プロが直接査定

スキャルピングの手法

スキャルピングの手法

「ヒロセ通商」の米ドル/ユーロのスプレッドは0.3銭と非常に狭く設定されており、公式サイトでも「業界最狭水準」と謳われています。
取引単位も1,000通貨からOK。また、公式サイトで「PCでもスマホでもスキャルピングOK」と記載されており、安心してスキャルピングに取り組めるのも魅力的です。

XMはスキャルピングに向かない?やるならどの口座がおすすめ?

FXビギナーからベテラントレーダーまで利用者の多いXMトレーディング。
高いレバレッジやゼロカットなどトレーダーにとって稼ぎやすい環境を提供してくれています。
が、”スキャルピングには向かない”との声もちらほら見かけます。
ホントのところはどうなのか?
ここではXMトレーディング口座別にスキャルピングトレードとの相性や、向かないと言われる理由をまとめました。
そもそもスキャルピングって何?という人は多分この記事にアクセスしていないと思いますが、念のため最初で解説しているので参考にしてください。

XMトレーディング口座はスキャルピング手法に向かない理由とは?

スキャルピングってどんなトレード手法?

ザックリ言うと超短時間でトレードする手法です。
注文からわずか数秒で決済することもあります。
一回一回の利益は少ないため、とにかく数多くトレードすることになり大変です。
ですのでFX初心者にはおすすめしません。
ちなみにスキャルピングのような極端に短期間のトレードを禁止しているFX業者もありますが、XMトレーディングでは禁止されていません。
ただしXMの禁止事項には

  • 窓開けを狙ったトレード
  • 重要経済指標発表を狙ったトレード

はNGと記載されています。
このような為替相場が短時間に急変動するタイミングばかりを狙ったトレードは禁止ってことですね。
もちろん健全にトレードしている人がたまにするくらいなら咎められることもありませんが、おすすめはしません。

XMトレーディングはスキャルピングに向かないのか?

答えはNoです。
XMではスキャルピング向けにチューンナップされた口座タイプが用意されています。
やるならそれを選びましょう。
ではどの口座タイプがいいのかについて次から解説していきます。

スキャルピングにおすすめのXM口座タイプ

  • マイクロ口座
  • スタンダード口座
  • XMTradingゼロ口座

当サイトで一番推奨しているのはハイレバレッジ設定可能でボーナスも充実しているスタンダード口座です。
が、スキャルピング向けなのは「XMTradingゼロ口座」ですね。
マイクロ口座はおすすめする理由がとくにありません。
というわけで、2つの口座タイプでスキャルピング手法を使うときのメリット・デメリットを見ていきます。

【スキャルピングとの相性バッチリ!】XMTrading ゼロ口座

XMトレーディングのスキャルピング向け口座 ゼロ口座

XMTrading ゼロ口座のメリット

  • ほかの口座タイプよりスプレッドが狭い
  • 約定力が高い
  • 透明性が高い(NDD ECN方式)

スプレッド(売りと買いを同時注文したときの差額)が狭い=手数料が安いため、スキャルピングのような頻繁なトレード手法には最適。
ゼロ口座だけ10万通貨単位ごとに10ドルの手数料はかかってしまいますが、合算してもほかの口座タイプよりコストを抑えらえるので気にしなくてOKです。
そして一番大事なのが約定力の高さ。
売り買いの注文ボタンを押したら実際に処理されるまで多少時間がかかります。
とくに相場価格が激しく動いていると最悪注文できなかったりすることも。
その点ゼロ口座はほかの口座タイプより処理能力が高く短期売買向けのスペックになっているわけです。
最後は処理の透明性について。
スタンダード/マイクロ口座は「NDD STN方式」で注文にスプレッド(手数料)が載せられる形式。
対してゼロ口座はECN方式です。
手数料が固定なのでXMが悪意を持って操作することができないのでより透明性が高くなります。

XMTrading ゼロ口座のデメリットは?

  • 入金ボーナスがない
  • ロイヤリティプログラム対象外
  • 最低入金額が100ドル~と多め
  • 最大レバレッジが500倍まで

ゼロ口座だけは入金ボーナスがもらえません(初開設時のボーナスはあり)。
スタンダードとマイクロ口座は入金額に対して一定割合のボーナスをもらえるんですが、これがないわけです。
FX初心者にとっては大きなマイナスですね。
でもスキャルピング手法を使うトレーダーが初心者ってことはないので、逆にボーナスを邪魔に感じる人もいます。
スキャルピングをする人にとってはそれほどデメリットではないでしょう。
またロイヤリティプログラムというXMトレーディング独自にポイント還元制度もありません。
これも主にボーナスがもらえるものなので、スキャルトレーダーには不要な人も多いでしょう。
最低入金額100ドル~はスタンダード/マイクロ口座の最低5ドルより多めですが、1万円程度なら気にするほどではないはず。
最後の最大レバレッジですが、XMでは888倍まで設定できるのに対し、ゼロ口座は500倍まで。
ハイレバレッジ設定に魅力を感じる人にはデメリットですね。
でもそれほど大きな差ではないですし、スキャルピングのようにすぐポジションを決済してしまうなら気にする差ではありません。

スキャルピングするならゼロ口座がおすすめです

上で紹介したメリットはスキャルピング向けと言えるものでした。
デメリット部分はスキャルピングトレーダーにとってはあまり気にするポイントではありません。
なのでXMでスキャルピングするならゼロ口座がおすすめです。

スタンダード口座はスキャルピングに向かない?

スタンダード口座のスペック

  • 最大レバレッジ888倍
  • 最低入金額5ドル~
  • NDD STN方式
  • 入金ボーナスあり
  • 約定力は普通

スキャルピング向けゼロ口座との違いはこれくらい。
ゼロ口座よりハイレバレッジ設定&ボーナスで資金量を増やしつつ稼ぎやすい環境を整えられます。
スキャルピングをしないならスタンダード口座がおすすめです。

スタンダード口座がスキャルピングに向かない理由

ゼロ口座のようにスキャルピング用にチューンナップされていないことがすべてですね。
注文・決済ボタンを押したらすぐ確定してくれないと稼げるものも稼げない可能性が高くなります。
スタンダード口座はそういったシビアなタイミングでトレードする手法には向いていません。
またトレード回数が増えるほど手数料コストも高くつきます。
スキャルピングができないわけではなく、あくまでも難しい・向いてない口座スペックってことですね。
短くても数分程度からのデイトレードや、もっとん長いスイングトレードなどはスタンダード口座がおすすめです。

XMトレーディングはスキャルピングに向かないのか?について口座タイプ別に解説しました。
XMでやるならゼロ口座がおすすめ。
ほかのスタンダード/マイクロ口座でもやるだけならできますが、スペックが違うため不利になることがあります。 スキャルピングの手法
ゼロ口座を開設しておくことをおすすめします。

海外FX「XM」のおかげで何度か命拾いしてます笑

・追証なし(借金の心配なし)
・低いロスカット基準(20%)
・レバレッジ最大888倍
・1アカウントで8口座まで開設可能
・日本円でトレード可能

XMはスキャルピングに向かない?やるならどの口座がおすすめ?

FXビギナーからベテラントレーダーまで利用者の多いXMトレーディング。
高いレバレッジやゼロカットなどトレーダーにとって稼ぎやすい環境を提供してくれています。
が、”スキャルピングには向かない”との声もちらほら見かけます。
ホントのところはどうなのか?
ここではXMトレーディング口座別にスキャルピングトレードとの相性や、向かないと言われる理由をまとめました。
そもそもスキャルピングって何?という人は多分この記事にアクセスしていないと思いますが、念のため最初で解説しているので参考にしてください。

XMトレーディング口座はスキャルピング手法に向かない理由とは?

スキャルピングってどんなトレード手法?

ザックリ言うと超短時間でトレードする手法です。
注文からわずか数秒で決済することもあります。
一回一回の利益は少ないため、とにかく数多くトレードすることになり大変です。
ですのでFX初心者にはおすすめしません。
ちなみにスキャルピングのような極端に短期間のトレードを禁止しているFX業者もありますが、XMトレーディングでは禁止されていません。
ただしXMの禁止事項には

    スキャルピングの手法
  • 窓開けを狙ったトレード
  • 重要経済指標発表を狙ったトレード

はNGと記載されています。
このような為替相場が短時間に急変動するタイミングばかりを狙ったトレードは禁止ってことですね。
もちろん健全にトレードしている人がたまにするくらいなら咎められることもありませんが、おすすめはしません。

XMトレーディングはスキャルピングに向かないのか?

答えはNoです。
XMではスキャルピング向けにチューンナップされた口座タイプが用意されています。
やるならそれを選びましょう。
ではどの口座タイプがいいのかについて次から解説していきます。

スキャルピングにおすすめのXM口座タイプ

  • マイクロ口座
  • スタンダード口座
  • XMTradingゼロ口座

当サイトで一番推奨しているのはハイレバレッジ設定可能でボーナスも充実しているスタンダード口座です。
が、スキャルピング向けなのは「XMTradingゼロ口座」ですね。
マイクロ口座はおすすめする理由がとくにありません。
というわけで、2つの口座タイプでスキャルピング手法を使うときのメリット・デメリットを見ていきます。

【スキャルピングとの相性バッチリ!】XMTrading ゼロ口座

XMトレーディングのスキャルピング向け口座 ゼロ口座

XMTrading ゼロ口座のメリット

  • ほかの口座タイプよりスプレッドが狭い
  • 約定力が高い
  • 透明性が高い(NDD ECN方式)

スプレッド(売りと買いを同時注文したときの差額)が狭い=手数料が安いため、スキャルピングのような頻繁なトレード手法には最適。 スキャルピングの手法
ゼロ口座だけ10万通貨単位ごとに10ドルの手数料はかかってしまいますが、合算してもほかの口座タイプよりコストを抑えらえるので気にしなくてOKです。
そして一番大事なのが約定力の高さ。
売り買いの注文ボタンを押したら実際に処理されるまで多少時間がかかります。
とくに相場価格が激しく動いていると最悪注文できなかったりすることも。
その点ゼロ口座はほかの口座タイプより処理能力が高く短期売買向けのスペックになっているわけです。
最後は処理の透明性について。
スタンダード/マイクロ口座は「NDD STN方式」で注文にスプレッド(手数料)が載せられる形式。
対してゼロ口座はECN方式です。
手数料が固定なのでXMが悪意を持って操作することができないのでより透明性が高くなります。

XMTrading ゼロ口座のデメリットは?

  • 入金ボーナスがない
  • ロイヤリティプログラム対象外
  • 最低入金額が100ドル~と多め
  • 最大レバレッジが500倍まで

ゼロ口座だけは入金ボーナスがもらえません(初開設時のボーナスはあり)。
スタンダードとマイクロ口座は入金額に対して一定割合のボーナスをもらえるんですが、これがないわけです。
FX初心者にとっては大きなマイナスですね。
でもスキャルピング手法を使うトレーダーが初心者ってことはないので、逆にボーナスを邪魔に感じる人もいます。
スキャルピングをする人にとってはそれほどデメリットではないでしょう。
またロイヤリティプログラムというXMトレーディング独自にポイント還元制度もありません。
これも主にボーナスがもらえるものなので、スキャルトレーダーには不要な人も多いでしょう。
最低入金額100ドル~はスタンダード/マイクロ口座の最低5ドルより多めですが、1万円程度なら気にするほどではないはず。
最後の最大レバレッジですが、XMでは888倍まで設定できるのに対し、ゼロ口座は500倍まで。
ハイレバレッジ設定に魅力を感じる人にはデメリットですね。
でもそれほど大きな差ではないですし、スキャルピングのようにすぐポジションを決済してしまうなら気にする差ではありません。

スキャルピングするならゼロ口座がおすすめです

上で紹介したメリットはスキャルピング向けと言えるものでした。
デメリット部分はスキャルピングトレーダーにとってはあまり気にするポイントではありません。
なのでXMでスキャルピングするならゼロ口座がおすすめです。

スタンダード口座はスキャルピングに向かない?

スタンダード口座のスペック

  • 最大レバレッジ888倍
  • 最低入金額5ドル~
  • NDD STN方式
  • 入金ボーナスあり
  • 約定力は普通

スキャルピング向けゼロ口座との違いはこれくらい。
ゼロ口座よりハイレバレッジ設定&ボーナスで資金量を増やしつつ稼ぎやすい環境を整えられます。
スキャルピングをしないならスタンダード口座がおすすめです。

スタンダード口座がスキャルピングに向かない理由

ゼロ口座のようにスキャルピング用にチューンナップされていないことがすべてですね。
注文・決済ボタンを押したらすぐ確定してくれないと稼げるものも稼げない可能性が高くなります。
スタンダード口座はそういったシビアなタイミングでトレードする手法には向いていません。 スキャルピングの手法
またトレード回数が増えるほど手数料コストも高くつきます。
スキャルピングができないわけではなく、あくまでも難しい・向いてない口座スペックってことですね。
短くても数分程度からのデイトレードや、もっとん長いスイングトレードなどはスタンダード口座がおすすめです。

XMトレーディングはスキャルピングに向かないのか?について口座タイプ別に解説しました。
XMでやるならゼロ口座がおすすめ。
ほかのスタンダード/マイクロ口座でもやるだけならできますが、スペックが違うため不利になることがあります。
ゼロ口座を開設しておくことをおすすめします。

海外FX「XM」のおかげで何度か命拾いしてます笑

・追証なし(借金の心配なし)
・低いロスカット基準(20%)
・レバレッジ最大888倍
・1アカウントで8口座まで開設可能
・日本円でトレード可能

FXのスキャルピング手法で利益を出すコツは?初心者におすすめの方法や通貨ペア

FXのスキャルピング手法で利益を出すコツは?初心者におすすめの方法や通貨ペア

外貨ex byGMO


「外貨ex byGMO」では、「米ドル/円」のスプレッドが0.2銭原則固定と業界最安クラス。さらに、1,000通貨ごとの取引が可能で、初心者にも扱いやすい業者です。
取引手数料のほか、口座維持手数料や出金手数料などがすべて無料なのもうれしいポイント。24時間(土日を除く)電話サポートもついているので、初心者でも安心して取引ができます。

SBI FXトレード

SBI FXトレード


「SBI FXトレード」は、「米ドル/円」のスプレッドが約0.09銭と業界最狭値。さらに1通貨から取引可能なので、数百円単位の取引から気軽に始められるのが特徴です。

MATSUI FX

松井証券


「MATSUI FX」の「米ドル/円」のスプレッドは0.2銭と、こちらも業界最狭クラス。取引通貨単位も1通貨からなので、デモトレード感覚で始められます。
パソコンの操作から取引まで全面的にサポートしてくれるコールセンターも設置されており、初心者にもおすすめです。

ユーロ/円でおすすめの業者

LIGHTFX

LIGHTFX<


「LIGHTFX」は、「ユーロ/円」のスプレッドが0.4銭と業界最狭水準です。最低取引単位も1,000通貨からと、数千円の資金から始められるのが特徴です。

米ドル/ユーロでおすすめの業者

ヒロセ通商

ヒロセ通商


「ヒロセ通商」の米ドル/ユーロのスプレッドは0.3銭と非常に狭く設定されており、公式サイトでも「業界最狭水準」と謳われています。
取引単位も1,000通貨からOK。また、公式サイトで「PCでもスマホでもスキャルピングOK」と記載されており、安心してスキャルピングに取り組めるのも魅力的です。

FXのスキャルピング手法とは?禁止の理由と勝ち方のコツを紹介!

スキャルピング

LINE

送る

FXスキャルピング手法とは、どのような手法なのか気になっていませんか?

この記事では、FXスキャルピング手法の基礎知識、禁止の理由、勝ち方、メリット・デメリット、スキャルピング公認のおすすめ口座について、ご紹介します。

FXスキャルピング手法とは?スキャルピングの基礎知識

FXスキャルピング手法とは、1回の取引を 数秒~数分までの短期間で完了させる取引 です。

一回の取引で数pipsから10pipsを狙います。

1日に 何度も取引を繰り返して 、小さな利幅をコツコツと積み重ねていく手法です。

FXのスキャルピング手法の特徴

FXスキャルピングの特徴は次の3つです。

スキャルピング手法と他の手法の違いをまとめたものが、以下の表です。

一回の取引時間

取引回数

為替のリスク

スキャルピング

デイトレード

スイングトレード

長期トレード

FXのスキャルピングが禁止の理由

NG

スキャルピングは「 禁止されているFX会社がある 」とよく言われています。

禁止の理由は次の2つです。

スキャルピングで大量の注文が入り、サーバーに負荷がかかりシステムそのものがダウンしてしまう可能性があります。

FX会社は、注文が入ったポジションと反対のポジションを保有して、為替変動のリスクを軽減する カバー取引 をしています。

FXのスキャルピングの勝ち方5つのコツは?

success

FXのスキャルピングで勝つための5つのコツをご紹介します。

1.利確ライン・損切ラインを決める

あらかじめ、「この値まで行ったら決済する」という 基準のライン を決めておきましょう。

利確ライン・損切ラインを決めておくことで、迷いなく取引ができます。

2.値動きが活発な時間帯や通貨ペアを選ぶ

効率よく利益を上げていくには、値動きが活発になりやすい時間帯や通貨ペアで取引することが重要です。

まずは、ロンドン市場ニューヨーク市場でにぎわう、 15時~24時 がおすすめです。

スキャルピングの取引通貨ペアを選ぶポイントは、以下の3つです。

3.長期足のトレンドを分析する

スキャルピングは、1分足5分足のチャートを見て、トレードする場合が多いですが、15分足・1時間足・日足などの 長期足でトレンド方向も確認し、参考にしましょう。

4.スキャルピングに適したFX口座を選ぶ

スプレッドの狭いFX口座を選びましょう。

また、 スキャルピングはスピード勝負 なので、約定力も重要です。

買値と売値の差のこと。

利用者にとっては、スプレッドが狭い方が低コストになる。

5.安定した回線を整える

スキャルピングは、スピード感のある取引なので、パソコンの通信環境が大切です。

通信速度の速い回線を使用し、 通信状況によってはパソコンを有線でつなぐ など、工夫が必要になります。

FXのスキャルピングの5つのメリット

メリット

FXのスキャルピングのメリット5つご紹介します。

1.時間と資金の効率がよい

取引に時間がかからないので、すきま時間で行うことができ、少ない資金で効率よくトレードできます。

2.いつでも取引チャンスがある

短時間取引のため、エントリーチャンスが多いです。

3.為替相場の影響を受けにくい

相場に変化があったとしても、取引時間が短いため、影響が少なくてすみます

4.日をまたいだ取引をしなくてよい

その日のうちに取引が終わるので、相場が気になって眠れないということがありません。

5.早く練習が積める

長期トレードに比べて、取引回数が多くなるので、その分、取引経験を多く積むことができます。

FXのスキャルピングの3つのデメリット

デメリット

FXのスキャルピングのデメリット3つご紹介します。

1.約定力の影響を受けやすい

注文時の約定力が高くないと、思ったとおりの注文が入らず、取引に影響してしまいます。

2.スプレッドが増えやすい

スプレッドが高いと、その分マイナスとなり、長期的にはトータル収益額に差がでてきます。

3.ポジポジ病になりやすい

自分のトレード計画や分析を無視して、ポジションを持ってしまうことを、「 ポジポジ病 」といいます。

スキャルピングは、短期取引で回数多く取引可能なので、 ポジポジ病にならないように注意が必要 です。

FXのスキャルピングで勝てない5つの理由

why

スキャルピングで勝てないという人は、次の5つの要因が考えられます。

FXのスキャルピングに向いている人・向いていない人

GoodとBad

FXのスキャルピングに向いている人と向いていない人をご紹介します。

FXのスキャルピングに向いている人 ◎

FXのスキャルピングに向いていない人 スキャルピングの手法

FXのスキャルピングにおすすめのFX会社をご紹介

スキャルピングにおすすめのFX会社は次の3つです。

スプレッドが狭く、約定力が高い点が重要 となります。

1.ヒロセ通商(LION FX)

スプレッド

米ドル/円 (USD/JPY):0.2銭
ユーロ/円 (EUR/JPY):0.4~0.7銭
ポンド/円 (GBP/JPY):1.0銭

ドル円とポンド円 絶好の反発ポイントを見極めろ(6月14日)

毎朝のチャート分析

1、 ドル円 本日の相場分析

【日足のトレンド目線】
昨日は、ボリンジャーバンドの+2σまで上昇後は戻り売り優勢の展開、133円中盤付近では反発していましたが同時陽線となっていますので本日は売りに注意か!?

スキャルピングの手法

【4時間足のトレンド目線】
4時間足では、ボリンジャーバンドの-2σ付近から反発して上昇して、朝の時点だとミドルラインの上に位置していますので横ばいから上目線となりそうですが、、、

【意識したいポイント】
上は、 134円50から60付近、134円70付近、134円85付近、135円00付近
下は、 134円30から25付近、134円05から00付近、133円85付近、133円65付近、133円50付近、133円30付近


【注目の経済指標】
重要度☆☆☆

2、 今までになかったインジケーター

3、 ポンド円 本日の相場分析

【日足のトレンド目線】
昨日は、欧州時間以降にかなり売り込まれて日足のミドルラインとフィボナッチの50%付近まで下落、その後は凄い勢いで反発していましたが戻り売りも強め。朝の時点だと流れは横ばいから下目線、戻り売り優勢となっています。

【4時間足のトレンド目線】
4時間足では、ボリンジャーバンドの-3σまで下落後は反発していますが上値が重く-2σで張り付く弱い展開で横ばいから下目線、下げたら-2σ付近でサポートされるのか注目です。

【意識したいポイント】 スキャルピングの手法
上は、 163円00付近、163円20付近、163円50付近、163円60から70付近、164円00付近、164円20付近
下は、 162円90から85付近、162円65から60付近、162円35付近、162円10から00付近、161円85付近

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる