無料講座

NISAで投資信託を始めるには

NISAで投資信託を始めるには
太郎

つみたてNISAは、積立額の変更や、休止も可能

セゾン投信株式会社 代表取締役会長CEO
1963年生まれ。東京出身・明治大学商学部卒業。
1987年、現在の株式会社クレディセゾンへ入社。セゾングループの金融子会社にて債券ポートフォリオを中心に資金運用業務に従事した後、投資顧問事業を立ち上げ運用責任者としてグループ資金の運用のほか外国籍投資信託をはじめとした海外契約資産等の運用アドバイスを手がける。その後、株式会社クレディセゾン インベストメント事業部長を経て2006年セゾン投信株式会社を設立、2007年4月代表取締役社長就任。2020年6月より現職。

コロナ禍のリモートワークなど生活スタイルの変化により注目されたのが、資産形成に対する関心が高まったこと。特に、20~30代の若い人たちの間で、つみたてNISAの口座開設が急増した。 そんな状況の中、つみたてNISA本の決定版ともいえる『最新版 つみたてNISAはこの9本から選びなさい』(中野晴啓著、ダイヤモンド社)が3月16日に発売。 本連載では、つみたてNISAを利用して長期投資や資産形成をしてみたいという人に向けて、失敗しないつみたてNISAの賢い選び方・買い方について、同書から抜粋して公開する。 「つみたてNISAってなに?」という投資ビギナーの人でも大丈夫。基本的なところからわかりやすくお伝えしていくので、ぜひ、お付き合いください。

つみたてNISAは、積立額の変更や、休止も可能

Photo: Adobe Stock

つみたてNISAは、自由度の高い制度

たとえば、今まで月3万円だったのを、少し給料が減って生活が苦しいから2万円に変更することもできます

また、どうしても現金が必要になった場合、これまで積み立ててきたものの一部を中途解約することも可能です。

さらに、一時的に積み立てを休止させることも可能です。

「しばらく積み立てを続けていく経済的なゆとりがない。けれども今まで積み立てた分は非課税で運用を継続したい」という場合は、積立休止、その後状況が変わったら再開するという選択肢もあります

NISA5年目に必要な手続きは? 3つの選択肢 2024年から始まる新NISAにロールオーバーできるの?

課税口座に移すイメージ


非課税期間終了後は、課税口座に移して運用を継続するのも選択肢の一つ

一方で、損している時に課税口座に移すとどうなるでしょうか。例えば、5年前に50万円だったものが、5年後に30万円に下落したとします。課税口座に移すと、30万円が取得価格になってしまいます。その後、40万円に値上がりすると、10万円の利益に対して税金が掛かります。元金の50万円は回復していないのに、税金が掛かることには注意が必要です。

選択肢3「ロールオーバー」

ロールオーバーのメリット・デメリット

ただし、ロールオーバーにはデメリットもあります。例えば、120万円が5年後に200万円になった株式をロールオーバーしたとしましょう、その後に値下がりして損失を出してしまうと、当然、非課税のメリットを得られませんし、その年の非課税枠は残っていません。NISAは損益通算できないので、そのまま持ち続ける、というのが現実的な選択肢になるでしょう。これならロールオーバーせずに、5年経過後に利益確定して、6年目の非課税枠は新たな銘柄の投資に使ったほうがよかった、ということにもなります。

2024年には新NISAスタート。ロールオーバーはどうなる?

新NISAは2階建ての仕組みになっており、1階部分で購入できるのはつみたてNISAの対象商品、2階部分で購入できるのは従来の一般NISAの対象商品(一部ハイリスク商品除く)です。新NISA移行後は、まず1階部分を消費しないと2階部分が使えない制度設計となっています。

新NISAの仕組み

【図表】新NISAの仕組み
現行の一般NISAは大きく変更され、複雑になる

現在一般NISAを利用している人は、2024年になれば自動的に新NISAに移行することとなっています。新NISAになってもロールオーバーの仕組みはありますが、その場合には新NISAの非課税枠の2階部分(102万円)から消費し、それで収まらない金額を1階部分の非課税枠(20万円)を使うことになります。

2019年以降に一般NISAで買い付けた銘柄は、自動的に新NISAにロールオーバーされることにも注意してください。

新NISAの仕組みはかなり複雑で分かりにくく、さらに新NISAの投資可能期間はいまのところ、2024年~2028年の5年間だけ(非課税期間はその5年後の2032年まで)です。その後のことは未定となっています。政府が掲げる「資産所得倍増プラン」でNISAやiDeCoの拡充が検討されるようなので、仕組みの簡素化と恒久化を期待したいところです。

つみたてNISAは、積立額の変更や、休止も可能

セゾン投信株式会社 代表取締役会長CEO
1963年生まれ。東京出身・明治大学商学部卒業。
1987年、現在の株式会社クレディセゾンへ入社。セゾングループの金融子会社にて債券ポートフォリオを中心に資金運用業務に従事した後、投資顧問事業を立ち上げ運用責任者としてグループ資金の運用のほか外国籍投資信託をはじめとした海外契約資産等の運用アドバイスを手がける。その後、株式会社クレディセゾン インベストメント事業部長を経て2006年セゾン投信株式会社を設立、2007年4月代表取締役社長就任。2020年6月より現職。

コロナ禍のリモートワークなど生活スタイルの変化により注目されたのが、資産形成に対する関心が高まったこと。特に、20~30代の若い人たちの間で、つみたてNISAの口座開設が急増した。 そんな状況の中、つみたてNISA本の決定版ともいえる『最新版 つみたてNISAはこの9本から選びなさい』(中野晴啓著、ダイヤモンド社)が3月16日に発売。 本連載では、つみたてNISAを利用して長期投資や資産形成をしてみたいという人に向けて、失敗しないつみたてNISAの賢い選び方・買い方について、同書から抜粋して公開する。 「つみたてNISAってなに?」という投資ビギナーの人でも大丈夫。基本的なところからわかりやすくお伝えしていくので、ぜひ、お付き合いください。

つみたてNISAは、積立額の変更や、休止も可能

Photo: Adobe Stock

つみたてNISAは、自由度の高い制度

たとえば、今まで月3万円だったのを、少し給料が減って生活が苦しいから2万円に変更することもできます

また、どうしても現金が必要になった場合、これまで積み立ててきたものの一部を中途解約することも可能です。

さらに、一時的に積み立てを休止させることも可能です。

「しばらく積み立てを続けていく経済的なゆとりがない。けれども今まで積み立てた分は非課税で運用を継続したい」という場合は、積立休止、その後状況が変わったら再開するという選択肢もあります

将来の備えは待ったなし!波乱相場に負けない資産形成

米国シトラスカレッジ中退。2000年に独立FPとして開業。
金融商品の販売には関わらず、時間ベースの有料カウンセリングに特化する。これまで1000名を超えるお客様に、グローバルに投資を行う低コストの投資信託の有用性を説いてきた。
著書に「ラクして増やそう!バラつみ投資」(電子書籍)「投資信託35の法則」(ソーテック社)「ETF投資入門」(日本経済新聞出版社)などがある。
お気に入りは日本酒、散歩、国立西洋美術館。

カンさんのセミナーを復習したい方はこちら!

【現役世代向け】インデックス投資で金融資産を増やす秘策を伝授!(2021年11月30日開催)

50歳から始める!インデックス投資入門(2022年2月8日開催)

積立投資を始めるなら今!?インフレに備える資産形成術(2022年5月24日開催)

つみたて投資におすすめのファンド

全世界(日本を含む先進国・新興国)の株式へ投資

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

  • 日本を含む先進国および新興国の株式市場の値動きに連動する投資成果をめざします。
  • MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(配当込み、円換算ベース)に連動する投資成果をめざして運用を行います。
  • 原則として、為替ヘッジは行いません。

株式・債券や不動産投資信託(リート)など計8資産へ分散投資

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

  • 日本を含む世界各国の株式、公社債および不動産投資信託証券市場の値動きに連動する投資成果をめざします。
  • 各投資対象資産の指数を均等比率で組み合わせた合成ベンチマークに連動する成果をめざして運用を行います。
  • 各マザーファンド等を通じて、日本を含む世界各国の株式(DR(預託証書)を含みます。)、公社債および不動産投資信託証券(リート)に実質的な投資を行います。
  • 原則として、為替ヘッジは行いません。

つみたてシミュレーション(毎月1万円)

  • 上記は指数(株式とリートは配当込み)を使用しています。指数については【本資料で使用している指数について】をご覧ください。
  • 先進国債券、新興国債券、全世界株式、先進国株式、新興国株式、先進国リートは、米ドルベースの指数を使用しており、三菱UFJ国際投信が円換算しています。
  • 8資産バランスは、国内債券・先進国債券・新興国債券・国内株式・先進国株式・新興国株式・国内リート・先進国リートを1/8ずつ組み合わせたポートフォリオです。日次でリバランスしています。
  • 上記は毎月末1万円をつみたて投資(最終月末を除く)したと仮定して試算しています。表示桁未満は四捨五入して表示しています。
  • 上記はシミュレーションであり、実際の運用とは異なります。したがって、将来の運用成果を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりません。

  • 上記は指数(株式とリートは配当込み)を使用しています。指数については【本資料で使用している指数について】をご覧ください。
  • 先進国債券、新興国債券、全世界株式、先進国株式、新興国株式、先進国リートは、米ドルベースの指数を使用しており、三菱UFJ国際投信が円換算しています。
  • 8資産バランスは、国内債券・先進国債券・新興国債券・国内株式・先進国株式・新興国株式・国内リート・先進国リートを1/8ずつ組み合わせたポートフォリオです。日次でリバランスしています。
  • 上記は毎月末1万円を、また6月末・12月末には4万円を増額してつみたて投資(最終月を除く)を行ったと仮定して試算しています。
  • NISAで投資信託を始めるには NISAで投資信託を始めるには
  • 表示桁未満は四捨五入して表示しています。
  • 上記はシミュレーションであり、実際の運用とは異なります。したがって、将来の運用成果を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりません。

積立投資にひと工夫!「投信つみたて」ボーナス月設定

積立投資にひと工夫!「投信つみたて」ボーナス月設定

積立投資にひと工夫!「投信つみたて」ボーナス月設定

投信つみたてキャンペーン実施中!

【要エントリー】NISA・つみたてNISAも対象

2022夏!投信つみたてキャンペーン

2022夏!投信つみたてキャンペーン

本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。
マネックス証券株式会社および説明者は、セミナーおよび関連資料等の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、保証するものではございません。情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時または提供時現在のものであり、今後予告なしに変更・削除されることがございます。当社および説明者はセミナーおよび関連資料等の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。
銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、セミナーおよび関連資料等は当社および情報提供元の事前の書面による了解なしに複製・配布することはできません。記載内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

投資信託取引に関する重要事項

情報提供に関するご留意事項

本情報は、マネックス証券株式会社(以下「当社」といいます)が信頼できると考える情報源から提供されたものですが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。本情報は有価証券やデリバティブ取引等の価値についての判断の基準を示す目的で提供したものではなく、有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。本情報に含まれる過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
本情報は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。
当社は本情報の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、本情報は当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

NISA口座、ジュニアNISA口座の開設およびお取引に関するご留意事項

■ 事前または同時にマネックス証券の証券総合取引口座の開設が必要です。

  • NISA口座
    同一年(1月~12月)において、1人1口座(1金融機関)までの開設となり、NISA、つみたてNISAのどちらかをご選択いただきます。なお、同一年において両方の適用を受けることはできません。NISA、つみたてNISAの変更を行う場合は原則として暦年単位となります。金融機関変更を行った場合は複数の金融機関に複数の口座が並存しますが、同一年においては1口座(1金融機関)での買付けとなります。そのため、金融機関変更をしようとする年に既に買付けを行っている場合、その年の金融機関変更は行えません。また、金融機関変更をしてもNISA口座の残高を他の金融機関へ移管することはできません。金融機関変更については、下記をご参照ください。
  • ジュニアNISA口座(未成年者口座)および課税未成年者口座
    ジュニアNISAの利用を申し込むと、「ジュニアNISA口座(未成年者口座)」と「課税未成年者口座」が開設されます。ジュニアNISA口座では、受け入れた上場株式等の譲渡益や配当金・分配金が非課税となります。課税未成年者口座では、非課税とはなりませんが、上場株式等への投資を行うことが可能です。
    ジュニアNISA口座および課税未成年者口座の開設にあたっては、事前に親権者(法定代理人。口座開設者本人が成人している場合を除く)および口座開設者本人の証券総合取引口座の開設が必要です。また、マネックス証券では、当該親権者のみがジュニアNISA口座および課税未成年者口座における運用管理者となることが可能です。
    同一年(1月~12月)において、1人1口座(1金融機関)までの開設となります。NISA口座と異なり、金融機関変更はできません。ただし、NISA口座と同様、口座廃止後の再開設は可能であり、この場合は別の金融機関へ再開設可能です。
  • 「国内上場株式など」(ETF、ETN、REITなどを含む)
  • 「公募株式投資信託」
  • 「外国株式」(米国および中国の上場株式およびETF)

※ 国内上場株式などには、単元未満株、新規公開株式、公募・売出株式の取扱いを含みます。
※ 外国株式については、NISA口座開設に係る税務署確認結果を当社が受領するまではお取引いただけません。
※ 一部ETF等、取扱いのない銘柄があります。

  • 「国内上場株式など」(ETF、ETN、REITなどを含む)
  • 「公募株式投資信託」

※ 国内上場株式などには、単元未満株、新規公開株式、公募・売出株式の取扱いを含みます。ただし、新規公開株式、公募・売出株式は、ジュニアNISA口座のみの取扱いとなり、課税未成年者口座での取扱いはありません。
※ 一部ETF等、取扱いのない銘柄があります。
※ 積立サービスは、ジュニアNISA口座のみの取扱いとなり、課税未成年者口座は除きます。

  • 税務署審査の結果、重複口座であるなど当社に開設したNISA口座が無効であることが判明した場合には、そのNISA 口座で買付けた上場株式等は当初から課税口座で買付けたものとして取り扱われます。無効となったNISA口座でのお取引を取り消すことはできず、買付けた上場株式等から生じる配当所得および譲渡所得等については、遡及して課税されます(特定口座扱いにはできません)。
  • 当社が税務署審査結果を受領するまでの間に支払われる投資信託の分配金については、分配金再投資コースで投資信託を購入いただいた場合でも再投資されず、分配金受取となります。
  • そのほか、NISA口座の注文が失効する等の制約が発生いたしますのでご注意ください。

■ 株式売買および株式売買手数料(国内株)についてのご注意 注文期限は、その他の理由で注文が失効とならない限り、年に関係なく引き継がれます。
NISA口座およびジュニアNISA口座における国内株式(単元未満株除く)の株式売買手数料(NISA・ジュニアNISA)は、2016年受渡分以降、無料です(インターネット売買手数料。単元未満株については有料となりますので上記ページにてご確認ください)。課税未成年者口座における国内株式の株式売買手数料は、証券総合取引口座における手数料コース選択に関係なく、「インターネット株式売買手数料」の「取引毎手数料コース」となります。また、「ウェブサイト」売買手数料が適用されます。

■ NISAで投資信託を始めるには 配当金・分配金に関するご注意 NISA口座およびジュニアNISA口座の上場株式の配当金等が非課税扱いとなるのは、証券会社で配当金等を受取る「株式数比例配分方式」を選択されている場合のみです。なお、他の証券会社における配当金受取方式のご選択状況によって、マネックス証券において「株式数比例配分方式」を選択できない場合や、「株式数比例配分方式」以外の方式に変更となる場合があります。この場合、非課税扱いとなりませんので、ご注意ください。

■ 投資信託の分配金が再投資できず分配金受取になる場合があります 分配金の再投資買付は非課税投資枠を使用するため、非課税投資枠非課税投資枠の残りが少ない場合、再投資買付によって非課税投資枠を超過する場合があります。
この場合、当社では分配金再投資コースであっても再投資買付はできず、その勘定年は分配金受取となります(この分配金は非課税扱いです)。課税口座(特定口座・一般口座)で再投資買付されることもありません。勘定年が翌年扱いとなった時点で再投資買付を再開します。
また、投資信託の分配金は、当年に設定されている勘定(NISA/つみたてNISA)と同じ勘定で保有する投資信託の分配金のみ再投資買付が行われます。このため、つみたてNISAを選択した年にはNISA勘定の投資信託の分配金は受取となり、NISAを選択した年には、つみたてNISA勘定の投資信託の分配金は受取となります(この分配金は非課税扱いです)。

  • 外国株の非課税取引は、外国株取引口座画面(および米国株取引口座画面)にてお取引いただけます。
  • 外国株の非課税取引の際は、残り非課税投資枠を充分にご確認の上、ご注文ください。外国株取引にかかる非課税投資枠の更新は国内営業日1日1回のため、所定の優先順位により他商品の非課税取引が発注・約定され、外国株の非課税取引が課税扱いに変更されたり、注文中の注文が失効したりする場合があります。

■ 非課税投資枠の利用についてのご注意 年間の非課税投資枠は、NISAは120万円、つみたてNISAは40万円、ジュニアNISAは80万円までとなります。NISA口座またはジュニアNISA口座にて新規にお買付いただく分が対象となります。他口座や他金融機関から移管することはできません。また、売却しても非課税投資枠は再利用できません。非課税投資枠の残額(未使用分)は翌年以降に繰り越せません。

■ NISA口座およびジュニアNISA口座の損失は損益通算不可・繰越控除不可 NISA口座およびジュニアNISA口座で発生した損失は、特定口座・一般口座で保有する商品の譲渡益や配当金等と損益通算できず、また繰越控除もできません。ただし、ジュニアNISAにおける課税未成年者口座で発生した損失については、損益通算が可能です。

  • 非課税口座(未成年者口座)内上場株式等払出通知書
  • つみたてNISA信託報酬等実額通知書
  • <ロールオーバー(翌年の非課税投資枠に移すこと)を行う場合のご注意>
    ・当社が定める日(ウェブサイト等で告知)までに所定の手続書類を提出する必要があります。当該書類の提出がない場合は、課税口座(特定口座。特定口座の開設がない場合は一般口座)へ払い出されます。
    ・翌年の非課税管理勘定に移管される際の時価で非課税投資枠を使用します。移管時の時価がNISAの非課税投資枠(120万円)を超える場合でも、ロールオーバーは可能です。
  • <課税口座へ払出しを行う場合(ロールオーバーしない場合)のご注意>
    ・原則、特定口座(特定口座を開設していない場合は一般口座)へ払い出されます。特定口座を開設しているお客様が一般口座への移管を希望される場合は、所定の手続きが必要です。
  • ロールオーバー不可
    つみたてNISAは、NISAと異なり非課税期間終了後に次の非課税期間の非課税投資枠を使用すること(ロールオーバー)はできません。つみたてNISAの非課税期間である20年を経過した後はNISA口座から特定口座もしくは一般口座に払い出され、以降は課税扱いとなります。
  • 信託報酬等の概算値の通知について
    つみたてNISAに係る積立契約(累積投資契約)により買付けた投資信託については、原則として年1回、信託報酬等の概算値が通知されます。
  • 基準経過日における氏名・住所の確認について
    基準経過日(つみたてNISAにかかる積立契約(累積投資契約)により初めて投資信託を買付けた日から10年を経過した日および同日の翌日以後5年を経過した日ごとの日をいいます)において、つみたてNISA利用者の氏名・住所を確認いたします。なお、基準経過日から1年を経過する日までに当該確認ができない場合には、つみたてNISAにかかる新たな買付(再投資含む)はできません。
  • 18歳までの払出し制限
    その年の3月31日において18歳である年の前年12月31日までは原則としてジュニアNISA口座および課税未成年者口座からの払出しはできません。契約不履行等事由による払出しがあった場合は、ジュニアNISA口座および課税未成年者口座が廃止され、また過去分についても非課税の取扱いがなかったものとみなされ、さかのぼって課税されます。なお、2024年1 NISAで投資信託を始めるには 月1 日以降は、口座開設者が18歳に達していない年であっても、課税なしで払出すことができます。ただしその場合は、ジュニアNISA口座、課税未成年者口座で保有する商品すべてを払出す必要があり、払出し後、これらの口座は廃止されます。
  • 払出しの権限を有する者、成人になるまでの払出しの手続き
    ジュニアNISA口座および課税未成年者口座内の資産は口座開設者本人に帰属します。そのため、払出しは口座開設者本人またはその法定代理人に限り行うことができます。
    また、口座開設者本人が成人になるまでの払出しは、原則として口座開設者本人の同意が必要となります。そのため、口座開設者本人の同意、または口座開設者本人のために使われることを確認いたします。なお、払出しを行った資金を口座開設者本人以外の者が費消等した場合は、贈与税等の課税上の問題が生じる可能性があります。
  • ご資金の帰属について
    ジュニアNISA口座および課税未成年者口座にてお預りする資金は、他の口座同様、口座開設者本人に帰属する資金に限ります。口座開設者本人以外が資金を拠出する場合、当該資金は口座開設者本人に贈与済みの資金であり、口座開設者本人に帰属します。資金の帰属が異なる場合、所得税・贈与税等の課税上の問題が生じる可能性があります。
  • 課税未成年者口座における特定口座の取扱いについて
    課税未成年者口座は、「特定口座」または「一般口座」のお取引となります。ただし、ジュニアNISA基準年(3月31日時点で18歳となる年)以降は、当社では、「一般口座」のお取引に限らせていただきます。証券総合取引口座では、「特定口座」でお取引いただけます。

マネックス証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本暗号資産取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

当サイトは、株式会社新生銀行が同行の金融商品仲介をご利用のお客様へ勧誘する際に使用されることがあります。
株式会社新生銀行 登録金融機関:関東財務局長(登金)第10号 加入協会:日本証券業協会・一般社団法人 金融先物取引業協会

つみたてNISAで米国株のみに投資する方法を徹底分析|100円から可能

太郎

花子

本記事の内容

  • つみたてNISAで米国株のみに投資することはできない
  • つみたてNISAを使うならインデックスファンドがオススメ
    • オススメのインデックスファンド
    • オススメのネット証券

    米国株のみでつみたてNISAを運用したい方も多いでしょう。しかし、 つみたてNISAを米国株のみで運用するのは不可能で、米国株に連動するインデックスファンドに投資する必要がある訳です。

    つみたてNISAとiDeCo、最初に始めるべきなのは?違いを徹底比較! 節税をしながら投資に挑戦してみたい つみたてNISAとiDeCo、どちらを先に始めればいいのかな? 本記事ではそういったお悩みを解決していきたいと思います。 本記事の内…

    つみたてNISAで米国株のみに投資することはできない

    個別株はAppleやAmazonといった個々の企業に投資する方法です。一方でインデックスファンド(投資信託)は資産運用会社を通じて幅広い企業に投資する金融商品のことです

    個人投資家 インデックスファンド

    全世界株式ファンドの例

    例えばeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)という投資信託では

    つみたてNISAを使うならインデックスファンドがオススメ

    インデックスファンドとは

    インデックスファンドは市場平均に連動する投資信託のことで、市場の経済成長の恩恵をそのまま受けることができます 。

    インデックス アクティブ ファンド

    オススメのインデックスファンド3選

    eMAXIS Slim NISAで投資信託を始めるには 米国株式(S&P500)

    eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)はS&P500に連動するインデックスファンドで、低コストで米国の主要企業500社に投資することができます。

    業界最安水準のコストを誇る、eMAXIS Slimシリーズで最も人気のあるインデックスファンドで、純資産総額は8,000億円を超えています。

    S&P500 価格推移

    eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の評判/口コミを徹底比較! eMAXIS Slim 米国株式の評判を知りたいテキストを入力 自分に会ったインデックスファンドを探したい 本記事では、そういったお悩みを解決していきたいと思います。 本記…

    SBI・V・S&P500インデックスファンド

    SBI・V・S&P500インデックスファンドはeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)と同じくS&P500に投資するインデックスファンドです。

    金融商品としての性質はeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)とほとんど変わりませんが、よりコストを抑えて投資することができます。

    SBI・V・S&P500インデックスファンド取扱い金融機関

    SBI証券SMBC日興証券
    佐賀銀行マネックス証券
    岡三オンライン証券

    すでに他の証券口座をお持ちの方は、取扱金融機関の多いeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)を利用するといいでしょう。

    SBI・V・S&P500インデックスファンドの評価/利回りを徹底分析! 「SBI・V・S&P500インデックス・ファンド」の評価/口コミを知りたい 過去の「SBI・V・S&P500インデックス・ファンド」の利回りはどのくらい? 本記事では、そう…

    SBI・V・全米株式インデックス・ファンド

    運用会社SBIアセットマネジメント
    設定日2021年6月29日
    運用方式インデックスファンド
    ベンチマークCRSP US トータル・マーケット・インデックス
    購入時手数料無料
    実質的な年間負担0.0938%
    純資産総額207.8億円
    つみたてNISA対応
    主な組込銘柄Apple,Microsoft
    オススメ度★★★★★

    SBI・V・全米株式インデックス・ファンドの評価と買い方を徹底解説! SBI・V・全米株式インデックス・ファンド の評価や評判を知りたい! SBI・V・全米株式インデックス・ファンド はどこで購入することができるの? 本記事ではそういった…

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる