初心者必見

チャート基本操作

チャート基本操作
詳しくみる

テクニカル分析指標:目次

株価移動平均線(1)
株価移動平均線(2) 一定の期間内に売買した投資家の平均コスト。テクニカル分析ではローソク足と並んで基本中の基本。(あり) 加重移動平均線
(指数)平滑移動平均線 単純移動平均線よりも直近の価格に比重を置いた移動平均線です。相場の動きに早く反応します。 ボリンジャーバンド 株価移動平均線と標準偏差で株価のリスクを見る。(あり) バンド幅 ボリンジャーバンドのバンド幅。株価の変動を表します。 パラボリック RSIの考案者が手がけたテクニカル指標。放物線のラインを使い相場の売買を行う。(あり) 陰陽足 終値をベースに、相場のトレンドと勢いを視覚的に捉える。 (あり) 転換足 株の達人オリジナルの株価の短期間における上昇と下降の方向の転換点を判別するための指標です。(あり) 線形回帰トレンド 相場がどのトレンドに位置するのか判断するのに有益。 モメンタム 短期的に価格の変化率をみるためのテクニカル指標。 ATR ボラティリティの確認に使うテクニカル指標。 ベクトル 一定期間の株価の動きの転換点を捉えるのに有効。 株価移動平均2線カイリ 長期移動平均線を基準に、短期移動平均線がどれだけ離れているかを見る指標。 平均足(チャート基本操作 コマ足) トレンドを捉えられるようにローソク足に修正を加えたテクニカル指標。 カギ足 一定の幅や率以上の株価の変化からトレンドを予測。 新値足 相場の流れの転機を知る日本の代表的チャートの1つ。 ポイント&フィギュア 時間の経過を考慮しない代表的な非時系チャート。カギ足・新値足と類似。 HLバンド ダウ理論でいう直近の高値・安値のブレイクをいかに捕らえるかというテクニカル指標。 バーチャート ローソク足と同様に相場のトレンドや強弱を確認する為に用いられる。 ラインチャート 終値を一本の線でつないだ折れ線グラフ状のシンプルなチャート。 三日平均線 日々の値動きを平均化することにより、トレンドを見極める。 ジグザグ 株価の大きな流れと波動を読み取るための指標。

オシレーター系のテクニカル指標

RCI 「上がり(下がり)始め」の時期とタイミングを捉えるテクニカル指標。 (あり) SRV-K・D(ストキャスティクス) 一定期間の高値・安値・終値から、「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を判断。中期的な方向性を見るのに適しています。 SRV-%K・%D・SLOW%D(ストキャスティクス) 一定期間の株価変動幅をとらえ、「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を判断。短期売買に向いています。 RSI 値上がり幅・値下がり幅から、「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を見る。(あり) ストキャスティクスRSI(SRV%RSI) ストキャスティクスの計算式にRSIの値を組み込んだ指標。RSIと比較して、感度が高い。 DMI 相場の上昇と下降をそれぞれ指数化し、トレンドの強弱を計算し、チャート化。(あり) ADX・R トレンドの強さの指数であるADXとその向きを確認するADXRを用いて判断。 MACD 2本の移動平均線を用い、相場の周期とタイミングを捉える。(あり) MACDヒストグラム MACDラインと同平均(シグナル)ラインとのカイリを棒グラフで表したもの。(あり) 株価移動平均乖離率(1)計算式とパターン
株価移動平均乖離率(2)基本と応用 株価が移動平均値とどれだけ離れているかを数値化したもの。
移動平均線に対する大幅なカイリ現象は必ず修正されるという経験則に基づいています。 株価移動平均2線カイリ 長期移動平均線と短期移動平均線を用いて天井圏・底値圏を確認。 サイコロジカルライン 値上がり(値下がり)の継続をみて、短期の売買タイミングをとらえる。 %Rオシレーター 一定期間の最高値・最安値と現在値との比較から強弱の度合いを見る。 篠原レシオ 仕手性の強い人気銘柄の売買ポイントを把握するために便利。 ピボット 先物市場で開発された、短期売買をするためのテクニカル指標。 コポック 本来月足に使用するために開発されたテクニカル指標。

今さら聞けないExcel_①基礎操作【Microsoft 365対応】

ビジネス現場で頻繁に使用される機能を中心に、実務で使うExcel操作をワークを通して学べるコースです。
基礎操作編として「セルの設定」「数式の基本」「関数(オートSUM)」などを学習いただけます。
Excel操作初心者の方はもちろん、Excelをある程度使える方も、今さら聞けない基本的な操作を身に付けられレベルアップを実感できるコースとなっております。
また「完成イメージ」のお手本データがありますので、我流で学んだ方にも自身で作成したデータと比較し、現在のレベルが把握できる内容となっております。

※Microsoft 365 Excel(2021)版で制作したコースになります。ただし、どのバージョンでも大きな操作の変更はございません。

今さら聞けないExcel_①基礎操作【Microsoft チャート基本操作 365対応】

ビジネス現場で頻繁に使用される機能を中心に、実務で使うExcel操作をワークを通して学べるコースです。
基礎操作編として「セルの設定」「数式の基本」「関数(オートSUM)」などを学習いただけます。
Excel操作初心者の方はもちろん、Excelをある程度使える方も、今さら聞けない基本的な操作を身に付けられレベルアップを実感できるコースとなっております。
また「完成イメージ」のお手本データがありますので、我流で学んだ方にも自身で作成したデータと比較し、現在のレベルが把握できる内容となっております。

※Microsoft 365 Excel(2021)版で制作したコースになります。ただし、どのバージョンでも大きな操作の変更はございません。

・新卒内定者
・新入社員
・Excelの操作に自信のない方
・Excelを「我流」で使用している方

①Excel基礎操作【元データ】をダウンロードしてみましょう
②Excel基礎操作【問題文】をダウンロードして、まずは問題を解いてみましょう
③Excel基礎操作【完成例】と比較してみましょう
④【完成例】通りに作成できればゴールとなります
⑤分からない部分を中心に動画を受講しチャレンジしてみましょう

※実際にPCを操作しながら受講することをおすすめします
※分かる部分も再度確認のために閲覧してください
※全く自信のない方は、動画を受講した後ワークに取り組んでください

■データ保存先■
Excel基礎操作【元データ】・Excel基礎操作【問題文】
⇒最初の動画「レクチャー受講の仕方」パートにあります

eラーニング CENTUM VP オペレーション基本操作

●パックコース
「基本コース」を5ユーザ、10ユーザ、15ユーザ単位で講座(ライセンス)を提供するお得なコースです。
・CENTUM VP オペレーション基本操作( 5ユーザパック)(コースコード:ECVB10M0)
・CENTUM VP オペレーション基本操作(10ユーザパック)(コースコード:ECVB20M0)
・CENTUM VP オペレーション基本操作(15ユーザパック)(コースコード:ECVB30M0)
※16ユーザ以上の場合は、見積にて対応します。

パックコースは、必要なユーザ数と同数のユーザパックをお申込みください。
ユーザパックの不足分は、基本コースをお申込みください。
例)「CENTUM VP オペレーション基本操作」コースを7ユーザお申込みの場合
5ユーザパック(ECVB10M0):1つ
基本コース (ECVB01M0):2つ

コース構成(所要時間:約4時間20分)

第1章 操作監視画面構成(約1時間21分)
1.デスクトップ表示構成
2.操作画面モード
3.デスクトップ環境
4.システムメッセージバナー
5.ブラウザバー
6.ウィンドウ共通項目

第2章 標準操作監視ウィンドウ(約2時間19分)
1.グラフィックビュー
2.フェースプレートビュー
3.チューニングビュー
4.トレンドビュー
5.プロセスアラームビュー
6.オペガイドビュー
7.メッセージモニタウィンドウ
8.ヘルプウィンドウ

第3章 レポート機能(約12分)
1.プロセス状態確認機能
2.プロセスレポートビュー
3.ヒストリカルレポートウィンドウ

チャート基本操作 チャート基本操作
No. コースコード コース名受講料(円)
(税込)
1 ECVB01M0 CENTUM VP オペレーション基本操作 66,000
2ECVB10M0 CENTUM VP オペレーション基本操作(5ユーザパック) 308,000
3 ECVB20M0 CENTUM VP オペレーション基本操作(10ユーザパック) 605,000
4 ECVB30M0 CENTUM VP オペレーション基本操作(15ユーザパック) 880,000

お申込み方法

「お申込み用紙」でのお申込をご希望の方は、eラーニング受講申込書に必要情報を記入し、
トレーニングセンターへE-Mailにて送付してください。
お申込み用紙はこちら

●メール記載例
宛先:[email protected]
件名:eラーニング申込 チャート基本操作
------------------------------------
eラーニングを申込みます。
氏名:XXXX
会社名:XXXXXXXXXX
TEL:xxxx-xx-xxxx

●お申込み時注意事項
・責任者様分も受講をご希望の場合は、受講者欄にお名前をご記入ください。
・複数ユーザでお申込みの場合は、受講希望者様分のメールアドレスをご記入ください。
・受講者様のお名前がない場合は、IDのお渡しはできかねます。

MT4のショートカット術!作業効率5倍にできる設定方法

MT4

  • MT4のショートカットの導入により、効率よく相場分析が行えるようになる
  • MT4の複数起動により、同時に複数のチャートを確認することができる

この設定を行うことにより、 チャートの時間足の一括変更や水平線などをボタン1つで行えるので、MT4での分析を効率よく行うことができます。

また、 MT4の動作を軽くする方法やMT4を複数起動する方法 チャート基本操作 についても解説しています。

この記事で得られる事MT4のセットアップができるようになる 口座開設の方法がわかる XMのリアル口座とデモ口座の違いがわかるこんにちは松井です。FXやバイナリーオプションの分析でMT4を使[…]

  • 1 MT4のショートカットの設定と複数起動する方法
    • 1.1 使用できるショートカット
    • 1.2 MT4の動作を軽くする方法
    • 1.3 MT4を複数起動する方法(Windows)
    • 1.4 MT4を複数起動する方法(Mac)

    MT4のショートカットの設定と複数起動する方法

    今回ご紹介するMT4のショートカットの設定方法に関しては Windowsのパソコンでのみ使用可能です。

    【ステップ1】ファイルのダウンロード

    【ステップ2】ダウンロードしたファイルを開く

    すると以下のような画面が開かれるので 「展開」をクリック してください(ファイルの解凍)。

    【ステップ3】ファイルを開く

    使用できるショートカット

    キー操作
    A 自動スクロール
    CCrosshair (Ctrl+ F)
    EText
    FFibonacci チャート基本操作 Retracement
    H 水平線
    L左価格ラベル
    P右価格ラベル
    Sチャートの右端移動
    T トレンドライン
    V 垂直線
    F5チャートの更新
    Win+D矢印の全削除
    1-9 時間足変更
    Ctrl+(1-9) 時間足の一括変更
    Win+Eexperts フォルダを開く
    Win+BMT4を再起動する
    Win+SStop one EA (Uncheck Allow Live Trading)
    Win+HMetaTraderを隠す/戻す
    ;チャート基本操作 チャートの拡大
    カタひらチャートの拡大
    menuチャートの縮小
    変換Ctrl+Shift+TAB
    無変換Ctrl+TAB

    MT4の動作を軽くする方法

    ニュースの表示を無効にする

    表示できる過去のチャートの数を下げる

    表示する通貨ペア数を減らす
    1. MT4画面上部の「気配値表示」をクリック(または「表示」→「気配値表示」)
    2. 表示された部分で右クリック
    3. 「全て非表示」をクリック

    1つのMT4で表示させる通貨ペアを減らす

    1 つのMT4でたくさんの通貨ペアを表示させすぎるのもMT4の動作が遅くなる原因となります。
    仮に16通貨ペアを表示させたい場合は、2つのMT4を起動し、1つのMT4で8通貨ペアを画面に表示させた方が動作が軽くなります。

    RCI (Rank Correlation Index)

    FX初心者におすすめ!FXの基礎知識や失敗しないための方法を紹介

    詳しくみる

    【初心者におすすめ】FX自動売買とは?

    詳しくみる

    スプレッドとは

    詳しくみる

    【2021年】FXの税金や確定申告・税率について

    詳しくみる

    FX取引手法とは?初心者に役立つ分析方法を紹介

    詳しくみる

    【初心者向け】無料デモトレード

    詳しくみる

    トラッキングトレード ガチンコバトル!

    詳しくみる

    FX用語集

    詳しくみる

    FXブロードネットが選ばれる5つの理由

    詳しくみる

    テクニカルチャート分析

    詳しくみる

    【初心者から上級者に人気】ドル円予想レポート

    詳しくみる

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる