FXのやり方は簡単

取引タイミング

取引タイミング
出典:AdobeStock / FiledIMAGE

海外に行く前に準備したいソニー銀行の外貨普通預金

ソニー銀行には、取引状況に応じて手数料などが優遇されるプログラム Club Sがあります。Club sを活用すれば、 為替手数料がお得になるだけでなく、海外ATM利用料が無料になる回数も増えます。ステージの判定は、月末の残高や月間の取引状況に応じて判定され、翌々月の1カ月間反映される仕組みです。口座開設後、優遇プログラムのステージ獲得条件にクリアできそうなものがあれば、対応しておくといいでしょう。なお優遇プログラムが適用されるのは1カ月間と言いましたが、実はステージダウンの判定が適用されるのは3月と9月の判定のみで、それ以外の月は条件が有利になった場合のみ変更されます。

優遇プログラム 取引タイミング Club S|MONEYKit - ソニー銀行

ソニー銀行の優遇プログラム 取引タイミング Club S をご案内しています。

例えば9月に海外に行くならば、

・7月に口座を開設する(9月末まで購入時の為替コストは無料)

・7月中に優遇プログラムClub Sの適用条件を満たす(9月に条件が適用される)

をすればいいかと思います。

ソニー銀行での外貨預金の取引方法

取引方法は3種類あります。

成行(なりゆき)

いまの為替レートを見ながら取引する方法です。為替レートはリアルタイムで更新していきます。基本は最低単位は1通貨単位、1補助単位以上から取引できます。米ドル円の場合1ドル以上、1セント単位です。

指値(さしね)

指定したレートに到達すれば自動的に取引が成立するので、通貨を選び、指値と購入額を円または取引通貨で指定し、有効期限を設定するだけ。為替レートをずっと見ている必要がありません。有効期限は最長30日まで設定できます。FX取引でおなじみのIFD、OCOもできます。なお、指値の場合、最低取引額は日本円の場合10万円以上1円単位、海外通貨の場合は所定の通貨単位以上となっています。

IFD(IF Done):ひとつの注文が成立したら、別の注文が発注される手法です。ソニー銀行の場合、購入時の指値注文が成立したら、売却の指値注文を自動的に発注します。

OCO(One Cancels the Other):同時に2つの注文を申込、一つが成立したらもう一つは自動的にキャンセルされる手法です。ソニー銀行の場合、「購入ご購入」「売却と売却」「購入または売却」の組み合わせで利用できます。

取引タイミング

トレード画面のスプレッド表事例

上は GMOクリック証券 の注文画面で、画面上部の青枠が「BID(売値)」、赤枠が「ASK(買値)」です。

その間にある「 SP 0.2 」が現在のスプレッドです。

GMOクリック証券 は、スプレッドが一目でわかる仕様ですが、一部の会社ではスプレッドを表示せず、売値と買値を自力で計算させる仕様もあります。

スプレッドの計算方法

次にスプレッドのコスト計算方法です。

【1万通貨を手数料0.2銭でトレードした時のコスト】

10,000通貨 × 0.002円(スプレッド) = 20円

スプレッドが引かれるタイミング

スプレッドってどのタイミングで引かれるの?

実際にコストとして金額が引かれるタイミングは 決済注文のタイミング です。

スプレッドの違いでどれだけ年間コストが違うのか?

手数料でどれだけ損する?

スプレッドの違いで、年間コストはどれくらい変わるの?

質問の具体的な答えを出すために、米ドル/円を1万通貨スプレッド0.2銭1銭年間50回トレードした時のコストを比較してみましょう。

【1万通貨をスプレッド0.2銭で50回トレードした時の総コスト】

0.2銭(スプレッド) × 10,000通貨 × 50回 = 1,000円

【1万通貨をスプレッド1銭で50回トレードした時の総コスト】

1銭(スプレッド)× 10,000通貨 × 50回 = 5,000円

この後でも触れますが、特に短期トレード中心のトレードを考えている人は、スプレッドが狭い(安い)会社を選びましょう。

短期トレードはスプレッドに要注意!

デイトレードとスキャルピングは低スプレッド

短期トレーダーは必ず最狭水準スプレッドのFX会社を選びましょう。

スプレッドは取引回数が多くなるほどコストが高くなるため、取引回数勝負の短期トレーダーはできるだけ安い会社を選ばないと損をします。

短期トレーダーは、1日以内に取引を終えるデイトレードや、数秒や数分で終えるスキャルピングをメインとしているトレーダーです。

逆に日をまたぐスイングトレードや数ヶ月単位の長期トレードがメインの長期トレーダーは、取引回数が少ないためスプレッドの影響は小さいです。

コストの違いがイメージできるように、スプレッド1銭年間5回の長期トレーダーと年間100回の短期トレーダーを比較してみましょう。

【1万通貨を手数料0.取引タイミング 2銭で5回トレードした時の総コスト】

1銭(手数料) × 10,000通貨 × 5回 = 500円

【1万通貨を手数料0.2銭で100回トレードした時の総コスト】

1銭(手数料)× 10,000通貨 × 100回 = 10,000円

短期はスプレッドを重視し、長期の場合は手数料よりも金融経済ニュースの豊富さ取扱通貨ペア数など別の要素で会社を選びましょう。

スプレッドで会社を選ぶ時のポイント

手数料で会社を選ぶポイント

ポイントは、スプレッドが業界最狭水準であるか原則固定方式であるかの2点だけです。

米ドル/円 = 0.2銭以下を目安にしよう

米ドル/円のスプレッドを 0.2銭以下 に設定している会社を目安にしましょう。

なぜなら、0.2銭は国内最狭水準で十分狭いスプレッドです。

米ドル/円を0.2銭に設定している会社は、相対して他の通貨ペアも安く設定している傾向があります。

原則固定制を採用しているFX会社を選ぼう

原則固定を採用しているFX会社 を選びましょう。

理由はスプレッドが安定しているからです。

スプレッドの値を決める方式は、会社ごとに異なり国内では原則固定制変動制の2種類あります。

原則固定制は、FX会社が設定しているスプレッドが原則固定される方式で、スプレッドが安定しており初心者向けです。

変動制は、為替レートの値動きに合わせてスプレッドが変動する方式で、常にスプレッドが変動しているため、取引タイミングを計るのが難しく上級者向けです。

ただし原則固定制は「原則」とあるように、常時固定ではなくスプレッドが変動する時間帯があります。

変動する時間帯は、取引が停滞する早朝指標発表などのイベント発生時が多く、これらの時間帯は通常よりスプレッドが広がりやすい傾向があります。

ローンチのタイミングが悪く、世界的に強い流入があると非難されたオーストラリアのビットコインETFへの関心の欠如

出典:AdobeStock / FiledIMAGE

オーストラリアは、ビットコインETFへの関心の欠如で最も際立っている地域であり、このようなETFの最初のものは今年4月に発売されました。 それ以来、6月2日まで、国内のETFはBTC 199(USD 596万)しか蓄積していません。これは暗号研究者からのデータです。 アーケインリサーチ として、 共有 彼らのアナリストVetleLundeによる。

出典:Arcane Research 取引タイミング / Twitter

ArcaneResearchのアナリストであるVetleLundeによると、オーストラリアの投資家の間でビットコインETFに対する関心が薄れていることは、LUNAの崩壊とほぼ同時期に最初のETFがローンチされたという事実によって部分的に説明できます。 テラ 生態系が起こった。

「「[T]これらのETFは可能な限り最悪の時期にローンチされました」とLundeは語った Cryptonews.com、ローンチは「すべての株式にわたる幅広いリスク軽減のピーク」で、LUNAとterraUSD(UST)の崩壊によって引き起こされた暗号市場の崩壊に加えて起こったことを説明します。

彼は、オーストラリアのビットコインETFへの流入は時間の経過とともに強化される可能性が高いと付け加え、EBTCとして知られるETFは ETFS管理 ビットコインに直接さらされるため、最も利益を得ることができます。

まだ米国のスポットETFはありません

Arcane’s Lundeによると、カナダのETF、特に米ドルヘッジバージョンは、スポットベースのETFが米国市場で承認されると、流出する可能性があります。 しかし、ヨーロッパのETFは、「大規模な流出を経験しない可能性が高い」と述べたLundeによると、このリスクからより隔離されています。

違いを生む可能性のある肯定的な要因の中には、2人の米国上院議員からの新しい暗号法案と暗号交換による規則変更の提出があります FTX それはそれが仲介者を経由せずに直接取引をクリアすることを可能にするでしょう。

世界的に強い流入

4月1日の45,000米ドル以上の価格から、BTCは金曜日の08:取引タイミング 30 UTCの時点で約33%下落して30,000米ドルになりました。 先週、価格は同時に1.4%下落しました。

もっと詳しく知る:
-最初のオーストラリアのビットコインETFがCboeにやってくる
-オーストラリアの規制当局が暗号通貨の新しいポリシーロードマップを作成

仮想通貨の買い方を分かりやすく解説|購入タイミングやおすすめ取引所は?

仮想通貨買い方

価格が暴落した時

引用:trading view

しかし、 下落したチャンスに買い増すことができれば、相場が上昇した時の売却益を得やすくなります。

この時が、ビットコインや仮想通貨取引のタイミングだといえます。

ポジティブなニュースがでたとき

過去の歴史において、ビットコインやその他の仮想通貨にとってポジティブなニュースがでたとき、その仮想通貨の価格は大きく上昇してきました。

しかし、逆をいえばネガティブなニュースが流れると価格が急落するというリスクもありますので、仮想通貨を取引する際は関連するニュースから目を離さないほうが良いでしょう。

価格高騰のチャンスを掴むには、一つの仮想通貨に固執するのではなく、できるだけ多くの銘柄に目を配るべきです。

その点、bitFlyerはビットコインをはじめとする14種類の仮想通貨を取り扱っています

どのような通貨を取り扱っているかは、bitFlyerの公式サイトでご確認ください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

おすすめの仮想通貨取引所

bitFlyer

bitflyer-top
取り扱い銘柄数販売所形式:15種類
取引所形式:8種類
レバレッジ取引:ビットコインのみ
最小発注数量(ビットコインの場合)販売所形式:0.00000001BTC
取引所形式:0.001BTC
レバレッジ取引:0.01BTC
取引手数料(ビットコインの場合)販売所形式:無料(スプレッドあり)
取引所形式:約定数量×0.01%〜0.15%
レバレッジ取引:無料(スワップ手数料、スプレッドあり)
ツールネットブラウザ、スマホアプリ
その他のサービスステーキングリワードサービス
ビットコインをもらう
ビットコインをつかう
かんたん積立
bitFlyerクレカ
公式サイトbitFlyerの公式サイト
関連記事bitFlyerの評判

bitFlyerは、6年連続ビットコイン取引量がナンバー1である仮想通貨取引所です。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

bitFlyerはビットコインに関する経験が豊富で、セキュリティ能力が高く、販売所や取引所、つみたて、レバレッジ取引ができるプロ向け取引所、bitFlyerクレカなど様々なサービスを展開しています。

bitFlyerのサービスに興味がある方は、公式サイトをご覧ください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

DMM Bitcoin

dmmbitcoin-top
名称DMMビットコイン
取扱通貨数現物取引:6種類
レバレッジ取引:10種類
売買手数料無料
入金手数料無料
出金手数料無料
提供サービス販売所
レバレッジ取引
レバレッジ倍率2倍
公式サイトDMMビットコイン公式サイト
関連記事DMM ビットコインの評判

DMM Bitcoinは、DMMグループに属する仮想通貨取引所です。

DMM Bitcoinの特徴は、売買手数料や入出金手数料が無料であることと、10種類の銘柄でレバレッジ取引ができることです。

さまざまな仮想通貨でレバレッジ取引したい方にはぴったりの取引所ですのでは、DMM Bitcoinのサイトをご覧ください。

\もれなく2000円もらえる/

GMOコイン

GMOコイン-top
名称GMOコイン
取扱通貨数19種類
売買手数料販売所:無料
取引所:Maker:-0.01%,Taker:0.05%
入金手数料無料
出金手数料無料
大口出金:400円
提供サービス販売所
取引所(現物・レバレッジ)
暗号資産FX
貸暗号資産
つみたて暗号資産
公式サイトGMOコイン公式サイト
関連記事GMOコインの評判

GMOコインは、GMOグループに属する仮想通貨取引所です。

取扱通貨数が16種類あり、販売所、取引所、暗号資産FX、貸暗号資産サービス、つみたて暗号資産など多様なサービスを展開しています。

幅広い銘柄で様々な種類の取引をしてみたい方は、GMOコインの公式サイトでサービス内容などをご確認ください。

Coincheck

コインチェック-top
名称Coincheck
取扱通貨数18種類
売買手数料販売所:無料
取引所:無料
※手数料相当額:0.1~5.0%
入金手数料銀行振込:無料(振込手数料は顧客負担)
コンビニ入金:3万円未満は770円、3万円以上は1018円
クイック入金:3万円未満は770円、3万円以上は1018円
出金手数料407円
提供サービス販売所
取引所
Coincheck NFT(β版)
Coincheckつみたて
貸暗号資産サービス
Coincheckでんき
Coincheckガス
Coincheck IEO
レバレッジ取引取扱なし
公式サイトCoincheck公式サイト
関連記事Coincheckの評判

Coincheckは、マネックスグループの完全子会社となっている仮想通貨取引所です。

販売所や取引所、つみたてサービス、貸暗号資産サービスといった仮想通貨関連のサービスはもちろんのこと、NFT取引やでんき、ガスの取引、仮想通貨IEOといった新しい事業にも乗り出しています。

Coincheckの事業内容や仮想通貨取引については、 Coincheckの公式サイト をご覧ください。

ビットコイン/仮想通貨の買い方に関するQ&A

仮想通貨取引は何円から始められますか?

仮想通貨の最低取引金額は、仮想通貨取引所や仮想通貨の銘柄ごとに異なります。

たとえば、bitFlyerの場合は日本円で1円から購入可能です。

仮想通貨はいつ取引できますか?

原則、24時間取引可能です。

ビットコイン/仮想通貨の買い方まとめ

    取引タイミング
  • 仮想通貨を購入するには仮想通貨取引所で口座を開かなければならない
  • 口座を開くときにはメールアドレス、本人確認書類、銀行口座が必要
  • 仮想通貨に注目が集まっている理由は、仮想通貨の価値が認められつつあり、以前よりもセキュリティが強化され
  • ボラティリティの高さから大きな損失を出す懸念もある
  • 仮想通貨を買うタイミングは、暴落したときやポジティブなニュースが流れたとき
  • 仮想通貨の最低取引金額は取引所や仮想通貨銘柄によって異なる
  • bitFlyerは、1円から取引でき、高いセキュリティ能力を持っている代表的な取引所

ビットコインをはじめとする仮想通貨を購入するためには、仮想通貨を取り扱っている取引所で口座を開かなければなりません。

口座開設にはメールアドレスや本人確認書類、銀行口座が必要です。

近年、仮想通貨に注目が集まっている理由は、仮想通貨の価値が認められつつあるからで、ボラティリティの高さによりさらに注目度が上がっています。

仮想通貨を買うタイミングとしては、暴落したときや仮想通貨にとってポジティブなニュースが流れたとき ですが、相場の急変には注意が必要です。

仮想通貨が持つ高いボラティリティは、価値を不安定にしていますが、同時に売買で得られるキャピタルゲインを増大させる絶好のチャンスです。

しかも、bitFlyerなら1円から仮想通貨取引に参加可能ですので、詳しくはbitFlyerの公式サイトをご覧ください。

信用取引の始め方は?証券会社選びや銘柄選びなど手順に沿って解説

PayPay証券

1000円から日米株にスマホで投資できる!IPOに1株から申込可能。キャンペーンも開催

ファンディーノ

株式投資型クラウドファンディング・ファンディーノ

IPOやバイアウトを目指す急成長企業に数万円から投資可能!ESG企業の募集案件も多数

株式投資の最新ニュース

  • 2022/6/14オリコン、顧客満足度調査で金融系6サービスのランキング発表。各分野の総合1位は?
  • 2022/6/142022.6.14 マーケットレポート【FOMCが0.75%の利上げの可能性】
  • 2022/6/13早期離職、キャリアミスマッチをゲーム攻略型アプリで解決。人材開発ベンチャーがFUNDINNOで資金調達へ
  • 2022/6/13メンズ美容業界に新しい基準を。カットサロンの運営企業がFUNDINNOでクラウドファンディング
  • 2022/6/13企業のCSR事業・SDGs達成を見える化や分析でサポート。SIVENTH社がファンディーノで株主募集

株式投資の人気コラム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる