仮想通貨で儲ける方法は

分散投資のメリットは

分散投資のメリットは
信長ファンディングは株式会社ウッドフレンズが運営する不動産投資型クラウドファンディングです。

1000万円でできるおすすめの投資は?
資産運用のメリットとリスクを徹底解説!

IMAGE PHOTO

INDEX

低リスク・高コスパの資産運用

株やFXは短期間で大きく資産価値が変動するため、細かく管理する労力(コスト)がかかります。
家賃は景気による大幅な増減はしないため、不動産は、手間をかけずに長期の安定したリターンが望める投資先です。

1000万円を投資!資産運用10選

IMAGE PHOTO

不動産投資

メリットデメリット
・毎月入居者から家賃収入を得られる
・ローンを活用すると生命保険効果が得られる
・税金の節約につながる
・ワンルームなら少額でも始めやすい
・空室や家賃下落のリスクがある
・種類によっては初期投資にまとまった資金が必要になるケースがある
・土地や建物の価値が下落するリスクがある
・災害によって破損する恐れがある

メリットデメリット
・少額で始められる
・複数の不動産に投資してリスクを分散できる
・上場リートなら売買しやすい
・不動産そのものを所有できない
・投資先の会社が倒産するリスクがある
・上場を廃止すると価値が下落する

不動産私募ファンド

メリットデメリット
・REIT(公募ファンド)に比べて高いリターンが期待できる
・運用の自由度が高いケースが多い
・専門的な知識を必要とする場合が多い
・多額の初期費用を求められる

ロボアドバイザー

メリットデメリット
・投資の知識がなくとも始められる
・一任型の場合、売買のタイミングを見極める手間が省ける
・客観的な判断が可能
・元本割れのリスクがある
・手数料が発生するケースが多い
・経験と知識を蓄積できない

メリットデメリット
・運用のプロに任せるため、専門的な知識が不要
・リスクを分散しやすい
・売買や管理のための手数料が発生する
・リアルタイムな取引が困難

ヘッジファンド

メリットデメリット
・投資できる対象が限定される
・比較的自由な運用が可能
・投資信託に比べて利回りが高い
・多額の資金を要するケースが多い
・元本割れのリスクがある

メリットデメリット
・普通預金より金利が高い傾向がある
・外国の高い金利が利益になる場合がある
・為替変動で元本が割れるリスクがある
・取引の際に手数料が発生する

メリットデメリット
・好きなタイミングで売買できる
・売買差益のほか、企業から配当金が出る場合もある
・株主優待がある
・専門的な知識が必要
・業績悪化や倒産が理由で価値が大幅に下落するリスクがある

メリットデメリット
・短期間でハイリターンが実現できるケースがある
・日本円以外の通貨でも購入できる
・利息を得られる場合がある
・他の方法に比べてリスクが高い
・強制的な売却により損失が生じるリスクがある

メリットデメリット
・24時間いつでも売買できる
・さまざまな仮想通貨に分散投資が可能
・売買にはインターネット環境が必要
・税率が高額な傾向にある
・価格変動が激しい

おすすめできない資産運用は?

ローリスクでスタートする不動産投資

株やFXと比べ不動産投資は”老後に備えたい方”や”中長期的な運用をしたい方”向けの初心者におすすめなローリスク&ロングリターンな資産運用です。

資産運用をするメリット

IMAGE PHOTO

東海地方に投資できる不動産ファンドは?メリット・デメリットも

信長ファンディングは株式会社ウッドフレンズが運営する不動産投資型クラウドファンディングです。

1-2.TSON FUNDING(ティーソンファンディング)

TSON FUNDING

TSON FUNDING(ティーソンファンディング)は株式会社TSONが運営する不動産投資型クラウドファンディングです。

2.東海地方に投資できる不動産ファンドのメリット

2-1.地方の不動産に少額投資ができる

2-2.短期から長期の運用期間を選択できる

2-3.優先劣後出資のファンドが提供されている

2-4.想定利回りが都心部と比較して高い

2-5.運用・管理の手間が掛からない

3.東海地方に投資できる不動産ファンドのデメリット

  • 元本は保証されない
  • 投資リスクが伴う
  • 投資案件数は都心部と比較して少なめ
  • 一つのサービス内で他の地域の不動産には投資しにくい

3-1.元本は保証されない

3-2.投資リスクが伴う

3-3.投資案件数は都心部と比較して少なめ

3-4.一つのサービス内で他の地域の不動産には投資しにくい

山本 将弘

最新記事 by 山本 将弘 (全て見る)

  • 投資初心者にも使いやすい資産運用アプリは?メリット・デメリットも - 2022年6月17日
  • ワットストアの評判・口コミは?太陽光発電投資のメリット・デメリットも - 2022年6月17日
  • 東海地方に投資できる不動産ファンドは?メリット・デメリットも - 2022年6月17日
  • CREAL(クリアル)の投資家登録キャンペーンの内容は?エントリー方法も - 2022年6月15日
  • 株式投資でおすすめの証券会社は?大手3社とネット証券7社を比較 - 2022年6月13日

無料資料請求や個別相談などが利用できる不動産投資会社

プロパティエージェント

プロパティエージェントのマンション投資

東京23区・横浜中心のワンルームマンションで入居率99%超!東証プライム上場企業で融資にも強み

湘建の無料不動産投資セミナー

分散投資のメリットは 期間限定でセミナーを無料オンライン配信!オンライン面談の方には【Amazonギフト2000円分】

エイマックス(A-MAX)

エイマックス(A-MAX)のマンション投資

東京23区中古ワンルームで入居率99.分散投資のメリットは 2%、月々収支黒字・購入後の賃料アップ実績多数・保証も充実

無料で参加できる、初心者向け不動産投資セミナー・イベント

インヴァランス

インヴァランスの無料不動産投資セミナー

不動産投資初心者から好評のオンラインセミナーをほぼ毎日開催、23区のIoT・新築マンション投資

FJネクスト

FJネクストのマンション投資

東証プライム上場のマンション会社!入居率99%・金利1%台・フルローン可。非公開物件も

シノケンプロデュース

シノケンプロデュースのアパート経営

個別オンラインセミナー開催中!55000人が参加、初心者が失敗しない為の不動産投資セミナー

不動産投資の専門家に聞く、新しい投資方法「不動産クラウドファンディング」って何?

「通常の不動産投資であれば、ひとつの不動産に対して投資家はひとりですよね。一方、不動産クラウドファンディングは、ひとつの不動産に対して複数人で投資をするというもの。1000万円の物件があれば、複数人でお金を出し合ってその物件を買うというわけです。出し合ったお金で運営会社が不動産を購入し運用、いずれ売却しお金は出資者に戻すのですが、運用期間中に家賃などから得た収益を出資者に分配する、という仕組みです」(LIFULL・松坂維大さん、以下同)

「従来の不動産小口化商品は基本、対面での募集でしたが、不動産クラウドファンディングは、すべてがインターネットで完結するというのが大きな違いです。また、REITは証券会社で買えるもので、不動産投資というより、イメージとしては投資信託に近いもの。投資対象として複数の不動産が組み合わされているので、“この物件に投資している”という実感は得られづらいかもしれません」

「不動産クラウドファンディング」3つのメリット

1.投資へのハードルの低さ

「通常、不動産を買う場合には多額のお金が必要となり、場合によってはローンを組むため、『ちょっとチャレンジしてみよう』という気持ちでは手が出しづらいのが現状。しかし不動産クラウドファンディングなら、インターネットで投資先を選び、1万円~という少額から投資が可能なので、投資に対してのハードルがぐんと下がります」

2.細かな管理はしなくてOK

「基本的には運営会社が運営するので、投資家が、その部屋に入居者がずっと入居してくれるよう努める必要もなければ、クレーム対応をする必要もありません。もちろん固定資産税の支払いや、リフォームや補修代金の心配もないので、お金さえ出せばあとは放っておいていいという部分でも、投資へのハードルは低くなります」

3.少額分散投資が可能。リスクも最小限

「少額からの投資が可能ということで、リスクヘッジのための分散投資ができるのもメリットです。不動産投資には天災など予測不能なリスクなどもつきもの。分散して不動産を持つことで、リスクを最小限におさえることを実現するのが不動産クラウドファンディングです」

デメリットは?

「不動産クラウドファンディングの場合利回りは4%~、運用期間は長くても3年程度なので、大きな利益は望みづらいという部分はデメリットかもしれません。ここ10年ほど不動産の価格は上昇傾向。通常の不動産投資で持っている不動産の場合は、購入時の金額より売却時の金額のほうが高くなり、大きなキャピタルゲイン(保有している株式などの資産を売却することで得られる売買差益)が望めることもあります。

いざ挑戦! 投資の手順とは

1.気になるファンドを見つける

2.ファンドの契約詳細を見る

3.サービスの会員登録をする

4.投資家登録をする

5.ファンドに申し込む

6.入金

投資するファンドは何を基準に選べばいい?

ただ、できる限り投資家が損をしないように『優先劣後方式』が取り入れられているファンドもあります。優先劣後方式とは、投資家の出資分を優先出資、事業者の出資分を劣後出資と呼び、万が一元本毀損が起こった場合にその元本毀損は劣後出資から先に負担されるというもの。劣後出資があるかどうかはもちろん、劣後出資の割合はクラウドファンディングによって違うので、投資する前にチェックしておいたほうがいいでしょう」

松坂さんは、
・会社の信頼性 分散投資のメリットは
・不動産の将来性
・運用実績

の3点を確認するのがベストと話します。

「『自分ならこの不動産を買うか?』という観点でいいと思います。不動産そのものはもちろん、建つ場所が人口流入しているエリアなのか流出エリアなのか、再開発されているエリアなのか、駅が近くて利便性が高いエリアなのか。自分が不動産を買うときにここを選ぶかという観点を大切に、選んでみてください。そういった気軽な観点で選んで、まずは運用しながら勉強していくのがおすすめです」

インフレ時代は“持っている資産”で稼いでいく

「現在日本ではインフレが起こっており、物価は上昇傾向にあります。株式投資などに比べれば値動きの幅は小さいのが不動産クラウドファンディングですが、給料もなかなか上がらないこの時代に、自分の資産の中から安定収益を上げていくにはいい投資です。少しずつでも、持っている資産自体が自分の代わりに稼いでくれる“不労所得”というイメージで、このインフレ時代を生き抜くために挑戦してみてはいかがでしょうか」

東海地方に投資できる不動産ファンドは?メリット・デメリットも

信長ファンディングは株式会社ウッドフレンズが運営する不動産投資型クラウドファンディングです。

1-2.TSON FUNDING(ティーソンファンディング)

TSON FUNDING

TSON FUNDING(ティーソンファンディング)は株式会社TSONが運営する不動産投資型クラウドファンディングです。

2.東海地方に投資できる不動産ファンドのメリット

2-1.地方の不動産に少額投資ができる

2-2.短期から長期の運用期間を選択できる

2-3.優先劣後出資のファンドが提供されている

2-4.想定利回りが都心部と比較して高い

2-5.運用・管理の手間が掛からない

3.東海地方に投資できる不動産ファンドのデメリット

  • 元本は保証されない
  • 投資リスクが伴う
  • 投資案件数は都心部と比較して少なめ
  • 一つのサービス内で他の地域の不動産には投資しにくい

3-1.元本は保証されない

3-2.投資リスクが伴う

3-3.投資案件数は都心部と比較して少なめ

3-4.一つのサービス内で他の地域の不動産には投資しにくい

山本 将弘

最新記事 by 山本 将弘 (全て見る)

  • 投資初心者にも使いやすい資産運用アプリは?メリット・デメリットも - 2022年6月17日
  • ワットストアの評判・口コミは?太陽光発電投資のメリット・デメリットも - 2022年6月17日
  • 東海地方に投資できる不動産ファンドは?メリット・デメリットも - 2022年6月17日
  • CREAL(クリアル)の投資家登録キャンペーンの内容は?エントリー方法も - 2022年6月15日
  • 株式投資でおすすめの証券会社は?大手3社とネット証券7社を比較 - 2022年6月13日

無料資料請求や個別相談などが利用できる不動産投資会社

プロパティエージェント

プロパティエージェントのマンション投資

東京23区・横浜中心のワンルームマンションで入居率99%超!東証プライム上場企業で融資にも強み

湘建の無料不動産投資セミナー

期間限定でセミナーを無料オンライン配信!オンライン面談の方には【Amazonギフト2000円分】

エイマックス(A-MAX)

エイマックス(A-MAX)のマンション投資

東京23区中古ワンルームで入居率99.2%、月々収支黒字・購入後の賃料アップ実績多数・保証も充実

無料で参加できる、初心者向け不動産投資セミナー・イベント

インヴァランス

インヴァランスの無料不動産投資セミナー

不動産投資初心者から好評のオンラインセミナーをほぼ毎日開催、23区のIoT・新築マンション投資 分散投資のメリットは

FJネクスト

FJネクストのマンション投資

東証プライム上場のマンション会社!入居率99%・金利1%台・フルローン可。非公開物件も

シノケンプロデュース

シノケンプロデュースのアパート経営

個別オンラインセミナー開催中!55000人が参加、初心者が失敗しない為の不動産投資セミナー

不動産投資の専門家に聞く、新しい投資方法「不動産クラウドファンディング」って何?

「通常の不動産投資であれば、ひとつの不動産に対して投資家はひとりですよね。一方、不動産クラウドファンディングは、ひとつの不動産に対して複数人で投資をするというもの。1000万円の物件があれば、複数人でお金を出し合ってその物件を買うというわけです。出し合ったお金で運営会社が不動産を購入し運用、いずれ売却しお金は出資者に戻すのですが、運用期間中に家賃などから得た収益を出資者に分配する、という仕組みです」(LIFULL・松坂維大さん、以下同)

「従来の不動産小口化商品は基本、対面での募集でしたが、不動産クラウドファンディングは、すべてがインターネットで完結するというのが大きな違いです。また、REITは証券会社で買えるもので、不動産投資というより、イメージとしては投資信託に近いもの。投資対象として複数の不動産が組み合わされているので、“この物件に投資している”という実感は得られづらいかもしれません」

「不動産クラウドファンディング」3つのメリット

1.投資へのハードルの低さ

「通常、不動産を買う場合には多額のお金が必要となり、場合によってはローンを組むため、『ちょっとチャレンジしてみよう』という気持ちでは手が出しづらいのが現状。しかし不動産クラウドファンディングなら、インターネットで投資先を選び、1万円~という少額から投資が可能なので、投資に対してのハードルがぐんと下がります」

2.細かな管理はしなくてOK

「基本的には運営会社が運営するので、投資家が、その部屋に入居者がずっと入居してくれるよう努める必要もなければ、クレーム対応をする必要もありません。もちろん固定資産税の支払いや、リフォームや補修代金の心配もないので、お金さえ出せばあとは放っておいていいという部分でも、投資へのハードルは低くなります」

3.少額分散投資が可能。リスクも最小限

「少額からの投資が可能ということで、リスクヘッジのための分散投資ができるのもメリットです。不動産投資には天災など予測不能なリスクなどもつきもの。分散して不動産を持つことで、リスクを最小限におさえることを実現するのが不動産クラウドファンディングです」

デメリットは?

「不動産クラウドファンディングの場合利回りは4%~、運用期間は長くても3年程度なので、大きな利益は望みづらいという部分はデメリットかもしれません。ここ10年ほど不動産の価格は上昇傾向。通常の不動産投資で持っている不動産の場合は、購入時の金額より売却時の金額のほうが高くなり、大きなキャピタルゲイン(保有している株式などの資産を売却することで得られる売買差益)が望めることもあります。

いざ挑戦! 投資の手順とは

1.気になるファンドを見つける

2.ファンドの契約詳細を見る

3.サービスの会員登録をする

4.投資家登録をする

5.ファンドに申し込む

6.入金

投資するファンドは何を基準に選べばいい?

ただ、できる限り投資家が損をしないように『優先劣後方式』が取り入れられているファンドもあります。優先劣後方式とは、投資家の出資分を優先出資、事業者の出資分を劣後出資と呼び、万が一元本毀損が起こった場合にその元本毀損は劣後出資から先に負担されるというもの。劣後出資があるかどうかはもちろん、劣後出資の割合はクラウドファンディングによって違うので、投資する前にチェックしておいたほうがいいでしょう」

松坂さんは、
・会社の信頼性
・不動産の将来性
・運用実績

の3点を確認するのがベストと話します。

「『自分ならこの不動産を買うか?』という観点でいいと思います。不動産そのものはもちろん、建つ場所が人口流入しているエリアなのか流出エリアなのか、再開発されているエリアなのか、駅が近くて利便性が高いエリアなのか。自分が不動産を買うときにここを選ぶかという観点を大切に、選んでみてください。そういった気軽な観点で選んで、まずは運用しながら勉強していくのがおすすめです」

インフレ時代は“持っている資産”で稼いでいく

「現在日本ではインフレが起こっており、物価は上昇傾向にあります。株式投資などに比べれば値動きの幅は小さいのが不動産クラウドファンディングですが、給料もなかなか上がらないこの時代に、自分の資産の中から安定収益を上げていくにはいい投資です。少しずつでも、持っている資産自体が自分の代わりに稼いでくれる“不労所得”というイメージで、このインフレ時代を生き抜くために挑戦してみてはいかがでしょうか」

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる