外国為替取引

ローソク足チャート

ローソク足チャート
-陰線- ローソク足チャート

5分でわかる!株価・FX チャートの見方と使い方


上のチャートは、2007年から2017年までの日経平均株価のチャート(=価格の推移を示したグラフ)ですが、形が火を灯すローソクに似ているのでローソク足と呼ばれています。

1-1 ローソク足の作り方と色の違う2つのローソク足

ローソク足は、4つの価格(四本値)で作成されます。
始値(はじめね)
相場が始まったときの価格
・高値(たかね)
一定期間の最高値
・安値(やすね)
一定期間の最安値
・終値(おわりね)
相場が終わったときの価格

また、終値が始値に比べて上がっていれば「陽線(ようせん)」、下がっていれば「陰線(いんせん)」と色分けして作成されます。

1-2 チャートの期間(月足や5分足など)

1つ1つのローソク足を作成する始値・高値・安値・終値をどの時間を元にするかによって、年足(ねんあし)月足(つきあし)週足(しゅうあし)日足(ひあし)1時間足などがあります。

個々の投資家の取引スタンスで見るべきチャートは異なります。

・デイトレーダーやスキャルパーなど
超短期的な売買
1分足・5分足・15分足・・など

・スウィングトレーダー
(数日から数週間)短期から中期での売買
日足・週足・・など

・長期投資家
(1年以上数年の長期投資)
週足・月足・・など

2 ローソク足で今後の値動きを予想する

2-1 ローソク足で予想する相場動向 - 考え方 -

2-1-1 大きな上昇のローソク足=大陽線

2-1-2 上下の値幅が小さなローソク足=小陽線・小陰線など

2-2 ローソク足でイメージする相場動向 - 一覧 -

下の一覧は上で解説したローソク足の主な形状とその名称、また、そこからイメージされる今後の相場予想です。

相場予想については過去の傾向からそうなりやすいという一般的なローソク足についての解釈になり必ずしも予想どおりになるとはいえませんが、市場の心理動向(市場参加者の総体的な心理状況や相場の雰囲気)をイメージする上ではとても重要です。

2-3 ローソク足から相場予想をする上での注意点

そしてその際に一番注意する点は、 ローソク足の1つだけを見て判断するのではなく 、そのローソク足が形成されるまでのローソク足の大きさや相場動向など 全体を俯瞰してローソク足を見るようにすることです 。

例えば、現在のローソク足が「大きな値幅で上昇しているローソク足(大陽線)だから上がるだろう」ということではなく、その手前までのローソク足が下の図のように同程度の値幅なら、大陽線だから上がるとは予想できないということです。

このチャートからは「今は大きな値幅のレンジ相場」と読み取れ、目先はこのレンジ内での動き、その後、レンジを越えた方向に相場が動きやすいというイメージになります。

木を見て森を見ずともいいますが、全体的な相場の動向やそれまでのローソク足の大きさなどとも比較して、市場の雰囲気を掴み取るようにしましょう。

株価チャートの味方/株価チャートを読む~解る売買ポイント

346

RSIは剥がれつつあるものの 小陽線大引け坊主 5/8日経平均株価 ローソク足チャート分析

345

RSI1(9日)94%BB+3σ 売り 5/8日経平均株価 ローソク足チャート分析

343

・私も愛用の楽天証券「marketspeed」は基本性能全て備えつつ、トレードツール「武蔵」を装備。価格数量のいちいち入力を簡略、売買したい数量のタブを価格にドラッグ、OKで発注完了。訂正も変更したい価格にドラッグしOKだけ。取り消しクリックで瞬時に注文取消し可能です。板の勢いを感じそのまま売買値をスライドできます。ゲームの様にスムーズにトレードできるこのツール、無料使い放題。 ローソク足チャート
・スマホやタブレットでは「ispeed」。スマホ片手に情報管理、発注可。一画面に分、日、週、月足チャートを一目で確認。情報は毎秒リアルタイム更新。銘柄登録100×10p(pcと即同期)。スワイプするだけで、全ての値、騰落率・幅が確認可。板入力やワンタップ発注も可能。出先でのトレードを円滑にしてくれます。
・PCでmarketspeed、タブレットでispeedを同時に使用し、複数の成り行き注文をこなす事が出来ちゃいます。更に、楽天証券は日経テレコンが無料で利用できます。日経新聞、日経速報ニュースを無料読み放題。非常にお得です。 ・楽天証券で口座を開設すると同時に純金・プラチナ現物積み立てが可能に。他に金属商社の口座を開設する必要が無くなり、株式や投資信託、為替など他の金融商品と同一に管理可能となります。
・下は無料で推奨銘柄情報を取得でき大変参考になるサービスです。まず無料という処が良いですね。ダメ元でも参考にする気になります。有料では登録する気になれませんから。 ・こちらも無料。毎週1銘柄を無料で情報提供しています。

5分でわかる!株価・FX チャートの見方と使い方


上のチャートは、2007年から2017年までの日経平均株価のチャート(=価格の推移を示したグラフ)ですが、形が火を灯すローソクに似ているのでローソク足と呼ばれています。

1-1 ローソク足の作り方と色の違う2つのローソク足

ローソク足は、4つの価格(四本値)で作成されます。
始値(はじめね)
相場が始まったときの価格
・高値(たかね)
一定期間の最高値
・安値(やすね)
一定期間の最安値
・終値(おわりね)
相場が終わったときの価格

また、終値が始値に比べて上がっていれば「陽線(ようせん)」、下がっていれば「陰線(いんせん)」と色分けして作成されます。

1-2 チャートの期間(月足や5分足など)

1つ1つのローソク足を作成する始値・高値・安値・終値をどの時間を元にするかによって、年足(ねんあし)月足(つきあし)週足(しゅうあし)日足(ひあし)1時間足などがあります。

個々の投資家の取引スタンスで見るべきチャートは異なります。

・デイトレーダーやスキャルパーなど
超短期的な売買
1分足・5分足・15分足・・など

・スウィングトレーダー
(数日から数週間)短期から中期での売買
日足・週足・・など

・長期投資家
(1年以上数年の長期投資)
週足・月足・・など

2 ローソク足で今後の値動きを予想する

2-1 ローソク足で予想する相場動向 - 考え方 -

2-1-1 大きな上昇のローソク足=大陽線

2-1-2 上下の値幅が小さなローソク足=小陽線・小陰線など

2-2 ローソク足でイメージする相場動向 - 一覧 -

下の一覧は上で解説したローソク足の主な形状とその名称、また、そこからイメージされる今後の相場予想です。

相場予想については過去の傾向からそうなりやすいという一般的なローソク足についての解釈になり必ずしも予想どおりになるとはいえませんが、市場の心理動向(市場参加者の総体的な心理状況や相場の雰囲気)をイメージする上ではとても重要です。

2-3 ローソク足から相場予想をする上での注意点

そしてその際に一番注意する点は、 ローソク足の1つだけを見て判断するのではなく 、そのローソク足が形成されるまでのローソク足の大きさや相場動向など 全体を俯瞰してローソク足を見るようにすることです 。

例えば、現在のローソク足が「大きな値幅で上昇しているローソク足(大陽線)だから上がるだろう」ということではなく、その手前までのローソク足が下の図のように同程度の値幅なら、大陽線だから上がるとは予想できないということです。

このチャートからは「今は大きな値幅のレンジ相場」と読み取れ、目先はこのレンジ内での動き、その後、レンジを越えた方向に相場が動きやすいというイメージになります。

木を見て森を見ずともいいますが、全体的な相場の動向やそれまでのローソク足の大きさなどとも比較して、市場の雰囲気を掴み取るようにしましょう。

FXのローソク足の特徴や見方とは?チャート形状と分析パターンを紹介

FXのローソク足の特徴や見方とは?チャート形状と分析パターンを紹介

FX取引の注意点 / 当サイトの内容について
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動により損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事で紹介している企業は金融庁の「 免許・許可・登録等を受けている業者一覧」より抜粋しています。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。 ローソク足チャート
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

チャートの見方。「ローソク足」の見方を覚えよう。

ローソク足はチャート分析の基本


相場の予想をする上で非常に重要な役割を果たすのがこの チャート です。
チャートとは、 株価の動きがグラフ化 されたもので、投資家がどのように考え、どう行動したかを表してるものです。
チャートは世界中で使われており、日本で使われている最も有名なチャートが 「ローソク足」 と言います。

「ローソク足」とは?

ローソク足とは、為替のチャートで並んでいる四角と線で出来ているロウソク(蝋燭)のような物です。
このローソク足は、ある一定期間の値動きをパッと見て理解できるように表してるものなのです。見方さえ覚えてしまえば、ひと目で株価の動きが分かるといった非常に便利なものなのです。ローソク足は 「全てのチャートの基本」 とも言われる重要なものです。

ローソク足

その形がロウソクに見えることからローソク足と呼ばれるようになりました。海外では「キャンドルスティック」と呼ばれております。このローソク足は日本で江戸時代に生まれたツールで、その後米取引で使われて世界へと広がっていきました。

「4つの株価」から構成

ローソク足は「4つの株価」から構成されております。
「 始値 (はじめね)」・「 終値 (おわりね)」・「 高値 (たかね)」・「 ローソク足チャート ローソク足チャート 安値 (やすね)」の4つです。ローソク足の上下に飛び出ている線のことを「 ヒゲ 」と呼びます。ヒゲは始値や終値と高値や安値が違う株価の場合に発生します。

ローソク足の構成

【始値】その日の最初に付いた株価 【終値】その日の最後についた株価 【高値】その日についた最も高い株価 【安値】その日についた最も安い株価


株価は日々動いています。一定期間(1日、1週間、1ヶ月など)の株価の動きを青色や赤色の棒で表したものがローソク足です。
ローソク足には、色が赤い 「陽線」 と色が青い 「陰線」 の2つのタイプの存在します。色を塗り分けることで、その日や週の初めと終わりを比較して、上昇したのか下落したのかが一目でわかるようになっております。
そして、一番高い点と胴体を結んだ一本の縦の一本の直線を 「上ヒゲ」 、一番低い点と胴体を結んだ縦線の一本の直線を 「下ヒゲ」 と言います。

陽線

-陽線-

陰線

-陰線-

-ヒゲ-

「分」「時間」「日」「週」「月」「年」などでつくられる

ローソク足は何も一日で表現されるものではありません。証券会社が提供するツールにもよりますが、 1分足 や 5分足 、 30分足 、 1日足 (日足)、 1週間足 (週足)、 一ヶ月足 (月足)、 一年 (年足)といったように期間に応じてそれぞれを自由に作り変えることができます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる