FX取引の魅力とは

イールドスプレッドからみた株式市場

イールドスプレッドからみた株式市場
プレスリリース提供:PR TIMES リンク

『イールドスプレッド』からみた株式市場


重要な注意事項
・当資料は、情報提供を目的として、三井住友DSアセットマネジメントが作成したものです。特定の投資信託、生命保険、株式、債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。
・当資料に基づいて取られた投資行動の結果については、当社は責任を負いません。
・当資料の内容は作成基準日現在のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
・当資料に市場環境等についてのデータ・分析等が含まれる場合、それらは過去の実績及び将来の予想であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。
・当資料は当社が信頼性が高いと判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
・当資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。
・当資料に掲載されている写真がある場合、写真はイメージであり、本文とは関係ない場合があります。


【三井住友DSアセットマネジメント株式会社について】
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第399号
加入協会:一般社団法人投資信託協会、一般社団法人日本投資顧問業協会、
一般社団法人第二種金融商品取引業協会

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

デジタル製品主要記事

ZDNet Japan 注目ヘッドライン

編集部おすすめの記事

読まれている記事

  • 1 ドコモ、5Gを契約する一部ユーザーで通信障害--7月7日18時15分ごろから【復旧】
  • 2 au通信障害で注目「サブ回線」の選び方--「障害に備える」以外の用途にも注目
  • 3 任天堂、「スプラトゥーン3」デザインのNintendo Switch本体を8月26日発売

The Japanese edition イールドスプレッドからみた株式市場 of 'CNET' is published under license from A Red Ventures Company., Fort Mill, SC, イールドスプレッドからみた株式市場 USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are the copyright properties of A Red Ventures Company. or its suppliers. Copyright (c) A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are trademarks of A Red Ventures Company.

Copyright (c) 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.イールドスプレッドからみた株式市場

The Japanese edition of 'CNET' is published under license from A Red Ventures Company., Fort Mill, SC, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are the イールドスプレッドからみた株式市場 copyright properties of A Red Ventures Company. or its suppliers. Copyright (c) A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are trademarks of A Red Ventures Company. 個人情報保護方針 利用規約 訂正 運営会社 広告について

当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。 Copyright (c) 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No イールドスプレッドからみた株式市場 reproduction or republication without written permission.

NY市場サマリー(5日)ユーロ20年ぶり安値、利回り低下「逆イールド」発生

経済全般 イールドスプレッドからみた株式市場 2022年07月06日 07:09

NY市場サマリー(5日)ユーロ20年ぶり安値、利回り低下「逆イールド」発生

ドル/円 NY終値 135.87/135.90

ユーロ/ドル NY終値 1.0266/1.0270

30年債(指標銘柄) 17時05分 96*19.50 3.0487%

前営業日終値 95*02.50 3.1300%

10年債(指標銘柄) イールドスプレッドからみた株式市場 17時05分 100*15.50 2.8181%

前営業日終値 99*24.イールドスプレッドからみた株式市場 00 2.9040%

5年債(指標銘柄) 17時05分 101*31.00 2.8236%

前営業日終値 101*20.00 2.8980%

2年債(指標銘柄) 17時05分 100*10.88 2.8225%

前営業日終値 100*09.50 2.8450%

ダウ工業株30種 30967.82 -129.44 -0.42

ナスダック総合 11322.24 +194.39 +1.75

S&P総合500種 3831.39 +6.06 +0.16

COMEX金 8月限 1763.9 ‐37.6

COMEX銀 9月限 1912.1 イールドスプレッドからみた株式市場 ‐54.6

北海ブレント 9月限 102.77 ‐10.73

米WTI先物 8月限 99.50 ‐8.93

CRB商品指数 278.1647 ‐13.6625

ウォラーFRB理事、7月75bp利上げ支持 9月50bp上げ視野か

[7日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のウォラー理事は7日、月内に開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)で75ベーシスポイント(bp)の追加利上げを実施することに.

米経済の軟着陸の可能性は「十分」=セントルイス連銀総裁

[7日 ロイター] - 米セントルイス地区連銀のブラード総裁は7日、米経済の軟着陸を実現する「十分な可能性」があると語った。 ブラード総裁はアーカンソー州リトルロック地域の商工.

英中銀、必要なら大幅利上げ検討=ピル理事

[ロンドン 7日 ロイター] - 英イングランド銀行(中央銀行)のチーフエコノミストであるピル理事は7日、長期的な物価上昇圧力が定着するのを防止するために必要な場合にのみ、「不.

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。 論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。 否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意: スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語での コメントのみ許されています。

日経平均株価26,490.53+382.88+1.47%
日経225先物 (F)26,663.0+663.0+2.55%
韓国総合株価指数2,334.27+42.26+1.84%
NYダウ31,409.28+371.60+1.20%
独DAX12,843.22+248.70+1.97%
S&P/ASX イールドスプレッドからみた株式市場 2006,648.00+53.50+0.81%
米ドル指数106.940+0.042+0.04%
イールドスプレッドからみた株式市場
1,738.35+1.85+0.11%
原油 WTI102.73+4.20+4.イールドスプレッドからみた株式市場 26%
19.157-0.002-0.01%
米国綿花2番91.95+3.34+3.77%
排出権84.イールドスプレッドからみた株式市場 40+1.18+1.42%
米国シカゴコーン609.25+9.50+1.58%
米国コーヒー218.53-0.67-0.31%
ドル/円136.04+0.10+0.08%
ドル/ウォン1,イールドスプレッドからみた株式市場 297.04-8.10-0.62%
ユーロ/ドル1.0156-0.イールドスプレッドからみた株式市場 0025-0.25%
ユーロ/円138.15-0.21-0.16%
トルコリラ/円7.8843+0.0009+0.01%
豪ドル/円93.05+0.95+1.03%
ポンド/円163.52+1.46+0.90%
大塚ホールディングス5,000.0+65.0+1.イールドスプレッドからみた株式市場 32%
ソフトバンクグループ5,388.0+45.0+0.84%
トヨタ自動車2,105.0+47.0+2.28%
三菱UFJフィナンシャル・グループ713.7+3.7+0.52%
ブイ・テクノロジー2,769.0+20.0+0.73%
東芝5,402.0+7.0+0.13%
みずほフィナンシャルグループ1,540.0+9.0+0.59%

【市場反応】米週次新規失業保険申請件数は予想外に増加/5月貿易赤字予想上回るもドル買い継続

インフレ悪化やFRB信頼喪失懸念が大幅利上げ促す=FOMC議事要旨

再送ジョンソン英首相が辞任表明、相次ぐ不祥事で引責 閣僚50人超離反

米国株式市場=上昇、FOMC議事要旨を消化

米新規失業保険申請、予想外に増加 6月のレイオフ急増

ダウンロードするApp store

リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。

株式・FX市場情報

★NY株式市場では、主要三指数は全て下落する展開になった。消費や製造業の鈍化を示す経済指標を受けた売りに、寄り付き後は下落した。高級家具販売RHの再三にわたる見通し引き下げも消費鈍化懸念を強め、景気後退懸念が一段の売り圧力となった。同時に、コアPCE価格指数が予想を下回りインフレのピーク達成感が強まったため、米連邦準備制度理事会(FRB)の大幅な利上げ観測が弱まり金利低下を受けて、主要株式指数は引けにかけて下げ幅を縮小した。四半期末の機関投資家の資産配分見直しに伴う資金流入への期待が相場を下支えしたため、49ドル安前後まで下げ渋る場面があった。一方、長期金利は、5月米個人消費支出(PCE)が予想を下回ったことを受けて米景気の減速懸念が高まると、相対的に安全資産とされる米国債に買い(利回りは低下)が入った。市場では『月末・期末の機関投資家による保有債券の残存年限を長期化するための買いが入った』との声も聞かれた。今後も米長期金利の動向には注意が必要となる。イールドスプレッドからは、米長期金利が低下したうえ、主要三指数も下落したことで、イールドスプレッドは主要三指数は全てで拡大した。全般割高感はやや後退したものの、上値追いよりも下押し調整的な動きに注意が必要である。イールドスプレッドでは、米長期金利の動向が重要なポイントになる。

世界的な経済成長による景気回復に連れたインフレ懸念が高まってきている。特に、米連邦準備理事会(FRB)が金融引き締めを急ぐタカ派姿勢を強まっていることから、米長期金利が上昇することでイールドスプレッドが縮小しやすく株価は売られやすい地合いになっている。そして、米国金利上昇は世界的な金利上昇を招くことになり、世界的な株価にとって、ネガティブな材料となりやすい。また、ウクライナ情勢の緊迫化が続くなか地政学リスクから株価が売られやすい。米国株のVIX指数は28.16から28.71へ上昇した。ただ、VIX指数は20台後半で推移していることで、米国株は不安定な動きが継続しやすい。

NYダウの割高の目安は3.00%近辺、S&P500は3.00%割れ、ナスダックは1.5%以下が昨年からの割高の目安となっている 。 一方で割安の目安では、イールドスプレッドがNYダウ:4.0%台、S&P500:3.8%~4.0%台、NASDAQ:2.3%~2.5%台で割安感からの反発となりやすい。

米10年国債金利とNYダウ:2011/4/21以降の平均▲3.243%

・直近イールドスプレッド縮小: 21/1/11-▲2.611%、22/4/19-▲1.713%

22/6/6-▲2.009%、22/6/27-▲2.030%

(NYダウが割高・米国10年債割安の状態)

・直近イールドスプレッド拡大:19/1/3-▲4.226%、19/8/5-▲4.102%、

20/2/28-▲4.541%、20/3/23-6.017%

(NYダウが割安・米国10年債割高の状態)

・6月29日:▲2.219%⇒6月30日:予想▲2.345%(前日比で拡大:割安)

米10年国債金利とS&P500:11/4/21以降の平均▲2.774%

・直近イールドスプレッド縮小: 21/1/11-▲2.320%、22/4/19-▲1.989%

22/6/6-▲2.イールドスプレッドからみた株式市場 329%、22/6/27-▲2.461%

・直近イールドスプレッド拡大:19/1/3-▲3.869%、19/8/5-▲4.002%、

19/8/15-▲4.179%、20/2/28-4.499%

20/3/23-▲6.222%

・6月29日:▲2.イールドスプレッドからみた株式市場 696%⇒6月30日:予想▲2.830%(前日比で拡大:割安)

米10年国債金利とNASDAQ:11/4/21以降の平均▲1.742%

・直近イールドスプレッド縮小:21/1/11-▲1.066%、22/4/19-▲0.513%

22/6/8-▲0.716%、22/6/27-▲0.738%

・直近イールドスプレッド拡大:19/1/3-▲2.179%、19/8/15-▲2.383%、

19/8/15-▲2.498%、 20/3/16-▲4.094%

・6月29日:▲0.973%⇒6月30日予想▲1.111%(前日比で拡大:割安)

※PERの発表が時間的に遅行することから、前営業日の数値を使って当日終了時の予想を算定している。

※毎日イールドスプレッドを掲載していますので、米国株式市場の買われ過ぎ・売られ過ぎなど過熱感の目安としてください。

~続編~ 日本のイールドスプレッドは?日本市場向けの戦略もご紹介!

eワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株式(上場投資信託等を含む)・株価指数、預託証券、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)、暗号資産先物(リンク債)、暗号資産先物インデックスリンク債の価格変動、時間経過(一部の銘柄を除き、 一般に時間経過とともに価格が下落する)や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与えるので、投資元本の保証はなく、投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。 また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります(ただし、eワラントの価格が極端に低い場合には、対象原資産の値動きにほとんど反応しない場合があります)。 ニアピン(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数や為替相場の変動や、時間経過(同日内を含む)など様々な要因が価格に影響を与えるので、元本の保証はなく投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。 また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります。最大受取可能額は1ワラント当たり100円に設定され、満期参照原資産価格がピン価格から一定価格以上乖離した場合は満期時に価格がゼロになります。 同一満期日を持つ全ての種類のニアピンを購入しても、投資金額の全てを回収することができない可能性があります。 トラッカー(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)、暗号資産先物(リンク債)、暗号資産先物インデックスリンク債の価格変動や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与える有価証券です。 このため、投資元本の保証がなく、損失が生じるおそれがあります。トラッカーの価格は、eワラントに比べると一般に対象原資産の価格により近い動きをします(ただし、レバレッジトラッカーは同方向または逆方向に増幅されたような値動きとなります)が、任意の二時点間において対象原資産の価格に連動するものではありません。 また、金利水準、満期日までの予想受取配当金及び対象原資産の貸株料等の変動によって、対象原資産に対する投資収益率の前提が変化した場合には、トラッカーの価格も影響を受けます。 なお、取引時間内であっても取引が停止されることがあります。詳細は、最新の外国証券情報をご参照ください。
商号等/カイカ証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2526号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
取引委託手数料は無料(0円)です。また、お客様の購入価格と売却価格には価格差(売買スプレッド)があります。トラッカーの購入価格には年率で計算された管理コストが予め含まれています。また、暗号資産先物インデックス(リンク債)を対象とするトラッカーでは、原資産価格に管理コストが織り込まれていきます、これは保有期間に応じて投資家が負担する間接的なコストとなります。管理コストは、計算時点におけるマーケット・メーカーのヘッジコスト(金利水準、ヘッジ対象の流動性、資金調達コスト等を含む)の予想に基づいて設定され、銘柄および購入時点によって異なる可能性があります。

【免責事項】1.「日経平均株価」は、株式会社日本経済新聞社によって独自に開発された手法によって、算出される著作物であり、株式会社日本経済新聞社は、「日経平均株価」自体及び「日経平均株価」を算定する手法に対して、著作権その他一切の知的財産権を有している。2.「日経」及び「日経平均株価」を示す標章に関する商標権その他の知的財産権は、全て株式会社日本経済新聞社に帰属している。3.「本件カバードワラント」は、乙の責任のもとで運用されるものであり、株式会社日本経済新聞社は、その運用及び「本件カバードワラント」の取引に関して、一切の責任を負わない。4.株式会社日本経済新聞社は、「日経平均株価」を継続的に公表する義務を負うものではなく、公表の誤謬、遅延又は中断に関して、責任を負わない。5.イールドスプレッドからみた株式市場 株式会社日本経済新聞社は、「日経平均株価」の構成銘柄、計算方法、その他「日経平均株価」の内容を変える権利及び公表を停止する権利を有している。
©2021- CAICA Securities Inc.

意外に知られていないイールドスプレッドとは?イールドスプレッドを使った投資戦略をご紹介します!

長期金利と益利回りが連動して推移していることが分かります。
これは、1株あたりの利益が減少(増加)=益利回りが低下(上昇)=株式を売って(買って)債券を買う(売る)動きへ=長期金利が低下(上昇)というサイクルになるためと考えられます。
従って、この前提に立てば、イールドスプレッドは常に一定の数値を推移するはずなのです。
しかし実際はそうはなっていないのが分かるかと思います。2011年間だけで見ても、 -6% ~ -2% のレンジを行ったりきたりしています。
言い換えるならば、株式が割安(割高)で、債券が割高(割安)というタイミングがそれなりに存在するいうことになります。

イールドスプレッドを使った戦略をご紹介!

  • 取引対象はS&P500。
  • データは2011年1月からの月次データを使用。
  • イールドスプレッドが -4.5% 以下になったらS&P500を買い、 -4.5% 以上に上昇した時点でポジションを閉じる。
  • イールドスプレッドが -1.5% 以上になったらS&P500を売り、 -1.5% 以下に低下した時点でポジションを閉じる。

バックテストの結果は?

勝率を高めるために、トリガーとなる条件をかなり厳しめに設定したために、約11年半で5回しかトリガーにひっかかることはありませんでしたが、パフォーマンスは買いパターン、売りパターンの両方ともプラスとなりました。特徴としては、1回あたりのリターンが大きいことです。そのため、合計5回の取引で約+45%の収益を確保しています。1回あたりのリターンが大きいのは、設定したトリガー条件がかなり厳しい数字であるため、この条件にヒットする=株が急落(急騰)している、もしくは長期金利が急騰(急落)しているということに繋がっており、その反動による戻り相場が大きな収益を生んでいるためと思われます。

短い期間で大きなリターンを生むeワラントは最適な道具!

このサイトについて

eワラントジャーナルは、投資、経済、金融に関する情報を配信するメディアです。「投資をもっとお手軽に、もっと面白くする」カイカ証券が運営しています。
©2021 CAICA Securities Inc.
※eワラント証券株式会社は、カイカ証券株式会社の旧商号です。

関連リンク

zaif_pr

イーワラントとは?

eワラントは大きな値動きが特長の金融商品です。小額で、損失限定なのに、レバレッジをかけて相場の上昇局面、下落局面のいずれでも利益を狙えます。
eワラントのお取引をはじめるには、お取引口座の開設が必要です。カイカ証券では新規口座の開設を承っております。取引委託手数料は無料(0円)です。
商品解説資料「マンガでわかるeワラントの始め方」は、こちら からダウンロードできます(無料)。

Pick イールドスプレッドからみた株式市場 Up

サイト内検索

eワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株式(上場投資信託等を含む)・株価指数、預託証券、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)、暗号資産先物(リンク債)、暗号資産先物インデックスリンク債の価格変動、時間経過(一部の銘柄を除き、 一般に時間経過とともに価格が下落する)や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与えるので、投資元本の保証はなく、投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。 また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります(ただし、eワラントの価格が極端に低い場合には、対象原資産の値動きにほとんど反応しない場合があります)。 ニアピン(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数や為替相場の変動や、時間経過(同日内を含む)など様々な要因が価格に影響を与えるので、元本の保証はなく投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。 また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります。最大受取可能額は1ワラント当たり100円に設定され、満期参照原資産価格がピン価格から一定価格以上乖離した場合は満期時に価格がゼロになります。 同一満期日を持つ全ての種類のニアピンを購入しても、投資金額の全てを回収することができない可能性があります。 トラッカー(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)、暗号資産先物(リンク債)、暗号資産先物インデックスリンク債の価格変動や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与える有価証券です。 このため、投資元本の保証がなく、損失が生じるおそれがあります。トラッカーの価格は、eワラントに比べると一般に対象原資産の価格により近い動きをします(ただし、レバレッジトラッカーは同方向または逆方向に増幅されたような値動きとなります)が、任意の二時点間において対象原資産の価格に連動するものではありません。 また、金利水準、満期日までの予想受取配当金及び対象原資産の貸株料等の変動によって、対象原資産に対する投資収益率の前提が変化した場合には、トラッカーの価格も影響を受けます。 なお、取引時間内であっても取引が停止されることがあります。詳細は、最新の外国証券情報をご参照ください。
商号等/カイカ証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2526号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 日本暗号資産取引業協会
取引委託手数料は無料(0円)です。また、お客様の購入価格と売却価格には価格差(売買スプレッド)があります。トラッカーの購入価格には年率で計算された管理コストが予め含まれています。また、暗号資産先物インデックス(リンク債)を対象とするトラッカーでは、原資産価格に管理コストが織り込まれていきます、これは保有期間に応じて投資家が負担する間接的なコストとなります。管理コストは、計算時点におけるマーケット・メーカーのヘッジコスト(金利水準、ヘッジ対象の流動性、資金調達コスト等を含む)の予想に基づいて設定され、銘柄および購入時点によって異なる可能性があります。

【免責事項】1.「日経平均株価」は、株式会社日本経済新聞社によって独自に開発された手法によって、算出される著作物であり、株式会社日本経済新聞社は、「日経平均株価」自体及び「日経平均株価」を算定する手法に対して、著作権その他一切の知的財産権を有している。2.「日経」及び「日経平均株価」を示す標章に関する商標権その他の知的財産権は、全て株式会社日本経済新聞社に帰属している。3.「本件カバードワラント」は、乙の責任のもとで運用されるものであり、株式会社日本経済新聞社は、その運用及び「本件カバードワラント」の取引に関して、一切の責任を負わない。4.株式会社日本経済新聞社は、「日経平均株価」を継続的に公表する義務を負うものではなく、公表の誤謬、遅延又は中断に関して、責任を負わない。5.株式会社日本経済新聞社は、「日経平均株価」の構成銘柄、計算方法、その他「日経平均株価」の内容を変える権利及び公表を停止する権利を有している。
©2021- CAICA Securities Inc.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる