基本情報

オプションの法的根拠

オプションの法的根拠
159分

オプションの法的根拠

この個人データ保護に関する通知(「本通知」)は、株式会社シマノが開発・提供する以下のソフトウェアをお客様がご利用される際の個人データの取扱いについて記載したものです。

  • E-TUBE PROJECT Professional PC (「本ソフトウェア」)

個人データ」とは、特定されたまたは特定可能な自然人に関するあらゆる情報をいいます。「特定可能な自然人」とは、特に、氏名、識別番号、位置情報、オンライン識別子のような識別子を参照することによって、または、当該自然人の身体的、生理的、遺伝的、精神的、経済的、文化的若しくは社会的な同一性を示す単独または複数の要素を参照することにより、直接または間接的に、特定可能な自然人をいいます。

「特別カテゴリーの個人データ」(「センシティブデータ」ともいいます。)には、人種的もしくは出身民族、政治的意見、宗教的もしくは哲学的信条または労働組合への加盟の有無を明らかにする情報、遺伝情報、生体情報、健康に関する情報または自然人の性生活もしくは性的指向に関する情報が含まれます。

  • 株式会社シマノ (以下「SIC社」または「当社」といいます。)
    日本
    590-8577、大阪府堺市堺区老松町3丁77番地

当社では、個人データ保護およびプライバシーに関するすべての事項を管理するために、全グループ企業の個人データ保護オフィサー(「個人データ保護オフィサー」)を選任しています。お客様に関する個人データの取扱いについてご質問がある場合には、個人データ保護オフィサー [email protected]宛にお問い合わせください。

本ソフトウェアは、お客様に対し、様々な性能・サービス・機能 (「本サービス」)をお客様に提供いたします。かかる本ソフトウェアは、お客様の個人データを当社に対し提供することを要求またはお客様がその個人データを当社に対し提供することを可能とします。さらに、当社では、お客様の端末に本ソフトウェアが使用およびログインされた時点で、個人データを含むお客様に関する情報を自動的に取得します。

K防疫、韓国内においても法的根拠が無い? ・・法律専門家「今後、大規模訴訟の可能性がある」

<< ・・(※記者の質問、K防疫の人権に関する問題について)「法にどうなっているのか」/(※パク・ヨンファ弁護士の答弁)「例えば集合禁止の問題だ。保守団体と労働者団体がマスクを着用して集会をしようとしたが、政府は出来ないとした。そのため、関係者が感染病予防法違反で告発されている。今後の裁判で、「感染病を理由に一定の数以上の人が集まらないように集会の自由を制限する集合禁止措置」がはたして正当なものだったかどうかについて、議論が繰り広げられることになるだろう」、

「(※質問)すなわち、 政府が法的根拠が足りない行政命令を乱発した という意味か」/(※答弁)「政府は、感染病予防法の、非常に抽象的な規定一つに基づいて、行政命令という形式で国民の自由を制限しすぎる傾向にある。今回のコロナ事態をきっかけに、行政命令というものがまさに『魔法の杖』のようになってしまった。

「(※質問)海外の事例は?」/(※答弁)「ヨーロッパは、ワクチンパス制を実施しているが、重症化率が低い18歳以下の青少年に対しては例外を認めている。米国のいくつかの州裁判所では、防疫パス制度を違憲だと判決した。韓国だけでなく、世界的にもコロナ事態が終わった後には、最善の防疫方法が何なのかについて議論が行われるだろう・・ >>

拙著著のご紹介&お知らせなど ♨ 以下、本の題の部分はアマゾン・アソシエイトになりますのでご注意ください。

新刊<文在寅政権最後の暴走>が発売中です。文政権で日韓関係がどう変わったのか、文政権の考える『まともな国』とはどんなもので、それは南北、対日、対米、対中関係をどう考えていたのか。そして、どう失敗したのか。次期大統領選挙や日韓関係はどうなっていくのか。そんな内容となります。

准新刊<日本語の行間~韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) >が発売中です。日本語たる不思議、その圧倒的な行間。「ありがとう」たる行間の存在。それらについて考察した本になります。既刊として、日本滞在4年目の日常と、ラムザイヤー教授の論文騒ぎから見えてきた日韓の差を考察した<「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>、併合時代や1965年(基本条約締結)の韓国語記事などから当時と現状を考察した<恥韓の根源>も発売中です。他の拙著については別ページにまとめました。

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。 シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

「落選運動」の法的根拠と立憲民主党が責任野党となるための条件

検察崩壊 失われた正義

選挙買収を可能にしている公職選挙法と政治資金規正法を改めよ(郷原信郎 )

97分

選挙買収を可能にしている公職選挙法と政治資金規正法を改めよ

マル激 (第1091回)

単品購入で完全版を視聴可能

新証言によって美濃加茂元市長の無実がより明らかになった(郷原信郎 )

55分

新証言によって美濃加茂元市長の無実がより明らかになった

インタビューズ

日本がまともなコロナ対策ができないわけ(郷原信郎 )

89分

日本がまともなコロナ対策ができないわけ

マル激 (第1035回)

単品購入で完全版を視聴可能

「法外の正義」どころか日本はまず「正義のイロハ」からやり直せ(郷原信郎 )

159分

「法外の正義」どころか日本はまず「正義のイロハ」からやり直せ

マル激 (第1008回)

河井夫妻逮捕で問われる検察の本気度と「政治活動」再定義の是非(郷原信郎 )

95分

河井夫妻逮捕で問われる検察の本気度と「政治活動」再定義の是非

マル激 (第1004回)

単品購入で完全版を視聴可能

脱走直前にゴーン氏は元特捜検事に何を語っていたのか(郷原信郎 )

49分

脱走直前にゴーン氏は元特捜検事に何を語っていたのか

インタビューズ

ゴーン国外逃亡はわれわれに何を問うているのか(郷原信郎 )

114分

ゴーン国外逃亡はわれわれに何を問うているのか

マル激 (第979回)

単品購入で完全版を視聴可能

原因究明と再発防止に両罰規定の導入を(郷原信郎 )

34分

原因究明と再発防止に両罰規定の導入を

インタビューズ

不可解なゴーン逮捕と無理筋の司法取引説(郷原信郎 )

32分

不可解なゴーン逮捕と無理筋の司法取引説

インタビューズ

悲惨な事故を起こした企業には刑事責任を負わせるべきだ(郷原信郎 )

43分

悲惨な事故を起こした企業には刑事責任を負わせるべきだ

オプションの法的根拠 インタビューズ

逆らう者を力で押さえ込む特捜検察の暴走ぶりは異常(郷原信郎 )

29分

逆らう者を力で押さえ込む特捜検察の暴走ぶりは異常

インタビューズ

過剰コンプライアンスが生む日本企業の不正ドミノ(郷原信郎 )

98分

過剰コンプライアンスが生む日本企業の不正ドミノ

マル激 (第869回)

単品購入で完全版を視聴可能

美濃加茂市長主任弁護人の郷原信郎弁護士に聞く(郷原信郎 )

44分

美濃加茂市長主任弁護人の郷原信郎弁護士に聞く

インタビューズ

郷原信郎弁護士インタビュー(郷原信郎 )

49分

郷原信郎弁護士インタビュー

インタビューズ

司法取引がさらなる冤罪の温床になる恐れ(郷原信郎 )

33分

司法取引がさらなる冤罪の温床になる恐れ

インタビューズ

国民の財産を預かる年金機構には外部監視の目が不可欠だ(郷原信郎 )

63分

国民の財産を預かる年金機構には外部監視の目が不可欠だ

Nコメ

何の証拠もない事件でも無罪を勝ち取るのは容易ではなかった(郷原信郎 )

69分

何の証拠もない事件でも無罪を勝ち取るのは容易ではなかった

Nコメ

美濃加茂市長収賄事件・検察の「引き返せない体質」は変わっていなかった(郷原信郎 )

35分

美濃加茂市長収賄事件・検察の「引き返せない体質」は変わっていなかった

インタビューズ

首相はいつでも好きな時に衆院を解散できるわけではない(郷原信郎 )

19分

首相はいつでも好きな時に衆院を解散できるわけではない

インタビューズ

主張すべきことは主張できたと思う・被告人質問を終えて藤井市長が生出演(藤井浩人 郷原信郎 )

28分

主張すべきことは主張できたと思う・被告人質問を終えて藤井市長が生出演

Nコメ

同じカテゴリーの放送

なぜ自民がそれほど負けず立憲が負け維新が躍進したのか(小林良彰 )

117分

なぜ自民がそれほど負けず立憲が負け維新が躍進したのか

マル激 (第1074回)

単品購入で完全版を視聴可能

総選挙で明確に示された古い政治との決別という方向性(角谷浩一 )

94分

総選挙で明確に示された古い政治との決別という方向性

Nコメ

これがマル激的総選挙・最高裁審査の争点だ

174分

これがマル激的総選挙・最高裁審査の争点だ

マル激 (第1073回)

国民の命を守れない政治家がなぜ権力を握り続けているのか(角谷浩一 )

150分

誹謗中傷の対策に強い弁護士へ相談

誹謗中傷記事の削除・損害賠償請求に強い弁護士が教えるお役立ち情報1 誹謗中傷トラブル対応で
おさえておくべき対策ポイント

TwitterやFacebookなどのSNS・Yahoo!知恵袋や2ちゃんねるなどの掲示板サービス・
各種口コミサイト・ブログ・その他インターネット上の誹謗中傷トラブルに関して、
企業側がきちんとおさえておくべき重要なポイントをご紹介します。

誹謗中傷トラブルでおさえておくべき
4つの対策ポイント!

誹謗中傷の削除・損害賠償請求に強い弁護士が教えるお役立ち情報2 弁護士に早めに相談するメリット

インターネット上などで発生する誹謗中傷トラブルは急増してますが、
「いつ・どこで」誹謗中傷記事を書かれるか予想がつきません。
また、実際に誹謗中傷のトラブルが発生した時に、自力で解決しようとしても「時間と労力」がかかる一方です。
誹謗中傷トラブルが発生しないように、またトラブルが発生してもスピード解決ができるように、
「できるだけ早めに誹謗中傷に強い弁護士に相談する」ことがポイントです。
弁護士に早めに相談することで実現できるメリットを詳しくご紹介します。

トラブルを未然に防ぐ「予防法務」の観点からのメリット

顧問弁護士の存在が、誹謗中傷に対するけん制となる。

誹謗中傷を監視する体制を構築できる。

問題やトラブル発生時の「スピード解決」の観点からのメリット

最短での誹謗中傷記事削除が可能になる。

誹謗中傷記事の確実な削除が可能になる。

交渉での削除ができないときは、裁判手続きにより削除が可能になる。

誹謗中傷記事を掲載した者の特定や損害賠償請求が可能になる。

誹謗中傷記事の削除・対策についての
「弁護士費用」

誹謗中傷対策などに関する相談に必要な料金

弁護士の相談料

初回の相談料 2回目以降の相談料
30分あたり 5,オプションの法的根拠 000円 + 税 30分あたり 10,000円 + 税

※上記は来所していただいた場合の相談料です。近畿圏外からの電話でのご相談は「30分10,000円+税」となります。
※顧問契約をしていただいている企業様には相談料を無料で対応させていただいております。

誹謗中傷の各種対策に関する依頼に必要な料金

着手金とは、弁護士に事件の解決を依頼した場合に、 弁護士が事件の手続きをすすめるために最初に受け取る弁護士費用のことです。報酬金とは、弁護士に事件の解決を依頼した場合に、 その事件の成功の程度に応じて事件解決時に受け取る弁護士費用のことです。

着手金・報酬金の決め方

オプションの法的根拠
着手金・報酬金の決め方 着手金・報酬金については、ご相談時に事件の内容や事件の規模、弁護士による解決方針を踏まえて、ご相談時に見積もりをいたします。
咲くやこの花法律事務所では、お客様に安心してご依頼いただくことができるように、弁護士費用について書面による明確なご説明を徹底しております。

着手金・報酬金について

着手金・報酬金の費用 誹謗中傷の削除請求・各種対応に関するトラブル事件の解決に必要な時間や、相手の出方・争い方、事件の複雑さによって大きく異なります。
そのため、以下でこれまでの事例を挙げて「料金体系の目安」をご説明したいと思います。

過去の誹謗中傷の削除請求に関する事件の着手金・報酬金について

インターネット上の誹謗中傷に関するトラブル

<ケース1>
自社の誹謗中傷記事をインターネット上に掲載された事例。
弁護士が代理人として記事の削除(送信防止措置)を請求する場合。
着手金 1記事あたり5万円~10万円程度
※但し、訴訟が必要とする場合、別途費用が必要になります。

<ケース2>
自社の誹謗中傷記事をインターネット上に掲載された事例。
弁護士が代理人として、プロバイダに対し、記事を記載した人物の特定に関する
情報の開示(発信者情報開示)を請求する場合。
着手金 1記事あたり5万円~10万円程度
※但し、訴訟が必要とする場合、別途費用が必要になります。

<ケース3>
自社の誹謗中傷記事をインターネット上に掲載された事例。
弁護士が代理人として、記事を記載した人物に対し、名誉棄損・業務妨害を理由とする
損害賠償を請求し、交渉の結果、100万円の賠償金を支払わせた場合。
着手金 15万円+税
報酬金 10万円+税

企業法務に特に強い弁護士に今すぐ相談!

誹謗中傷トラブルを起こさない予防法務対策! 顧問弁護士サービスの活用をオススメします

企業法務に強い弁護士チームによる万全なサポートを受けていただけます。
徹底した予防法務サポートと万が一のトラブルに備えた365日24時間体制のスピード対応で話題の
咲くやこの花法律事務所の顧問弁護士サービスのご案内です。

データ保護

お客様の個人情報の処理がGDPRの範囲に該当する場合、お客様は以下の権利を有します。それ以外の場合は、当該個人情報の処理に適用される法律の規定が適用されます。 お客様の個人情報が処理される場合、お客様はGDPRで定義された情報主体になります。従って、お客様は、責任者として、エンドレスハウザーに対して以下の権利を有します。お客様が権利の行使または詳細情報の入手を希望される場合は、エンドレスハウザーまたはエンドレスハウザーの個人情報保護責任者までご連絡ください。

a) GDPR第15条以下による権利

(1) 情報主体は、主体に関する個人情報が処理されているかどうかについて責任主体に確認を求める権利を有し、処理されている場合、主体は、この個人情報に関する情報およびGDPR 15条に規定された詳細についての権利を有します。

一定の法定条件の下において、お客様はGDPR第16条に基づく訂正権、GDPR第18条に基づく処理の制限権、およびGDPR第17条に基づく削除権(「忘れられる権利」)を有します。

さらに、お客様は、処理が自動化され、GDPR第6条(1a)もしくは第9条(2a)に従う同意または第6条(1b)に従う契約に基づいている場合に限り、GDPR第20条に基づき構造化され一般的に使用される機械可読形式で個人情報を受領する権利(データポータビリティ権)を有します。.

b) GDPR第7条(3)に従う同意の撤回

c) 不服申立権

d) GDPR第21条に基づく異議申立権

(1) 個別異議申立権:お客様は、GDPR第6条(1e)(公共の利益に基づく個人情報処理)およびGDPR第6条(1f)(利益を鑑みることを根拠とする個人情報処理)に基づくお客様の個人情報の処理に対して、お客様の特定の状況に関する理由に基づき、いつでも異議を申し立てる権利を有します。これには、GDPR第4条(4)に定義される、本規定に基づくプロファイリングが含まれます。

(2) 広告目的の個人情報処理に対する異議申立権:個々の場合において、エンドレスハウザーはダイレクトマーケティングの目的でお客様の個人情報を処理します。お客様は、このようなマーケティングの目的で個人情報を処理することに対して、いつでも異議を申し立てる権利を有します。これには、このようなダイレクトマーケティングに関連する限り、プロファイリングも含まれます。お客様がダイレクトマーケティングを目的とした処理に異議を申し立てられる場合、エンドレスハウザーはこのような目的でのお客様の個人情報の処理を中止します。

5. 一般情報(第三者への個人情報開示)

(3) エンドレスハウザーのウェブサイトのホスティングの一環として、お客様の個人情報は、処理契約に基づいてエンドレスハウザーのために作業するプロバイダーのAmazon Web Services, Inc.によって処理されます。

6. セキュリティ

7. プライバシー規定の変更

B. エンドレスハウザーのウェブサイトの閲覧

1. 処理の目的

2. ウェブサイトおよびログファイルの提供

3. クッキー

4. Eコマース機能

4.1 Eコマース機能の使用

4.2 顧客アカウント

4.3 電子発注と支払プロセス

4.4 発注プロセスにおける情報の開示

5. 技術サポート機能の利用

5.1 契約当事者としての登録・識別

5.2 ユーザーアカウント

5.3 オンラインサポートのリクエスト

5.4 当社の知識データベースの利用

6. お問い合わせフォーム

7. 広告宣伝の電子メール通信

7.1 電子メールを受信するための登録

7.2 製品購入後の広告宣伝の電子メール通信

7.3 広告宣伝の電子メール通信に関するサービスプロバイダー:

7.3.1 Eloqua:(1) エンドレスハウザーは、お客様とのコミュニケーションを最適化するためにEloquaを使用しています。EloquaのサーバーはEUにあります。サポートおよび管理サービスが関係する場合、EU外のサービスプロバイダーの個々の従業員も、契約サービスを提供する過程でユーザー情報にアクセスできます。このような状況では、常に適切なレベルの情報保護が保証されます。

7.3.2 Inxmail:(1) Inxmailは、ドイツの電子メールマーケティングソフトウェアです。エンドレスハウザーの電子メール受信者の電子メールアドレスおよび本個人情報保護に関する方針で指定されたその他の情報は、EU内のInxmailのサーバーに保存されます。Inxmailは、この情報を利用して、エンドレスハウザーに代わって電子メールを送信し、分析します。

7.4 広告宣伝の電子メール通信の分析

8. ウェブ分析サービスと広告宣伝

8.1 Mapp Intelligence (Webtrekk Analytics)

(オプションの法的根拠 1) エンドレスハウザーウェブサイトでは、このウェブサービスの使用に関する統計情報を収集し、それに応じてサービスを最適化するために、ドイツに拠点を置くMapp c/o Webtrekk GmbH のウェブ統計ツールであるMapp Intelligence (Webtrekk Analytics) を使用しています。Mapp Intelligence (Webtrekk Analytics) による利用状況の記録は、匿名または仮名で行われます。IPアドレスは、処理された直後と保存される前にこの目的のために匿名化されます。情報処理に関する法的根拠は、エンドレスハウザーの正当な利益(EUのGDPR第6条(1f))にあります。

(2) Mapp Intelligence (Webtrekk Analytics) の詳細については、Mapp c/o Webtrekk GmbH のプライバシー規定を参照してください。

8.2 AdWordsとGoogleのコンバージョントラッキング

(1) エンドレスハウザーウェブサイトは、米国に拠点を置くGoogle Inc.のオンライン広告ソフトウェア、Google AdWordsを使用しています。エンドレスハウザーは、Google AdWordsの一環としてコンバージョントラッキングを使用しています。Google AdWordsの顧客には、それぞれ異なるクッキーが与えられます。このクッキーは、AdWordsの顧客のウェブサイトでトラッキングすることができません。コンバージョンクッキーによって収集された情報は、AdWordsの顧客のコンバージョン統計を生成するために使用されます。

(3) Google AdWordsとGoogleコンバージョントラッキングの詳細については、Googleのプライバシー規定を参照してください。

8.3 Googleタグマネージャ

(1) エンドレスハウザーウェブサイトでは、Google AdWordsとGoogleコンバージョントラッキングの一部としてGoogleタグマネージャを使用しています。タグはエンドレスハウザーのウェブサイト上の小さなコード要素で、トラフィックや閲覧者の行動を測定し、オンライン広告やソーシャルチャネルの効果を記録し、再マーケティングを利用してターゲットグループに焦点を当て、ウェブサイトをテストし最適化するために使用されます。

8.4 Google動的リマーケティング

8.5 Tealium

(1) エンドレスハウザーは、米国に拠点を置くTealium Inc.が提供するサービスである、Tealium AudienceStreamを使用して、エンドレスハウザーのウェブサイトで利用状況情報を収集、保存し、これより、仮名を使用して利用状況プロファイルを作成することができます。これにより、エンドレスハウザーのウェブサイトをお客様のニーズに合わせて調整し、お客様のご要望を自動的かつリアルタイムで満たすようにお客様のエンドレスハウザーウェブサイトの使用を設定することができます。情報処理に関する法的根拠は、エンドレスハウザーの正当な利益(EUのGDPR第6条(1f))にあります。

(2) Tealium AudienceStreamの詳細については、Tealiumのプライバシー規定を参照してください。

8.6 Eloqua

(1) Eloquaは、カナダに拠点を置くEloqua Corp.のウェブ解析ツールです。Eloquaは、クッキーとウェブビーコン技術を使用し、お客様によって生成された特定の利用状況情報を記録します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる