デモ取引

オシレーターとは

オシレーターとは
未分類

「オシレーター」はこれまでの機械式を過去の遺物に変えるのか?

後にクロノグラフの開発や自動巻き機構の開発で、機械式腕時計は誰でもが日常的に使えるアイテムとして定着することになります。様々なモジュールの追加で多機能を追求したり、耐久性を高めるための素材開発が進んだりしましたが、それらはいわば「対処療法」のようなもので、根本的にはホイヘンスが発明したものをアレンジすることでここまで来たわけです。たった一つの方程式でこれだけのマーケットを築いてきたかと思うと、それはそれで凄いことだとは思います。

前置きとして私の考えを述べておきますが、時計の開発史でいえば、最大のビッグバンが 「クオーツ時計」 の実用化なのは間違いありません。それに比べたらZENITHの「オシレーター」開発は小さな火山噴火程度のものです。クオーツは時間に縛られて暮らす現代人の生活に幅広く多大な影響を及ぼしましたが、「オシレーター」は今のところ、機械式腕時計をこよなく愛する私のような人間にのみ注目されている感じです。

機械式腕時計の愛好家がクオーツ時計を忌避する部分があるとすれば、それは 「エネルギーを何から得ているか」 ではないでしょうか。多くの腕時計好きは電気で動くクオーツをその高性能にも拘らず「つまらん!」と断じます。そしてブリキのロボットを動かしていたメカとさほど変わらない機械式の機構に得も言われぬ「温かみ」を感じるのです。

数千万円の超超高級腕時計も基本的にはブリキのロボットと変わらぬ仕組みで動いています。そしてそのことを重々承知した上で、それでも機械式を評価し続けます。きっとそこに、生物が持つ命とは別の 「無生物の命」 を感じるからかもしれません。

つまり、外部からエネルギーを得る「クオーツ」と自らエネルギーを作り出す「機械式」では、そもそも戦う土俵が違うという棲み分けが、腕時計好きの考え方の中には少なからずあると思います。

私を驚愕させた「オシレーター」が心底恐ろしいのは、機械式時計にとってはじめて 「同じ土俵」 で根本的な変革が起きたということだと思います。例えば「スプリングドライブ」がセイコーから発表されたとき、私なんかは当初「セイコー凄え!ハイブリッド凄え!」と感心しました。進化させた2つの技術を合体させてより強力な「何か」を生み出そうという発想はいかにも日本人的です。

機械式の動作をクオーツの制御システムで調速するというトンデモなアイデア。それにより機械式の限界を超えた精度が実現しました。「アイスクリームを天ぷらにする」みたいなどちらかといえば呆れる類の技術ですが、それを実現させてしまったセイコーの底力、最高性能の時計を作ることにかけては、間違いなくセイコーは世界のトップに君臨しています。

しかし、やはりというか…「スプリングドライブ」も機械式の 「王道」 から言うと他力本願の 「邪道」 にあたるようでして、「同じ土俵」で勝負したとみなされていない気がします。サッカー選手に腕相撲の勝負で勝ったとしても、サッカー選手はほんとうの意味で「負けた」とは思わないでしょう。世界中の時計産業を「ギャフン!」と言わしめるには「鮮やかなガチンコ相撲」を仕掛けるしかないのです。

そこについに現れた 「オシレーター」

プロトタイプですら 15ヘルツ (10万8000振動/時)というとんでもない超ハイビートで動作していましたが、ついに発表された 「量産型」 はさらなる進化を遂げ 18ヘルツ (12万9600振動/時)という恐ろしい数値。もちろん精度は従来の機械式の常識を覆しまくるレベルです。

https://inventor.zenith-watches.com/img/WATCHE.1083c416.png

この性能を聞いただけでも身震いがする「オシレーター」の実力ですが、どうやらコレ、かなり低価格でも提供されそうな予感がします。一体どういうことか?

通常、機械式のムーブメントは調速のために30個ほどの部品を必要とします。そしてこれらには「組み立て」の手間が付きまといます。手間が多ければ不具合も増えるというのは自明の理。

「オシレーター」はその部分をたった一つのパーツで賄うのです。そのお姿はこちらで。

学生の頃、製図に使ってた「テンプレート」を思い出しました。こんな摩訶不思議な形状の板だけで調速ができてしまう?コレを見ただけで「なるほど!」と思った人は天才です。しかし、コチラの動画でなら私も「!」くらいには理解できました(笑)


Zenith Defy Lab Oscillator Introduction

今後、大量生産体制が整えば、提供価格で既存のエボーシュに対抗できるレベルに達することも考えられます。「オシレーター」なら、なおかつ性能も爆上げなワケです。これはヤバい。自分の中の機械式時計に対する常識が壊される恐怖を感じます。

もしかすると、製造の難しそうな単結晶シリコンの「高級オシレーター」だけでなく、軽金属を使った「廉価版オシレーター」みたいなものが出てくる可能性も否定できません。数年後、可愛らしく回転するテンワが見える時計は希少品…なんてことになってたりして(;´∀`)

「オシレーター」はこれまでの機械式を過去の遺物に変えるのか?

後にクロノグラフの開発や自動巻き機構の開発で、機械式腕時計は誰でもが日常的に使えるアイテムとして定着することになります。様々なモジュールの追加で多機能を追求したり、耐久性を高めるための素材開発が進んだりしましたが、それらはいわば「対処療法」のようなもので、根本的にはホイヘンスが発明したものをアレンジすることでここまで来たわけです。たった一つの方程式でこれだけのマーケットを築いてきたかと思うと、それはそれで凄いことだとは思います。

前置きとして私の考えを述べておきますが、時計の開発史でいえば、最大のビッグバンが 「クオーツ時計」 の実用化なのは間違いありません。それに比べたらZENITHの「オシレーター」開発は小さな火山噴火程度のものです。クオーツは時間に縛られて暮らす現代人の生活に幅広く多大な影響を及ぼしましたが、「オシレーター」は今のところ、機械式腕時計をこよなく愛する私のような人間にのみ注目されている感じです。

機械式腕時計の愛好家がクオーツ時計を忌避する部分があるとすれば、それは 「エネルギーを何から得ているか」 オシレーターとは ではないでしょうか。多くの腕時計好きは電気で動くクオーツをその高性能にも拘らず「つまらん!」と断じます。そしてブリキのロボットを動かしていたメカとさほど変わらない機械式の機構に得も言われぬ「温かみ」を感じるのです。

数千万円の超超高級腕時計も基本的にはブリキのロボットと変わらぬ仕組みで動いています。そしてそのことを重々承知した上で、それでも機械式を評価し続けます。きっとそこに、生物が持つ命とは別の 「無生物の命」 を感じるからかもしれません。

つまり、外部からエネルギーを得る「クオーツ」と自らエネルギーを作り出す「機械式」では、そもそも戦う土俵が違うという棲み分けが、腕時計好きの考え方の中には少なからずあると思います。

私を驚愕させた「オシレーター」が心底恐ろしいのは、機械式時計にとってはじめて 「同じ土俵」 で根本的な変革が起きたということだと思います。例えば「スプリングドライブ」がセイコーから発表されたとき、私なんかは当初「セイコー凄え!ハイブリッド凄え!」と感心しました。進化させた2つの技術を合体させてより強力な「何か」を生み出そうという発想はいかにも日本人的です。

機械式の動作をクオーツの制御システムで調速するというトンデモなアイデア。それにより機械式の限界を超えた精度が実現しました。「アイスクリームを天ぷらにする」みたいなどちらかといえば呆れる類の技術ですが、それを実現させてしまったセイコーの底力、最高性能の時計を作ることにかけては、間違いなくセイコーは世界のトップに君臨しています。

しかし、やはりというか…「スプリングドライブ」も機械式の 「王道」 から言うと他力本願の 「邪道」 にあたるようでして、「同じ土俵」で勝負したとみなされていない気がします。サッカー選手に腕相撲の勝負で勝ったとしても、サッカー選手はほんとうの意味で「負けた」とは思わないでしょう。世界中の時計産業を「ギャフン!」と言わしめるには「鮮やかなガチンコ相撲」を仕掛けるしかないのです。

そこについに現れた 「オシレーター」

プロトタイプですら 15ヘルツ (10万8000振動/時)というとんでもない超ハイビートで動作していましたが、ついに発表された 「量産型」 はさらなる進化を遂げ 18ヘルツ (12万9600振動/時)という恐ろしい数値。もちろん精度は従来の機械式の常識を覆しまくるレベルです。

https://inventor.zenith-watches.com/img/WATCHE.1083c416.png

この性能を聞いただけでも身震いがする「オシレーター」の実力ですが、どうやらコレ、かなり低価格でも提供されそうな予感がします。一体どういうことか?

通常、機械式のムーブメントは調速のために30個ほどの部品を必要とします。そしてこれらには「組み立て」の手間が付きまといます。手間が多ければ不具合も増えるというのは自明の理。

「オシレーター」はその部分をたった一つのパーツで賄うのです。そのお姿はこちらで。

学生の頃、製図に使ってた「テンプレート」を思い出しました。こんな摩訶不思議な形状の板だけで調速ができてしまう?コレを見ただけで「なるほど!」と思った人は天才です。しかし、コチラの動画でなら私も「!」くらいには理解できました(笑)


Zenith Defy Lab Oscillator Introduction

今後、大量生産体制が整えば、提供価格で既存のエボーシュに対抗できるレベルに達することも考えられます。「オシレーター」なら、なおかつ性能も爆上げなワケです。これはヤバい。自分の中の機械式時計に対する常識が壊される恐怖を感じます。

もしかすると、製造の難しそうな単結晶シリコンの「高級オシレーター」だけでなく、軽金属を使った「廉価版オシレーター」みたいなものが出てくる可能性も否定できません。数年後、可愛らしく回転するテンワが見える時計は希少品…なんてことになってたりして(;´∀`)

晴れ晴れ日和

未分類

ユーロポンドを使った通貨強弱の見方。及川式では必須

及川式で最初の肝になるのが通貨の強弱ですね。 特に及川さんは、ユーロポンドとドル円をその指標として使っています。 ドル円はボラが出ているときはしていますが、基本この2通貨は取引していません。 及川さんは、個別チャートのテクニカルの形を見る前.

未分類

TradingView/mt4のRCIインジケーター。FXで相場の勢いを見る!

RCI(Rank Correlation Index)インジケーターは、株やFXで昔から使われているインジケーターです。 日本語だと「順位相関指数」という意味で値動きの勢いを示す感じですね。 モメンタム系オシレーターともいわれて、他に似たようなオシレーターだとRCI、C.

未分類

リオンちゃんのマシンガンハントFX。ツールや手法なども簡単に紹介

リオンちゃんのマシンガンハントを購入しました。 リオンちゃんは、声優という本業があり顔出しNGということで、一般発売ではなくFXismのメルマガ・LINE登録者のみに販売するという形になりました。 結構な数が売れたようですし、いまのところインフォトッ.

未分類

女性声優トレーダー「FX Vtuber リオン」GBP/AUDの狩り方まとめ

FX界の女性Vtuberといえばリオンちゃん。 そんなリオンちゃんのヒゲ刈りなど、過去のYoutube動画をまとめてみました。 GBP/AUDのポンオジを狩りたい人や、リオン式を学びたい人は参考にどうぞ。 オシレーターとは 【FXism Vtuberプロジェクトから生まれたリオンとは】 リオ.

未分類

FXに勝つ準備※おすすめのパソコン環境とスペックは?

FXを始める準備として必要なのがパソコンですよね。 スマホやipadでもトレードはできますが、勝てるFXを目指すならパソコン+MT4は必須です。 15年以上エンジニアをやってきて、パソコンも20個ぐらい買い替えてきたので、その経験を元に簡単にFX用のパソコ.

未分類

個人投資家と投機筋のポジションから相場を読む。個人投資家のポジションは見られている?

FXをやっているとポジションを持った瞬間に逆にいってしまい、誰かポジションを見てるんじゃないか?という疑問がわくと思います。 ブローカーはポジションを一括して見れますし、個人投資家のポジションを公開している所もたくさんあります。 実際、過去.

未分類

通貨のボラ把握に便利※MT4対応の無料「ボラティリティバー」インジケーター

通貨のボラを把握するのに便利なのがボラティリティインジケーターです。 ボラティリティの意味はこちら ボラティリティ(Volatility)とは、一般的に価格変動の度合いを示す言葉で、「ボラティリティが大きい」という場合は、その商品の価格変動が大きい.

未分類

億トレーダーひろぴーさんのFX手法や経歴など※いまは会社経営者へ

未分類

FXism 及川圭哉さんのFX手法と評判。FXで勝てない時に

及川さんのFXトレード塾「TRIBE」も終了しました。 わずか3日間の募集でお値段も税込み25万で、デイトレ大百科が19,800円なのでそれに比べたら高かったです。 でも、及川さん的には20億以上稼いでいるので塾をやる必要はないわけですが、人生のミッショ.

未分類

ベテラン女性トレーダー「鳥居万友美」さんの評判と手法・FX本やFXセミナーも多数

鳥居万友美さんは、2006年ぐらいからFXのセミナーなどをやっている超ベテランのFXトレーダーです。 離婚後にFXで成功していて、シングルマザーで息子さんが1人。 鳥居さんの年齢は、大学生の息子さんがいて、ブログ記事から2020年で54歳だそうです。お若.

Sequential (Dave Smith instruments) OB-6【ショッピングクレジット分割48回払いまで金利手数料0%!】

Dave Smith オシレーターとは Instruments OB-6 (オー・ビー・シックス) は伝説的なシンセサイザー開発者、トム・オーバーハイムとデイヴ・スミスにより開発された、6ボイス・アナログ・ポリフォニック・シンセサイザーです。

Sequential (Dave Smith instruments) OB-6【ショッピングクレジット分割48回払いまで金利手数料0%!】

商品の説明

●ボイス毎に2基ずつ搭載されたディスクリート・オシレーター。オシレーター1 はノコギリ波からパルス波へ、オシレーター2は三角波からノコギリ波を経てパルス波へと連続可変が可能。オリジナル Oberheim シンセサイザーでは不可能だった微妙なニュアンスを持つ波形を生み出す事が可能。オシレーター1はオシレーター2にハードシンクする事ができ、モジュレーションと組み合わせる事で複雑かつリッチな倍音成分を含むサウンドを得る事ができます。

《オシレーター・セクション》
・1ボイスにつき2つの新しいデザインのディスクリートVCO
・オシレーター毎に連続可変波形 (OSC1 : ノコギリ波 ? パルス波 OSC2 : 三角波 ? ノコギリ波 ? パルス波)
・オシレーター毎に設定可能なパルスワイズ
・ハードシンク オシレーター1にオシレーター2がシンク
・ボイス毎に矩形波のサブオクターブ・ジェネレーター (オシレーター1)
・ローフリーケンシーモード (オシレーター2)
・キーボード・トラッキング On/Off (オシレーター2)
・チューニングをずらすデチューン・アマウント

《ミキサー・セクション》
・オシレーター1アマウント
・オシレーター1サブオクターブ・アマウント
・オシレーター2アマウント
・ホワイトノイズ・アマウント
・ステイト・バリアブル・フィルター
・オリジナルの Oberheim SEM のフィルターにインスパイアされたステイト・バリアブル・フィルター
・ボイス毎に2ポール・レゾナント・フィルターを搭載
・ローパス ? ノッチ ? ハイパスへ連続可変するノーマルモード、バンドパス・モード
・バイポーラー・フィルターエンベロープ・アマウント
・エンベロープ・アマウントのベロシティ・モジュレーション
・キーボード・トラッキング Off / Half / Full

《フィルター・エンベロープ・セクション》
・4ステージ(ADSRタイプ)エンベロープ・ジェネレーター
・エンベロープ・アマウントのベロシティ・モジュレーション

《アンプリファイアー・エンベロープ・セクション》
・4ステージ(ADSRタイプ)エンベロープ・ジェネレーター
・エンベロープ・アマウントのベロシティ・モジュレーション
・ローフリーケンシー・オシレーター
・5つの波形(サイン波、ノコギリ波, 上昇ノコギリ波, 矩形波, ランダム(サンプル & ホールド))
・クロックシンク (内部クロック又は外部MIDIクロック)
・イニシャル・アマウント
・モジュレーション・デスティネーション : オシレーター1フリーケンシー, オシレーター2フリーケンシー, オシレーター1 & 2パルスワイズ, フィルター・カットオフ, フィルター・モード, アンプ

《X-MOD》
・ソース : フィルター・エンベロープ(バイポーラー), オシレーター2 (バイポーラー)
・デスティネーション : オシレーター1フリーケンシー, オシレーター1シェイプ, オシレーター1パルスワイズ, フィルター・カットオフ, フィルター・モード, ノーマル・トゥ・バンドパス・フィルター

《アフタータッチ》
・ソース : オシレーターとは チャンネル(モノ)アフタータッチ (バイポーラー)
・デスティネーション : オシレーター1フリーケンシー, オシレーター2フリーケンシー, LFOアマウント, アンプリファイアー・エンベロープ・アマウント, フィルター・エンベロープ・アマウント, フィルター・モード

《クロック》 オシレーターとは
・タップテンポによる設定も可能なマスタークロック
・BPM のコントロールと表示
・MIDI クロックシンク

《アルペジエーター》
・ノートバリューを設定可能 : 16分音符, 三連8分音符, 8分音符, 付点8分音符, 4分音符
・1~3オクターブレンジ
・モード : アップ, ダウン, アップ / ダウン, ランダム, アサインモード

《エフェクト》
・ステレオ・アナログ・ディストーション
・デュアル24bit 48kHzデジタルエフェクト, リバーブ(ルーム, ホール, プレート, スプリング), ディレイ(フルバンドワイズ・デジタルディレイ, BBDエミュレートディレイ), コーラス, フランジャー, フェイズシフター, リング・モジュレーター
・ディレイシンク
・トゥルーバイパス機能搭載 エフェクトOff時はフルアナログ信号パス

《パフォーマンス・コントロール》
・フルサイズ・セミウェイテッド・4オクターブ・キーボード (ベロシティ、アフタータッチ搭載)
・ピッチホイール & モジュレーションホイール (バックライト搭載)
・スプリング内蔵ピッチホイール, プログラム毎にレンジを設定可能 (+-1?12セミトーン)
・トランスポーズ・コントロールにより8オクターブの音域をカバー
・ホールドスイッチによる打鍵の保持
・ポリフォニック・ポルタメント
・ユニゾン (モノフォニック) モード, 1ボイスから最大6ボイスまで設定可能, コード・メモリー, キーモード
・マニュアル・スイッチ (Offにするとフロントパネルによるエディットが可能)

《パッチメモリー》
・500ユーザープログラム + 500ファクトリープログラムを100プログラム x 10バンクに記憶
・ダイレクト・プログラム・アクセス, Prophet-5スタイルの10個のプログラムボタンによるプログラムへのダイレクトアクセス

《入出力》
・メインステレオ・アウトプット L/Mono, R(2 × 6.3mm フォンジャック)
・ヘッドフォン・アウトプット(6.3mm ステレオ・フォンジャック)
・MIDI IN, MIDI OUT, MIDI THRU
・USBによる双方向MIDIコミュニケーション
・フィルター・カットオフ用 エクスプレッション・ペダル IN
・ボリューム用 エクスプレッション・ペダル IN
・サスティン・フットスイッチ IN
・シーケンサー スタート/ストップ フットスイッチIN

晴れ晴れ日和

未分類

ユーロポンドを使った通貨強弱の見方。及川式では必須

及川式で最初の肝になるのが通貨の強弱ですね。 特に及川さんは、ユーロポンドとドル円をその指標として使っています。 ドル円はボラが出ているときはしていますが、基本この2通貨は取引していません。 及川さんは、個別チャートのテクニカルの形を見る前.

未分類

TradingView/mt4のRCIインジケーター。FXで相場の勢いを見る!

RCI(Rank Correlation Index)インジケーターは、株やFXで昔から使われているインジケーターです。 日本語だと「順位相関指数」という意味で値動きの勢いを示す感じですね。 モメンタム系オシレーターともいわれて、他に似たようなオシレーターだとRCI、C.

未分類

リオンちゃんのマシンガンハントFX。ツールや手法なども簡単に紹介

リオンちゃんのマシンガンハントを購入しました。 リオンちゃんは、声優という本業があり顔出しNGということで、一般発売ではなくFXismのメルマガ・LINE登録者のみに販売するという形になりました。 結構な数が売れたようですし、いまのところインフォトッ.

未分類

女性声優トレーダー「FX Vtuber リオン」GBP/AUDの狩り方まとめ

FX界の女性Vtuberといえばリオンちゃん。 そんなリオンちゃんのヒゲ刈りなど、過去のYoutube動画をまとめてみました。 オシレーターとは GBP/AUDのポンオジを狩りたい人や、リオン式を学びたい人は参考にどうぞ。 【FXism Vtuberプロジェクトから生まれたリオンとは】 リオ.

未分類

FXに勝つ準備※おすすめのパソコン環境とスペックは?

FXを始める準備として必要なのがパソコンですよね。 スマホやipadでもトレードはできますが、勝てるFXを目指すならパソコン+MT4は必須です。 15年以上エンジニアをやってきて、パソコンも20個ぐらい買い替えてきたので、その経験を元に簡単にFX用のパソコ.

未分類

個人投資家と投機筋のポジションから相場を読む。個人投資家のポジションは見られている?

FXをやっているとポジションを持った瞬間に逆にいってしまい、誰かポジションを見てるんじゃないか?という疑問がわくと思います。 ブローカーはポジションを一括して見れますし、個人投資家のポジションを公開している所もたくさんあります。 実際、過去.

未分類

通貨のボラ把握に便利※MT4対応の無料「ボラティリティバー」インジケーター

通貨のボラを把握するのに便利なのがボラティリティインジケーターです。 ボラティリティの意味はこちら ボラティリティ(Volatility)とは、一般的に価格変動の度合いを示す言葉で、「ボラティリティが大きい」という場合は、その商品の価格変動が大きい.

未分類

億トレーダーひろぴーさんのFX手法や経歴など※いまは会社経営者へ

未分類

FXism 及川圭哉さんのFX手法と評判。FXで勝てない時に

及川さんのFXトレード塾「TRIBE」も終了しました。 わずか3日間の募集でお値段も税込み25万で、デイトレ大百科が19,800円なのでそれに比べたら高かったです。 でも、及川さん的には20億以上稼いでいるので塾をやる必要はないわけですが、人生のミッショ.

未分類

ベテラン女性トレーダー「鳥居万友美」さんの評判と手法・FX本やFXセミナーも多数

鳥居万友美さんは、2006年ぐらいからFXのセミナーなどをやっている超ベテランのFXトレーダーです。 離婚後にFXで成功していて、シングルマザーで息子さんが1人。 鳥居さんの年齢は、大学生の息子さんがいて、ブログ記事から2020年で54歳だそうです。お若.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる