ポジション取引戦略

初心者にも分かりやすく外国通貨取引を解説

初心者にも分かりやすく外国通貨取引を解説
1

投資初心者も「ポートフォリオ」を考える必要はありますか?【FPが解説】

複数本の商品を選ぶ際に資産配分を検討するという作業が、初期の段階で最も重要です。ここを面倒くさがらずにしっかり行ってから、ポートフォリオを組むという段階に入っていくのが、自分が目指す資産運用結果へつながる道です。その作業次第で、その後の結果に大きな影響が及びます。それぞれの言葉の意味から、ゆっくり説明していきます。 (1)資産配分とは何ですか 英語では、資産配分のことを、アセット・アロケーション(AssetAllocation)と言います。アセット(資産)をアロケーション(配分)するという複合語です。つまり、自分が持っている資産を、様々なカテゴリーに配分するという意味です。 ウィキペディアに、「アセット・アロケーション(資産配分)とは、投資家のリスク許容度、目標、時間軸に応じて、ポートフォリオ内の各資産の割合を調整することにより、リスクとリターンのバランスを取ろうとする投資戦略である」との記載があります(wikipedia 2020年5月末現在)。 つまり、自分が持っている資産を同じ資産クラスに偏らせずに、異なる資産クラスに配分するということです。多くの金融専門家は、アセット・アロケーション(資産配分)が、運用資産全体の収益を決定する重要な要素と主張しています。本連載では、資産配分と表していきます。 (2)資産クラスとは何だろう 資産クラスとは、投資対象になる資産の種類や分類のことを言います。アセットクラスと言われることもありますが、本書の中では資産クラスと表現します。後ほど紹介する、ウェブサイトのモーニングスターで使われている言葉です。 資産クラスには、大項目として、以下の種類があります。 (1)株式 (2)債券 (3)現金および現金同等物 (4)商品(コモディティ) (5)商業用又は居住用不動産(REIT含む) (6)収集物 (7)外貨通貨 (8)未公開株など 各市場別に取引されている金融商品と言えば分かりやすいかもしれませんが、株式市場では株式、外為市場では通貨、債券市場では債券(国債、社債)、商品市場では商品(コモディティ:金・銀・原油・大豆など)があります。それぞれの資産クラス内では、同じようなリターンやリスク特性を持つことが多いです。 更に、資産クラスのそれぞれの大項目の中にも、別の視点での異なる特性の資産が含まれているので、中分類や、小分類も存在します。例えば、株式のグループでは、国内株、国際株(先進国株、新興国株)に分けて、資産クラスを形成していたりします。 国内株は、更に細かく、大型、中型、小型、超小型など、投資する会社の大きさによって、分けられていたりもします。国際株は、まずは大まかに、先進国株と新興国株と分けられますが、更に細かく地域や国ごとの地域分散もあります。因みに、国際株全体のことは、グローバルと呼んだり、新興国のことは、エマージングと呼んだりします。 債券も同様に、国内債券、国際( 外国) 債券( 先進国債券、新興国債券)というように分けて、資産クラスを形成していることが多いです。 (3)ポートフォリオとは、どういうことですか ポートフォリオ(Portfolio)は、日本語でも使われている言葉です。元々日本語には存在せず訳すのに適さない言葉は、そのままカタカナ表記するということだと思いますが、カタカナなので、投資経験が浅い方たちにとってはよけい分かりにくいかもしれません。金融用語としては、現金・預金・株式・債券・不動産など、投資家が保有している金融商品や、その組み合わせの具体的な内容を指しています。 資産配分は、資産の種類や分類で大まかにグルーピングされた資産クラスに、どのくらいの割合で資産を配分するかということでしたが、実際、じゃあ、上記にあげたような資産クラスの中で、それぞれどの金融商品をいくらずつ持っているのかというのが、このポートフォリオになります。例えば、〇〇という株をいくら持ち、△△という投資信託をいくら持ち、□□という金商品をいくら持っているかということです。

【初心者にも分かりやすく】Binanceでビットコイン積み立て投資

仮想通貨

今回の記事では、 海外取引所であるBinanceにてビットコインを積み立て投資する方法を解説 していきます!

Binanceとは

Binanceは 世界最大の仮想通貨取引所 です。設立は2017年でありますが、前身となる会社は2005年から存在していました。日本人の方も多く使用しており、おそらく日本人から最も人気のある海外取引所であると思います。

さらに特徴的なのは、一般的な取引だけではなくステーキングやレンディングを行えるため、保有している仮想通貨で年利の報酬を受け取ることが出来ます。

ビットコインの積み立て投資のメリット

ビットコイン積み立て投資の方法を解説する前に 「積み立て投資のメリット」を解説 していきます。

①リスク分散が出来る

積み立て投資のメリットの一つめは長期間にわたる 分散投資による「リスク分散」ができるという事 です。

投資の基本は「安い時に買って高い時に売る」ですが、これを毎回のように行うことはほとんどの人が不可能です。
(※相当運のよい人やトレードに時間を費やしていれば可能かもしれません)

そのため、投資初心者や資産形成の一部としてビットコインに投資を行いたい人には 積み立て投資を行う事をお勧めします

価格の上下に関わらず淡々と積み立て投資を行うことで、下落の際の損失を少しでも減らすことができ、メンタルがやられずに済みます。それにより、長期的な価格上昇の恩恵を受けることができ、投資初心者でも資産を増やすことが出来る可能性が高くなります。

②一度設定してしまえば放置でOK

積み立て投資によるメリットの二つ目は一度設定してしまえばほとんど放置でOK という事です。

分散投資は、下落しても上昇してもひたすら積み立て投資を行っていくため購入するタイミングを見計らう必要がありません。そのため、 最初に購入する頻度と金額を設定してしまえばあとは放置で問題ありません。 (※口座に日本円がなくならないように適宜入金する必要はあります。)

Binanceでビットコインの積み立て投資

ここからは実際に、 Binanceでビットコインを積み立て投資する方法を画像付きで解説 していきます。

①ステーブルコインを準備する

まずはステーブルコインを準備する必要があります。
Binanceでのビットコイン積み立てはUSDTあるいはBUSDでのみ購入することが出来るため、いずれかのステーブルコインを用意しましょう。

※ステーブルコインとはステーブル=安定を意味していることからも分かりますが、1ドルに連動する様に設定された仮想通貨であります。ステーブルコインをBinanceで保有しておくことでビットコインを購入する度に日本円から仮想通貨を購入して~送金して~という手間を省くことができます。(現金の代わりのような使い方をすることが出来る。)

②ビットコインの積み立てを設定する

次にビットコインの積み立て設定方法について解説します。

まず、Binanceのアプリを開きメイン画面中央付近にある「もっと表示」をタップします。
様々なサービスが表示され、その中の「自動投資」をタップします。
次の画面で積み立て投資を行いたい銘柄を選択します。今回はビットコインの設定を行うのでコイン検索の欄にビットコインと入力します。(あるいは下にスクロールするとビットコインがすぐに出てきます。)

ビットコイン(BTC)が表示されたら、「プランの作成」をタップします。
「プランの作成」において投資金額や頻度を設定することが出来ます。

「定期登録料」は一回当たりの投資額を入力します。最低設定額は1ドルからです。その隣にはUSDT or BUSDを選択することが出来ます。これは何の通貨で購入するかを設定する欄です。USDTおよびBUSDはいずれも信頼性が高いステーブルコインであるため、好きな方を設定すると良いと思います。

その下の「リサイクリングサイクル」は購入頻度を意味しています。「毎日」から「月一回(毎月)」まで選択することが出来ます。仮想通貨は価格変動が大きいため、 「ドルコスト平均法」の効果を最大限生かすために「毎日」に設定することをお勧めします。

投資金額と頻度の設定が完了したら下部にスクロールします。「フレキシブルセービング残高」は現物としてステーブルコインがなくとも、フレキシブルセービングに残高がある場合そこから自動的に積み立て投資を行ってくれるシステムです。次の項で説明しますが、チェックをしていくことをお勧めします(フレキシブルセービングをしない人でもチェックを入れて問題はないです)。
規約の合意と最下部の「承認」をタップすることで設定は完了します。

Binanceでのビットコインの積み立て投資は、国内取引所と比較して
・ごく少額から始められる
・購入手数料が少ない(0.1%)
(国内は数パーセントです詳しくはこちら→【仮想通貨】コインチェックは使うな!?国内取引所はここを使え!)
がメリットとして挙げられます。 海外取引所を使う事に対して抵抗が無い方は、Binanceでビットコインの積み立て投資を行う事をお勧めします!

③フレキシブルセービングの設定(ここから先はやらなくても問題無し)

ここからは「フレキシブルセービング」について簡単に解説していきます。
※ビットコインの積み立て投資を行う上では必須ではないですが、より収益効率を上げたい方はご参考ください。

フレキシブルセービングとは

フレキシブルセービングとは、仮想通貨をBinanceに預けることで報酬を獲得することが出来るシステムです。

感覚としては銀行の預金で金利が発生するようなイメージで、銀行の金利が0.01~0.1%程度であるのに対して、仮想通貨のフレキシブルセービングでは最大10%もの金利を獲得することが出来ます

仮に10万円をBinanceに預けると、一年間で1万円を報酬として獲得することが出来ます。これだけでもインパクトが大きいですが、仮に10年間預けることを想定すると10×(初心者にも分かりやすく外国通貨取引を解説 1.1) 10 =26万円となり およそ2.6倍まで資金を増やすことが出来ます

フレキシブルセービングの設定方法

実際に Binanceでフレキシブルセービングを設定する方法を解説していきます。

今回はステーブルコインをフレキシブルセービングに設定していきます。ステーブルコインを預けるメリットとしては、 価格変動が無いため報酬だけを安定して獲得することが出来るという点 です。(※ステーブルコインも価格変動を全くしないわけではないのでリスクがゼロなわけではありません)

まず、Binanceのメイン画面において画面中央部付近の「もっと表示」をタップします。
次に、「貯蓄」をタップします。次の画面でフレキシブルセービングを行う通貨を設定します。(※ここで設定できるのは、自分が現物として保有している通貨のみです。)
検索欄でBUSDあるいはUSDTと検索しましょう。今回はBUSDを設定していきます。
(※積み立て投資で購入するための通貨として選択したステーブルコインの設定を行いましょう。)

BUSDが表示されたら、「定期登録」をタップします。
「定期登録料」はいくら分フレキシブルセービングとして設定するかを入力します。今回は10ドルとします。画面を下部にスクロールし、利用規約に同意し設定をタップすると完了です。

積み立て投資に使用するステーブルコインは毎回購入したり、国内取引所から送金するのは手間がかかるため、 ある程度の額をステーブルコインとして保有してフレキシブルセービングに預けておくことをお勧めします。

今回は Binanceでのビットコインの積み立て投資の設定方法について解説 を行いました。

まとめると
・Binanceでの積み立て投資は少額からできる
・購入手数料が少ない
・フレキシブルセービングで安全に資産を増やしながら積み立てできる

LINE FXとは?スマホ取引専用でもPCと同じレベルで取引できるのが魅力

口座情報

LINE FXとは?

line fx 稼ぎ方

line fx いくらから

line fx 5000円 やり方

LINE FX キャンペーン

LINE FXアプリ

LINE FX proの高い性能や使い勝手も良さが便利でおすすめ!

LINE FX proの高い性能や使い勝手を解説しています。 LINE FX proの高い性能や使い勝手 ご利用いただけます。LINE株式会社のプレスリリース2021年1月18日13時17分LINEFXProの提供を開始しまし.

LINE FXはいくらから取引が可能?最低取引単位が少額なので始めやすい

LINE FXはいくらから取引が可能なのか?を解説しています。 LINE FXはいくらから取引が可能なのか? 初心者にも分かりやすく外国通貨取引を解説 本記事では、1取引で最大5000円もらえるキャンペーンの詳細、取引にかかる費用はいくらなのか、口座LINEFXでは、.

LINE FXのスワップポイントが高水準で取引しやすいです

LINE FXのスワップポイントを解説しています。 LINE FXのスワップポイント 5000円キャッシュバックキャンペーンのお金はいつ出金されますか?土・日の分を含めて3日分のスワップポイント・LINEFX約款、店頭外国為替.

LINE FXで得た収益は必ず確定申告を忘れずに!税金は無視してはいけません

line fxと確定申告について解説しています。 line fxと確定申告について 確定申告」「住宅ローン」「相続」等のテーマのセミナーで登壇。2013年から2037年までの25年間は、復興特別所得税※として所得税に2.1%を.

LINE FXの取引時間は平日の月~金のAM7:00 – 翌日AM6:50、土日はできないので注意

LINE FXの取引時間を解説しています。 LINE FXの取引時間 審査にあたり、当社が必要と判断した場合はお電話で確認させていただくことがあります。FXは土日も取引できないかなどを解説、紹介します。なぜですか?LINEFX.

LINE FXのレバレッジは最大25倍までと国内最大規模が嬉しい

LINE FXのレバレッジを解説しています。 LINE FXのレバレッジ 例えば1ドル=10万円を買うなら、証拠金?レバレッジを設定する必要がありません。スリッページの設定では、この差をどこまで許容するかをpipsで指定できま.

仮想通貨(暗号資産)とは

1

ビットコイン市場に見えた2つの明るい動き

2

ビットコイン、リセッション懸念で米株連騰の謎

3

順調に回復中のビットコインだが、少し気になる動きも

4

ビットコイン相場が下げ渋る背景

5

ビットコイン、いよいよ米雇用統計、注目点は?

暗号資産ニュース週間ランキング

1

CT Analysis第32回レポート『Ethereum 2022年夏 次期アップグレード「The Merge」とその後のロードマップを理解する』を無料公開

2

Three Arrows Capitalの清算が実行 | 数千億規模のファンドで一体何が?

3

【史上最大】イーサリアム「The Merge」が実装間近 | 概要を詳しく解説

4

【約3兆円規模】なぜ今「Celsius」が話題なのか?時系列で解説

5

BŌSŌ 初心者にも分かりやすく外国通貨取引を解説 初心者にも分かりやすく外国通貨取引を解説 TOKYO -暴走東京- が 大手取引所BybitとのコラボやNFTステーキングの詳細を発表、さらに日本の著名ヒップホップアーティストが参戦!

メデイア・広告掲載について

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。また、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、株式会社マネーパートナーズソリューションズ、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、株式会社FXプライムbyGMO、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、SIX ファイナンシャルインフォメーションジャパン、Dow Jones、Hang Seng Indexes、株式会社bitFlyer 等から情報の提供を受けています。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

【初心者にも分かりやすく】Binanceでビットコイン積み立て投資

仮想通貨

今回の記事では、 海外取引所であるBinanceにてビットコインを積み立て投資する方法を解説 していきます!

Binanceとは

Binanceは 世界最大の仮想通貨取引所 です。設立は2017年でありますが、前身となる会社は2005年から存在していました。日本人の方も多く使用しており、おそらく日本人から最も人気のある海外取引所であると思います。

さらに特徴的なのは、一般的な取引だけではなくステーキングやレンディングを行えるため、保有している仮想通貨で年利の報酬を受け取ることが出来ます。

ビットコインの積み立て投資のメリット

ビットコイン積み立て投資の方法を解説する前に 「積み立て投資のメリット」を解説 していきます。

①リスク分散が出来る

積み立て投資のメリットの一つめは長期間にわたる 分散投資による「リスク分散」ができるという事 です。

投資の基本は「安い時に買って高い時に売る」ですが、これを毎回のように行うことはほとんどの人が不可能です。
(※相当運のよい人やトレードに時間を費やしていれば可能かもしれません)

そのため、投資初心者や資産形成の一部としてビットコインに投資を行いたい人には 積み立て投資を行う事をお勧めします

価格の上下に関わらず淡々と積み立て投資を行うことで、下落の際の損失を少しでも減らすことができ、メンタルがやられずに済みます。それにより、長期的な価格上昇の恩恵を受けることができ、投資初心者でも資産を増やすことが出来る可能性が高くなります。

②一度設定してしまえば放置でOK

積み立て投資によるメリットの二つ目は一度設定してしまえばほとんど放置でOK という事です。

分散投資は、下落しても上昇してもひたすら積み立て投資を行っていくため購入するタイミングを見計らう必要がありません。そのため、 最初に購入する頻度と金額を設定してしまえばあとは放置で問題ありません。 (※口座に日本円がなくならないように適宜入金する必要はあります。)

Binanceでビットコインの積み立て投資

ここからは実際に、 Binanceでビットコインを積み立て投資する方法を画像付きで解説 していきます。

①ステーブルコインを準備する

まずはステーブルコインを準備する必要があります。
Binanceでのビットコイン積み立てはUSDTあるいはBUSDでのみ購入することが出来るため、いずれかのステーブルコインを用意しましょう。

※ステーブルコインとはステーブル=安定を意味していることからも分かりますが、1ドルに連動する様に設定された仮想通貨であります。ステーブルコインをBinanceで保有しておくことでビットコインを購入する度に日本円から仮想通貨を購入して~送金して~という手間を省くことができます。(現金の代わりのような使い方をすることが出来る。)

②ビットコインの積み立てを設定する

次にビットコインの積み立て設定方法について解説します。

まず、Binanceのアプリを開きメイン画面中央付近にある「もっと表示」をタップします。
様々なサービスが表示され、その中の「自動投資」をタップします。
次の画面で積み立て投資を行いたい銘柄を選択します。今回はビットコインの設定を行うのでコイン検索の欄にビットコインと入力します。(あるいは下にスクロールするとビットコインがすぐに出てきます。)

ビットコイン(BTC)が表示されたら、「プランの作成」をタップします。
「プランの作成」において投資金額や頻度を設定することが出来ます。

「定期登録料」は一回当たりの投資額を入力します。最低設定額は1ドルからです。その隣にはUSDT or BUSDを選択することが出来ます。これは何の通貨で購入するかを設定する欄です。USDTおよびBUSDはいずれも信頼性が高いステーブルコインであるため、好きな方を設定すると良いと思います。

その下の「リサイクリングサイクル」は購入頻度を意味しています。「毎日」から「月一回(毎月)」まで選択することが出来ます。仮想通貨は価格変動が大きいため、 「ドルコスト平均法」の効果を最大限生かすために「毎日」に設定することをお勧めします。

投資金額と頻度の設定が完了したら下部にスクロールします。「フレキシブルセービング残高」は現物としてステーブルコインがなくとも、フレキシブルセービングに残高がある場合そこから自動的に積み立て投資を行ってくれるシステムです。次の項で説明しますが、チェックをしていくことをお勧めします(フレキシブルセービングをしない人でもチェックを入れて問題はないです)。
規約の合意と最下部の「承認」をタップすることで設定は完了します。

Binanceでのビットコインの積み立て投資は、国内取引所と比較して
・ごく少額から始められる
・購入手数料が少ない(0.1%)
(国内は数パーセントです詳しくはこちら→【仮想通貨】コインチェックは使うな!?国内取引所はここを使え!)
がメリットとして挙げられます。 海外取引所を使う事に対して抵抗が無い方は、Binanceでビットコインの積み立て投資を行う事をお勧めします!

③フレキシブルセービングの設定(ここから先はやらなくても問題無し)

ここからは「フレキシブルセービング」について簡単に解説していきます。
※ビットコインの積み立て投資を行う上では必須ではないですが、より収益効率を上げたい方はご参考ください。

フレキシブルセービングとは

フレキシブルセービングとは、仮想通貨をBinanceに預けることで報酬を獲得することが出来るシステムです。

感覚としては銀行の預金で金利が発生するようなイメージで、銀行の金利が0.01~0.1%程度であるのに対して、仮想通貨のフレキシブルセービングでは最大10%もの金利を獲得することが出来ます

仮に10万円をBinanceに預けると、一年間で1万円を報酬として獲得することが出来ます。これだけでもインパクトが大きいですが、仮に10年間預けることを想定すると10×(1.1) 10 =26万円となり およそ2.6倍まで資金を増やすことが出来ます

フレキシブルセービングの設定方法

実際に Binanceでフレキシブルセービングを設定する方法を解説していきます。

今回はステーブルコインをフレキシブルセービングに設定していきます。ステーブルコインを預けるメリットとしては、 価格変動が無いため報酬だけを安定して獲得することが出来るという点 です。(※ステーブルコインも価格変動を全くしないわけではないのでリスクがゼロなわけではありません)

まず、Binanceのメイン画面において画面中央部付近の「もっと表示」をタップします。
次に、「貯蓄」をタップします。次の画面でフレキシブルセービングを行う通貨を設定します。(※ここで設定できるのは、自分が現物として保有している通貨のみです。)
検索欄でBUSDあるいはUSDTと検索しましょう。今回はBUSDを設定していきます。
(※積み立て投資で購入するための通貨として選択したステーブルコインの設定を行いましょう。)

BUSDが表示されたら、「定期登録」をタップします。
「定期登録料」はいくら分フレキシブルセービングとして設定するかを入力します。今回は10ドルとします。画面を下部にスクロールし、利用規約に同意し設定をタップすると完了です。

積み立て投資に使用するステーブルコインは毎回購入したり、国内取引所から送金するのは手間がかかるため、 ある程度の額をステーブルコインとして保有してフレキシブルセービングに預けておくことをお勧めします。

今回は Binanceでのビットコインの積み立て投資の設定方法について解説 を行いました。

まとめると
・Binanceでの積み立て投資は少額からできる
・購入手数料が少ない
・フレキシブルセービングで安全に資産を増やしながら積み立てできる

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる