仮想通貨で儲ける方法は

テクニカル分析(TA)の基本

テクニカル分析(TA)の基本
【ユーロ円 1時間足チャート GMOクリック証券のプラチナチャートより】 テクニカル分析(TA)の基本

テクニカル分析(TA)の基本

Advertising and Marketing are something we know you take seriously. We do what we do so that you don'テクニカル分析(TA)の基本 t have to. You'd be a marketing and social media beast if you could just grow two to three more heads, a few extra arms, and never sleep again.

Instead of undergoing a physical transformation, how about adding a team of marketing experts to your business? A team will handle the creative, テクニカル分析(TA)の基本 technical, and marketing responsibilities your company needs to compete and grow customers.

Released Solutions is an online presence management テクニカル分析(TA)の基本 agency. We provide social media management, digital marketing, email management, online presence management, coaching and website, and app development services.

We create and manage social media and search engine テクニカル分析(TA)の基本 marketing campaigns for small businesses. If you need one-time support, テクニカル分析(TA)の基本 we got it. Ongoing marketing support, we go it. The digital media channels we support include but are not limited to social media networks テクニカル分析(TA)の基本 such as Facebook, Twitter, Linkedin, Snapchat, Google My Business, Instagram, YouTube, Google Ads, and more on your behalf.

Digital Marketing

A robust digital presence connects all components of your brand, campaigns, and product/service offerings. Marketing テクニカル分析(TA)の基本 online allows you to reach more consumers, stay in テクニカル分析(TA)の基本 their frame of reference, and rise above and beyond competitors.

👴「テクニカル分析で一番基本中の基本は、過去の高値のところで横線を引いて、そこを上値抵抗線 (レジスタンス:Resistance) というふうに理解すること。上値抵抗線と下値支持線 (サポート:Support) は絶対に踏まえておかないといけない重要な重要な考え方です。」

ファン関連


👴「テクニカル分析で一番基本中の基本は、過去の高値のところで横線を引いて、そこを上値抵抗線 (レジスタンス:Resistance) というふうに理解すること。上値抵抗線と下値支持線 (サポート:Support) は絶対に踏まえておかないといけない重要な重要な考え方です。」
Source: 【じっちゃまファン】じっちゃまとめTwitter

【米国企業の第2四半期決算は◎!広瀬隆雄の特筆銘柄5選】 ・パランティア・テクノロジーズ( $PLTR ) ・ドクシミティー( $DOCS ) ・マンデー・ドット・コム( テクニカル分析(TA)の基本 $MNDY ) ・リーガルズーム( $LZ ) ・グッド… https://t.co/lmnPYwPO9w

🔽【じっちゃま】切り抜きYoutube再生リスト【全154本】 https://t.co/E9ZrAF3uzY 投資歴30年以上のプロ。じっちゃま(広瀬孝雄氏)Youtubeから、要点のみを切り抜き、再生リストにしました。じっち… https://t.co/dwtDkY1rnk

@jicchamatome 【まとめ】 ✅IPOの裏側について語る https://t.co/bbpJTAaco6 ✅IPOの裏側「気配」について教えてやろう。 https://t.テクニカル分析(TA)の基本 co/1SEi7AG8HM ✅IPO… https://t.co/rtxEkHcZdj

@jicchamatome テクニカル分析(TA)の基本 【株のテクニカル分析】 ・「日足チャート」でみる ・「50と200日移動平均線」を使う ・「カップウィズハンドル」で買う ・高値を超えると支持線に転換する ・「一目均衡表やボリンジャーバンド…etc」… https://t.co/ANsDN79b35

@hirosetakao 株 ぅ!😆😋🤣

@hirosetakao 【今すぐポートフォリオに入れるべき好決算銘柄】 ・ズームビデオ( $ZM ) テクニカル分析(TA)の基本 ・オクタ( $OKTA ) ・ドキュサイン( $DOCU) ・トュイリオ( $TWEO ) ・トレードデスク( $TTD )… https://t.co/xE2jRtaE3c

コメントをどうぞ コメントをキャンセル

じっちゃま登壇予定

じっちゃま著書(電子書籍)

じっちゃまの動向

雑音でご自身のメッセージがごちゃごちゃになるのをとにかく嫌うじっちゃま。 Twitterの新規フォロー申請は一切拒否、YouTubeもやらないと明言されました。 今後は緊急のメッセージはInstagram、 そして「おにぎりチャンネル」にて完全クローズドのやりとりを行う予定とのこと。月額750円のサブスク配信サービス。 配信者は悪質な視聴者をブロックできるので言動には注意しましょう。 おにぎりチャンネル

Pythonでディープラーニングを勉強するのにオススメな参考書3選

Python

昨今の深層学習ブーム

昨今、テレビでもSNSでもディープラーニング・AIという単語を聞かない日はありません。過去にもAIは実用化が期待されるも、なかなか結果が出ず世間から見放された冬の時代もありましたが、今や実用化の段階にきているといっても過言ではありません。

独学するなら絶対買っとけレベル

いちばんやさしい ディープラーニング 入門教室

オススメ度☆☆☆☆☆

ディープラーニング系の参考書は毎月新しいものが刊行されているので、これからそうなるかは分かりませんが、少なくとも この記事を執筆した時点では、ニューラルネットワーク・ディープラーニングの仕組みとそれをpythonで実装する方法を一番わかりやすく解説しているので、独学で1からちゃんとディープラーニングを勉強したいという人にとって、入門の一冊として超オススメ です。

ニューラルネットワーク自作入門

オススメ度 ☆☆☆☆

この本も上の本と同じくらいニューラルネットワークについてわかりやすく書かれておりかなり重宝しました。特徴としては、「kerasやTensorflow などの機械学習系のライブラリを使わず1からニューラルネットワークを実装する方法が丁寧に書かれている点」ですね。

PyTorchで始める深層学習

オススメ度 ☆☆☆☆

これは超わかりやすかったです。ディープラーニング、つまりニューラルネットワークとパーセプトロンについて丁寧に解説されており、加えてコードで使われている関数の処理もちゃんと書いてくれていて内部でどういうことをしているのかも把握しやすく、ディープラーニングを体系的に理解できるため、初学者にオススメできるディープラーニングの参考書だと思います。

深層学習の概要を理解した上で買うべき参考書

PythonとKerasによるディープラーニング

ですが、基本をちゃんと抑えて読むとkerasのコード自体は豊富で参考になりますし、Pythonで畳み込みニューラルネットワーク(CNN)やリカレントネットワーク(RNN)やLSTMといった少し高度なディープラーニングを実装する上では参考になるので、ディープラーニング/ニューラルネットワークの基礎は一通り抑えたうえで、そこからCNNやLSTMを実装したい中級者向けの本だと思います。

Pythonによる AI・機械学習・深層学習アプリのつくり方

詳解 ディープラーニング ~TensorFlow・Kerasによる時系列データ処理~

ディープラーニング系特に時系列データのディープラーニングに用いるリカレントネットワーク(RNN/LSTM)については、今まで自分が読んだ参考書の中では図を用いて一番丁寧に解説していたので、リカレントネットワーク(RNN/LSTM)についてちゃんと知りたいという方は必読の一冊です!まあそれでもリカレントネットワーク自体が超複雑ですし、数式も結構でてきますので、中~上級者向けかと思います。

他にもpythonとは全く関係なのですが、ディープラーニングやAIの社会的立場の変遷については松尾豊准教授が執筆した 「人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの 」という本がなかなか面白かったので、将来AIエンジニアやデータサイエンティストになりたいと考えている人は一読してみるといいかと思われます。

また最近はPythonのよる機械学習・ディープラーニングを勉強できるプログラミングスクールやオンライン学習サービスも増えてきているので、参考書だけ読んでもイマイチ分からないという人はそういうのを使って勉強してみるのもいいかもしれませんね。昨今は月々たった3000円でディープラーニングが勉強できる「PyQ™(パイキュー) 」などもできており、昔よりも学習のハードル・コストは下がりつつあります。

また他にも少し値段は高いですが、「Aidemy Premium Plan 」だとレベルが高い学習内容なのでAIエンジニアとして実務レベルのスキルを身に着けられます。IT人材の給料が世界と比べて低い日本でもAIが分かるエンジニアには年収1000万を出すところもあるので、本気で勉強する気があるならば十分元はとれます。


Aidemy Premium Planの詳細を見てみる

今回はPythonを使って今流行りのディープラーニングによる画像認識をやってみたいと思います。ちなみにpythonを使うのは機械学習用にライブラリが充実しているからです。 当たり前の方はスルーでいいのですが、深層学習(ディープラーニング)は機械学習の一部なのでpythonの機械学習用ライブラリを使うことで深層学習もできます。 今回使っていくのは「keras」という機械学習用ライブラリです。Pythonで機械学習をするためのライブラリーは「Pytorch」や「Tensorflow」など他にもありますが「keras.

【考察】ハル研究所の今後は?事業内容の変遷から見る


ハル研究所のwebアーカイブは調べつくし、これ以上の発掘はないところまできました。次にやるべきことは、資料を整理しあれこれ頭をひねって解釈を行っていく所です。
今回はハル研究所の事業内容がどのように変わってきたのか、そして今後はどうなっていくのか見ていきます。

2000 「技術のハル研究所」

2000年がweb上で事業内容が載っている最古の年ですが、2001年以降と大きく異なります。ハル研究所の3本の柱が全てハード・ソフトの開発だからです。

  • ゲーム開発
    • 家庭ゲーム機のゲームソフトウェア開発
    • システム開発
      • ゲーム用システムソフトウェアの開発
      • 3Dグラフィックス全般の研究開発
      • ハードウェア開発
        • ゲーム周辺機器、デジタルエンターテイメント製品の開発

        アニメが出るまではカービィのグッズ化に関しては明記すらされないものでした。やっていない訳ではありませんが、事業内容に載せていなければ優先度が高くないとみるのが普通でしょう。 追加点は赤字変更点は青字 で強調しています。

        2001~2006 アニメと共に始まるプロデュース

        2007~2017 アニメ終了後

        • デジタルエンタテインメント商品の開発
          • 家庭用ゲーム機のゲームソフトウェア開発
          • 電子玩具、ゲーム用周辺機器の開発
          • ゲーム制作システムの開発
            • ゲーム用システムソフトウェアの開発
            • ゲーム用3Dグラフィックス制作環境の開発
            • テクニカル分析(TA)の基本
            • 3Dグラフィックス全般の研究開発
            • キャラクタープロデュース
              • キャラクターマーチャンダイジング

              2018~2021 内容を整理

              • デジタルエンタテインメント商品の開発
                • 家庭用ゲーム機のゲームソフトウェア開発
                • 電子玩具、ゲーム用周辺機器の開発
                • ゲーム制作システムの開発
                  • ゲーム開発環境、支援ツールの開発
                  • ゲーム機本体内蔵ソフトウェアの開発
                  • キャラクタープロデュース
                    • キャラクターマーチャンダイジング

                    実はハル研究所では、今回の Nintendo Switch の開発に、本体システムの一部であるWEBブラウザコンポーネント、Mii(似顔絵)ライブラリ、ゲーム向け開発環境・開発ツールなどの開発で参加しております。ちなみに、WEBブラウザコンポーネントは、Nintendo Switchのニンテンドーアカウントとの連携、Nintendo テクニカル分析(TA)の基本 eShop、画面写真のSNS投稿等の機能に使われています。
                    出典:祝発売!Nintendo Switch | ハル研ブログ | ハル研究所

                    2022~ 外縁業務の明記

                    • デジタルエンタテインメント商品の開発
                      • 家庭用ゲーム機 のゲームソフトウェア開発
                      • テクニカル分析(TA)の基本
                      • 音楽、書籍等のゲーム関連商品の企画制作
                      • 電子玩具などのハードウェア開発
                      • デジタルエンタテインメント基盤の開発
                        • ゲーム機等向けの各種ウェブサービス開発
                        • ゲーム機本体機能の開発
                        • ゲーム開発環境、支援ツールの開発
                        • キャラクタープロデュース
                          • キャラクターマーチャンダイジング
                          • イベント、プロモーション等の企画制作

                          詳細の比較

                          デジタルエンタテイメント商品の開発

                          面白さの本質を磨きあげ、今までにない発想で新しい楽しさにチャレンジする。「遊び手の気持ち」を大切に考え、自分たちの納得がいくまでしっかりと作り込む。初心者には遊びやすく、ゲームファンには奥深い楽しさを感じてもらえるものを作る。これがハル研究所のデジタルエンタテインメントです。 企画からパッケージデザインまで、1本1本気持ちを込めて作り上げた ハル研らしい作品は、世界中に驚きと楽しさを届けています。

                          面白さの本質を磨きあげ、今までにない発想で新しい楽しさにチャレンジする。お客さまの気持ちを大切に考え、自分たちの納得がいくまでとことん作り込む。初心者には遊びやすく、上級者には奥深い楽しさを感じてもらえるものを作る。これがハル研究所のデジタルエンタテインメント商品の特徴です。 コンシューマーゲーム、スマホゲーム、電子玩具など、どんな作品にもしっかりと ハル研らしさを込め、世界中に驚きと楽しさを届けています。

                          デジタルエンタテインメント基盤の開発

                          ゲームの礎となるゲームエンジンやスクリプト言語、ツール類を自社開発。これらの環境により、 ゲーム開発チームは高速に試行錯誤を繰り返すことができ、本来の仕事である“遊びの追求”に集中 できるようになっています。また、任天堂プラットフォーム向けミドルウェアを、任天堂とハル研究所で共同開発。ユニークな技術の融合と人材の交流により、 次世代に継承できる信頼性の高い開発環境を生み出すことに成功しています。

                          任天堂プラットフォームを支える、各種ウェブサービスや本体機能(プラットフォームに内蔵されている各種ソフトウェア)、ミドルウェア等の一部を任天堂と共同開発しています。また、ゲーム開発に欠かすことのできないフレームワークやスクリプト言語、ツール類を自社開発。ユニークな技術の融合や人材の交流、 クリエイターと同じ目線に立った開発体制から、新しいエンタテインメントが生まれる基盤 を作り出しています。

                          2016年時点は遊びの追求に集中するための基盤でした。それが2022年からは新しいエンタテイメントが生まれる基盤となりました。中身は変わりません。その基盤が何のためにあるのかという意味が変わりました。遊びの追求のためにあるという効率の改善、100%を120%にアップさせる補助的な意味合いから、新しい遊びを生み出す基盤、1を生み出す土壌を作るという根幹としての意味合いへと変わったのです。

                          この基盤は社内だと環境開発部、スタッフリストだとテクニカルサポートに分類されると考えられます。このような縁の下の力持ちの存在を引き立て、正のインセンティブをもたらすことは「技術のハル研」をより強めるのではないかと思います。

                          キャラクタープロデュース

                          ゲームプロダクトが生み出した キャラクター を、愛情を込めて育て、 アニメキャラクター商品、イベントなどへと展開。ライセンシーに対して単に品質管理を行うのではなく、積極的に新しい提案や意見交換を行い、社内外の関係者と一丸となってモノづくりを進めています。今後もキャラクターのために何ができるかをとことん考え、地球サイズのキャラクター育成を目指します。

                          ゲームプロダクトが生み出した、 「カービィ」や「ハコボーイ!」 などのキャラクター商品化業務を行っています。愛情を込めてキャラクターを育て、キャラクター商品、イベントプロモーション などへと展開。自社発売の商品クオリティを高めるのはもちろん、ライセンシーに対しても単に品質管理を行うのではなく、積極的に新しい提案や意見交換を行い、社内外の関係者と一丸となってモノづくりを進めています。キャラクターのために何ができるかをとことん考え、地球サイズのキャラクター育成を目指します。

                          今後どうなるか

                          ここまで見てきて今後のハル研究所がどうなるか、見ていきましょう。
                          昨今のゲーム開発は大規模化が進み、『星のカービィ Wii』が1年半、『星のカービィ ロボボプラネット』が2年以内、『星のカービィ スターアライズ』(以下、スターアライズ)で2年以上と徐々に開発期間が伸びてきています。そして『スターアライズ』から『星のカービィ ディスカバリー』(以下、ディスカバリー)で丸々4年というように、高画質が要求され、システムの革新も行われるようになった今ではお金も人も時間も沢山必要になります。そうなると、ハル研は

                          1. メインは山梨、東京関係なしに他社含め全力
                          2. HALeggを通してディレクター人材の育成
                          3. 他社と共同でカービィシリーズを継続して発売(一部ハル研社員+他社)
                          4. ワープスター社はエンスカイ、三栄貿易、エイティング等ともにグッズ、イベント展開
                          5. 音楽の商品化を積極的に

                          この5点が今後の軸になると考えています。
                          神田スクエアへの移転もあり東京ハル研も大きな開発力を持つようになりましが、山梨、東京一緒に開発するのが筋です。『スターアライズ』でジーアールドライブやTAなど他社の協力がありましたが、こちらも続けていくべきでしょう。
                          HALeggはコンテンツ創造も大事ですが、小規模でも企画を立案・監修できる人材をどれだけ育成できるかが大事と思っています。ディレクターを他所から手に入れようとするぐらいならば、自分達で育成するのが近道です。本気で商品化するならば昨今は継続的なアップデート、サポートが必要です。ですが『はたらくUFO』も『カメさんぽ』もそこまではやらず、あくまでも買い切りとしてケリを付けています。レッドオーシャンどころではないスマホゲームに挑むぐらいならば、目的が達成できればそれで良し(品質は勿論ですが)という姿勢が大事です。
                          他方、カービィシリーズを4年ごとに出していくようでは関心を継続できません。手っ取り早いのは他社との共同でダウンロード専用ソフトなどをリリースしていくことです。それを何故やる必要があるのかは前の記事で指摘しております。

                          音楽の商品化は、カービィ・ミュージックとしてインタビューを貰うなど海外でも注目されている現状の反映でしょう。個人的にはApple MusicやSpotify等での配信を『星のカービィ テクニカル分析(TA)の基本 テクニカル分析(TA)の基本 ロボボプラネット』オリジナルサウンドトラックのようにやってもらいたいです。まぁ、今後のサウンドコンポーザーの方にはプレッシャーでしょう。ゲーム制作会社で音楽の商品化を明確な業務とするのはなかなか見ませんし。そもそもサウンドコンポーザーはBGMだけでなく効果音の調整も大事で、むしろ仕事のメインはそちらです。山梨開発センターの文化はそうなっています。

                          どんなゲームでも、サウンドと言えば「BGM、音楽」のことがまずは頭に浮かぶと思いますが、実は、我々の仕事の大半は効果音を作ったり、調整したりすることのほうです。 特に最近のゲームは、登場キャラや仕掛けなども多く、そのひとつひとつが何種類もの効果音を必要としますので、1本のソフトに 1000種類以上の効果音があることも普通になってきています。 だから自分でも、どんな効果音を作ってきたかの把握が難しくなることもあったりして。

                          【魚拓】TDXスタッフルームのお話まとめ(その他社員編)(19/07/03修正) - Papen's Piling

                          【テクニカル基本編2】移動平均線のトレンド分析法その1

                          移動平均線のトレンド分析法

                          【ユーロ円 1時間足チャート GMOクリック証券のプラチナチャートより】

                          ・ロウソク足が移動平均線よりも下
                          ・移動平均線の傾きが下

                          というポイントを満たしているエリアになります。
                          つまり、下落トレンド(売り優勢)の相場という見方です。

                          移動平均線のトレンド分析法

                          【ユーロ円 1時間足チャート GMOクリック証券のプラチナチャートより】

                          移動平均線のトレンド分析法

                          【ユーロ円 1時間足チャート GMOクリック証券のプラチナチャートより】

                          このように、移動平均線の日数が大きくなる毎に
                          線がゆるやかになりますので、
                          短期、中期、長期的なトレンドとして判断していきます。

                          という風に 短期的な目線と中期、長期的な目線で
                          相場のトレンドを判断していくという事ができる テクニカル分析(TA)の基本 訳です。

                          では、次回は移動平均線を数本組み合わせて
                          トレンドを分析していく方法を解説してきますね。
                          少しでも参考材料になれば幸いです。

                          ●無料メールマガジンの登録はこちら
                          登録頂くと、 売買ポイントをいち早く受信することができるようになります。
                          また、ブログで 公開していない通貨ペアのポイント や 手法解説などの限定記事 も読むことができるようになりますので、以下よりご登録ください↓

                          ※PC版と携帯版をご用意しておりますが、画像やレポートデータ(PDF)は
                          パソコンの方が見やすいので、 PC版は必ずご登録ください。
                          ※メールが受信できない場合はこちらをご確認ください

                          関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる