内部者取引

インデックス投資の始め方

インデックス投資の始め方
出典元:ファンドの海

つみたてNISA「やっぱり買うべきじゃなかった」後悔されがちなインデックス投資信託4選とは

最近はネットで「運用」と検索すると、必ず出てくるのがつみたてNISA。かなり身近になったなと感じる方も多いのではないでしょうか。 【画像】知らないと後悔する投資の大原則「長期・積立・分散」の驚くべき効果を棒グラフで確認(出典・金融庁) つみたてNISA制度を利用すれば、通常は運用益に20.315%かかる税金が年40万円まで、最長20年間非課税になります。 ただし、運用には必ずリスクがありますし、金融商品によってパフォーマンスも異なります。そして、つみたてNISAはあくまで投資信託等を活用した制度ですので元本保証はありません。 SNSでみんながやっているからと、飛びついてしまう方も多いようです。今回はこれからつみたてNISAをはじめる人に向けて、買ってはいけないインデックス投信をご紹介します。

つみたてNISAは213本の商品から自分で選ぶことに

つみたてNISAでは金融庁が厳選した金融商品の中から自分で選び、毎月一定額を買い付けていきます。 金融庁によると、つみたてNISAの商品は213本あり、以下のように種類が分かれています。 ・指定インデックス投資信託:183本 ・指定インデックス投資信託以外の投資信託(アクティブ運用投資信託等):23本 ・上場株式投資信託(ETF):7本 出典:金融庁「つみたてNISAの対象商品」(2022年4月26日時点) 一番本数が多い「インデックス投資信託」は株価指数などのベンチマーク(指標)に連動する運用成績を目指す投資信託です。 例えば、日本株式ならTOPIXや日経平均、米国株式ならNYダウ、世界株式ならMSCI指数といった指標があります。 「アクティブ運用投資信託」とはベンチマークを上回る運用成績を目指すもので、一般的に手数料も高めに設定されています。 では、つみたてNISAで運用中の方はどちらのタイプを選んでいるのでしょうか。金融庁の「NISA 口座の利用状況調査(2021年6月末時点)」によると、つみたてNISAで実際に買付された商品別の割合は下記の通りです。 ・インデックス投資信託…80.8% ・アクティブ投資信託…12.9% ・ETF…0.02% この割合からみても、初心者の方が始めやすいのは、手数料も安く、投資対象の8割を占めるインデックス投信であるといえますね。 次では、選んではいけないインデックス投信の4つの特徴をお伝えしていきます。

つみたてNISA「やっぱり買うべきじゃなかった」後悔されがちなインデックス投資信託4選とは

最近はネットで「運用」と検索すると、必ず出てくるのがつみたてNISA。かなり身近になったなと感じる方も多いのではないでしょうか。 【画像】知らないと後悔する投資の大原則「長期・積立・分散」の驚くべき効果を棒グラフで確認(出典・金融庁) つみたてNISA制度を利用すれば、通常は運用益に20.315%かかる税金が年40万円まで、最長20年間非課税になります。 ただし、運用には必ずリスクがありますし、金融商品によってパフォーマンスも異なります。そして、つみたてNISAはあくまで投資信託等を活用した制度ですので元本保証はありません。 SNSでみんながやっているからと、飛びついてしまう方も多いようです。今回はこれからつみたてNISAをはじめる人に向けて、買ってはいけないインデックス投信をご紹介します。

つみたてNISAは213本の商品から自分で選ぶことに

つみたてNISAでは金融庁が厳選した金融商品の中から自分で選び、毎月一定額を買い付けていきます。 金融庁によると、つみたてNISAの商品は213本あり、以下のように種類が分かれています。 ・指定インデックス投資信託:183本 ・指定インデックス投資信託以外の投資信託(アクティブ運用投資信託等):23本 ・上場株式投資信託(ETF):7本 出典:金融庁「つみたてNISAの対象商品」(2022年4月26日時点) 一番本数が多い「インデックス投資信託」は株価指数などのベンチマーク(指標)に連動する運用成績を目指す投資信託です。 例えば、日本株式ならTOPIXや日経平均、米国株式ならNYダウ、世界株式ならMSCI指数といった指標があります。 「アクティブ運用投資信託」とはベンチマークを上回る運用成績を目指すもので、一般的に手数料も高めに設定されています。 では、つみたてNISAで運用中の方はどちらのタイプを選んでいるのでしょうか。金融庁の「NISA 口座の利用状況調査(2021年6月末時点)」によると、つみたてNISAで実際に買付された商品別の割合は下記の通りです。 ・インデックス投資信託…80.8% ・アクティブ投資信託…12.9% ・ETF…0.02% この割合からみても、初心者の方が始めやすいのは、手数料も安く、投資対象の8割を占めるインデックス投信であるといえますね。 次では、選んではいけないインデックス投信の4つの特徴をお伝えしていきます。

インデックス投資の始め方~終わらせ方まで【お金は寝かせて増やしなさい】著者:水瀬ケンイチ

お金は寝かせて増やしなさい 著者:水瀬ケンイチ

金融のど素人でもプロと互角以上に戦える
インデックス投資の入り口から出口戦略まで一挙解説!
~お金が勝手に増えていく仕組みのつくりかた全公開~

インデックス投資歴15年の実践者が徹底した個人投資家目線で解説!

本書は投資のプロでもないフツーのサラリーマンが
徹底した個人投資家の目線で
血と汗と涙に滲んだ15年の投資経験をもとに
プロに負けない、いや、プロと互角以上に戦える
インデックス投資の始め方から終わらせ方(! )まで
世界一わかりやすく解説しました。

インデックス投資を始めようか悩んでいる人は読んでみるべき

第5章 涙と苦労のインデックス投資家15年実践記

2004年といえば…ワタシ、 18歳 です。若い!思い出すのが恥ずかしいくらいに若い!

第6章 貴重情報!インデックス投資の終わらせ方

  1. どんな時も(相場に関係なく)コツコツ定額を積立買付すること
  2. どんな時も(相場に関係なく)売らないこと インデックス投資の始め方 ※リバランスはする

とにかく 続けること に注視されているのですが、人の一生は永遠ではありません。子供がいる人はまだいいですが、ワタシのように子供を持つ予定がないなら尚更気になることがある。

本章では【 出口戦略 】という言葉の罠や、資産の理想的な取り崩し方など、日常ではちょっと知れないようなことが書いてある。

因みにワタシは、この本を読んでいる時に初めて【 インデックス投資の終わり 】に意識が行った。気になった瞬間に、最後にちゃんと書いてあったから感動しました(目次を飛ばして本文読み始めるので気付いてなかった)。

【最重要】インデックス投資で勝てる!ポートフォリオの作り方を公開!

【最重要】インデックス投資で勝てる!ポートフォリオの作り方を公開!

【必見】水瀬ケンイチさんのポートフォリオを徹底解剖してみた!

出典元:ファンドの海

  • 期待リターン:5.41%
  • リスク:18.96%

リスク許容度を決める

1.リスク許容度とは

早速「勝てるポートフォリオ」の作り方を紹介したいところですが、ポートフォリオを作る前にまずリスク許容度を決めるのが鉄則です。

簡単に言うと、「 100年に1度レベルの大暴落が起きた時に、自分が失ってもいい金額 」です。

自分のリスク許容度 = 耐えられる最大損失額を「毎年○○万円の損失まで」とハッキリと把握し、その範囲に収まるように、資産配分をつくるということです。

出典元:「お金は寝かせて増やしなさい」水瀬ケンイチ 著

リスク許容度を決めずに投資するのはとても危険です。

2.リスク許容度の決め方

    インデックス投資の始め方
  • あなたが年間で30万円貯金できるとする
  • つまり年間30万円までの損失であれば1年でリカバリーできる
  • あなたのリスク許容度は年間30万円であるという決め方
  • 国民年金はできるだけ安全かつ効率的な運用がされているので、そのリスク許容度「年間▲25%」を参考にする決め方

私のオススメは「 2.国民年金のリスク許容度を参考にする 」方法です。

国民に配る国民年金を運用するだけあって、そのリスク許容度は 比較的安全な数値 となっています。

その数値が年間▲25%です。

具体例を挙げると、もし1年間で100万円投資した場合、年間▲25%のリスク許容度だと25万円の損失を意味します。

「勝てるポートフォリオ」の作り方

1.日本債券を組み込む

投資で勝つポートフォリオは、 「日本株式:先進国株式:新興国株式」= 「1:8:1」という割合に 日本債券を組み込みます。

【必見】水瀬ケンイチさんのポートフォリオを徹底解剖してみた!

出典元:ファンドの海

  • 期待リターン=5.41%
  • リスク=18.96%

この場合のリスク許容度を算出すると、年間▲37.92%(18.96% × 2)となります。

※リスク許容度 = リスク × 2

【必見】水瀬ケンイチさんのポートフォリオを徹底解剖してみた!

出典元:ファンドの海

  • 期待リターン=4.52%
  • リスク=15.14%

リターンは 0.89%(5.41% – 4.52%) しか減少していないのに対し、リスクは 3.82%(18.96% – 15.14%) も減少しています。

2.「1:8:1」→「1.25 : 7.5 : 1.25」

つまり、世界市場ポートフォリオの資産配分「1:8:1」を「1.25 : 7.5 : 1.25」にするということです。

【必見】水瀬ケンイチさんのポートフォリオを徹底解剖してみた!

出典元:ファンドの海

「1:8:1」を「1.25 : 7.5 : 1.25」とする前は、 リターン:4.52% リスク:15.14% だったので、 さらにリターンが上がり、リスクを下げることができました。

また、リスク許容度については、年間▲37.92%から年間▲30.28%まで、7.64%も下がりました。

ちなみに、国民年金のリスク許容度である、年間▲25%まで下げないと不安だという方は、「1.25 : 7.5 : 1.25」の比率をそのままに、 日本債券の比率を30%、40%と増やしてみてください。

公式LINE週報(2022/7/9)

LINE週報

公式LINE週報(2022/6/25)

LINE週報

【完全無料】☆知識ゼロでもたった20分で丸分かり☆やさしい株投資入門まとめ☆【株式投資初心者向け】

LINE週報

公式LINE週報(2022/7/2)

・総フォロワー10万人超え!
・異次元の投資戦略と未来予測で爆益
・東大卒4年目の専業投資家
・総資産1億円超え
・海外不動産3500万円 インデックス投資の始め方
・米国株ブログ村ランキング1位
・新卒でトップIT企業に就職
→1年目で資産2000万円突破
→独立して専業投資家
・投資で勝つための正しい知識を発信し、本気で日本を強くしたい!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる