in the United States or to any U.S. Person as defined under the Securities Act of 1933, as amended. Residents of the United States are specifically prohibited from investing in the NEXT FUNDS and no person may offer investment in these funds to residents of the United States.

【初心者必見】株式投資とは?株主の権利やメリット・デメリットをわかりやすく解説

プロフィール:
中田FP事務所 代表/CFP®認定者/終活アドバイザー/NPO法人ら・し・さ 正会員/株式会社ユーキャン ファイナンシャルプランナー(FP)講座 講師/元システムエンジニア・プログラマー
給与明細は「手取り額しか見ない」普通のサラリーマンだったが、お金の知識のなさに漠然とした不安を感じたことから、CFP®資格を取得。
現在、終活・介護・高齢期の生活資金の準備や使い方のテーマを中心に、個別相談、セミナー講師、執筆などで活動中。

auじぶん銀行からの商品・サービスのご案内

100円から投資をはじめよう

auカブコム証券

人気記事ランキング

  1. 1 インフレとは何のこと?インフレのメリット・デメリット
  2. 2 ローン返済額みんなの平均はいくら?「住宅購入とお金」全国実態調査
  3. 3 利回り、金利、利子、利息。違いは分かる?
  4. 4 リボ払いは損?仕組みと手数料の計算方法を解説
  5. 5 1日4回のチャンスを狙う!為替が動きやすい時間帯とは

関東、関西在住 小中学生の子どもを持つ親に調査!教育・受験とお金事情
(執筆者:auじぶん銀行)

【初心者必見】株式投資の配当金の仕組みと受取方法について
(執筆者:中田 真(ファイナンシャルプランナー))

【初心者必見】株式投資とは?株主の権利やメリット・デメリットをわかりやすく解説

プロフィール:
中田FP事務所 代表/CFP®認定者/終活アドバイザー/NPO法人ら・し・さ 正会員/株式会社ユーキャン ファイナンシャルプランナー(FP)講座 講師/元システムエンジニア・プログラマー
給与明細は「手取り額しか見ない」普通のサラリーマンだったが、お金の知識のなさに漠然とした不安を感じたことから、CFP®資格を取得。
現在、終活・介護・高齢期の生活資金の準備や使い方のテーマを中心に、個別相談、セミナー講師、執筆などで活動中。

auじぶん銀行からの商品・サービスのご案内

100円から投資をはじめよう

auカブコム証券

人気記事ランキング

  1. 1 インフレとは何のこと?インフレのメリット・デメリット
  2. 2 ローン返済額みんなの平均はいくら?「住宅購入とお金」全国実態調査
  3. 3 利回り、金利、利子、利息。違いは分かる?
  4. 4 リボ払いは損?仕組みと手数料の計算方法を解説
  5. 5 1日4回のチャンスを狙う!為替が動きやすい時間帯とは

関東、関西在住 小中学生の子どもを持つ親に調査!教育・受験とお金事情
(執筆者:auじぶん銀行)

【初心者必見】株式投資の配当金の仕組みと受取方法について
(執筆者:中田 真(ファイナンシャルプランナー))

株式投資とは

株式投資とは?

株式投資(株取引)とは、 株式会社が発行する株式を売買、保有すること で、売却益や配当金を狙う投資のことです。
投資の対象である「株式」は、常に価格の変動があるため、儲かることもありますが、値下がりによって損をしてしまうリスクもある点が特徴です。

初心者が押さえるべき株式投資の疑問点

(1)株式ってなに?

株式とは、 株式会社が資金調達を目的として発行する有価証券のこと です。

通常、投資家が株式を購入したい場合は、 証券会社を通じて購入 することができます(株式が証券取引所に上場されている場合)
なお、日本国内では、約3,800社の国内企業が証券取引所で上場・公開しています。
※2022年3月末時点

(2)株式投資で利益が得られる仕組みは?

1:値上がり益(売買益)
2:配当金
3:株主優待

値上がり益 とは、売却益(キャピタルゲイン)とも呼ばれ、株式購入時より売却時のほうが株式の価格が高額になった時に得られる利益のことです。
株式投資の基本ともいわれる、「安く買い、高く売る」ことで利益を得る方法です。

配当金 は、インカムゲインとも呼ばれ、利益を上げた株式会社が株主に対して分配するお金のことです。
配当金額は、保有する株式の数や企業の業績(利益)の大きさによって決まります。また、業績の悪化等を理由に配当金が出ないこともあります。

株主優待 は、値上がり益や配当金のように直接金銭を受け取るのではなく、保有する株式の発行企業の製品やサービス、割引券などを受け取ることです。
代表例としては、株主優待券(商品券やギフトカード、割引券など)をはじめ、商品カタログ、飲食品、衣類など企業によって様々なバリエーションが存在しています。

(3)株価はどんなときに動く?

(4)株式投資でよく見る用語の意味は?

●証券取引所
証券取引所とは、主に株式や債券の売買取引を行うための施設です。現在、札幌・東京・名古屋・福岡の4か所に設けられています。

●証券会社
証券会社とは、株式や債券などの売買の取次ぎや引き受けなどを行っている企業のことです。

●税制優遇制度
株式投資に関する税制優遇制度は、「NISA」と「iDeCo」が挙げられます。

NISAとは?
NISA(少額投資非課税制度)とは、株式投資(投資信託)などで得た利益が非課税になる制度です。通常、これらの投資で得た利益に対しては、20.315%の税金がかかります。

一般NISAつみたてNISAジュニアNISA ※
非課税期間最長5年間最長20年間最長5年間
非課税投資枠
(年間)
122万円(2階建て)40万円80万円
対象年齢20歳以上20歳以上20歳未満
対象商品株式投資信託・上場株式・REITなど長期投資に適した限られた投資信託のみ一般NISAと同じ

iDeCoとは?
iDeCo(個人型確定拠出年金)とは、任意加入の年金制度であり、毎月一定金額を積み立てて(拠出)、投資信託などをはじめとする金融商品で運用し、60歳以降に年金または一時金で受け取れる制度です。

●注文方法
株式を売買する際には、買い注文・売り注文を証券会社を通じて実施します。
その注文方法は「 成行注文 」「 指値注文 」「 逆指値注文 」の3つがあります。

株式投資とは
成行注文指値注文逆指値注文
特徴値段を指定せずに注文する方法希望する売買価格を指定して発注する方法予め指定した価格以上(価格以下)に到達した場合に、指定した注文を発注する方法
メリット即座に売買することができる希望した価格で売買できる希望した価格で売買できる
損切り対策として活用できる
デメリット株価の値動きを常に確認する必要がある希望価格に達しない場合は、約定できず投資チャンスを逃すリスクがある希望価格に達しない場合は、約定できず投資チャンスを逃すリスクがある

●複利効果
複利効果とは、 運用で得た収益を再び投資すること で、いわば利息が利息を生んで利益額が膨らんでいく効果のことです。

(円)1年目2年目3年目4年目5年目6年目7年目
単利1,050,0001,100,0001,150,0001,200,0001,250,0001,300,0001,350,000
複利1,050,0001,102,5001,157,6251,215,5061,276,2821,340,0961,407,100

自身で運用が難しい場合はプロにお願いする事も一つの手です。
最近では IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー) とも呼ばれる、金融商品仲介業者の登録をした金融ドバイザーも増えてきています。
証券会社や銀行等から独立した方が多く、豊富な金融業界の知識や経験を元に市場動向の分析や、資産分配のアドバイス、株や債券、投資信託といった金融商品の説明とその販売を行っています。
知識や最新の情報を提供しながら運用してくれるので、ご自身でも金融知識を付けながら投資に取り組むことができます。

「株式投資」と「投資信託」の違いとは?どっちがおすすめ?

投資信託

株式投資と投資信託の概要

株式投資とは

投資信託とは

株式投資信託とは

株式投資と投資信託の違い

株式投資と投資信託のメリット・デメリット比較

比較表
項目株式投資投資信託
メリット1. 配当金・株主優待がもらえる
2. 大きな利益が狙える
3. 手数料が少ない
1. プロに運用を任せられる
2. 少額で始められる
3. 分散投資が簡単にできる
デメリット1. 必要資金が大きい
2. 集中投資になりやすい
3. 専門知識が必要
1. 手数料がかかる
2. 換金に時間がかかる
3. 分配金がない投資信託もある

株式投資のメリット

  1. 配当金・株主優待がもらえる
  2. 大きな利益が狙える
  3. 手数料が少ない

メリット1:配当金・株主優待がもらえる

メリット2:大きな利益が狙える

メリット3:手数料が少ない

当たり前のことをお伝えしているように聞こえるかもしれませんが、 投資信託だと保有している間にも手数料がかかるのです 。詳しくは投資信託のデメリットの項目で解説しますが、保有している間にかかる手数料のぶんだけ、株式投資の方が低コストで運用ができるメリットがあるのです。

株式投資のデメリット

デメリット1:必要資金が大きい

デメリット2:集中投資になりやすい

先ほど解説したように、100株を買うのに1万円から数百万円といった大金が必要なので、少しの銘柄だけを保有するので精一杯の人が多いと思います。しかし、 集中投資はリスクが高い というデメリットがあります。

このような事態を避けるためには、 分散投資が必要 です。さまざまな銘柄に少しずつ資金を投資していれば、一つの株価が大暴落しても、資産全体が被る被害を限定的に抑えることができます。

したがって、リスクを抑えた投資をするためには分散投資した方が良いのです。ただし、 株式投資は必要資金が大きいため、資金が少ない人が分散投資をするのは難しい です。同じ金額でも他の投資方法の場合、より多くの分散ができることが多いです。

デメリット3:専門知識が必要

株式投資は、 銘柄選びに専門知識が必要 なことがデメリットです。

投資信託のメリット

  1. プロに運用を任せられる
  2. 少額で始められる
  3. 分散投資が簡単にできる

メリット1:プロに運用を任せられる

投資信託は 運用をプロに任せられる ことがメリットです。投資を始めたばかりの初心者でも、投資信託ならプロ並みの運用成績が期待できます。

メリット2:少額で始められる

投資信託は 少額で始められること がメリットです。対面の銀行や証券会社の窓口なら1万円から、インターネット証券会社なら100円から始めることができます。

メリット3:分散投資が簡単にできる

投資信託のデメリット

  1. 手数料がかかる
  2. 換金に時間がかかる
  3. 分配金がない投資信託もある

デメリット1:手数料がかかる

デメリット2:換金に時間がかかる

デメリット3:分配金がない投資信託もある

投資信託のデメリットには、 分配金が支払われない ものもあります。分配金がない投資信託の方が種類は豊富ですが、保有しているだけでは利益を得られません。

株式投資がおすすめの人

ここまで、株式投資と投資信託のメリット・デメリットを解説してきました。これらを総合すると、 株式投資がおすすめなのは、資金を多く持っており自分で銘柄選びができる人 です。

投資信託がおすすめの人

一方、 投資信託がおすすめなのは投資の知識があまりない初心者の方や、投資に使える資金が少ない方 です。特に、資金が100万円未満なら株式投資より投資信託の方が良いでしょう。

株式投資で分散投資をするなら少なくとも200万円前後は資金が欲しいところですが、そこまでの金額は出せないという方には、 100円以上100円単位で始められる投資信託がおすすめ です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる