オプションFXとは

信用取引のメリットとリスク

信用取引のメリットとリスク
ビジネススキル/仕事術

欧米主要国の金融引き締めを受けたリスク回避の動きから1カ月ぶりに26000円割れ

facebook-share

◎第1特集
キホンからオススメ投信まで大事なコトだけ!つみたて投資入門
●キホン編
つみたてNISAやiDeCoを徹底解説
・つみたて投資は必要?
・どうなれば儲かる?
・どんな人に向いてる?
・何を買ってつみたてるの?
・オトクな制度って?
●実践編
投信を買うならこの1本!を紹介
急落や損した時対処法を伝授!

・どの投信を買えばいい?
・口座はどこで開けばいい?
・いま始めても大丈夫なの!?
・損が出てる! やめるべき?
・つみたての金額はいくらにする?
・家計が厳しいけどやめていい?
●もう始めてる5人に聞いた
つみたてデビューとリアル収支

◎第2特集
波乱や利上げで人気急騰!
割安株で値上がりと利回りゲット!

PART1: 高利回り
・高配当で株主優待も充実!利回りランキング
PART2: 10倍狙い
・不人気&売られすぎ前途有望な話題株
PART3: 底値が堅い
・安全・安心・割安な守りが堅い三安株

◎第3特集
トクするカードの序列が激変!
クレジットカード大全

・最初の1枚
・とにかく高還元
・一定利用で無料
・買物が絶対トク
・特典が魅力的
・投信積立で還元

◎人気連載もお楽しみに!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48ガチ株バトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」

松井証券の評判・口コミを徹底調査!8つのメリットと3つの注意点

松井証券の評判を徹底調査!松井証券を使う8つのメリットと3つの注意点

松井証券は初心者でもできる? 松井証券は投資に対して関心の薄い、若年層に興味を持ってもらうことを重要な課題として捉えています。 したがって、初心者でもスムーズに投資を初められる様に様々な配慮をしていますし、25歳以下の若年層や、あまり投資資金を持ち合わせていない人でも参加しやすい様、手数料を設定しています。 サービスの量も豊富であり、多くの金融商品を扱っているので自分好みの投資対象を見つけやすく、公式ホームページでサポートが充実しているので、分からないこともすぐに調べることができる様になっています

松井証券を利用するメリットは? 創業90年の老舗でありネット証券にいち早く参戦したパイオニア的存在である松井証券は、長年の実績から蓄積されたノウハウと、業界初となる多数のサービスの展開で多くの投資家たちから高い評価を得ています。 先述した様に25歳以下の取引手数料無料と、約定金額50万円以下で売買手数料無料といった若年層、新規投資家の取り込みといったサービスや、約定代金の制限なしで手数料がすべて無料になり、1回あたりの約定金額が100万円以上の場合金利まで0%になってしまう一日信用取引、投資信託の毎月現金サービスなどは他の証券会社では、なかなか真似をすることが難しいものばかりであり、投資家たちが松井証券を利用する大きな理由となっています。

松井証券の注意すべきポイントは? 松井証券のサービスやアプリなどについて、特に改善要望が多いのは、「ツールが多すぎるのに、それぞれ個別に独立しているから、利用するのに手間がかかるし分かりにくい」といったものです。 他の証券会社のアプリなどは、ツールがアプリ本体と一体化していて画面を切り替える必要がなく、直感的に使いやすい配慮がなされているところを見ると、今後大いに改善予知のあるところかと思います。 また、50万円以下という低価格での取引こそ手数料が無料と、他社を圧倒するサービスを展開しているものの、50万円以上の手数料は割高になっているので、大口投資家の人は、そのことを踏まえて利用する必要があります。

松井証券は海外銘柄を取り扱っている? 松井証券では海外銘柄と海外ETFを一切取り扱っていないので、利回りの良い米国株などに投資したいという方は、別の証券会社を利用するしかありません。 多くのサービスに対して真っ先に参戦している松井証券が、あえて海外の株には手を出していないところを見ると、今後も海外株の取り扱いをおこなう可能性は低いのではないかと推察します。 代わりに日本の金融商品に関しての充実度とサービスの良さは目を見張るものがあるので、その特徴を踏まえた上で利用すると良いでしょう。

松井証券はどんな人におすすめ? 松井証券自体が若年層と、新規投資家の囲い込みを重要課題であると語っていて、事実その様なサービスを充実させているので、若い人か、投資資金をあまり持たない人が投資を始めてみるのにうってつけだと言えるでしょう。 また扱っている国内の金融商品が豊富なことから、ややこしくならない様に、複数の口座を持つのではなく、ひとつの口座でまとめて取引をおこないたいという人や、投資信託で安定して資金を運用したいという人にも良いサービスが用意されているので、向いているのではないでしょうか。

【どっち?】BinanceとBybitの特徴を比較|仮想通貨購入の手数料やステーキング制度の違いを解説

【どっち?】BinanceとBybitの特徴を比較|仮想通貨購入の手数料やステーキング制度の違いを解説

ビジネススキル/仕事術

海外の暗号資産取引所では 日本国内では買えないコインを買える だけでなく、 ローンチプールなどの新しいコインをもらうシステム を利用することができます。

  • 海外の暗号資産取引所を使うメリットとデメリットを知りたい
  • BinanceとBybitはどっちがおすすめ?
  • 海外の取引所の口座開設とコインの購入方法は難しい?
  • どんなリスクがある?対策は?

【海外のおすすめ暗号資産取引所】

【海外の仮想通貨取引所を使うメリット&デメリット】

海外の仮想通貨取引所を使うメリット&デメリット

一般的にクリプト業界では日本は後進国です。購入できるコインの種類やサービス内容においては、 海外の暗号資産取引所の方が進んでいます。

・メリット|国内の取引所で買えない仮想通貨が買える

  • 国内で買えないコインが買える
  • 仮想通貨を持っているだけで他のコインがもらえる制度がある
  • 信用取引のメリットとリスク
  • ステーキングできるコインの種類が多い
  • レバレッジの幅が大きく、追証もない

一番大きなメリットは、「 国内の取引所では扱っていないコインを購入できる 」というところでしょう。

暗号資産はボラティリティ(価格変動性)が高く、大きく儲けることができるチャンスも。しかし、そうした チャンスの多くはコイン発行直後 です。

一方で海外取引所のBinanceでは300以上のコインが購入できます。 日本の10倍以上の種類のコインが上場している のです。その分、稼げるチャンスも増えますよね。

仮想通貨やNFTゲーム、Move To EarnなどWeb3の新しいサービスを利用するには、多機能な海外の暗号資産取引所が必須なのです。

・デメリット|リスクが大きくなる

  • 手数料が割高になる
  • 管理が面倒
  • リスクが大きくなる
  • 送金ミスには要注意

国内の暗号資産取引所からコインを送金送金手数料(BTCの場合0.0005BTC)
銀行振り込み3.5%(2,000円以下なら一律で2,000円)
クレジットカード払い3.5〜6.信用取引のメリットとリスク 5%(1,000円以下なら一律1,000円)

海外の取引所を使う場合も国内の取引所は必須 です。海外の取引所だけでもコインを買うことはできますが、日本円の出金には対応していません。つまり現金化できないのです。

また、海外の規制は国内に比べて緩く、それゆえリスクも大きくなります。 資産や個人情報の流出などが起きてもおかしくはありません。

仮想通貨を送金する際には、30桁ほどの英数字からなるアドレスとチェーンを入力する必要がありますが、 送金アドレスを間違えて入力してしまって資産が消えてしまう ことも頻繁に起こっています。

【Binance(バイナンス)とBybit(バイビット)の特徴比較|どっちがおすすめ?】

【Binance(バイナンス)とBybit(バイビット)の特徴比較|どっちがおすすめ?】

BinanceとBybitでは、特徴や強み、向いている人が異なります ので、詳しく解説していきます。

・基本情報で特徴を比較

Binance(バイナンス)Bybit(バイビット)
所在地マルタドバイ
取扱コイン数700以上160以上
ユーザー数600万人以上120万人以上
1日の取引高¥4,257,329,377,102
(2022年6月14日時点)
¥127,715,809,718
(2022年6月14日時点)
入出金手数料入金:無料
出金:通貨による
ともに無料
取引手数料0.1%
(BNB保有量や取引量などによって最大0.015%)
0.1%
(総資産価値または直近30日の取引高によって最大0%)
日本円の入金クレジットカード可クレジットカード&銀行振込可
日本語対応
スマホでの取引
最大レバレッジ20倍
(ゼロカットあり)
100倍
(ゼロカットあり)
独自発行コイン$BNB ¥29,496.82/枚
(2022年6月14日時点)
$BIT ¥60.76/枚
(2022年6月14日時点)

「レバレッジ」とは証拠金取引のことで、要は 自分の預けている金額の何倍まで取引できるか ということです。その反対の一般的な取引は「現物取引」と呼ばれます。

欧米主要国の金融引き締めを受けたリスク回避の動きから1カ月ぶりに26000円割れ

facebook-share

◎第1特集
キホンからオススメ投信まで大事なコトだけ!つみたて投資入門
●キホン編 信用取引のメリットとリスク
つみたてNISAやiDeCoを徹底解説
・つみたて投資は必要?
・どうなれば儲かる?
・どんな人に向いてる?
・何を買ってつみたてるの?
・オトクな制度って?
●実践編
投信を買うならこの1本!を紹介
急落や損した時対処法を伝授!

・どの投信を買えばいい?
・口座はどこで開けばいい?
・いま始めても大丈夫なの!?
・損が出てる! やめるべき?
・つみたての金額はいくらにする?
・家計が厳しいけどやめていい?
●もう始めてる5人に聞いた
つみたてデビューとリアル収支

◎第2特集
波乱や利上げで人気急騰!
割安株で値上がりと利回りゲット!

PART1: 高利回り
・高配当で株主優待も充実!利回りランキング
PART2: 10倍狙い
・不人気&売られすぎ前途有望な話題株
PART3: 底値が堅い
・安全・安心・割安な守りが堅い三安株

◎第3特集
トクするカードの序列が激変!
クレジットカード大全

・最初の1枚
・とにかく高還元
・一定利用で無料
・買物が絶対トク
・特典が魅力的
・投信積立で還元

◎人気連載もお楽しみに!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48ガチ株バトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国 信用取引のメリットとリスク
●人気毎月分配型100本の「分配金」

信用取引の「二階建て」とは何ですか?

管理人ひっきーからの回答

まず、信用取引を使った二階建て(以下、信用二階建て)とは、 現物取引で買っている株と同じ株を、 さらに信用取引でも買うこと を言います。つまり、建物に例えると、「一階部分」が現物取引で、「二階部分」が信用取引です。

数字を入れた具体的な例で見ていきましょう。現物株を担保とする、代用有価証券の掛け目(担保の価値)は、一般的には 80% となっていて、100万円の株を現物取引で買ったときには、80万円分が保証金として使えます。信用取引では、保証金の約3.3倍まで取引ができるので、信用取引では 264万円分 (=100万円×80%×3.3)の取引ができることになります。

つまり、100万円を使って信用二階建てをフルでおこなった場合、100万円の現物取引と、264万円の信用取引、合わせて 364万円 分の取引ができてしまうのです。100万円で364万円の取引ができればチャンスは広がりますが、同じように損をするピンチも広がります。

信用二階建てのこわいところは、レバレッジの高さだけではなく、 担保価値が損なわれやすい 点にあります。1銘柄の株に全額を投資した場合、当然、現物取引分も信用取引分も株価の動きは同じになるので、株価が下がると担保価値も同時に下がってしまい、追証になりやすいのです。

先ほど説明したように、現物取引を使って100万円分(=株価1,000円×100株)買っていた場合は、信用取引で264万円の買い付け余力がありましたが、仮に 株価が2割下がってしまったら、買付余力も2割下がってしまいます 。この例の余力を計算すると、264万円だったところが、211万円(=80万円×80%×3.3)に下がってしまいます。

余力が下がることは、追証が発生しやすくなることと同じなので要注意です。仮に、この条件で、フルで信用二階建てをおこなっていた場合、53万円分(=264万円-211万円)の資金が足りないことになります。株を売って資金を手当てするか、新たに入金が必要となります。信用取引をすると、現物取引に比べて買付余力が増えるので、大きく投資をしたくなるものですが、あくまでも 借金で取引をしていること を忘れないでください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる