オプション投資戦略

一目均衡表について

一目均衡表について

画像引用:yahooファイナンス

【特集】 一目均衡表【買いシグナル】低PBR 13社選出 <テクニカル特集> 6月13日版

十六FG <日足> 一目均衡表 「株探」多機能チャートより

本特集では、テクニカル指標「一目均衡表」のなかでも最も強い買いシグナルである「3役好転」と企業の持つ株主資本(純資産)からみた株価指標で、理論上の解散価値を示す「PBR」に注目。プライム市場において、上昇トレンドを示唆した可能性が高い「3役好転」を示した 20銘柄から、PBRがプライム市場平均の 1.21倍以下で上値余地があるとみられる 13社を選び出しました。

銘柄名 PBR PER
百十四 0.18 6.4
十六FG 0.21 4.9
群馬銀 0.30 5.8
中部飼 0.49 16.8
トーエネク 0.50 7.2

フィードワン 0.58 10.2
ユニデンHD 0.64 27.0
日比谷設 0.72 12.7
日本調剤 0.74 8.9
伊藤米久HD 0.75 13.1

日新製糖 0.80 30.0
フラベッドH 0.87 12.3
三機工 0.89 12.1

  • ・脱炭素・EV時代の超成長スポット、「パワー半導体」勇躍の5銘柄 <株探トップ.. (06/11)
  • ・利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第3弾 36社選出 <成長株特集> (06/12)
  • ・【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─値上げラッシュを逆手に、投資チャンスをつ.. (06/12)
  • ・本日の【ゴールデンクロス/デッドクロス】引け GC= 34 銘柄 DC= 137 銘柄 (6月13日)
  • 一目均衡表について
  • ・本日の【25日線|上抜き/下抜き】引け 上抜け= 68 銘柄 下抜け= 748 銘柄 (6月13日)
  • ・本日の【MACD|買い/売りサイン】引け 買い= 16 銘柄 売り= 333 銘柄 (6月13日)
  • ・本日の【パラボリック|買い/売り・転換】引け 買い= 41 銘柄 売り= 868.. (06/13)
  • ・本日の【均衡表 《雲》|上抜け/下抜け】引け 上抜け= 42 銘柄 下抜け= 26.. (06/13)
  • ・本日の【均衡表|3役好転/逆転】引け 好転= 37 銘柄 逆転= 88 銘柄 (6月13日)
  • ・本日の【ボリンジャー|±3σブレイク】引け 上抜け= 16 銘柄 下抜け= 22.. (06/13)

株探からのお知らせ

  • 見逃し配信開始! 株探プレミアムセミナー

お気に入りがいっぱいです!
もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。
初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中! 一目均衡表について
※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
登録もしくは削除する機能となっております。
お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)が必要です。 一目均衡表について 一目均衡表について
無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

  • アジア株 上海株は1.4%高、最悪期脱したとの見方 鉱工業生産が予想外の上昇 韓国ハイブは急落、BTSが活動休止を発表
  • 東京為替:ドル・円は変わらず、全般的に動意薄
  • 後場に注目すべき3つのポイント~“異例”の掛け合わせが実施される中あく抜け感への期待は危うい
  • 話題株ピックアップ【昼刊】:GAテクノ、ヤーマン、エニーカラー
  • 三井ハイテック---急落、四半期収益のモメンタム鈍化を警戒
  • リンクバル---大幅に続伸、男女共同参画白書「20代男女の多数、配偶者や恋人いない」で思惑
  • NYダウ3万ドル割れ目前、「CPIショック」が意味するもの <株探トップ特集>
  • 6月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集>

人気ニュース【ベスト5】

  • 今朝の注目ニュース! ★エニーカラー、ヤーマン、NEWARTなどに注目!
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月15日記)
  • NYダウ3万ドル割れ目前、「CPIショック」が意味するもの <株探トップ特集>
  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月14日発表分)
  • 「パワー半導体」が5位、今後数年で3兆円規模の巨大市場に発展<注目テーマ>

お薦めコラム・特集

    一目均衡表について
  • プラチナは一段安も、金融引き締め強化・米リセッションを警戒 <コモディティ特集>
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月15日記)
  • NYダウ3万ドル割れ目前、「CPIショック」が意味するもの <株探トップ特集>
  • 6月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集>
  • 「パワー半導体」が5位、今後数年で3兆円規模の巨大市場に発展<注目テーマ>

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

【初心者必見】勝てるFXトレーダーは理解している「一目均衡表」についてまとめてみた

FX

一目均衡表とは

・相場の方向性

・トレンドの勢い

・サポートラインとレジスタンスライン

FX 一目均衡表

・遅行スパン

・先行スパン1

・先行スパン2

一目均衡表を使ったトレード方法

・先行スパンの使い方

・基準線と転換線の使い方

・遅行スパンの使い方

・相場の方向性

・トレンドの勢い

・サポートラインとレジスタンスライン

もっと楽にFXで資産を増やしたいなら?

【FX】5月10日に米国が対中関税引き上げ措置発動!?リーマンショック級の衝撃!?情報についてまとめてみた

【FX】10月11日にNYダウと日経平均が大暴落してトレーダーがパニック!?情報についてまとめてみた

【報告】FX-EA System Projectの参加者との音声対談2

【初心者必見】FX初心者がどうしたら稼げるようになるのか?

【速報】FX-EA System Project紹介制度についての情報!!

どうもこんばんわ! 新パラメーターの問い合わせが多くあり この企画に価値を感じてくれている方が多くいるなと思いました!! 今回は、このFX EA System Projectの企画に紹介制度を企画の中に組み込もうと思ってい.

【初心者必見】勝てるFXトレーダーは使っているグランビルの法則についてまとめてみた

masaya

・最新ビジネス案件紹介
・集客代行
・バイナリーオプション
・FX
・アフィリエイト
・仮想通貨
・マーケティングコンサル
・コンテンツビジネス
・Webシステム開発
・デザイン制作
・動画制作

【特集】 一目均衡表【買いシグナル】低PBR 13社選出 <テクニカル特集> 6月13日版

十六FG <日足> 一目均衡表 「株探」多機能チャートより

本特集では、テクニカル指標「一目均衡表」のなかでも最も強い買いシグナルである「3役好転」と企業の持つ株主資本(純資産)からみた株価指標で、理論上の解散価値を示す「PBR」に注目。プライム市場において、上昇トレンドを示唆した可能性が高い「3役好転」を示した 20銘柄から、PBRがプライム市場平均の 1.21倍以下で上値余地があるとみられる 13社を選び出しました。

銘柄名 PBR PER
百十四 0.18 6.4
十六FG 0.21 4.9
群馬銀 0.一目均衡表について 30 5.8
中部飼 0.49 16.8
トーエネク 0.50 7.2

フィードワン 0.58 10.2
ユニデンHD 0.64 27.0
日比谷設 一目均衡表について 0.72 12.7
日本調剤 0.一目均衡表について 74 8.9
伊藤米久HD 0.75 13.1

日新製糖 0.80 30.0
フラベッドH 0.87 12.3
一目均衡表について 三機工 0.89 12.1

  • ・脱炭素・EV時代の超成長スポット、「パワー半導体」勇躍の5銘柄 <株探トップ.. (06/11)
  • ・利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第3弾 36社選出 <成長株特集> (06/12)
  • ・【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─値上げラッシュを逆手に、投資チャンスをつ.. (06/12)
  • ・本日の【ゴールデンクロス/デッドクロス】引け GC= 34 銘柄 DC= 137 銘柄 (6月13日)
  • ・本日の【25日線|上抜き/下抜き】引け 上抜け= 68 銘柄 下抜け= 748 銘柄 (6月13日)
  • ・本日の【MACD|買い/売りサイン】引け 買い= 16 銘柄 売り= 333 銘柄 (6月13日)
  • ・本日の【パラボリック|買い/売り・転換】引け 買い= 41 銘柄 売り= 868.. (06/13)
  • ・本日の【均衡表 《雲》|上抜け/下抜け】引け 上抜け= 42 銘柄 下抜け= 26.. (06/13)
  • ・本日の【均衡表|3役好転/逆転】引け 好転= 37 銘柄 逆転= 88 銘柄 (6月13日)
  • ・本日の【ボリンジャー|±3σブレイク】引け 上抜け= 16 銘柄 下抜け= 22.. (06/13)

株探からのお知らせ

  • 見逃し配信開始! 株探プレミアムセミナー

お気に入りがいっぱいです!
もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。
初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中!
※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
登録もしくは削除する機能となっております。
お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)が必要です。
無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

  • アジア株 上海株は1.4%高、最悪期脱したとの見方 鉱工業生産が予想外の上昇 一目均衡表について 一目均衡表について 韓国ハイブは急落、BTSが活動休止を発表
  • 東京為替:ドル・円は変わらず、全般的に動意薄
  • 後場に注目すべき3つのポイント~“異例”の掛け合わせが実施される中あく抜け感への期待は危うい
  • 話題株ピックアップ【昼刊】:GAテクノ、ヤーマン、エニーカラー
  • 三井ハイテック---急落、四半期収益のモメンタム鈍化を警戒
  • リンクバル---大幅に続伸、男女共同参画白書「20代男女の多数、配偶者や恋人いない」で思惑
  • NYダウ3万ドル割れ目前、「CPIショック」が意味するもの <株探トップ特集>
  • 6月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集>

人気ニュース【ベスト5】

  • 今朝の注目ニュース! ★エニーカラー、ヤーマン、NEWARTなどに注目!
  • 一目均衡表について 一目均衡表について
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月15日記)
  • NYダウ3万ドル割れ目前、「CPIショック」が意味するもの <株探トップ特集>
  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月14日発表分)
  • 「パワー半導体」が5位、今後数年で3兆円規模の巨大市場に発展<注目テーマ>

お薦めコラム・特集

  • プラチナは一段安も、金融引き締め強化・米リセッションを警戒 <コモディティ特集>
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月15日記)
  • NYダウ3万ドル割れ目前、「CPIショック」が意味するもの <株探トップ特集>
  • 6月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集>
  • 「パワー半導体」が5位、今後数年で3兆円規模の巨大市場に発展<注目テーマ>

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China 一目均衡表について Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

一目均衡表って何? 初心者さんにわかりやすく解説

一目均衡表って何?-初心者さんにわかりやすく解説

テクニカル分析

突然ですが、あなたは 一目均衡表 というテクニカル指標をご存知でしょうか?

一目均衡表は細田悟一さんという日本人が1936年に発表したテクニカル指標で、外国でも 【Ichimoku】 と呼ばれて利用されています。
某犬の映画でリチャードギアが「Hachi~」と言ってましたが、それを思い出しますね。

Hachiはいいとして、 一目均衡表とは、
【相場は売り手・買い手のバランスが崩れた時に動き、その方向が分かれば相場は一目瞭然なんです!】
という考え方に基づいて作られたテクニカル指標で、時間を重視している珍しい指標です。

難しくありませんし、 今までフルーチェ作りしかしてこなかった方も安心して読める内容にしてみましたので、どうぞ最後までお付き合いください。
一目均衡表をさくっと覚えて、さくさくっと勝率を上げてしまいましょう。

一目均衡表は5つの線でできています

一目均衡表


画像引用:yahooファイナンス

変な線が沢山ありますね。
なんか難しそう……に見えますが、大丈夫です。
冒頭でも言いましたが難しくないです。本当です。 本当だってば。

最初は 基準線 を説明します。

一目均衡表_基準線

画像引用:yahooファイナンス


過去の26日間で一番高かった株価と、一番低かった株価の中心を繋いだ線です。

  • 基準線より株価が上にあれば、26日間というスパンの中では 買い手が多い。
  • 基準線より株価が下にあれば、26日間というスパンの中では 売り手が多い。

次に 転換線 を説明しますよ。

一目均衡表_転換線

画像引用:yahooファイナンス

過去の9日間で一番高かった株価と、一番低かった株価の中心を繋いだ線です。

お次は 遅行線 です。

一目均衡表_遅行線

画像引用:yahooファイナンス

現在の終値を26日過去にずらした線です。
月足だと26ヶ月前、週足では26週前、日足では26日前にずらします。 だからそれ以外の線と違って、現在の株価から26日前の地点で止まっているんです。

つまり 【現在の株価が26日前に比べてどの水準にあるのか?】 ということを示す線なのですが、非常に面白いことを教えてくれます。

  • 株価よりも上で遅行線が推移している場合、26日前に買っていた人たちが含み益になっていることを表します。
    現在は買いが強い、強気相場になっています。

一目均衡表_遅行線より株価下

  • 株価よりも下で遅行線が推移している場合、26日前に買っていた人たちは含み損になっていることを表します。
    現在は売りが強く、弱気相場になっています。

一目均衡表_遅行線より株価上


画像引用:yahooファイナンス

先行スパン

最後は 先行スパン1 と 先行スパン2 です。

この先行スパン1と2によって 【雲】 が作られており、この存在が 一目均衡表について 一目均衡表について 一目均衡表の最大の特徴 ともいえるものです。

一目均衡表_雲

画像引用:yahooファイナンス

【雲】は見た目で直ぐに判断することのできるサインなので、有効活用できると非常に便利です。

先行スパン1と2の間にできた空白を 【雲】 といいます。
一目均衡表の最も特徴的な部分なので、ここだけでも是非覚えてみてください。

●雲は下値を支え、上値を抑える役割

・雲の上で株価が推移していれば 買い手の多い相場
・雲の下で推移していれば 売り手の多い相場

一目均衡表_厚い雲と薄い雲


画像引用:yahooファイナンス

・雲の上で株価が推移している場合、厚い雲であればあるほど、 株価が下がって雲にぶつかった時に反発して上昇しやすい。

・雲の下で株価が推移している場合、厚い雲であればあるほど、 一目均衡表について 株価が上昇して雲にぶつかった時に反発して下落しやすい。

一目均衡表_雲の反発

これはかなりイメージしやすいのではないでしょうか。
あなたが空から降ってきたとして、分厚い雲の上に落ちてきてもぼよんと支えて、何なら上に乗せてくれそうですよね。
でも、分厚い雲を下から上に突き抜けようと思って頭突きした場合、ぼよんと弾き返されてしまいそう。

★雲が薄い場合

・雲の上で株価が推移している場合、株価が下落して雲にぶつかっても、 すぐに株価が雲を下抜けてしまいやすい。

・雲の下で株価が推移している場合、株価が上昇して雲にぶつかっても、 すぐに株価が雲を抜けて上昇しやすい。 一目均衡表について

なぜ雲で反発・抵抗するのか?

雲が厚いということは、
雲が出来ている価格帯で取引が活発に行われたことを表すため、 【その価格帯で買った株を持ったままでいる人たちが多い】 という可能性が高いわけです。
逆に、雲が薄いのは持っている人が少ない価格帯ということですね。

例えば、500円~800円の間で大きな雲ができていたとしたら、その価格帯で買った株をまだ持っている人が多そうだよ、と言っているわけですよね。

★例① 500円で買った人が多い場合

500円で買った株をあなたが持っていたとして、そこから株価が下がったとします。
その場合、「できれば買値で撤退したい」と考えるのではないでしょうか。
そしてきっと、同じことを考える方は多いことでしょう。

★例② 500円で売った人が多い場合

500円の地点で買った株が上がったとします。
けれど、そこから再度500円まで下がってきても、一度上昇しているところを見ているので「また500円から上昇するんじゃない?」と再度買いを増ししたくなりませんか?

雲は少し先の値動きを予測しやすい

一目均衡表を見てもらうとすぐ分かると思うのですが、雲は現在の株価よりも少し先まで続いています。

一目均衡表

画像引用:yahooファイナンス

なぜなら、先ほど出てきた先行スパン1と2という線が、 過去の値動きを未来に反映しているもの だからです。

一目均衡表の見方と売買のサイン

雲のサイン

先ほどの項目でも少し出てきましたが、雲は下値を支えるもの (支持体) そして上値を抑えるもの (抵抗体) としての役割を果たしています。
これによって、売買の重要なサインとして読むこともできてしまうのです。

分厚い雲を抜き抜けると、分厚い雲が今度は株価を支えてくれるため、 上値が軽くなり上昇しやすくなります。
逆に、分厚い雲の中に株価が潜ったり下抜けてしまうと、 やや先行きが不透明で売りが強くなる可能性があります。

★雲のねじれ

雲は値動きが進むごとに徐々に薄くなり、上向きから下向きに、下向きから上向きに変わる部分があります。
これは雲の 【ねじれ】 と呼ばれていて、株価の変化が起きやすいとされています。取引する際はご注意ください。

一目均衡表_雲のねじれ


画像引用:yahooファイナンス

※ただし、雲の位置からローソク足まで距離が空いている時に起きる雲のねじれは、さほど強い影響はないようです。

基準線と転換線のサイン

基準線と転換線は移動平均線に似たものとして紹介しましたが、まさに移動平均線と同じく、ゴールデンクロスとデッドクロスすることで売買のサインと読むことができます。

●基準線を転換線が上抜く→ 買いサイン(ゴールデンクロス)

一目均衡表_ゴールデンクロス

画像引用:yahooファイナンス

●基準線を転換線が下抜ける→ 売りサイン(デッドクロス)

一目均衡表_デッドクロス

画像引用:yahooファイナンス

遅行線のサイン

【現在の終値を26日過去にずらした線】である遅行線ですが、これもサインとして機能しているので覚えておいてください。

  • 遅行線より株価が下にあれば 買い手の強い相場( 強気相場 )
  • 遅行線より株価が上にあれば 売り手の強い相場( 弱気相場 )

ということは…
【相場が弱気から強気に変わるライン】= 【株価と遅行線がクロスするタイミングは相場の変わり目】
と判断することができるわけです。
つまり、

●遅行線が株価を上抜く→ 買いサイン

●遅行線が株価を下抜く→ 売りサイン

一目均衡表_遅行線の買いサインと売りサイン

画像引用:yahooファイナンス

ちなみに、
遅行線を株価が上抜くことを 好転
遅行線を株価が下抜くことを 逆転
と言いますよ。

一目均衡表を代表するサイン【三役好転】と【三役逆転】

一目均衡表を代表する、かなり強い売買のサインだと言われているものがあります。
それが 【三役好転】 と 【三役逆転】

【三役好転】の条件

①株価が上昇し、雲から抜け出す。
②遅行線が株価を上抜く。
③転換線が基準線を上抜ける。

【三役逆転】の条件

①株価が下落し、雲の下に抜ける。
②遅行線が株価を下抜ける。
③転換線が基準線を下抜ける。

【三役好転】という名前が麻雀の役のようですね。
「A線とB線が交わる場合は【一気通貫】と言います!」
とか
「A線が株価を上抜いてC線がB線と交わったら【国士無双十三面待ち】です!」
とか言われても信じそうです。
※一気通貫と国士無双十三面待ちは麻雀の役です。株とは何の関係もありません。 一目均衡表について

一目均衡表でトレンドの押し目を探す

一目均衡表では、非常に強く長期的なトレンドが出た場合に、特徴的な線の並びになることがあります。
それは

株価(ローソク足)

転換線

基準線

先行スパン1

先行スパン2

一目均衡表_長大トレンド発生中

画像引用:yahooファイナンス

そのポイントというのが、 ローソク足が各線に触れるタイミング です。

  1. ローソク足が転換線に触ったポイントが第1の押し目。 (まだまだ上昇する勢いがある)
  2. 基準線に触るポイントが第2の押し目。 (まぁまぁ上昇する勢いが残ってる)
  3. 先行スパン1に触るポイントが第3の押し目。 (上昇する勢いは少なくなってきた?)
  4. 先行スパン2に触るポイントが第4の押し目。 (上昇する力はかなり少ない)

上昇中の相場で一番上に位置する転換線に触れて反発するということはまだまだ上昇する力が強いですが、一番下にある先行スパン2に触れてやっと反発するということは、もうほぼ上昇する力は残っていないと判断されます。
線の上から順に、反発する力が強く、トレンドの勢いが強いことを示します。

もし上昇 or 下落相場で押し目を探しているときに、思い出してみてください。

一目均衡表は長期的なボックス相場では役に立たないので注意

非常に便利で頼もしい一目均衡表ですが、 ダマシ ( サインが出たのに逆の動きをする )が起きてしまうこともあります。
それはどんな時かというと、ある一定の高値と安値を行き来する ボックス相場 。

ボックス相場で役立つのはボリンジャーバンドやRSI、ストキャスティクス等のオシレーター系( 買われすぎ・売られすぎを見る指標 )なので、ボックス相場ではボックス相場に強いテクニカル指標を使ってみましょう。

一目均衡表を含めて、売買のサインに絶対はないので注意

テクニカル指標の全てに共通して、売買のサインに絶対はありません。
一目均衡表でゴールデンクロスが出たからと言って必ず上昇することはなく、デッドクロスが出ても必ず下落するということはありません。

一目均衡表まとめ

売買のサイン自体は非常に簡単ですが、最初は 【どの線がどれだっけ……】 と少しごちゃごちゃしてしまうかもしれませんね。
でも大丈夫です。見ている内に慣れますw

もし記事が役に立ったり面白かったら、ブログ村のボタン↓↓をぽちっと押してくださいませ! 三└(┐Lε:)┘ (いつも応援有難うございます! 滅茶苦茶励みになっていますm(_ _)m)

「一目均衡表を使えるような銘柄が知りたいんじゃヴォケー!!(´;ω;`)ウゥゥ」
「テクニカル指標使っても買った銘柄が軒並み下がってくんだけど、もしかして俺天才?!(´;ω;`)ウゥゥ」 一目均衡表について
という方にはコチラがオススメ。


無料で会員登録すると、市場がやってる日なら毎日無料メルマガで1つ銘柄を教えてもらえますよ。
プロの選ぶ銘柄は勉強にもなるので、よく利用させてもらっています。

一目均衡表とは?

買いと売りどちらが優勢かを判断するためのチャート

転換線=(過去9日間における最高値+過去9日間における最安値)/2
基準線=(過去26日間における最高値+過去26日間における最高値)/2
先行スパン1=(当日の転換線+当日の基準線)/2
を26日先に記録したもの
先行スパン2=(過去26日間における最高値+過去26日間における最高値)/2
を26日先の位置に記録したもの
遅行スパン=当日の終値を26日前の位置に記録したもの
※「過去○日」、「○日先」、「○日前」とは、当日を含めてカウントしたものを指します。

一目均衡表

一目均衡表を使った分析方法

(1)基準線と転換線
・株価が基準線の上側にあれば強い相場、下側にあれば弱い相場と判断します。
・基準線の方向が相場の方向性を示しており、基準線が上向いていない状態での株価の上昇は短期間の反発に終わる可能性が高いと言えます。また、それに伴って基準線が上向きの場合は押し目の限界、下向きの場合は戻りの限界として活用します。
(ただし、強い相場、弱い相場の時に転換線がそれぞれの押し目・戻りの限界となります)

(2)2本の先行スパンと「雲」
・株価が雲の上方にあれば強い相場、下方にあれば弱い相場と判断します。
・株価が雲の上方(下方)にある状態から下落(上昇)した場合、2本の先行スパンが押し目(戻り)の限界と見ます。
・中長期的に見て、株価が雲を下から上、あるいは上から下へ突破した場合は、相場の大きな転換と判断します。
・2本の先行スパンが交差した所(「雲のねじれ」などと呼ばれます)は相場の転換点(トレンドの転換、もしくは加速)となる可能性が高いとされています。

【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、 アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/6/1~2022/6/30まで

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる