投資基礎講座

フィボナッチリトレースメントの基礎と手法

フィボナッチリトレースメントの基礎と手法
FX取引におけるロング(買い)とショート(売り)、どちらが得意?

フィボナッチ・リトレースメントによる売買サイン

フィボナッチという名前は、12世紀ごろに活躍したイタリアの数学者レオナルド・フィボナッチから取られています。レオナルド・フィボナッチが「フィボナッチ数列」に関係した研究を行っていたため、後世にその功績が認められて彼の名前が引用されています。リトレースメントには、「引き返す、あと戻りする(retrace)」というような意味があります。フィボナッチ数列は、自然界で美しいとされる黄金比に収束するという点でも興味深いですね。

黄金長方形と貝殻螺旋

フィボナッチ・リトレースメントの使い方 (FX)

一時的な戻しが発生した場合 (38.2%戻し)

フィボナッチ・リトレースメントによる38.2%戻し

フィボナッチ・リトレースメントによる38.2%戻しの例。(トレンドブレイクを伴わない一時的な戻し

短期トレンドブレイクが起こった場合 (61.8%戻し)

フィボナッチ・リトレースメントによる61.8%戻し

フィボナッチ・リトレースメントによる61.8%戻しの例。(トレンドブレイクを伴う戻し

フィボナッチ・リトレースメントでよく用いられるフィボナッチ比率は、 38.2% 、 61.8% になります。強いトレンドに対しての一時的な戻りには38.2%前後の価格帯が意識され、強烈なブレイクを伴った戻りが発生した場合、半値水準の50.0%ないし61.フィボナッチリトレースメントの基礎と手法 8%前後まで戻されます

フィボナッチリトレースメントの基礎と手法
起点 100%
76.4%
61.8%
50%
38.2%
23.6%
仮底 0%

私の活用方法

フィボナッチ・リトレースメントによる61.8%戻し

直近のトレンドがブレイクされた後、「 フィボナッチリトレースメントの基礎と手法 どこまで戻るのか 」の目安としてフィボナッチ・リトレースメントの「 61.8%戻し 」を活用しています。上図はユーロドルの4時間足ですが、直近で綺麗な下落トレンドが発生しています。とあるポイントを境にトレンドブレイクが発生したので、その後上昇に転じています。トレンドブレイクの底となっている場所を「仮底」と定めます。ブレイク前の下落トレンドの始まりを「起点」と定め、フィボナッチ・リトレースメントを実際に引いて活用していきます。どこでトレンドブレイクが発生したのかについては「ブレイク(白字)」を参照してください。

フィボナッチ・リトレースメントによる61.8%戻し 日足

フィボナッチ・リトレースメントによる61.8%戻し ドル円

フィボナッチ・リトレースメントは、毎度のように何度も引くものではないと思います。綺麗にトレンドが出ていて、「ブレイクされてしまったけどどこまで戻すんだ?」、「今日の足はどこで確定させるつもりなんだ?」と判断に困った場合などに補助的に活用しています。

私の場合、「61.8%」、「38.2%」以外の数値はあまり参考にしていません

フィボナッチ・リトレースメントが使えるFX会社

フィボナッチ・リトレースメントはよく利用されているテクニカル指標なので、大体のFX会社で標準的に使えるかと思います。私の使っているFX会社では、GMOクリック証券、DMM.com証券、マネーパートナーズで使うことができます。

テクニカル指標は使えるのか、FX専業トレーダーから見た視点

監視ペア

私がフィボナッチ・リトレースメントを使うのは、「ブレイク後にどこまで戻されるのか分からない」ときの フィボナッチリトレースメントの基礎と手法 戻り目安 として利用しています。フィボナッチ・リトレースメントでよく利用されるのは「38.2%、61.8%」といった数値です。上図では短期トレンドブレイク後に「仮底」から「起点」に対して「 61.8% 」の所で壁が機能しています。ブレイク後、市場が一気に動いて「おいおいどこまで行くんだ?」「今日の足はどこで確定させるんだ?」といった見通しが良く分からない時に引いたりします。数ヶ月に1度とかそんなレベルなので、ほんとたまに引く程度です。

波動論、ダウ理論

  • 波動論 (エリオット波動)
  • ダウ理論

為替掲示板などでたまに見かける「エリオット波動 第5波」とか、そういう類のものです。私自身、こういう名称に抵抗があり「本当かよ」と疑っていますが、どうやら「第5波」とかこういった発言をする人と 私の頭の中で考えていることそのものは同じ なようです。

「○○論」と目にすると、はじめは オカルトチック な印象を受けますが、まんざら的を外していないように最近思います。既存のテクニカル指標よりもよっぽど合理的で値動きの本質に迫っている考え方かもしれませんね。

ただ、ネットに転がってる情報には素人が書いたウソ情報も多いので、低品質なネット情報をベースに波動論・エリオット波動等を学ぶのはどうかとも思います。

経験に勝る指標はなし!」 です。

サムネ画像

テクニカル指標は使えるのか、FX専業トレーダーから見た視点

サムネ画像

手法は万能であることが望ましい (FXの短期トレード)

サムネ画像

取引ルールは、「自分の犯した過ち」を減らしていった先にある

サムネ画像

FX取引におけるロング(買い)とショート(売り)、どちらが得意?

サムネ画像

FXで勝つためのポイント、箇条書き

サムネ画像

FX初心者におすすめFX本・FX攻略本などはあるか?

ギャンを知ろう!

ギャンとは何か?ウィリアム・D・ギャンが考案したトレードツールのこと。

ギャンとは何か?ウィリアム・D・ギャンが考案したトレードツールのこと。

ウィリアム・D.ギャンは米国の伝説的な相場師。1878年、テキサスで生まれ。

24のルール」で有名です。(ご存じの相場格言)

GANN FAN/GANN RETRACEMENT/GANN LINE/GANN GRIDなど

  • GANN FAN ギャンファン このツールが一番有名です。
  • GANN LINE ギャンライン ギャンを引くための45度のライン
  • GANN GRID ギャングリッド 言葉では説明しづらい・・
  • GAN RETRACEMENT ギャンリトレースメント 水平な線(フィボナッチリトレースメントと似ている)

ギャンのツールを使った売買例

ギャンリトレースメントの場合

ギャンリトレースメントの場合

ギャンファンの場合

ギャンファンの場合

【高勝率】フィボナッチ・リトレースメントの抜けを狙ったエントリー方法

下降の勢いが強くないということはもっと深い戻しを付けるために、 FR38.2% を突破して更に上昇していくかもしれません。つまり フィボナッチ・リトレースメントの抜け が発生するかもしれないということです。フィボナッチ・リトレースメントの抜けが発生するのであれば、 FR50% または FR61.8% までを狙った買いエントリーができるかもしれません。それでは、どのような値動きになればエントリーできるかシナリオを立ててみましょう。

買いシナリオ1

買いシナリオ1は、これまで何度も止められていた FR38.2% の部分で長時間揉み合った後に上昇していくのを確認してからの 買いエントリー です。この場合は押し目買いというわけではありませんが、横軸、つまり時間が経っても落ちないのを確認することで押し目買いと同じように安全なトレードができるというものです。

買いシナリオ2

買いシナリオ2は、これまで何度も止められていた FR38.2% を一気に上抜けしてその押し目からの 買いエントリー です。買いエントリーの基本は押し目買いなので、伸びた先っぽではエントリーしないように十分気を付けましょう。

実際の値動き

実際の値動きはシナリオ1のような形になりました。 FR38.2% に到達してから「1、2、3」と3回止められていますが、それでも下に落ちていきません。このことから FR38.2% の効力が明らかになくなってきていることがわかります。

トレンドライン を引いて、そのラインをブレイクしたところで 買いエントリー ができます。

利確目標は FR50% がよいでしょう。 FR38.2% を抜けた後というのは高確率で FR50% まで到達します。下降の勢いが強い相場であれば FR50% に反発してそのまま下降していく可能性もあるため FR61.8% まで狙うのは少しリスクが増えてしまいます。

ブレイクアウト手法は怖いからできないよ~という方も安心してください。 FR38.2% を突破した勢いのよい上昇はここから上に行く!という証拠に過ぎないので、エントリーできなくても構いません。

トレードの基本は押し目買い・戻り売りです。 押し目買いのシナリオを立てて、その通りになったらエントリーができるように準部をしておきましょう。これまで止められていた高値に トレンドライン を引き、そこに赤線のように乗せて反発したら押し目買いができそうだと考えておきます。

実際の値動きはシナリオの通りになりました。トレンドラインの部分で3回反発して逆三尊を形成しています。3つ目の谷から勢いよく上昇したのを確認してから 買いエントリー です。

【 攻防ラインを見極める 】 フィボナッチライン分析で仮想通貨トレード

フィボナッチライン分析で仮想通貨トレード サムネイル

マッチョな男性

凜とした女性

・攻防ラインがわかる

・他のテクニカル分析と組み合わせできる

・あらゆる相場で世界から意識されているので汎用性が高い

この記事を読めば、 フィボナッチリトレースメントの基礎と手法 フィボナッチラインを覚えることで得られるメリットやどのようなことが読み取れるようになるのかを分かる ようになります。

フィボナッチラインの線を実際に引いて見たい!という人は 【 実践編 】 フィボナッチリトレースメントの基礎と手法 フィボナッチリトレースメントの基礎と手法 フィボナッチリトレースメントの引き方 【 TradingView 】の記事をどうぞ。

フィボナッチ・リトレースメントの引き方 サムネイル

 【 実践編 】 フィボナッチリトレースメントの引き方 【 TradingView 】

フィボナッチ・リトレースメントで攻防ラインが見える

フィボナッチ・リトレースメントで攻防ラインが見える1 フィボナッチライン分析で仮想通貨トレード

フィボナッチリトレースメントの基礎と手法 ※↑視認性のため、フィボナッチライン表示はリバースさせています。人によって設定が異なる部分です

ビットコイン においては見事にフィボナッチ・リトレースメントをトレンドの始点から終点と思われるところに引くと 攻防が発生している ことが見て取れます。

攻防ってそもそもなに?

フィボナッチ・リトレースメントで攻防ラインが見える2 フィボナッチライン分析で仮想通貨トレード

他のテクニカル分析と組み合わせて使うことができる

他のテクニカル分析と組み合わせて使うことができる フィボナッチライン分析で仮想通貨トレード

エリオット波動の1波目の押し目は天井からフィボナッチ・リトレースメントの 「0.618」が意識されやすい と言われています。

「0.618」が意識されやすいフィボナッチリトレースメント

このように 既存のテクニカル分析の中でも参考にされるのがフィボナッチ比率 になります。

ビットコインの高値掴みを避ける方法 サムネイル

世界的に意識されるライン

主にヨーロッパ全土の貿易や金利に関わる考え方に影響を及ぼしています。

いわゆる 10進法の考え方を広めました 。言うまでもなく世界のほとんどの国で今も採用されている数字の見方です。

そして世界へ伝搬していったアラビア数字の見方とフィボナッチ理論は今も世界の生活の中でもかなり意識されている考え方です。

したがって チャートにも反映されやすい大切な指標の一つである ことは間違いないでしょう。

完璧な訳ではないフィボナッチライン

完璧な訳ではないフィボナッチライン フィボナッチライン分析で仮想通貨トレード

相場によっては集団心理の働き方が異なります 。必ず効く訳ではありません。

加えて、投資機関などは大衆の意識するラインを逆手にとって ダマシを入れてくることも しばしばあるためあります。

くさおか

改めてフィボナッチってなに?自然界に潜む黄金比の話

そんな 「フィボナッチ比率」は「フィボナッチ数列」からも抽出することができます。

フィボナッチ数列

フィボナッチ数列 フィボナッチライン分析で仮想通貨トレード

フィボナッチ比率

フィボナッチ比率

フィボナッチ・リトレースメントの比率

フィボナッチ・リトレースメントの比率

特に意識されやすいフィボナッチ比率

特に意識されやすいフィボナッチ比率

天井から5割戻した ライン(0.5)までいくと、「それなりに戻してきたなあ」 と意識されます。

天井から6.18割戻した ライン(0.618)までいくと、「かなり戻したなあ」 と意識されます。

天井から0.786割戻した ライン(0.718)までいくと、「売られすぎたろ」 と意識されます。

未来を予測する

過去のチャートに基づいて引いていた線は下降トレンドに合わせていました。ですので 上昇トレンドに合わせて反転すれば良いのです。

フィボナッチリトレースメントの線を引いてみました

草猫店長

コネ

仮想通貨チャートでフィボナッチを使いたい場合の選択肢

草猫店長

TradingViewの使い方は 仮想通貨でテクニカル分析のやり方をおすすめチャート分析ツールで紹介 で解説しています。

GMOコイン(ビットレ君)の使い勝手に関しては チャート分析はGMOコインのビットレ君に決定!使い方と機能を紹介 を参考にしてみてください。

まずはフィボナッチリトレースメントが効いていることを確認する

様々なフィボナッチライン

様々なフィボナッチライン

TradingViewであればリトレースメントの他に、9種類(円弧、時間、角度、チャネル、etc..)のフィボナッチラインを引くことができます。

テクニカル分析を勉強していれば自然に出会うフィボナッチ

実際に自分で引いていくことで「しっくりくる」と言うことがわかるようになる と思うのでぜひ使ってみてみてください。

フィボナッチライン分析で仮想通貨トレード まとめ

フィボナッチライン分析で仮想通貨トレード まとめ

実は、時間足でも 日本人も意識した方が良い時間足 というのがあります。

フィボナッチラインの線を実際に引いて見たい!という人は 【 実践編 】 フィボナッチリトレースメントの引き方 フィボナッチリトレースメントの基礎と手法 【 TradingView 】の記事をどうぞ。

フィボナッチ・リトレースメントの引き方 サムネイル

 【 実践編 】 フィボナッチリトレースメントの引き方 【 TradingView 】

世界のマーケットを根拠に解説した 【 世界視点 】 仮想通貨チャートのベストな時間足はどれ という記事があり根拠に基づいて解説しているのでよかったら読んでみてください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる