の収益源

CFDのストップロスとは、どういう意味ですか

CFDのストップロスとは、どういう意味ですか

食品ロスを削減するためには企業努力が必要ですが、私たち消費者側もできることを行っていかなければいけません。
そうでなければ、食糧の廃棄の多くを占める家庭からの食品ロスが減らないどころか、事業者側の食品ロスも減っていかないのです。

人口爆発、食糧難で未来の日本はどうなる?【特別対談・菅谷俊二氏×奥原正明氏(3)】


編集部:人口爆発と食糧難の話は昔から議論されていますが、結局は食糧難にはならないという楽観論もあります。未来のことは未来にならなければわからないという。

菅谷:人口爆発に関しては、統計的に見ても収まるんじゃないですかね。

奥原:そうですね。ただ、食糧難の方は、発展途上国も経済力がどんどんついてきますから、日本の経済力次第で難しい問題になるかもしれませんね。

「食料自給率」よりも「自給体制」が重要

編集部:食料自給率については異なる指標が同じような意味で用いられていて、「危機だ」という人と「そんなことはない」という人で意見が分かれていると思うのですが、奥原さんはどうお考えですか?

奥原:“自給率”は高いほど良いとは思いますが、それ自体を目標にしてみてもあまり意味はないと思います。大切なのは極力自給できる体制であり、“自給体制”は常に工夫しておかないといけない。だから、優良な農地はできるだけ確保しておきたいし、きちんと経営できる経営者の確保数も必要です。

編集部:その体制を維持するためには、経営的観点を持っている方が存在することが大事ということですね。

奥原:そうですね。経営力のある生産者がこの10年で2倍以上になっていますから、法人経営を中心とする担い手農業者が増えているのは間違いありません。この方たちが自由に経営できる環境をつくってあげることが大事ですね。

リスクが少なく平均年収も高い農業を実現するために

奥原:よく「魅力ある農業とはどんなものか」が話題に上りますが、どんな農業法人なら働きたいと思うかと問われたら、それは「給料が高くて休みが多いところ」ですよね。それを経営者が実現しないと、どこの産業においても人は働いてくれない。

編集部:つまり、他の市場原理の産業と考え方は同じで、農業だけを聖域にしないということですよね。

奥原:農業も日本経済の一部ですから、同じ考え方が基本になければ発展しようがないと思います。もちろん、食料を生産する農業は重要な産業ですし、農業は農業の特徴があるのは事実です。しかし、他にも重要な産業はたくさんあるし、それぞれ特徴はあります。農業の特徴を踏まえた政策にすることは必要だと思いますが、聖域にしてしまえば発展しなくなります。

菅谷:個々の生産者さんはそれぞれものすごくご苦労されていて、リスクも自分で負っているわけです。でもなぜそうなっているのかまで考えられない状態に陥らされているのではないでしょうか。

編集部:自給率より自給体制とおっしゃいましたが、実際のところ、その自給力はどういうふうに測れるものでしょうか?

奥原:達成目標(KPI)を作ることにはあまり意味はないと思います。優良な農地が減っていくのは困るから確保する。人材は優秀な農業経営者がどんどん経営を発展させていけるような仕組みにしていく。これが重要です。変な数字の目標を決めるのでなく、自由に市場原理のなかで、農業経営をしていただくことの方がはるかに大事です。

フードロスを法で取り締まる中国の「反食品浪費法」とは?

ガッツリ頼んでガッツリ食べるというこれまでの食習慣が変化しそう

  • 公務員の公金による宴会への食品浪費防止の喚起
  • 飲食店、社員食堂、学食、デリバリー、旅行会社、スーパーなど小売店への食品浪費防止の喚起
  • 冠婚葬祭など宴席での食品浪費防止の喚起
  • 一般家庭での食品浪費防止の喚起
  • 食品加工、貯蓄、運輸における浪費防止の喚起
  • 反食品浪費教育の促進
  • 報道機関への反食品浪費法の内容、食品浪費現状や食品浪費対策を伝える報道の展開
  • 大食い暴飲暴食など食品浪費防止を促すようなコンテンツの配信を禁止
  • 消費者に過剰に注文させ、廃棄を増やした飲食店には是正を命じ、改めなかった場合、1000元(約1万7千円)以上1万元(約17万円)以下の罰金
  • 食品の生産運営者が深刻な食品廃棄を引き起こし、是正しなかった場合、5000元(約8万5千円)以上5万元(約85万円)以下の罰金
  • テレビやネットなどメディアが大食いなど食品浪費を促進するコンテンツを配信した場合、1万元(約17万円)以上10万元(約170万円)以下の罰金を科し、関連業務の一時停止、休業を命じ、責任者には法的責任を追及

中国の食品廃棄量は多い?少ない?

中国の食品の多くは量り売りなので、必要なぶんだけを購入できる

1位 中国 1億300万トン
2位 アメリカ 5640万トン
3位 日本 1700万トン
4位 フランス 999~1327万トン
5位 イギリス 1200万トン
6位 ドイツ 1097万トン
7位 韓国 590万トン
8位 オランダ 232~373万トン

1位 オランダ 149.9~222.9kg CFDのストップロスとは、どういう意味ですか
2位 フランス 148.7~200.5kg
3位 イギリス 187kg
4位 アメリカ 177.5 kg
5位 ドイツ 136 kg
6位 日本 133.6 kg
7位 韓国 114 kg
8位 中国 75.74 kg

反食品浪費法制定の背景1~食料自給率の低下

中国の食生活にかかせない大豆は現在、アメリカからの輸入に依存

反食品浪費法制定の背景2~ゴミ問題

国が処理してくれなければ、マンション敷地内でも公道でも不法投棄。中国のゴミ問題は闇が深い

反食品浪費法のおかげで、大見栄をきらなくてすむように!

各自食べられる量だけ注文する習慣は、若者を中心に少しずつ広がってきている

ほとんどのレストランには持ち帰り用の容器(有料)が用意されていて、頼めばパッケージしてくれる

Loops Style ブログ 環境のために役立つ、オフィスや紙の
トピックをお届けします。

img

・冷蔵庫を日頃から整理整頓し、必要な食材と不要な食材を把握しておく。
・買い物メモを作り、足りない食材を必要な分だけ購入する。
・すぐ食べる食品は、陳列棚の一番手前に置いてあるものを購入する。
・季節商品(クリスマスケーキや恵方巻きなど)の売れ残り削減のため、予約購入するように心がける。
・必要以上に食品を購入してしまう空腹時には、買い物に行かない。
・備蓄食品の消費・入れ替えなど小まめに行う「ローリングストック」の実践。
・「フードドライブ」を活用する。
・「フードシェアリング」を活用する。
・捨てる野菜くずでできるスープ「ベジブロス」にチャレンジする。
・保存方法を工夫して、食材を長持ちさせるように心がける。
・外食をする際は、食べられる量だけを注文する。

SDGsと食品ロスの関係性

img

国際化している食品ロスの問題は、SDGsでもその解消を目標に掲げています。
SDGs17のゴールのうち、「SDGs2:貧困をなくそう」と「SDGs12:つくる責任つかう責任」は食品ロスの問題と大きく結びついていますが、とりわけ、「SDGs12:つくる責任つかう責任」では、そのターゲットを『2030年までに小売・消費レベルにおける世界全体の一人当たりの食料の廃棄を半減させ、収穫後損失などの生産・サプライチェーンにおける食料の損失を減少させる(ターゲット12.3)』としており、食品ロスの削減目標を明確に示しています。

日本はこうしたことと連動して、「第四次循環基本計画(2018年6月)」では家庭から発生する食品ロスを、「食品リサイクル法」では食品関連事業者から発生する食品ロスを、“2030年度までに2000年比でその量を半減する”といった目標を定めています。

3分の1ルールとは?食品ロス問題の現状と、解決のためにできること

3分の1ルールとは、食品の流通において、賞味期限がある程度しっかり確保された商品を店頭に並べるために策定されたものです。

  • 最初の3分の1の期間に、卸売業者は小売店納品しなければならない「納品期限」
  • 次の3分の1の期間は、小売店が商品を店頭に並べておいてもよい「販売期限
  • 最後の3分の1は消費者がその食品をおいしく食べれる期間の「賞味期限」

3分の1ルールのメリットとデメリット

3分の1ルールを適用するメリットは、やはり「新鮮で安全な食品を消費者に届けられる」ということです。

デメリット

一方デメリットは「大量に食品ロスを生み出してしまう」ということです。

日本では年間でおよそ2842万トンの食糧廃棄が出ています。

しかし一方で、まだ食べられるのに捨てられる「食品ロス」は646万トンにものぼります。

2020年現在、世界の人口は77億人で、そのうちの8億人が飢餓状態に苦しんでいます

飢餓で苦しむ人々を助けるために、世界で支給されてる食糧援助量は年間約320万トンです。

日本だけで、世界中の食料援助量の約2倍の量の食品ロスを出しています。

3分の1ルールが引き起こす食品ロスの現状 CFDのストップロスとは、どういう意味ですか

返品された食品のうち、2割はディスカウントストアに転売されましたが、8割にあたる450億円分の食品は廃棄されました。

賞味期限の表記を、「年月日」から「年月」に変えるだけで、食品輸送による二酸化炭素排出量が年間で170トンも削減できると見込まれています。

食品ロスを減らすために私たちにできること

「食品ロス」が先進国における大きな課題とされた2011年、農林水産省が主導で「食品ロス削減のための商習慣検討ワーキングチーム」が発ちあげられました。

しかしアメリカの納品期限は「2分の1」欧州では「3分の2」が一般的であり、日本は特に見直しを急ぐべきだと言えるでしょう。

食品ロスの問題とは?世界や日本の現状、行われている取り組みとは


世界ではおよそ77億人が生活していますが、2018年時点で9人に1人である 約8億2,100万人が飢えに苦しんでいます 。
後進国や途上国と言った貧困に苦しむ国や農業が主となる国で多く見られ、食糧不足により、飢餓に陥っています。

  • 世界人口の9人に1人にあたる約8億2,100万人
  • 後進国や途上国では飢餓が深刻な状況にある
  • 一方先進国では消費されずに廃棄となる食品が多く「食品ロス」が問題視されている

食品ロス(フードロス)の現状


世界では毎年40億トンの食糧が生産されていますが、これは全人口の食を賄うには十分な量です。
にもかかわらず、実際は食料が余る国と食料が不足する国が存在するのは、食品ロスが原因の一つとされています。

食品ロスが多く起こる先進国では、人口の食料を賄うため大量に食料が生産され、自給できないものについては輸入を行います。
つまり40億トンもある食料の多くは、 収入があり消費が見込まれる先進国に集中する のです。しかしこの食料は消費者自身や小売店などの流通の過程で余ったものは廃棄されてしまいます。

世界では食品ロスを含め 食品廃棄物の量は13億トン にものぼり、年間の生産量を40億トンとすると、その約3分の1は廃棄されていることになります。
この食品ロスは何も先進国だけの問題ではありません。途上国でも同様に食品ロスが起こっています。
理由については後述しますが、先進国でも途上国でも食品ロスが起こっていることで、生産された食糧がすべて行き届かず、食糧不足となる地域ができてしまっているのです。

日本の食品ロスの現状

そして、その中でも CFDのストップロスとは、どういう意味ですか 289万トンは家庭から出た食品ロス であると報告されているのです。
この問題は餓飢ゼロを掲げる持続可能な開発目標(SDGs)の目標2の達成においても日本、そして世界が一丸となって解決すべき課題となっています。

  • 世界の食品廃棄物の量は年間13億トン
  • 食品ロスは先進国と発展途上国で原因が異なる
  • CFDのストップロスとは、どういう意味ですか
  • 日本は食品廃棄物が年間2,842万トン、そのうち食品ロスが646万トン(2016年)

食品ロス(フードロス)が発生する原因と必要な対策


先述したとおり、食品ロスが発生する原因は先進国と途上国では異なります。
そうなると必要な対策もそれぞれ違ってきます。
食品ロスについて考えていくためにも、それぞれの立場での原因と必要な対策を見てきましょう。

先進国で食品ロスが発生する原因

先進国での食品ロスが起こる原因は様々あります。
まず挙げられるのが、 生産段階で需要を越える量を生産してしまう過剰生産 です。
しかし農業である以上、凶作になる可能性も考えると、量の調整はなかなか難しいところがあります。

また先進国での食品ロスは 生産段階よりも加工段階や流通・消費段階の方が多く なると言われています。
加工段階で生鮮食品に対して「外観品質基準」という厳しい基準が設けられているため、これに適さないとそれだけで廃棄につながってしまうのです。

本来であればここからリユースやリサイクルをすべきですが、 コストがかかるため廃棄した方が安く済む CFDのストップロスとは、どういう意味ですか というのも要因の一つです。
小売り段階では大量陳列と幅広い品数により、どうしても消費されない食品が出てきます。そうなると残ったものは廃棄されることになります。

必要な対策

食品ロスを減らすためには様々な工夫をすることが大切です。
例えば外観品基準を満たさず商品として流通できないものでも、そのような商品でも購入する人はいるはずです。
そのため 価格を抑えて売る、加工して外観に関係なく食べられるものにリサイクル を行うことでロスを抑えることができます。

また小売店舗では過剰に商品を陳列せず、マーケティングを行い、需要に合う品数を揃えることも大切です。
一方で、 食品ロスの半分を占める消費者側の対策も重要 となります。
家庭での取り組みとしては買い物前に冷蔵庫の中身などを確認し、過剰に食品を購入しない、必要な食べきれる量だけ購入するようにする工夫が必要です。

途上国で食品ロスが発生する原因

途上国での食品ロスは 生産や加工段階での廃棄が圧倒的に多い とされています。
収穫技術の問題で生産しても収穫しきれず腐って廃棄することになってしまいます。また保存設備や加工設備が不足していることから 貯蔵や加工できず廃棄しなければならない CFDのストップロスとは、どういう意味ですか ものも出てきます。
輸送手段が整備されていないことから、生産しても過剰となってしまい、これもまた廃棄が発生する原因となってしまっているのです。

必要な対策

  • 食品ロスを減らすためには先進国、途上国ともに様々な工夫が必要
  • 先進国では小売・生産側の努力と消費者側の努力の双方が必須
  • 途上国ではインフラの整備や設備の拡充などが課題

食品ロス(フードロス)を削減するための日本の法律


食品ロスを削減するため、日本では2つの法律が設けられています。それが 食品ロス削減推進法と食品リサイクル法 です。
それぞれ内容や対象となる相手が異なるため、2つの法律についてそれぞれ紹介します。

食品ロス削減推進法とは

食品ロス削減推進法は正式には「 食品ロスの削減の推進に関する法律 」と名づけられた法律です。
2019年10月1日に施行された新しい法律となります。
この法律では、食品ロスの定義や施策による食品ロス削減の推進、基本的な方針や施策などが盛り込まれています。

食品リサイクル法

食品ロス削減に関してはここ数年で取り組みが増加していますが、食品関連事業者に向けては 食品リサイクル法 が適用され、以前から食品ロス削減の取り組みが行われてきました。
この法律は2001年に施行、2007年に改正されており、20年ほど前から実施されています。

食品リサイクル法は食品の売れ残りや食べ残し、あるいは 食品の製造工程で大量に発生している食品廃棄物に関して、発生抑制と減量化 を行い、最終的に処分する量を減少させることを目的とした法律です。
また処分となってしまったとしても飼料や肥料などの原材料として再利用するなど、 食品循環資源の再生利用を促進 する目的も盛り込まれており、削減と再利用を推進する取り組みが進められてきました。

  • 食品ロスを削減するため、日本では2つの法律がある
  • 食品ロス削減推進法は2019年10月に施行された新しい法律
  • 食品リサイクル法じゃ2001年に施行され食品関連事業者が対象となる法律

食品ロス(フードロス)を削減するために消費者の私たちができること


食品ロスを削減するためには企業努力が必要ですが、私たち消費者側もできることを行っていかなければいけません。
そうでなければ、食糧の廃棄の多くを占める家庭からの食品ロスが減らないどころか、事業者側の食品ロスも減っていかないのです。

買い物のときにできること

買い物に行く前に冷蔵庫のチェックを行うようにしましょう。
これにより、まだ残っている食材を誤って買ってくることはなくなりますし、 買いすぎの防止 にもなります。メモを書くか、 スマホで冷蔵庫の中身を写真で取っておく のも有効です。

調理のときにできること

調理をするときはまず残っている食材から使うようにしましょう。
冷蔵庫の中を見渡してまだ使っていない食材や、期限が近い食品を使うことで廃棄が少なくなります。
また 食べきれる分だけ作る ように心がけることも大切です。どうしても食べきれない場合は、冷凍して後日食べられるようにするなどの工夫をしてみましょう。

保存のときにできること

またこのとき、できるだけまとめて下処理をすることで食品ロスを減らす工夫ができます。
冷蔵庫に保存するときには 賞味期限や消費期限が近いものを手前から奥に置く ことで、使い忘れを防止する工夫ができます。
食べ切れなかった料理も冷凍保存する場合には忘れないよう置く場所を工夫すると良いです。

外食するときにできること

どうしても食べきれないとき

フードドライブとは

  • 食品ロスを減らすためには事業者と消費者の双方の努力が必要
  • 買い物、調理、外食など日ごろの生活からできる取り組みをしよう
  • フードドライブの活動を行っている自治体もある

食品ロス(フードロス)の現状を知ったうえで私たちにもできる支援とは


先進国では、過剰に生産され余った食糧が廃棄される一方で、後進国や途上国など第一次産業を主に収入源としている国では、貧困や気候変動、紛争など様々な理由で食糧が不足しています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる