仮想 通貨

投資用語ブルとベアってどういう意味

投資用語ブルとベアってどういう意味
「買い板が厚い」といったように、注文数が多く出されていることを「板が厚い」と表現されることも多いので、頭に入れておきましょう。

投資用語ブルとベアってどういう意味


アメリカ医療保険用語解説(ABC順)

ACA (Affordable Care Act):
医療保険改革法、通称「オバマケア」。オバマケアのページをご参照ください。

Annual Out of Pocket Maximum:
年間の自己負担の最高額。ディダクタブルやコーインシュアランスなど、自己負担額がこの金額に達すると、その年度内は、それ以上の医療費は保険で100%カバーされる。

Brand-Name Drug:
製薬会社がつけた製品名で販売されている新薬。通常、この製品名には特許権が与えられている。特許が切れると、他の製薬会社が、これらのブランド製品と同じ成分と効用の薬(ジェネリック薬)を製造して、ブランド製品より安く発売され始める。保険プランによって、ブランド薬とジェネリック薬のコーペイが異なったり、ジェネリックしかカバーしないプランもある。

Carrier: 保険会社、または、HMOを提供している団体

Chronic Conditions (Chronic Illness): 生活習慣病や、認知障害など、予防接種などによって予防することができず、完治させる薬や治療法もほとんどない病気で、90日以上継続する病気。加齢によって発生する場合が多い。

Claim: 保険会社に対する医療費の支払い申請

Co-insurance:投資用語ブルとベアってどういう意味
ディダクタブルを満たしたあと、医療費のうちある一定の割合を自己負担するという保険契約の、自己負担分。たとえば、コーインシュアランスが20%の契約だとしますと、ディダクタブルを満たしたあと、発生した医療費について、保険会社が80%を負担し、保険加入者は、20%を、年度内の自己負担最高額に達するまで支払います。年度内自己負担最高額に達すると、それ以降の、その年度内の医療費は、全額保険会社が支払います。保険契約には、年度内の自己負担最高額と、ライフタイム自己負担最高額が設定されている場合があります。また、保険会社が支払う額にも、ライフタイム最高額が設定されていますので、いったんこの金額に達しますと、それ以降は、保険会社からの支払いはなくなります。

Co-payment (Co-pay):
医療サービスを受けるたびに、ある一定額を自己負担するという保険契約の、その自己負担額のことで、通常、Co-payは、受診の際に医療機関の窓口で支払います。たとえば、主治医を受診するたびに、コーペイ$25とか$30、専門医の受診なら、コーペイ$35とか$40、というような契約が一般的です。

COBRA: 勤務先から提供される団体保険に加入していた人が、その会社を辞めた場合、個人で保険料を支払い続ければ、加入していた団体保険を一定期間継続できる権利が、COBRAという国の法律によって保証されています。次の勤務先の保険に加入できるまでの無保険期間を防ぐための法律ですが、それまで会社が負担していた分の保険料も自己負担となるため、COBRAになるとかなり保険料負担が高額になるのが普通です。オバマケアにより、既往症があっても健康保険に加入できるようになったため、COBRAを使う意味はあまりなくなりました。

Credit for prior coverage:投資用語ブルとベアってどういう意味
保険会社を変更したり、転職した時に、前に加入していた保険で既往症の免責期間をすでに満たしている場合には、新たに加入した保険でも、それが考慮されるもの

Critical Illness: 死に至る危険のある、深刻な病気。

Deductible:
毎年、この金額までは自己負担しないと、保険が効かないという免責額のこと。たとえば、ディダクタブルが$1000ドルの保険に加入している人が、心臓手術を受けて$10000ドルの費用がかったとしますと、その年度内にまだ他に医療費を使っていなければ、丸々$1000のディダクタブルが残っていますから、$1000を自己負担し、保険会社がのこりの$9000を支払います。ただし、ディダクタブルを満たしたあとに、自己負担が25%というような契約になっている場合が普通ですので、その場合は、患者が$9000の25%を自己負担して、75%を保険会社が支払うということになります。

Dependent Worker: 就労しているけれども、家族の中の他の誰かより所得が低い人

Dependents: 被保険者の配偶者と、未婚の子供(血縁、非血縁を問わず)

Effective Date: 保険が有効となる日

Exclusion: 保険が適用にならない医療サービス

Formulary:保険がカバーする処方薬のリスト

Generic Drug:
後発医薬品。ブランド薬(新薬)のパテント(特許)が切れたあとに、ブランド薬と同じ成分を使って製造される医薬品のことで、ブランド薬より安く売ることができるようになり、これをジェネリック・ドラッグと呼ぶ。ほとんどの保険プランは、ジェネリック薬のカバーを手厚くすることで、ジェネリックを買うことを奨励している。

Health Maintenance Organizations (HMOs):
HMOは、個人や会社がある一定金額を毎月支払いうことで、HMOと契約した医療機関から医療サービスを受けられるというプランを提供する。HMOのページもご覧ください。

HIPAA(The Health Insurance Portability and Accountability Act of 1996): 1996年に成立した連邦法で、転職した場合に期間をあけることなく保険を継続できるという権利を保証する。また、ヘルスケアの情報を交換する際の、表記の統一基準と、個人のヘルスケア情報を保護するための基準を制定した。HIPAAのページもご覧ください。

Hospital Inpatient:
入院、入院治療

Hospital Outpatient:
病院の外来治療

HSA (Health Savings Account): 健康保険プラン加入者が、医療費専用に開設できる銀行口座。HSAに積み立てる金額には年間の上限が定められており、HSAに入れた金額は、その年の所得から控除できる。HSAに入れた資金は、IRSが定める医療費に使う限り、利子は非課税となる。

In-Network:投資用語ブルとベアってどういう意味
ある保険プランのネットワークに加盟している医師や病院。保険加入者は、ネットワークに加盟している医療機関で医療サービスを受けることにより、医療費が割引になる。

Lifetime Maximum Benefit (or Maximum Lifetime Benefit):
ある被保険者に対して、保険から支払われる限度額

Limitations: ある医療サービスに対して保険から支払われる限度額

Long-term Disability Insurance:投資用語ブルとベアってどういう意味 被保険者が働けなくなった時に月収の一部を支払う保険

LOS: 入院期間 (length of stay)

Medigap Insurance Policies:
メディケア(65歳以上の人のための国の医療保険)でカバーされない医療費をカバーするための、民間の保険会社が提供している保険

Negotiated Fee:
医療機関と保険会社が契約している医療報酬の金額。無保険の患者への請求額よりかなり低い金額になるのが普通。保険会社が契約していない医療機関を利用すると、Netotiated Feeにならないため、保険を利用しても、自己負担が高くなる。

Network:
ある保険会社の顧客のために、割引料金で医療サービスを提供するという契約を保険会社と交わしている、医師や病院などの医療機関の集合

Open Enrollment Period: 保険に加入できる期間、受け付け期間

Out-of-Plan (Out-of-Network):
HMOやPPOのネットワークに加盟していない医療機関

Out-Of-Pocket Maximum:
自己負担の最高額。ディダクタブルやコーインシュアランスなど、自己負担額がこの金額に達すると、それ以上の医療費は保険で100%カバーされる。

Outpatient: 外来患者。病院や医療施設に1泊もせずに医療サービスを受ける患者。

Preadmission Testing: 入院が許可される前に行われる医療テスト。

Precertification:治療を受ける前に保険会社から許可を受けること。特に、高額な費用がかかる治療や検査、手術や入院の場合に必要。Prior Authorization とも言う。

Pre-existing Conditions:
既往症。保険に申請する時点で、申請者がかかっている病気や健康上の症状、または、今までにかかったことのある病気や健康上の症状。

Preferred Provider Organizations (PPOs):
PPOは、保険会社が契約を交わした医師や病院など医療サービス提供者のグループで、このグループ内の医療機関で医療サービスを受けると、割引料金が適用になる。

Premium: 保険料。保険の掛け金。Monthly Premiumは月額、Daily Premiumは日払いの金額、Bi-Monthly Premiumは隔月払い、Quarterly Premiumは3ヶ月分、Semi-Annual Premiumは半年分、Annual Premiumは1年分

Preventive Care (Preventive Services): 予防医療。予防接種や定期健診など。

Primary Care Provider (PCP): 主治医。通常、主治医になれるのは、ファミリープラクティス (Family Practice)、一般診療 (General Practice)、または内科 (Internal Medicine)の医師だが、保険会社のネットワーク加盟医のリストに、主治医として指定できる医師かどうかの記載があるのが普通。 HMOタイプの保険の場合、必ず主治医を決めなければならず、専門医にかかるには、主治医の紹介が必要。PPOタイプの保険でも、昨今は、主治医を指定しなければならないプランが増えて来ている。

Provider: 医療サービス提供者。医師、病院、看護士、カエロプラクター、セラピストなど。

Qualified Life Event:保険の期間外申請ができる理由として認められる事由。出生、離婚、離職、州外への移転、など。

Second Opinion:
ある患者の病名や手術の適用についての、2人目の医師の意見。重大な疾患や手術を勧められた場合には、セカンドオピニオンをとることが推奨される。

Second Surgical Opinion:
手術に関する、セカンドオピニオン。ほとんどの保険プランで、手術のセカンドオピニオンをとることが推奨されており、その費用は通常保険でカバーする。

Short-Term Disability:
怪我や病気で、 短期間仕事ができないこと。短期間の定義は、保険プランによる。

Short-Term 投資用語ブルとベアってどういう意味 Medical: 30日から6ヶ月間の、短期の健康保険。

Stop-loss: 自己負担の最高額を支払い終わって、保険が100%カバーし始めること。

Special Enrollment Period: 特別な理由がある人が、期間外申請できる期間。Qualified Life Event も参照。

Terminal Illness: 医師から、余命何か月と宣言される病気。

Underwriter:
保険申請者の病歴の審査をして保険を発行するかどうかを決定する責任を負い、保険証書を発行し、保険料を受領する部署、会社。

URC (Usual, Reasonable and Customary):
保険が適用される医療サービスについて、その地域において、同様のサービスや消耗品に対して一般的にかかる適当な金額の費用で、その治療のために必要であり、医師か必要と認める費用。保険会社が正当な医療報酬の算出のために使う。

【EC2ってなに?】初心者でもわかる簡単 AWS 用語解説

多くの場合AWSを利用する際には、「EC2」と呼ばれるサービスを使うことになると思われます。
さまざまな方法で応用可能なコンピューティング環境であるEC2ですが、その機能の基本や特徴を把握しておくと、より使いこなすことができるようになります。
こちらではそんなAWSにおけるEC2の基本事項を解説し、メリットや簡単な使い方をチェックしていきます。
AWSを利用する予定があるのなら、合わせてEC2の魅力を確認してみることがおすすめです。

2. そもそもAWSとは

AWSとは「Amazon Web Services」のことを指します。
通販サイト大手として知られるAmazon.comが提供するウェブ上のクラウドコンピューティングシステムであるAWSは、さまざまな事業に快適なウェブ環境と効率化の土台を与えると評判です。
今やひとつのインフラとして機能しているクラウドコンピューティングを利用する際には、AWSが候補のひとつとして挙げられることになるでしょう。

「クラウドコンピューティングをどう活かせばいいのか」「AWSの使い方でわからないことがある」といった疑問が解消しやすい点は、利用を始めるきっかけにもなるでしょう。
クラウドコンピューティングという存在はまだまだ専門性の高いものであるため、ときには使い方やトラブルの解決に迷うこともあり得ます。
しかしAWSであれば開発者コミュニティや無料で参加できるオンラインセミナー、その他さまざまなWeb媒体から必要な情報を探し出せるのです。

3. EC2とは?初心者にもわかりやすく解説

EC2とは「Amazon Elastic Compute Cloud」の略称で、AWSで利用できるシステムのひとつとなっています。

EC2では仮想サーバの事を「インスタンス」という単位で扱います。
インスタンスには様々な種類や性能のものがあるため、ユーザーの求める形で利用が可能です。
インスタンスを複数使って仮想サーバーを分割することで、可用性や信頼性を考慮した運用ができるでしょう。
インスタンスによって柔軟にWeb上のインフラ環境を構築することができるため、サーバーの増強が必要になった場合や、さらなる効率化を求めて改善が行われる際にも、対応がしやすくなります。
さらにインスタンスはコピーも削除も簡単に行えるので、スピーディな業務レベルを維持可能です。
新規でサービスを開発する場合などは、このインスタンスの特性を利用することで開発から公開までをスムーズに進めることができるでしょう。

仮想サーバーではLinuxやWindowsといった標準的なOSが利用可能で、自動的にサーバーの構築とインストールが行われるのも特徴です。
またキーペアを使ったインスタンス専用のログイン情報は安全に管理され、利用者に余計な心配をかけさせません。
手軽かつ安全に使えるという心理的な利点も、AWSでEC2を利用する理由になるでしょう。

a) EC2のメリット

・簡単なスペック変更
・従量課金によるコストメリット
・スピーディな構築による時間短縮
・冗長化も簡単に行える


<簡単なスペック変更>

EC2最大の魅力は、サーバースペックの簡単な変更機能にあります。
内容によって大きく変動する要求スペックに対して柔軟な変更が可能な点は、サーバーの運用において大きなメリットになるでしょう。
サーバーのスペック(CPUやメモリなど)も必要な台数も変更できるので、単純に容量を増やしたい場合も、機能を分割したい場合にも対応できます。
もし物理サーバーでこれらの変更を行うとすれば、時間とコストが多大にかかることになるので、EC2の柔軟性には今後も価値が生まれることでしょう。
仮想サーバーを自動的に増減させるオートスケールという機能もあるので、突発的にサーバーに負荷がかかることになってもある程度保てるのも魅力です。


<従量課金によるコストメリット>

EC2は基本的に従量課金制であるため、実際に利用した分に対して請求が行われます。
サーバー運用にかかるコストをカットしたいときには、不要なサーバーを停止するといった対応をすることで利用時のコストメリットが大きくなります。
短期間だけ仮想サーバーを利用したい場合なども、EC2であればコスト重視の運用ができるでしょう。

・オンデマンドインスタンス
サーバーの利用時間によって料金が発生する従量課金のスタイルです。
短時間や限られたタイミングでだけ利用したいときや、試しに仮想サーバーの運用を始める際に適しています。

・リザーブドインスタンス
稼働時間を事前に設定して、料金を先に支払う方法です。
常にインスタンスを利用したいが、予算はオーバーしたくないといったときに役立つでしょう。

・スポットインスタンス
AWS内で使われていないコンピューティングリソースをお得に利用する方法です。
条件はありますが、最大で90%割引で利用できるため、コスト重視での利用を求める場合におすすめされます。


<スピーディな構築による時間短縮>

ハードウェア設定が必要な物理サーバーなどを使う場合には、設定完了まで数日のタイムラグが発生することも珍しくありませんが、EC2によって構築されるシステムはわずか数分あれば立ち上げが完了します。
そのためスピードが求められる事業においても、便利に利用することが可能です。
そういった仮想サーバーの現状がある中で、圧倒的なスピードで環境を提供できるEC2の存在は、事業に明確なメリットを与えてくれるでしょう。


<冗長化も簡単に行える>

b) EC2の使い方

・AWSにサインアップする
・Amazon EC2コンソールから「Launch Instance (インスタンスの起動)」を選択
・起動ウィザードに合わせて最初のインスタンスを立ち上げる

アカウンタビリティとは|業種別に言葉の意味をご紹介


説明義務という意味でのアカウンタビリティは、看護の分野でも必要とされています。

医療・看護の場でのアカウンタビリティ

自明の理というような姿勢ではなく、当事者である患者やその家族に対して、 検査や治療の必要性やその内容、現状に関して、理解されるまで細やかにわかりやすい言葉で説明すること が必要であり、それが医療・看護におけるアカウンタビリティといえるでしょう。

  • . 職場でよく使われるビジネス用語は何ですか?
  • . 来月入社の新卒社員ですが、覚えておくと良いビジネス用語ってありますか?
  • . CFOとCMOは日本企業でどちらが会社としての地位は高いですか?

アカウンタビリティとは【教育】


教育の場でも、保護者はもちろん公共性の観点では地域住民に対してのアカウンタビリティが存在します。

教育の場でのアカウンタビリティ

教育の場でいう「説明義務」とは、 学校教育に関する問題や活動について、情報共有と外部連携・協力体制を構築する ことを意味します。

  • . 最近ビジネス用語やビジネス英語が増えていて仕事がしにくくないですか?
  • 投資用語ブルとベアってどういう意味
  • . 「OKR」とはなんですか?どのように行うのですか?
  • . 30代で営業しかしたことがないのですが転職することはできますか?

アカウンタビリティとは【福祉・介護】

福祉や介護の場でのアカウンタビリティ

福祉や介護の場での「説明義務」は、 投資用語ブルとベアってどういう意味 サービス利用者やその家族に対して、施設の概要やプランの詳細をはじめ、どのような利用方法があり過去の事故に関する報告など 多岐に渡ります。

  • . 転職で人間関係と業務に不安がある時にすべきこととは何ですか?
  • 投資用語ブルとベアってどういう意味
  • . ウェブディレクターが転職活動ですべきことはなんですか?
  • . IT業界で使うリスクヘッジとはどのような意味ですか?

アカウンタビリティとレスポンシビリティの違い

投資用語ブルとベアってどういう意味
アカウンタビリティと同じく「責任」を意味する言葉として、「レスポンシビリティ」が挙げられます。

アカウンタビリティとの違い

レスポンシビリティが実務責任と訳されるのに対し、アカウンタビリティは役割責任 という訳語がついています。

  • . 管理職にあがるのに1番必要となるような行動はなんでしょうか?
  • . ディレクターはどんな仕事内容でどんな職種の人を指しますか?
  • . 医療ソーシャルワーカーのやりがいや仕事内容とはなんでしょうか?


アカウンタビリティという言葉の意味や、さまざまな場面でもつその必要性についてご紹介しました。

板読みの意味をわかりやすく解説!初心者でも値動きを読んで売買する方法とは

板情報は株や日経225、先物、ビットコインのような仮想通貨など、多くの投資商品で見ることができるため、板読みスキルを身に付けておけばさまざまなトレードで応用が利くことと思われます。

まずは基本的な板の読み方から

「買い板が厚い」といったように、注文数が多く出されていることを「板が厚い」と表現されることも多いので、頭に入れておきましょう。

板読みのコツ

そのためにも、まずは基本から着実に成長していきましょう。

板読みの基本スキル・板情報の文字

板情報における「前」の意味

板情報における「特」の意味

板情報における「S」の意味

この状態の時に勘違いしてはならないのが、必ずしも一日中ストップ状態で張り付いているわけでないということで、途中で「はがれ」となり取引が再開することもありますので注意してください。

フル板で板読みするコツ

この数は注文を出すタイミングを判断する上でとても参考になります。
また大きな注文を出す方であれば、いくらの指値を出せば一度にまとめて買えるかがわかる、注文の累計表示ができることも役立つでしょう。
投資用語ブルとベアってどういう意味

板読みで損切りを判断する

また、なるべく板の厚い銘柄の方が相場参加者が多く、損切りがしやすいので初心者にはおすすめです。

板読みでライン上のブレイクを判断する

ですが、しっかりと板読みも併用していればこの大口の罠を事前に察知が可能となり、ブレイクに合わせて空売りをすれば大きく利益を取れるでしょう。

板読みと合わせて覚えておきたい歩み値

板情報だけでは大口の動きを察することが難しいため、歩み値を合わせて活用すると非常に役立ちます。

板読みトレードテクニックの活用

非常に参考になると思われますので、ここではその概要について見ていきましょう。

板読みに有効な4つのポイント

パニック・オーダー

ディレクション・ストロング

グッド・チャート

ゲット・アップ・ティック

そこで最も利益の上がる可能性が高い一手が「ゲット・アップ・ティック」という手法で、大口にはできない方法で利益を取りに行く方法となっています。

アルゴリズム取引を利用した板読みテクニック

しばらくすると大口がステルス注文で玉を集めている方向へブレイクする可能性が高いですから、その方向へのエントリー準備をしておきましょう。

板読みを活用したアイスバーグ注文

うまくこれを利用して、大口がブレイクさせる波に乗ることができれば大きな利益を上げることが可能となるでしょう。

板読みの教材としておすすめの本

「朝9時10分までにしっかり儲ける板読み投資術」

ユーザーレビューより抜粋
❝自分も元ディーラーでしたが、新人の時に先輩に怒られながら教えてもらったことが書いてありおもしろく追体験させてもらいました。
基本的に板って何?と思っている人にとっては非常にわかりやすいと思います。
あと同値撤退の方法が書いてあるのは初心者は非常に重要な点だと思います。なかなか逃げ方を書いてある本は少ないのでためになる一書です。❞
❝内容の中心は板読みの基礎の基礎。なんのために板読みが必要なのか、どんな点に着目したらいいのかがまとめられています。
本を読むだけで板読みできるようにはなりませんが、参考にして板を見、また読み直していけば徐々に書いてあることの理解が進んでいきます。
これから板読みを試してみたいという人におすすめの本になっています。❞

「投資家心理を読み切る板読みデイトレード術」

ユーザーレビューより抜粋
❝内容充実!出し惜しみのない力作だと思います。
株本は短期トレードを中心に50冊以上は読んでますが個人的にはベスト3に入る良書です。
板読みに限らずトレードで継続的に稼ぎ続けるために必要な心構えや考え方がしっかり書いてあります。❞
❝エントリーに迷いが出た時には必ず読み返す本となりました。
時代と共に手法は変わっていくと思いますが、売買のシステムを考案するのも今の所は人間が考えているので、基本的に板の向こうの対戦相手を意識する事はそう変わらないと思います。実践してこそ思いあたる問題や疑問が詳しく説明してありますので、何とも心強い本です。❞
❝「歩み値」の分析も優れたものです。類書にはこの点について触れて
ないものがほとんどです。中級者、上級者にとって座右の書であることは否定できません。❞

日経平均CFDってなに?

日経平均CFDってなに?

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる