オンライントレード

FXのスプレッドとは

FXのスプレッドとは

上記赤枠内の各メニューをクリックすれば、「注文」や「レート一覧」などのメニューが上記青枠にタブとして表示されます。確認したいメニューをタブ切替でスムーズに確認できるため、便利に感じます。

FXのスプレッドとは?各社比較と計算方法を徹底解説!

FXのスプレッド比較

本記事でスプレッドが狭いFX口座として紹介しているのは、SBI FXトレード、外為どっとコム、GMOクリック証券の3つです。それぞれの特徴を簡単に以下にまとめました。
SBI FXトレード:業界最狭水準のスプレッドの狭さ。少額投資に向いている。
外為どっとコム:スプレッド縮小キャンペーンが豊富。たくさん取引したい方向き。
GMOクリック証券:FX取引高が世界1位 ※ 。さまざまな投資スタイルに柔軟に対応できる。
通貨ペア数など詳細を知りたい方は、ぜひ記事内をチェックしてみてください。
※ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2021年12月

  • 銭を円換算する。
    1銭=0.01円なので、「0.2銭=0.002円」
  • 1万通貨×0.002円=20円

FXのスプレッドは、 通貨間で生じる交換レートの差 FXのスプレッドとは によって生じます。通貨交換をイメージすると分かりやすいかもしれません。
・日本円→ドル:1ドル120円41銭
・ドル→日本円:1ドル110円41銭
のとき、日本円でドルに交換して、すぐにドルで日本円を戻すと10円の損失となります。この10円という差額がスプレッドと呼ばれるものです。

  • スプレッド=Bid(売値)とAsk(買値)の差=取引に生じる「コスト」
  • スプレッドが狭い=手数料が安い・スプレッドが広い=手数料が高い
  • 手数料の計算は「通貨取引量×スプレッド」
  • 通貨取引が多ければ多いほど コストが増大 する
  • 「銭(せん)」は日本円と外貨の組み合わせで使用するスプレッド単位(1銭=0.01円)
  • 「pips(ピップス)」は日本円以外の外貨の組み合わせで使用するスプレッド単位(1pip=1銭)
  • スプレッドは為替市場の相場に影響されて常に変動している
  • 多くの証券会社では投資がしやすいように一定期間スプレッドを原則として固定している

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

スプレッドの意味|利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは?

スプレッドの単位は「銭」と「pips」の2種類あります。
ドル/円(USD/JPY)など、通貨ペアに日本円が含まれる場合は「銭」を使用します。
例えば、ドル/円(USD/JPY)の売値と買値の価格が「100.00円-100.03円」で提示されていたとしたら、その差額「3銭(=0.03円)」がスプレッドになります。仮にドル/円を1Lot(=1万通貨)取引した場合には300円(=0.03円×10,000)の取引コストが発生する計算となります。
また、ユーロ/英ポンド(EUR/GBP)など、日本円以外の通貨ペアには「pips」を使用します。
例えば、ユーロ/ドル(EUR/USD)の売値と買値の価格が1ユーロあたり「1.14030ドル―1.14050
ドル」で提示されていたとしたら、その差額「2 pips(=0.0002ドル)」がスプレッドになります。

スプレッドは狭いほうがいい?

スプレッドの「原則固定」の意味

「原則固定」とは?

スプレッドは同じFX会社の同じ通貨ペアであっても変動するものですが、例外を除き、FX会社が通貨ペアごとに定めているスプレッドを固定してレートを提供することを「原則固定」と表現します。スプレッドが小刻みに拡大したり縮小したりといった具合に変動すると、お客様が取引しづらいため、原則固定にするFX会社が昨今多くなっています。
スプレッドが原則固定だと投資家はスプレッドの拡大縮小により毎回取引コストが異なるということがなくなります。そのため、投資家は取引する通貨ペアの取引コストをあらかじめ
把握したうえで取引をすることが可能となります。
原則固定以外には、変動スプレッド、完全固定スプレッドがあります。変動スプレッドの場合、時間帯によってスプレッドが広がる可能性があります。

「原則固定」には例外がある

「みんなのFX」のスプレッドは業界最狭水準!

「みんなのFX」のスプレッドの特徴

また「みんなのFX」は約定率も非常に高いです。約定率というのは、お客様が出した注文が、意図した通りに成立する確率です。どんなにスプレッドが狭くても約定率が低ければ意味がありませんが、「みんなのFX」の約定率は99.9%という超高水準を誇っています。
自社で開発したシステムが1秒間に約8,000件もの約定を高速処理できるため、より有利なスプレッドで着実に約定するというプロと同等の投資環境を提供しています。
さらに、相場が急変した際などに注文価格と実際の約定価格にずれが生じるスリッページのリスクも極めて低くなっていて、100万通貨などといった大口の売買であっても、スリッページのリスクは同様に抑えられています。

取引画面でのスプレッドの見方

こちらは「FX Trader」のプライスボードです。
プライスボードには、通貨ペアごとのリアルタイムレートや、その日の高値・安値、スワップポイントなどが表示されています 。
売値と買値の差がスプレッドになり、赤枠で囲んだところにスプレッドが表示されています。
USD/JPYで見てみますと、「Bid(売値)=107.273円」と「Ask(買値)=107.275円」となっていてその差「0.2銭」が実質的な取引コストとなります。

スプレッドが狭い会社を選ぼう

タイプ別FX運用スタイル徹底比較

  • 【初心者】王道の通貨ペアでFXデビュー
  • 【初心者】スマホ1台!人気通貨で中長期投資
  • 【中級者】シストレも取り入れ高金利通貨を安定運用
  • 【中級者】貯金代わりに レバレッジを抑えて高金利通貨のスワップで資産形成
  • 【上級者】積極的な資金運用で中長期取引
  • 【上級者】ドル/円と高金利通貨を短中期で運用

FXがはじめての方

FXをもっと知る

約5分で申込完了!最短当日取引可能

今なら新規口座開設で
最大 50,000 円キャッシュバック

App Store アイコン Google Play アイコン

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及びロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 FXのスプレッドとは 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

【FX】スプレッドとは?スプレッドが広がる3つの具体例を解説

FX初心者向け

スプレッド

為替取引を行う時の通貨の 売値 と 買値 の 差 のこと

この記事では、 スプレッドについてもう少し掘り下げて、以下のような疑問にも答えられるように説明していきます。

FXで見かける「スプレッド」とは?

スプレッドとは?

FXでよく見かける 「スプレッド」とは、通貨の売値(Bid)買値(Ask)レートの差のことを指します。

図1

例えば、ドル円レートでBIDが100.001で、ASKが99.999円の場合、円を売った瞬間に買うと0.2銭(0.002円)損をしますが、この差を「スプレッド」と言い、 FXのスプレッドとは 売値と買値の差が小さいことを「スプレッドが狭い」、売値と買値の差が大きいことを「スプレッドが広い」と言ったりします。

スプレッドはFX会社や通貨ペアによって異なる

スプレッドは、FX会社通貨ペアによって異なります。

ドル円、ユーロドル、ユーロ円などは取引量が多く流動性も高いため、スプレッドは狭い傾向がありますが、高金利通貨などは流動性が低いためスプレッドは広くなりがちです。

スプレッドの表記について

スプレッドの表記は、「銭」「pips」の2種類で表記される場合があります。

ドル円やユーロ円などの日本円が絡む通貨ペアの場合は「銭」で表記し、ユーロドルやポンドドルなどの 日本 円が絡まない通貨ペアの場合は「pips」で表記されていることが多いです。

スプレッドとスリッページの違い

スプレッドが売値と買値の差であるのに対して、 スリッページ」とは注文した値約定した値を言います。

スリッページは「滑る」と表現することもあり、例えば、ドル円を100.01円でロング注文を出したが、値動きが激しく、実際に約定した時は100.05円になっていて、自分が思っていた価格よりも0.4銭不利な方向で約定してしまうなど、実際の注文価格と約定価格が異なることを言います。

FXでスプレッドが広がる3つのケース

FX会社が提示している スプレッドが「原則固定」となっていても、スプレッドの幅が広がることがあります。

FX会社は顧客から注文があった時に、金融機関に注文を出して外貨を調達する「カバー取引」を行いますが、 流動性が低かったり急な相場変動があったりすると、金融機関が提示するレートのスプレッドが広がるため、その差をFX会社で吸収することが出来ずに、FX会社が提示するスプレッド広がることがあります。

1. 経済指標発表時

FOMCや雇用統計などの注目度の高い経済指標発表時や要人発言の時にはスプレッドが広がることがあります。

2. 朝一などの流動性の低い時間帯

東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場が開いている時間帯は取引量も多く流動性も高いのですが、 オセアニア市場の朝の時間帯は市場参加者が少なく流動性が低くなり、急な価格変動が起こりやすくなります。

3. 突発的な政治ニュース発表時

テロや紛争、デフォルトなどの 政治情勢に大きな影響を与えるニュースが流れた時に為替レートは大きく動く可能性があり 、その場合もスプレッドが広がることあります。

スプレッドの狭いFX会社を選ぶ

スプレッドはできるだけ狭い方がトレードするには有利 ですので、条件のいいFX会社を選んだ方がいいです。

楽天FXの使い勝手は?投資家の実体験を紹介

取引画面

最初に、グッドデザイン賞(2012年)の受賞実績もあるPC用取引ツール「マーケットスピードFX」でのトレード実体験を紹介していきます。

※以下、画像は全て取引画面より筆者作成

取引画面


上記赤枠内の各メニューをクリックすれば、「注文」や「レート一覧」などのメニューが上記青枠にタブとして表示されます。確認したいメニューをタブ切替でスムーズに確認できるため、便利に感じます。

テクニカル分析


テクニカル指標は約40種類搭載しています。詳しくテクニカル分析をしたい方にとっても満足できる搭載数なのではないでしょうか。

動画


動画をマーケットスピードFX内で見られるのは、筆者として嬉しいポイントです。ざわざ別ウインドウで動画を開く必要がないため、見やすいというメリットがあります。

カスタマイズ性


また取引画面のカスタマイズ性もマーケットスピードFXの特徴です。一方で、何をどのように画面設定すれば良いのかわからないという方もいるでしょう。

テクナビ


今回はマーケットスピードFXに搭載されている「テクナビ」という機能を使ってトレードしてみました。テクナビとはテクニカル指標の分析を自動的に表示してくれる機能のことです。

テクナビ


上記画像のようにテクナビでは、通貨ペアにおける各種テクニカル指標の分析結果を一目で確認することができます。今回は、上記青枠のとおり、米ドル/円の短期(5分足)・中期(1時間足)において、「上昇」を示しているテクニカル指標が多いことを確認できましたので、米ドル/円を1,000通貨買ってみました。

マーケットスピードFX注文


注文は上記赤枠をクリックするだけで、すぐに発注できました。マーケットスピードFXは慣れるまで多少時間はかかるかもしれません。

2-2.スマホアプリ:iSPEED FX

iSPEED FX


上記が取引画面です。マーケットスピードFX同様に、デザイン性・視認性に優れている印象です。

チャートの形状


トレードにあたり、今回はチャートの形状から相場の流れをチェックできる「チャートの形状」を参考にしました。上記画像のとおり、チャートの形状ではポンド/円が「一見して、緩やかに上昇していると思われる状態」とありました。

iSPEED FX


70~80になると“買われすぎ”と判断されるRSIも確認したところ、「58.04」でした。もう少し上昇余地はありそうだと判断し、1,000通貨を買ってみました。

iSPEED FX


注文は上記赤枠をタップすればスムーズに発注できました。今回のトレードを通じて、iSPEED FXはチャートが見やすく、カスタマイズ性・操作性が高い点が特徴だと感じました。

3.楽天証券FXの評判・口コミ

  • レバレッジを1倍~25倍の間で選択できるため、リスク管理がしやすい
  • 楽天ポイントがもらえてお得で良い
  • スプレッドが広がりやすいと感じた
  • 取引ツールにこだわりがある私でも楽天FXの取引ツールの操作性は優秀だと感じる
  • スマホアプリは画面が小さいのでしょうがないとは思うが、注文時に表示される情報が少なくて、とくに成行注文をするのが怖い
  • 少しだけスワップポイントは低いと思う。スキャルピングやデイトレであれば問題ない
  • 楽天FXは楽天ポイントを貯めていてFXをしたい人であればまず検討すべき
  • マイナー通貨の情報を発信しているなど、情報量が多い
  • MT4を使えるため、個人的には満足。ただスプレッドやスワップポイントなどの条件は良くないと感じる
  • スプレッドは競合他社と同水準だが、キャンペーンでかなり狭くなる通貨ペアもある

3-1.楽天FXではレバレッジを選択できる

レバレッジ


レバレッジは簡単に設定変更ができます。自分の経験やリスク許容度などに応じて適宜調整してください。

知ってるつもり?FXのスプレッドとは(・∀・)?

リスク・資金管理

すっかり冷え込んできましたね。
毎年思うんですが、
「秋っていつ来たの?」 っていうぐらい
秋の存在を感じないまま
気づいたら冬になってる気がします(・ω・)

さてさて、今日はFXブログでは海外FX口座を選ぶにあたって重要になってくる
スプレッド
についてお話したいと思います(・∀・)

そもそも値段ってどうやってきまるの?

FX市場というのは自分たちのような個人もいれば企業などの法人、機関投資家、銀行など様々な方達が日々トレードをしております。 FXのスプレッドとは
その中でもFX市場において主役と言われているのが 銀行 です!

銀行は世界中の銀行が集まる インターバンク市場 で取引をします。
このインターバンク市場は株取引の際の証券取引所のように拠点となる場所ではなく、
世界中の銀行が繋がっているネットワークのことを言います。
そこでそれぞれの銀行がオークションのような形で買値と売値を決めているんですね(・∀・)

scrennshot

このときにそれぞれの値は一番競争力の高い値に決定されます!
買値だと 一番高い値段 、売値だと 一番安い値段 ですね。

スプレッドとは?

先ほどの例のインターバンク市場から銀行が買い付ける値段は 110.30銭 だとすると、個人投資家が買い注文を出すと実際のレートは 110.40銭 になります。
この 10銭 が世に言う スプレッド と言うやつですね。

spredd

このように銀行が買い付けた値、売りつけた値に手数料として少し上乗せされる部分がFXでは スプレッド となります(・∀・)
スプレッドが業者ごとに違うのは、業者がいくら儲けたいのかによるんですね。

国内業者でトレード経験のある方にとって海外業者のスプレッドは広く感じることがあると思います(´ー`)
国内業者は0.3pipsぐらいが基本的ですが、ORZも愛用しているXMでは2~3pipsほどスプレッドがあります。ただ慣れてしまえば気にならないですし、そもそもスプレッドで不利になっても見立て通りに動きてくれれば何も問題なくモロタですからね(・∀・)
海外業者のスプレッドについて詳しく知りたい方はこちら!
↓↓↓
雑学タイム!ORZが語る海外FX業者の「DD方式」と「NDD方式」って?

トレードする際に気をつけなければいけないこと!

MT4のスプレッド

MT4のチャートで表示されている価格はBid(売り)の価格になります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる