バイナリーオプション取引

Pipsの計算方法から損切り

Pipsの計算方法から損切り
質問 シンキングタイム

【FX】ちょっとまって!pips(ピップス)だけでSLを決めるのは危険!

【FX】ちょっとまって!pips(ピップス)だけでSLを決めるのは危険!

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 3 位

損益金額ではなく、損益pipsで取引結果を分析することで、自身のパフォーマンスを正しく捉えることが可能になります。

損切りの目安にpips(ピップス)を使う場合は要注意!

それは、FX初心者が安易にpipsのみを損切りの目安に使うこと。

FX博士

安易にpipsだけで損切り幅を決めるのは注意が必要じゃよ!

…10pips下(上)に損切りライン(ストップロス)を置いておこう…
…5pips戻したら損切りしたほうが良いな…
…あと15pips逆行したら一旦損切りしよう…

損切り幅を”pipsのみ”で判断することのリスクとは?

若い女性FXトレーダー

ロット数は1枚(10,000通貨)でトレードしています。

若い女性FXトレーダー

ロット数は0.1枚(1,000通貨)でトレードしています。

▲5,000円 の損失でした…

若い女性FXトレーダー

▲500円 の損失でした…

【2022年7月版】優位性の高いFX商材 Best5

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 3 位

FX初心者は、損失許容金額からロット数(ポジションサイズ)を算出しよう

10万円の元手ならば、その2%、つまり2,000円ですね。まずは、一度の取引で負けても問題ない金額が2,000円であると決めます。

FX博士

ポジションサイズ
=許容損失額÷損切り幅 Pipsの計算方法から損切り
=2,000円÷0.2円
=10,000

つまり、10,000通貨(1ロット)が適切なポジションサイズとなるわけです。

FX博士

ポジションサイズ
=許容損失額÷損切り幅
=2,000円÷0.5円
=4,000

つまり、4000通貨(0.4ロット)が適切なサイズとなります。

言い換えるならば、取引開始前に損切り幅(SL)に応じた適切なポジションサイズを定めるということ

FX博士

関連記事|pips(ピップス)

【2022年7月版】優位性の高いFX商材 Best5

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 3 位

2022年 最新FX情報商材評価

S評価商材

A評価商材

B評価商材

C評価商材

D評価商材

関連記事 ※こちらもよく読まれています

個人投資家の悲喜こもごも

通貨ペアを”売る”とは?”買う”とは?

借金1億円を返済した最強仮想通貨女子「私が億超えした理由」

【新たな投資詐欺の温床か?】金融庁、未上場株投資のネット勧誘5月に解禁

「30年長期ローンで持ち家を買う」ことはギャンブルか?

【正論】世界中がバイナリーオプションを”問題視”する本当の理由

情弱を狙った「Yahoo!知恵袋ステマ」に気をつけろ

TRY/JPY(トルコリラ円)という「鬼門」を開けたFXプライム

「初心者でもわかる実践チャート術」が素晴らしい件【必読!】

日本「すまん、年金は崩壊するといったが、あれは嘘だ」

【注意喚起】レバレッジ500倍取引所の「BITPRO500」がガチで怪しい…これだけの理由

海外FX出資で1200億円集めたスカイプレミアムに証券取引等監視委員会が業務差し止め申し立て

【2022年7月版】優位性の高いFX商材 Best5

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 3 位

サイト運営者情報

戸室 達也

【2022年7月版】優位性の高いFX商材 Best5

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 3 位

XMが提供するFX計算機の使い方

XMが提供するFX計算機の使い方

XMの取引ツール

XMが提供する「FX計算機」とは

XM公式のメニューバー「FXを学ぶ」をクリック

XM tradingのFX計算ツール

XMの「オールインワン計算ツール」の使い方

オールインワン計算ツールは、 「口座の基本通貨」「通貨ペア」「証拠金のレバレッジ」「口座タイプ」「ロット数量」を入力(または選択)することで、自動的に計算してくれる計算機 です。

オールインワン計算ツール

まずは、上記画像の 青枠 の中に必要情報を入力(または選択)していきます。

・口座の基本通貨 :円建て口座の場合はJPY
・通貨ペア :取引予定の通貨ペア
・証拠金のレバレッジ :自分の口座のレバレッジ
・口座タイプ :マイクロ・スタンダード・ZERO口座
・ロット数量 :取引予定のロット数量

必要情報の入力が全て終わり、「計算する」というボタンをクリックすると、上記画像の 赤枠 の欄に、 「必要証拠金」「ピップ値」「スワップ買い」「スワップ売り」がそれぞれ自動的に計算され、結果が表示されます。

・必要証拠金 :ポジションを建てるための必要証拠金
・ピップ値 :1pipsあたりの損益額
・スワップ買い :ロングポジションを1日保有した場合のスワップポイント
・スワップ売り :ショートポジションを1日保有した場合のスワップポイント

XMの「通貨換算ツール」の使い方

通貨換算ツール

まずは、上記画像の 青枠 の中に必要情報を入力(または選択)していきます。

必要情報の入力が全て終わり、「計算する」というボタンをクリックすると、上記画像の 赤枠 の欄に、 「現在の換算レート」「合計」がそれぞれ自動的に計算され、結果が表示されます。

XMの「ピップ値計算ツール」の使い方

ピップ値計算ツール

まずは、上記画像の 青枠 の中に必要情報を入力(または選択)していきます。

必要情報の入力が全て終わり、「計算する」というボタンをクリックすると、上記の画像内の 赤枠 の欄に、 「現在の変換価格」「ピップ値(口座の基本通貨)」「ピップ値(変換された通貨)」がそれぞれ自動的に計算され、結果が表示されます。

XMの「証拠金計算ツール」の使い方

証拠金計算ツールは、 「口座の基本通貨」「通貨ペア」「口座タイプ」「ロット数」「レバレッジ」を入力(または選択)することで自動的に計算してくれる計算機 です。

証拠金計算機

まずは、上記画像の 青枠 の中に必要情報を入力(または選択)していきます。

必要情報の入力が全て終わり、「計算する」というボタンをクリックすると、上記画像の Pipsの計算方法から損切り 赤枠 の欄に、 「現在の変換価格」「必要証拠金(自分の口座の基本通貨)」「必要証拠金(通貨ペア右側の通貨)」がそれぞれ自動的に計算され、結果が表示されます。

XMの「スワップ計算ツール」の使い方

スワップ計算ツールは、 「口座の基本通貨」「通貨ペア」「口座タイプ」「ロット数量」を入力(または選択)することで自動的に計算してくれる計算機 です。

スワップ計算機

まずは、上記画像の 青枠 の中に必要情報を入力(または選択)していきます。

必要情報の入力が全て終わり、「計算する」というボタンをクリックすると、上記画像の 赤枠 の欄に、 「スワップ買い(自分の口座の基本通貨)」「スワップ売り(自分の口座の基本通貨)」「スワップ買い」「スワップ売り」がそれぞれ自動的に計算され、結果が表示されます。

・スワップ買い(自分の口座の基本通貨) :ロングポジションを1日保有するコスト
・スワップ売り(自分の口座の基本通貨) Pipsの計算方法から損切り :ショートポジションを1日保有するコスト
・スワップ買い :決済通貨で換算した、ロングポジションを1日保有するコスト
・スワップ売り :決済通貨で換算した、ショートポジションを1日保有するコスト

XMの「損益計算ツール」の使い方

損益計算ツールは、 「口座の基本通貨」「通貨ペア」「口座タイプ」「ロット数」「オープン価格」「損切価格」「利益確定価格」「取引タイプ」を入力(または選択)することで、自動的に計算してくれる計算機 です。

損益計算機

まずは、上記画像の 青枠 の中に必要情報を入力(または選択)していきます。

・口座の基本通貨: 自分の口座の基本通貨
・通貨ペア:
取引予定の通貨ペア
・口座タイプ:
自分の口座タイプ
・ロット数量:
取引する予定のロット数
・オープン価格:
注文予定の為替レート
・損切価格を設定する:
損切ピップ数
・利益確定価格を指定する:
利確ピップ数
・取引タイプ:
「買い」or「売り」

必要情報の入力が全て終わり、「計算する」というボタンをクリックすると、上記画像の 赤枠 の欄に、 「損切り価格」「利益確定価格」「損切り(pips)」「利益確定(pips)」「ピップ値」がそれぞれ自動的に計算され、結果が表示されます。

・損切り価格: 損切りする時のレート
・利益確定価格:
利益確定する時のレート
・損切り、ピップス: Pipsの計算方法から損切り 損切りするピップ数
・利益確定、ピップス:
利益確定するピップ数
・ピップ値:
基本通貨で換算した、1ピップあたりの損益額

損切り/利益確定レベル

損切り/利益確定レベルを計算する場合、上記画像の 青枠 に、以下の必要情報を入力(または選択)していきます。

・口座の基本通貨 :自分の口座の基本通貨
・通貨ペア :取引予定の通貨ペア
・口座タイプ :自分の口座タイプ
・ロット数量 :取引する予定のロット数
・損切り設定値 :損切ポイント(10ポイント=1ピップ計算)
・利益確定設定値 :利確ポイント(10ポイント=1ピップ計算)

必要情報の入力が全て終わり、「計算する」というボタンをクリックすると、上記画像の 赤枠 の欄に、 「損失」「利益」がそれぞれ自動的に計算され、結果が表示されます。

TradingViewでpipsを計測する3つの方法を全て解説

TradingViewのものさしツールの使い方

まずはものさしツールを選択して、始点と終点をクリックします。

ものさしツールの計測結果の見方

下記のような場合「205.9」という数字が計測したpips数となります。
※このpipsの見方は後述するコマンドでも共通です

価格範囲・日付と価格範囲(描画ツール)でpips計測

pipsを計測できる価格範囲と日付と価格範囲の場所

2つのコマンドは、下記画像の場所に収納されています。

TradingViewで隠れている描画ツールの出し方

隠れている描画ツールを表示させるには、下記の2つの方法があります。

価格範囲、日付と価格範囲のどちらも、pips計測の仕方は「計測をする始点と終点をクリック」というように、既述のものさしツールと同じです。

価格範囲ツールでの描画例

下記は「価格範囲」でpips計測した事例。
価格データだけが表示されますが、pipsの見方はものさしツールと同様です。

日付と価格範囲ツールでの描画例

Pipsの計算方法から損切り
下記は「日付と価格範囲」でpips計測した事例。
ものさしツールと同じ内容が表示されます。

描画ツールとものさしツールの違い

・ものさしツールは、1回計測したら終わり
・描画ツールは水平線などと同じ扱いなので、 描画後の編集や複数の描画も可能です

描画ツールはチャートに複数表示できるのが特徴

下記は「価格範囲」「日付と価格範囲」を使って、チャートで複数箇所のpips計測をしています。
これはものさしツールでは不可能です。

描画後に編集できるのも描画ツールの特徴

そして描画ツールは、後から自由に編集することも可能です。
描画後にドラッグして計測範囲を変えることができます。

描画ツールを削除する場合

ものさしツールとは違い、描画ツールは削除しないとチャート上に残り続けるので、個別に選択して削除して下さい。

トレンドラインでpips計測

トレンドラインとインフォライン機能でpips計測することも可能です。

コマンドを選択→始点をクリック→終点をクリック、という一連の流れは同じです。

pipsを計測できるトレンドラインとインフォラインの場所

トレンドライン、インフォラインは、下記画像の場所に収納されています。

トレンドライン・インフォラインでpips計測した例

それぞれのコマンドで見える情報は下記のとおりです。

トレンドラインに価格データを表示させる方法

トレンドラインをダブルクリックすると設定画面が開くので、下記のように「価格幅を表示」にチェックを入れる事でpips表示が可能となります。

退場しない資金管理

質問 シンキングタイム

A.1lotと答えた方
正直張りすぎです。余剰資金で溶かしても良い覚悟で入れるならOKです。
資金管理を徹底した方が間違いなく良いです。

B.0.5lotと答えた方
少し張りすぎです。
損失を出したと後のことを考えて下さい。
取り返すのに時間がかかってしまいます。

C.0.8lotと答えた方
大きいですね。仮に20pips損切りしたとして1万6千円。
8万4千円で1万6千円をとりにいかなければなりません。
同じロットが張れますか?

D.0.1lotと答えた方
正解です。正解はないと思いますが、良い資金管理ができていると思います。
100pips逆行されても10000円の損失です。
これなら取り返せますね。

損失許容額は人それぞれですので一概にダメとは言いませんが
今回は「退場しない資金管理」に着目しています。
皆さんが貯めたお金、FXで稼いだお金、失いたくないですよね。

その為に損失許容額を決めましょう。
考え方として、「失って良い額では無い」です。
損切りしたときに取り返せる額を損失許容額」にしましょう。

簡単なロット管理

まず許容損失額は10%です。
100pips踏まれた時を想定してロットを張ります。

そしてロットは固定。

証拠金
1万円0.01lot→
-100pips -1000円
5万円0.05lot→-100pips -5000円
10万円0.1lot→
-100pips -1万円
50万円0.5lot→
-100pips -5万円
100万円1lot →
-100pips -10万円
100pips逆行しても生き残れる&10%の損失で済みます。

なので僕は証拠金の10%の損失を考えトレードして行きます。
10%だと自ずと握力も上がる気がします。

次に損切りです。
僕は損切りは基本的に根拠にした時間足のレートを抜け確定で切るルールがあります。

抜け確定にするのは理由があって髭で狩られない為です。

重要レートまで引きつけて髭で狩られて下落するのが個人的に一番嫌いです。

そして僕の過去の検証からしても損切りを置くより、SLを入れずに髭をかわして下げを取る方が利益が残る結果が出ています。

髭で狩られてしまう方は是非試してみてほしいです。
だからこそロットの管理がとても大切です。

根拠が割れたらトレードする意味もないと僕は考えています。

SLの勉強をしたところで
含み損の握力が無限にあるのに利確が鬼早い方」
必見の資金管理があります。

利益は伸ばせず含み損を抱える人は次に説明するSL建値を推奨します。
僕がよく言う半分利確して建値でブロックするやり方です。

SL建値にするタイミング

抜けたら切るのはわかって頂けたと思います。
僕がSL建値を使うのは第1TPで利確してからです。

順番としては
エントリー(証拠金に見合ったロット)

髭をかわすために様子見する
↓ Pipsの計算方法から損切り
TPに掛かる

SLを建値に移動し負けを無くす

残りはSLにかかるか TPに掛かるまで放置する。

これが僕が負けない最大の資金管理法だと思っています。

逆張り時の損切り

指でロング

このように意識されている抵抗帯でロングをし落ちてくるナイフを取る方が沢山います。
こんな場合は最初からSL必須です。
確定なんて待っていたら焼かれて退場ですよ。

これが急騰急落相場の戦い方です。
反応を取る時は逃げ足早くしないと捕まってしまうので
やる時は気をつけて下さい。

利確画面で黒い数字を弄れます。
ただし 1ポジションで TPの設定は出来ないので複数ポジションを持つのが安パイだと考えています。

ロットの張り方、損切りの仕方がわかったと思います。
次は少し中級者の方におすすめするロットの張り方です。

中級者の方におすすめするロットの張り方

最大損失額は10%なだけです。

10万円でしたら0.2lot 50pips逆行で1万円
100万円でしたら2lot 50pips逆行で10万円

なぜこんなに10%に拘るかですが
一般的に2%と聞きますが無理です。
0.01lotで20pips 200円のマイナスですよ?

しかし資金管理も大事だけど重要レートがわからなければと言った部分もあります。
重要レートにも来ていないのにポジポジして溶かす。
待てずにエントリーして溶かす。

1日5pips。それは革命だ。

FXの鉄則

毎日10pipsは相当な忍耐を要する

5pipsならいけるかも

試算してみよう

こちらの複利計算ツールにアクセスして、
「1日の獲得pips」に「5」を入力し、
その他の項目は初期状態のまま、計算ボタンを押してみてください。

チリも積もれば驚異の金額

その結果出てくる表を見ていただければ分かる通り、
現在のドル円レートで計算すると、
「レバ25倍で1日5pipsを1年間」 続けた場合、
なんと 100万円が22,697,000円 (二千二百六十九万七千円)にもなるのです!

結局地道が一番近道

繰り返します。
これはわずか 「1日5pips」 の積み重ねによる結果なのです。
100pipsや200pips取れという話ではありません。

もちろん、1日5pipsだからって「簡単だ」と言うつもりは毛頭ありません。
毎日続けるには、強い自制心と努力がないと不可能でしょう。 Pipsの計算方法から損切り
されど、たったの「5pips」です。
今まで真剣にやってきた人ならば、光明が見えてきたのではないでしょうか。

興奮しそうなときでも我慢

僕から一つアドバイスするなら、
「たまたま100pipsくらい取れそうなときでも、ルール通りに5pipsで我慢できるかどうか」
が、成否の分かれ目になると思います。

細かく続けることが大事

「1日5回腕立て伏せをしろ」と言われたら誰でも簡単に出来ると思います。
しかしそれを「1年間毎日続けろ」だったら?
実行できる人は少ないですよね。
あなたも筋トレやダイエットが3日坊主で終わった経験がありませんか?

でもやっぱり1年かかるのは長い?

100万円が2千万円以上に増えるのにたった1年というのは、凄まじいスピードです。
されど、やはり1年という時間は長い。
そもそも1年もずっと集中力が持たない、と思うことでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる