最新情報

投資信託の利回りとは

投資信託の利回りとは

ここまで利回りの目安や、目標設定時の注意点を中心に解説してきました。利回りの目標は自分の目標額や運用期間によって決めるものです。

2021年9月更新!国内大型株式ファンドのおすすめは?3年平均利回りランキング ベスト20を発表!

そのため、1つ1つ全ファンドを見るのも大変だと思いますので、
少なくとも、純資産総額が100億円以上あるファンドのみに絞り、
私が分析記事を作成しました.

投資信託の利回りとは 投資信託の利回りとは 投資信託の利回りとは 投資信託の利回りとは
順位 銘柄 3年平均利回り
1 情報エレクトロニクスファンド 21.54%
2 未来イノベーション成長株ファンド 14.02%
3 地球視点 13.97%
4 GS 日本フォーカス・グロース年2回 13.55%
5 ニュートン13.51%
6 三菱UFJ日本株オープン35 13.09%
7 スパークス・ジャパン・オープン 12.67%
8 ロボ・ジャパン(円投資型) 12.45%
9 Jアクティブ 12.26%
10 フィデリティ・日本ROEフォーカス・ファンド 12.投資信託の利回りとは 16%
11
スパークス・アクティブ・ジャパン 12.15%
12
RAO(らお) 11.96%
13
生活3C 11.88%
14
ジャパン・アクティブ・グロース(資産成長型) 11.86%
15
MHAM株式オープン 11.76%
16
ニッポンの輝 11.72%
17
フィデリティ・日本優良株・ファンド 11.68%
18
日本株リーダーズファンド 11.60%
19
ブルーム 11.26%
20
厳選投資 11.09%

※2018年10月~2021年9月末
※為替ヘッジ無のファンドが対象
※分配型、資産成長型など同じファンドで2つのファンドがランクインしている場合、パフォーマンスの高いほうを採用。 投資信託の利回りとは
※通貨選択型のファンドは為替の影響を大きく受けているので、除外しています。

10年平均利回りランキングでも上位だったファンドも
残っている一方で、新しいファンドも続々とランクイン
しています。

純資産の規模とパフォーマンスの観点から考えて、選択肢に
残ってくるのは、厳選投資、情報エレクトロニクスファンド、
未来イノベーション成長株ファンドでしょう。

国内大型株式ランキングの中で一番おすすめのファンドは?

投資信託の利回りとは 投資信託の利回りとは 投資信託の利回りとは
年間利回り
2021年 +2.26%(1-6月)
2020年 +21.44%
2019年 +18.65%
2018年 ▲5.69%
2017年 +29.15%
2016年 +7.投資信託の利回りとは 37%
2015年+18.52%
2014年 +26.13%
2013年 +65.21%
2012年 +26.00%
2011年 ▲15.65%

厳選投資は日本国内の高い技術力やブランド力があり、
今後グローバルで活躍が期待できる日本企業に投資する
戦略をとっています。

「マクロはミクロの集積である」というスパークスの
投資哲学に基づき、年間2500回以上の企業訪問をもとに、
財務諸表を多角的に分析し、割安な企業を探しています。

約20銘柄程度に厳選して投資をしているのも特長で、
集中投資はリスクが高いと思われがちですが、銘柄選定に
自信があるからこそ、できる技と言えます。

結局、銀行や証券会社の営業マンは、自分たちが儲かる
商品を売ってきたため、本当に良いファンドというのが
見過ごされてしまっているわけです。

資産運用の利回りの目安はどのくらい?平均や計算方法も紹介!

資産運用の利回りの目安はどのくらい?平均や計算方法も紹介!-サムネイル画像


資産運用に興味を持った人は利回りという言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。しかしその意味を正確に理解できていない人は意外に多いです。

  • 利回りは投資元本に対する利益の割合
  • パフォーマンス、騰落率と利回りは意味合いが違う

利回りの意味

「パフォーマンス」と「騰落率」との意味の違い

パフォーマンス

資産運用に役立つ指標

  • パフォーマンス …投資に対して利回りだけでなく、どのような値動き、実績があるかを総合的に見る指標
  • 騰落率 投資信託の利回りとは …商品の評価額に対して、期間内でどれだけ上下したかを示す割合
  • 利率 …ある投資商品に設定されている、元本に対して発生する利子の割合
  • 複利 …投資によって発生した利子を再投資することで、その部分にも発生する利子のこと

資産運用での目標設定の目安を紹介


資産運用ではいかに利回りを高くしていくかが重要です。しかし、高すぎる利回り設定は投資リスクを大きくするものでもあります。

  • 資産運用は3~5%程度の運用が平均
  • 利回り10%も目指すことはできるが、リスクも大きくなる

平均の利回りは3〜5%程度

3~5%の利回りを目指すのであれば、 インデックスファンド に投資すれば十分でしょう。インデックスファンドとは、日経平均株価など一定の株価指数と連動した値動きを目指す投資商品です。

インデックスファンドの利点は、一つの商品に投資するだけで、そこに含まれる全ての銘柄に分散投資できる点です。株式であれば業界をまたいで投資されますし、債券や金などほかの資産にも分散投資してくれます。

慣れたら10%も目指せる

資産運用に慣れてきたら、投資元本が増えてくるだけでなく、リスクも許容できるようになります。そのため、高利回りの目標設定が可能です。

資産運用の利回り目標として、一般の人が目指せるのは 投資信託の利回りとは 10%程度 です。それ以上になってくると、リスクが高くなり、達成も難しくなるでしょう。

自分に合った資産運用のポートフォリオを作ろう


自分に合った資産運用のポートフォリオは、どんな目標を設定するかで決まります。具体的には利回りを何%で想定するか、どれくらいの期間運用するのかが影響します。

  • 利回りとリスクの関係性
  • 長期的な運用では、わずかな利回りの差が大きな差につながる
  • 長期・積立・分散を徹底すれば、初心者でも利益をあげられる

利回りの大きさはリスクに比例する

ここでリスクを「損失が出る可能性」と考える人もいるでしょう。しかし実際は、「 投資する際の不確実要素 」がリスクなのです。

このように投資商品のリスクは利回りがどれだけ変動するかに比例します。そして、利回りの変動は、高利回りの商品ほど高いです。

  • 経営基盤が安定せず、倒産リスクが高い
  • 配当金などを高く設定しないと、投資家が購入してくれない

利回りのわずかな違いが長期的には大きな差を生む

長期で複利運用する場合、わずかな利回りの差が長期的に大きな違いを生みます。これを具体的に示したものに、「 投資信託の利回りとは 72の法則 」があります。

「72の法則」とは、投資元本を一定の利回りで複利運用したとき、どれくらいの期間で元本が2倍になるかを示した計算式です。その計算式は以下の通りです。

年平均利回り最終的な資金
4%2,191,202円
5%2,653,580円

初心者の資産運用は長期・積立・分散がオススメ

  • 長期の投資によって、利回りの期待値があがる
  • 一度に大きな資金を用意できなくても、少額投資できる
  • 分散投資することによって、投資リスクを抑えられる

7つの金融商品別に利回りの計算方法を比較


ここまで利回りの目安や、目標設定時の注意点を中心に解説してきました。利回りの目標は自分の目標額や運用期間によって決めるものです。

口座タイプ年利回り
普通預金0.投資信託の利回りとは 1%
定期預金0.02%

現在は低金利が続いている影響で、預金口座の利息はほとんど発生しません。ただし預金は政府の ペイオフ制度 により、1,000万円とその利息分については銀行破綻時にも保障されます。

債権の種類年利回り
日本国債(10年物)0.072%
米国国債(10年物)1~2%
国内債権1~3%
海外債権1~4%

債権はリスクが少ない分、期待される利回りも低い傾向にあります。

③貯蓄性保険

  • 死亡のための終身保険
  • 老後資金のための養老保険
  • 教育資金のための学資保険
  • 自分で年金に備える個人年金保険
投資信託の種類運用方針
インデックスファンド特定の株価指数と同じ値動きを目指す
アクティブファンド投資のプロが組んだポートフォリオでインデックスファンド以上の利回りを目指す
バランスファンド株式、債権、貴金属、コモディティ、現預金などをポートフォリオに同じ割合で組み入れることでリスクを抑える

株式は日本国内の場合、100株単位での購入になりますので、最低でも数万円の資金が必要です。分散投資をしようと思えば、数百万円から数千万円の資産が必要な場合もあります。

株式の利回りはポートフォリオによって大きく変わりますが、平均して 5~10% が目安です。元本保証がなく、分散投資に必要な資金も大きいため、ある程度資産運用の資金が貯まってから挑戦するのがオススメです。

不動産はアパートやマンションのオーナーとなることで家賃収入の獲得を目指す資産運用法です。

不動産投資の利回り目安は地域にもよりますが、 3%程度 となります。投資のコツとして、できるだけ安い物件を購入し、リノベーションするなどの工夫によって利回りを上げられます。

  • ゼロサムゲームのため、誰かが必ず損をする
  • レバレッジ取引で損失を出すと、追証金の支払いが必要なケースがある

FXの為替相場は通貨ペアの需給関係で決まります。そのため、片方の通貨価値が上がれば、相対的にもう片方の通貨価値が下がるのです。このような関係から、誰かが利益を上げれば同じ分だけ、誰かが損をしてしまっています。

資産運用での困りごとはお金のプロに無料相談!


ここまで資産運用の利回りについて、目安や各資産運用法ごとにどれくらいの利回りになるかを中心に解説してきました。

しかし資産運用は知識だけでなく、経験も重要です。これから資産運用を始める人は不安もあるかと思います。そんな人は マネーキャリア の無料FP相談がオススメです。

マネーキャリアではオンラインで全国どこからでも無料相談ができます。お金のプロであるFPに、疑問がなくなるまで何度でも相談可能です。また相談内容も、資産運用だけでなくお金にかかわることであれば、何でも構いません。

貧乏サラリーマンの雑記ブログ

沖縄在住の貧乏サラリーマンが小金持ちを目指しながら自らの資産運用、不動産情報、沖縄おもしろ情報を発信しているブログです。

【毎月積立】積立投資信託の実績公開。

2022年6月の積立投資信託の結果!

①セゾン投信 グローバルバランスファンド 毎月1万積立

セゾン投信 グローバルバランスファンド 2022年6月損益

投資金額:62万円

損益:+143,784円(+145,715円)

利回り:+23.19%(+23.88%)

セゾン投信は1番最初にスタートした積立なので思い出もありますし、積立期間も5年経過したので次は10年目に向かって頑張ります!

f:id:chip39:20220103113359j:plain

②eMAXIS Slimバランス(8資産均等型) 毎月1万円積立

投資金額:39万円

損益:+50,825円(+56,212円)

利回り+13.03%(+14.79%)

現金のリスク~「減らない」って、本当に安心?~【第68回】 長期積立投資なら、投資信託の分配金はゼロが当然!



上記はある投資信託の運用実績と分配実績ですが、毎月分配型の投資信託がはやっていた時代も含めて、24年間、分配金の支払い実績がゼロ。こういう明確なポリシーのもとに運用を続けている投資信託は、信頼に値するのではないでしょうか? ただし、投資信託を選ぶのは自己責任で。

分配金支払いの予定が多ければ、コストも増えるのでは?

何が言いたいのか? 筆者の推測ですが、決算の回数が多い方が、運用報告書を作成する回数も多くなるため、コストが高いのではないかと思うのです。これには明確な根拠を見いだせず、筆者の憶測に過ぎません。しかし、もし筆者の憶測が正しいのでしたら、コストという側面を踏まえても、分配金の支払いの実績がゼロの投資信託の方が積立投資には向くのではないかと思うのです。

分配金の「再投資」を選ぶと、口数は増えるが……

筆者がかつて保有していた「毎月分配型」投資信託の「分配金再投資」の記録です。たまたま押し入れの中を漁っていたら、もといPCのデータを検索していたら出てきたので、ご参考までに載せてみました。肝心の分配金額は載っていませんが、上下を繰り返しながら、下落している基準価額に比べて、保有している口数の方は着実に増えているのが分かります。また、分配金額が変わらなかったので、口数が増えた分、再投資する分配金の額も、時々は増えることがありました。ただし、1万口当たりの分配金額が少額なため、口数が少し増えただけでは、分配金額は増えないのですが。

日付 基準価額 (保有)口数 キャッシュフロー
3月13日 6,892 725,479 500,000
6月17日 6,626 746,830 494,847
8月14日 6,318 752,647 475,519
9月16日 5,702 765,293 436,369
10月23日 6,105 771,573 471,044
12月2日 6,130 777,911 476,858
(翌年)4月1日 6,391 803,611 513,586

分配金の再投資で口数は増えたとしても、やはり肝心の基準価額の伸びは期待できません。基準価額の伸びこそ、投資信託の成長、すなわち長期投資の醍醐味と言えるでしょう。

投資信託には複利効果がない?計算式や複利効果を高めるポイントを解説!

投資信託には複利効果がない?計算式や複利効果を高めるポイントを解説!

コラム

分配金が出る投資信託には複利効果がない?

たしかに、収益を頻繁に現金化するような運用方法では、複利効果は期待できません。しかし、収益を「再投資」するような手法で投資信託を長期保有すれば、年数を重ねるごとに複利効果を実感することができるでしょう。

なお、分配金は投資信託の純資産から支払われます。つまり分配金が支払われると、基準価額は下がってしまうことを認識しておきましょう。

そのため、効率的に資産を築きたい方は、分配金を現金として受け取るのではなく、元本に加えて再投資するのが良いでしょう。運用元本が雪だるま式に増えていき、複利効果が期待できます。

投資信託の複利計算式|分配金を受け取る場合と再投資する場合で比較

分配金を受け取る場合(単利)

単利とは、当初の元本のみを対象に利息を計算する方法です。利息が発生しても、それを元本に組み入れずに、あくまで最初の元本からのみ利息が発生すると考えます。

運用年数 総資産額
1年目 1,050万円
3年目 1,投資信託の利回りとは 投資信託の利回りとは 150万円
5年目 1,250万円
10年目 1,500万円
20年目 2,000万円
30年目 2,500万円

分配金を再投資する場合(複利)

複利とは、単利と対になる利息の計算方法です。前期までに発生した利息を元本に合算して、当期の利息の計算対象にする方法です。複利で資産運用をすれば、得られた収益を元本に組入れることで、徐々に元本が大きくなっていき、加速度的に資産が増えていきます。

投資信託の利回りとは
運用年数 総資産額
1年目 1,050万円
3年目 1,158万円
5年目 1,276万円
10年目 1,629万円
20年目 2,653万円
30年目 4,322万円

2つのシミュレーションでわかった通り、同じ1,000万円を5%で運用した場合でも、単利で運用した場合と複利で運用した場合では、30年後の総資産額におよそ1,800万円(2,500万円と4,322万円)もの差が出ました。

複利では、まさに「加速度的に」資産が増えているイメージを掴んで頂けたのではないでしょうか。

投資信託で複利効果を高めるポイント

投資信託で複利効果を高めるポイント

分配金は再投資する

まず繰り返しになりますが、投資収益を現金化するのではなく、再投資に回すようにします。

長期運用を前提とする

先ほどのシミュレーションでも見ていただいた通り、複利の効果は、最初のうちは小さいものです。しかし、運用期間が長くなるほど加速度的に大きくなっていきます。

手数料が低い商品を選ぶ

そのため、投資信託で複利効果を狙って長期運用するには、できるだけ手数料が低い商品を選ぶことをおすすめします。

効果的に資産を増やしたい方は投資信託以外にヘッジファンドもおすすめ

ヘッジファンドダイレクトでは、長期運用実績のある優良ヘッジファンドを紹介することで、あなたの理想的な資産形成をサポートしています。

【資産運用詐欺の見分け方】よくある7つの手口と騙されないための心構えを紹介!

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

年利20パーセントで資産運用できる?目指せる投資手法3選と注意点!

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

退職金は運用しないといけない?iDeCoの登場で自分で資産運用するのが前提に?

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

リーマンショック(’08)、コロナショック(’20)、次は何ショック(’XX)?

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

レイ・ダリオが予測する米中戦争

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

ジムロジャーズ氏が語る、暴落に備える方法とは

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

ヘッジファンドダイレクト

本サイトは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたのもので、金融商品の取得勧誘・販売等を目的としたものではありません。本資料作成においては万全の注意を払っておりますが、本資料に含まれる情報の正確性、更新性に関しては弊社は一切保証していません。また、当該評価は過去の一定期間の実績を分析したものであり、将来の運用成果等を保証したものではございません。銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願い致します。【著作権に関するお願い】当社およびその関係会社が当社Webサイトで提供する文書・映像・音声・その他の著作物および当DVDは、著作権法、およびその他の法律により保護されています。当社の文書での許諾なく、これらの一部又は全部をそのまま又は改変して転載・転用・送信・上映等により利用することは、その目的が営利か非営利か、その手段が電子的か否か、またメディアの如何を問わず禁止します。「引用」を行う場合には、必ず出典ページへのリンクを併用してください。当サイトへのリンクは自由です。著作権に関する詳しい情報は、公益社団法人 著作権情報センター著作権相談室までご確認ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる