お取引ガイド

TradingView(トレーディングビュー)とは

TradingView(トレーディングビュー)とは
画像引用:TradingView

TradingView(トレーディングビュー)とは?魅力と利用できるチャート機能を紹介

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及びロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 TradingView(トレーディングビュー)とは 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

TradingView(トレーディングビュー)とは?特徴やメリット・デメリットを解説

TradingView(トレーディングビュー)とは?特徴やメリット・デメリットを解説

Google・Facebook・twitter・Yahoo!・Apple・Linked inなど、既存のアカウントに紐づけることもできますし、新規のメールアドレスからアカウントを作ることも可能です。

ステップ2:基本情報の入力

基本的な操作方法

・インジケーターの表示

・ラインの引き方

基本操作1:インジケーターの表示

そのため、よく使うインジケーターについては、最初から「お気に入り登録」しておくことをおすすめします。

基本操作2:ラインの引き方

まずは画面左端にある、斜線マークをクリックします。

その他一般的なラインのほかにも、エリオット波動やフィボナッチなど、 数多くのテクニカル指標がラインと同じように引ける ので、ぜひ色々試していただければと思います。

TradingView(トレーディングビュー)TradingView(トレーディングビュー)とは の料金は?

Tradingviewには、「BASIC」「PRO」「PRO+」「PREMIUM」の4種類のコースがあり、「BASIC」以外のコースは有料となります。

機能/プラン BASIC(無料) PRO($14.95) PRO+($29.95) PREMIUM($59.95)
広告表示
表示可能チャート数 1 2 4 8
保存可能チャート数 1 5 10 無制限
インジケーター表示数/チャート毎 3 5 10 25
アラート設定数 1 20 100 400
同時アクセス可能デバイス数 1 1 2 5

有料コースの機能はMT4でも代用可能ですが、 Tradingviewは端末やOSに捉われないという強み があります。特にインジケーターやチャートの複数表示は、テクニカルトレーダーにとっては不可欠な要素であるため、勝ち筋を見つけるために課金する価値を感じるでしょう。

ちなみに支払いは月分割よりも、年払いの方が15%程割引が適用されるため、すでに長期投資で取り組む気概のある方は、ぜひ年払いを選択してみてください。

TradingView(トレーディングビュー)とは?評判・口コミと使い方を徹底解説

TradingView (1)

TradingView-setumei-1-1024x597

画像引用:TradingView

サインイン方法を選択

TradingView-setumei-2

画像引用:TradingView

サインインしてユーザー名を決める

TradingView-setumei-3

画像引用:TradingView

基本的なチャート操作

見たい銘柄のチャートを表示する方法

TradingView-setumei-4-1024x379

画像引用:TradingView

TradingView-setumei-5-1024x570

画像引用:TradingView

TradingView-setumei-6-1024x653

画像引用:TradingView

描画ツールの基本操作方法

TradingView-setumei-7-1024x567

画像引用:TradingView

TradingView-setumei-8

画像引用:TradingView

インジケーターの表示方法

TradingView-setumei-9-1024x578

画像引用:TradingView

TradingView(トレーディングビュー)とは?評判・口コミと使い方を徹底解説

TradingView

引用:TradingView

まずはTradingViewの概要や特徴などを、わかりやすく簡単に解説します

高性能チャートツール

引用:TradingView

「TradingView(トレーディングビュー)」とは、 株式やFX、CFD、仮想通貨など、マーケット分析が行える高性能なチャートツール。

競合他社より優れたチャートツールで、世界1,500万人を超えるユーザーが利用し、国内でも大きな信頼を得ています。

特に、 チャート分析に必須な描画ツールとインジケーター、いわゆるテクニカル指標が豊富な機能性を持ちます。

テクニカル指標

またTradingViewは、非常にシンプルなチャート表示であるため、初めて利用する方でも機能を用いて簡単に使いこなせます。

なお 仮想通貨へ投資するトレーダーの利用者も多く、SNS上でも高い評価を得ているチャートツールがTradingViewなのです。

世界中の市場データを表示可能

TradingViewは、株価や為替、仮想通貨、国債、指数など、さまざまな投資商品を取り扱っています。

世界中の市場データを網羅しているため、チャートを複数表示させれば、マーケット動向を瞬時に捉えることが可能です。

つまり、市場データを網羅しているTradingViewは、通貨ペアと資源の相関関係を瞬時に捉えることも可能となります。

さまざまな金融商品を複数チャート表示させ、大きな価格変動が見られる場合にも、事前にリスクに備えることができます。

Webブラウザで起動するチャートツール

一方でTradingViewは、 Internet ExploreやGoogle Chrome、Safariなど、Webブラウザ上であれば簡単に起動します。

つまり、TradingViewはWebブラウザとネット環境があれば、いつどこでも市場分析が行える、非常に便利性の高いツールなのです。

PCを持っていない方でも、スマホさえあれば簡単に高性能なチャート表示やテクニカル分析が可能となります。

TradingViewは30日間無料で利用可能なので、ぜひ機能性を試してみましょう。

TradingViewの機能

充実したインジケーターと描画ツール

引用:TradingView

また、TradingViewのインジケーターは80種類以上も搭載されており、さまざまな相場の予測が可能になります。

ツールを用いて、 自身の分析方法で優位性を持ってトレードが可能になります。

なおツールのお気に入り登録ができるため、チャートのテクニカル分析をしたい場合に瞬時に予測ができます。

豊富な取扱通貨・銘柄

引用:TradingView

投資スタイルがデイトレやスイングの方には、TradingViewは特におすすめです。

つまり、 TradingViewが一つあれば、いくつものチャートツールを利用する必要がありません。

複数チャート表示をさせておくと、何らかの金融商品に大きな価格変動が場合に、相場の動向を捉えてリスクに備えることができます。

インストール不要なチャートツール

TradingViewはオンラインチャートツールであるため、値動きを見たい場合にリアルタイムでチャートが見れます。

またTradingViewのアカウント作成を行っておくと、別のデバイスでも同期することも可能です。

なお、 TradingViewはクラウド上に保存していることから、別のデバイスでログインした場合でも、設定をし直す必要はありません。

トレーダー同士で投資アイデアを共有できる

引用:TradingView

SNS機能とは、ユーザー同士が相場の動向を考察したり、投資に関するアイデアを意見交換するなど、仕組みは投資のチャットです。

SNS機能を利用して、多数のトレーダー達が相場の動向をどのように考えているか、それらを確認するツールとして使うことも可能です。

実際に30日間無料で利用できるTradingViewで、SNS機能を利用してみることもおすすめです。

TradingViewの使い方|アカウント作成

TradingViewは、アカウントが無い状態でもチャートを見ることが可能ですが、作成すると機能をより使うことができます。

公式サイトから「サインイン」をクリック

まず、 TradingViewの公式サイトへアクセスをして、右上の「サインイン」をクリックします。

TradingView

引用:TradingView

サインインする方法を選択

引用:TradingView

公式サイトから「サインイン」をクリックすると、以下のようにサインインする方法が表示されます。

サインインをする方法は、 メールアドレスでも登録可能ですが、既存のアカウントから作成すると簡単に登録できます。

また、Googleアカウントであれば、二段階認証などにより簡単にセキュリティを高めることも可能です。

サインイン後にユーザー名を設定する

引用:TradingView

先程作成したアカウントでサインイン後、ユーザー名を設定します。

ユーザー名の設定ができれば、TradingViewアカウントの作成が完了です。

実際に、30日間無料で利用可能な「TradingView」を試してみましょう。

TradingViewの使い方|利用方法

銘柄をチャート表示する方法

まずは、 TradingViewへサインインをし、左上の「チャート」をクリックします。

引用:TradingView

次に、 左上の”シンボル”と呼ばれる部分をクリックします。

引用:TradingView

すると「シンボル検索」が表示されるため、 検索部分に調べたい銘柄を入力して検索をすると、チャートが表示されます。

引用:TradingView

「シンボル検索」で、さまざまな銘柄を検索して、実際にチャート表示をさせてみましょう。

描画ツールの操作方法

銘柄を表示させた画面の左側サイドバーに、さまざまな描画ツールが表示されています。

いずれかをクリックすると、派生してさらにサイドバーが表示されます。

v

実際に描画ツールを試し、 よく使用する機能であれば「お気に入り(☆)」に登録することも可能です。

お気に入りにしておけば、ショートカットから簡単に描画ツールが利用できます。

TradingView(トレーディングビュー)とは 引用:TradingView

インジケーターの利用方法

チャートを表示させた画面上部の「インジケーター」をクリックします。

描画ツールと同様に「お気に入り(☆)」が登録可能なので、事前に登録しておくことをおすすめします。

引用:TradingView

TradingView(トレーディングビュー)とは

Photo: Jimmy Chin ©

マーケットサマリー

エディターズ・ピック

BTCUSD: 【BTCUSD】日足 下落はどこまで続くのかを予測

今回はBTCUSD(ドル建てビットコイン価格)について分析をしていきます。 NFTやDeFiが形作られるにつれて世の中は所謂、Web3.0へ移行しています。 その中でブロックチェーン技術は主要な役割をになっています。 その中で最も注目を浴びるのはメインで使用されるETHかもしれませんが、 暗号資産で最初に華やかに登場し、今後も一定の(取引)需要は見込まれるBTCの行く末を予測することは一定の意味があると考えています。 以上の考えがベースにあって、BTC価格を考えていきたいと思います。 まず大きな流れから羅列すると ①2018年末に向けてBTC取引が大きく普及した時代 ②低迷の時代 ③2021年のバブルの時代 ④ヘッドアンドショルダーズのネックラインを割り込んだ下落トレンド途中の時代 と切り分けられます。 現在は④にい.

USDJPY: USDJPY 4時間~ 7/4 米国雇用統計次第では一段の下げも視野に→選挙がらみの円買いも一時的に注意

EURUSD: 【自分メモ】2022/7/4~ユーロドル

①環境認識 日足→下目線 4時間足→下目線。三角持ち合い。なんとかトライアングル 1時間足→下目線。 ②まとめ TradingView(トレーディングビュー)とは すべての時間足が下目線。直近安値付近で揉んでいる 反発上昇がくればスルー、割れて安値更新すればショートエントリー検討 ※表示インジゲーター 20EMA→オレンジ色 75EMA→青色 200EMA→紫色 デイリーピボット→白色 ウィークリーピボット→緑色 ※ライン設定色 週足→緑色 日足→白色 4時間足→黄色 ※トレードマイルール ・チャートを21時~0時までしか見ることができないため、その時間内で エントリー~決済までする。 ・4時間足・1時間足の目線が一致するときにエントリー

EURUSD: ユーロドルパリティ目指す展開

ユーロドルのパリティ(1ドル=1ユーロ)が視野に入ってきた。 月足チャートで見ると2008年リーマンショック前の高値からの長い下落トレンドを 2020年7月に上方ブレイク、トレンド転換を果たしたものの、 景気回復は米国に及ばず再び下落トレンド域へと下落してしまった。 5月2017円の安値とほぼ面合わせとなる安値を示現するものの ECBの7月利上げを織り込む形で反発、安値割れ回避できるかと思われたものの 再び下落基調を強めており、5月安値を割り込めばパリティ(赤の点線ライン) までの下落はそう遠くないうちに達成しそう。 TradingView(トレーディングビュー)とは ボリンジャーバンドは拡大、MACDも21年8月にデッドクロスしてから 下方に安定して広がっており下落トレンドの強さを示している。

FXアイデア

GBPJPY: 【為替・FX】GBP/JPY ポンド円の今週のポイント

“クロス円の前提条件” ①基本的には円安方向 =落ちたとこは拾う ②ドル円の動向を注視する =基本今の相場はドル円についていく 👆この2つを意識👆 《GBP/JPY 日足》 強い下への動き、だが… ①前提条件にも書いたが基本的には上 ②今の円を買う理由は特に見当たらない ③ヒゲも下長め “方向感” 👉 圧倒的に上 “上の信頼期間 ” 👉 BBセンターの床化 👉 MA200の床化 👉 トレンドライン(青) “ 逆信頼 ” 👉 上条件のブレイク 《GBP/JPY 4時間足》 落ち方の勢いにやる気は感じる ①ただ、まだ上っぽい形 ②円を買う理由が見当たらない ③ここから3~4本の足は重要 ④.

USDJPY: 「自分用の環境認識」ドル円「様子見」

自分の記録用にアップしています。 1時間足をメインに「ダウ理論」を基本にトレードをしています。 大筋のトレードルルーは 1:レンジの上限で「買わない」「下限で売らない」 2:節目のブレイク後は必ず「押し戻し」をまってから! 3:イベントの動きに「飛び乗らない」最低でも1時間足の完成を見てから考える。 4:「抜け」を見るよりも「抜けなかった」を見るつもりで! 週末は方向感が無く上下に振られての陰線(日足)引け。 135.000付近のサポート見ていきたいところだが、短期足では下へのトレンドが 出始めているので注意したい。 又、134.500付近を割り込むようなら下への圧力も強まりそうなので しっかりと様子をみていく。 ※今日は米市場が休みなので無理をしない事。

GBPJPY: ポンド円はまだ下目線です。

ポンド円の日足です。 レンジの中で上下してますね。最後の金曜日に長い下ヒゲで終わりまして、もしかしたらここから上昇しだすかもしれませんがまだ反転したわけではないので下落中のままと見ておけば良いかと思ってます。 水色の上昇トレンドラインが意識されているように見えて「ここから上がったりするのかな?」と気にはなりますがまだ少し様子を見た方が良いかと思います。 ショートの利確目標としては160円まででしょうか。そこら辺にサポートラインは有ると思います。 最近は中途半端な所でポジションを持って、多少の含み益になるけど欲張ってポジションを抱え続けたら利確し損ねる。って事が2回続いてます。レンジでもじもじしてる状況が変わらない限りは早めに利確した方が良さそうですね。

AUDUSD: オージードル、節目に到達

暗号資産アイデア

BTCUSD: BTCUSD

アセマネのポジション動向を分析するとBTCに関しては先週ショートが$20692近辺で若干利確されたことで、今週は$20267で再びショートが積まれました。 5月18日に1085枚のショートが積まれて9週間を経て$29000まで33%の下落となったことから、これを直近建玉の約$20267に当てはめるなら大きなABCの着地点近辺の$13537となるため、アセマネ勢はここまでの下落を見込んでいることが考えられます。 BTCUSDはまだABC着地点とチャネルライン下限である約$12156まで余裕があるため、短気売りを行うのであればETHよりもBTCの方が効率は良さそうです。

BTCUSD: BTC/USD 1時間 20000$のラインが重く 時間との戦いとなってくるか

ビットコインは19000$前後を上下にうろうろとする展開、20000$ラインのサポートを割り込んだ後も戻しが悪く厳しい展開へ 20000$サポートを再び割り込み、早々に戻しが必要な局面ではあるが、需給も改善されず上値は非常に重く見える MA200ラインも降りてきて、このまま20000$がレジスタンスとなってくると、いつまでこの価格帯で耐えられるのか今度は時間との戦いとなってくるだろうか 直近安値圏の17500$前後を意識しつつ、底値を作る動きを見ていきたいが、明確なサポートがなく、この価格帯でグダグダしていくとさらなる下落を見ていく方が妥当に見える トレード戦略としては一旦17500$~17000$前後のラインをロングで狙うが、このあたりを一気に割り込むとサポートが無いのが怖い 基本的にはショートで売り場探しの相場に見える

BTCUSD: 【暗号資産】ビ予想というか定点観測14【2022年7月3日-9日】

ビットコイン半減期の翌年にバブルを繰り返すというパターンが本当なら、次回半減期2024年の翌年2025年が大幅上昇の年となります。まだまだ先の話ですね。 さて、2021年後半からのビットコインを俯瞰しますと、昨年11月の高値69000ドル付近(2021/11/10)から、今年1月の安値33000ドル付近(2022/1/24)まで約50%の下落でした。 2月は月の前半こそ上昇したものの、後半はロシアのウクライナ侵攻で株式市場が混乱するのと歩調を合わせるように、ビットコインも下落基調。その後3月は一旦48000ドルまで戻す場面(2022/3/28)もありましたが、4月は下落、5月は30000ドルを挟んでもみ合い膠着状態が続いていました。 そして5月末一旦上昇を見せたもの、6月に入ってまた下落が加速、20000ドルも割ってき.

BTCJPY: BTC&NASDAQ 7.3

BTCの底は、過去2回 同じ値なので、今回も同じ値なのか気になるところです VIX 月足 左・セクター別 右・ハイパーグロース VIXは売り優勢です セクターが全部落ちると回復も早いですが今の所は無理そうですね XLE エネルギーが、ちょい下がりました 気になるのはTLTですね、底をうってる感じですが、金利は上がらないと考えてるのか 頭の良い債券屋の動きが気になる所です S&P500 月足 左・セントルイス連銀ストレス指数 右・VOOV&VOOG セントルイス連銀ストレス指数は0%以下に留まってるので金利は上げやすいです VOOVとVOOG バリュー優勢ですが、全体的に下降しています S&P500.

株式アイデア

7201: 【7201】日産自動車 ついてる仙人の49なるchart(よくなるチャート)

月足のトレンドを見てみましょう。 高値 1220-664.5 切り下げ 安値 893.09-311.20 切り下げ 高値切り下げ安値切り下げの下降トレンド。 株価はすべての移動平均線の下になりました。 664.5円まで上昇した後は横ばいの動きになっていて底打ちの可能性がありましたが、 今年に入り横ばいの動きから下への動きに変わってきています。 ちょっと厳しい動きになっていますね。 週足のトレンドも見てみましょう。 高値 650-654.3 切り上げ 安値 516.5-436.5 切り下げ 高値切り上げ安値切り下げのトレンドレスですが、 2つ前のより安い安値501円を割っているので実質下降トレンド。 株価はすべての移動平均線の下にあります。 横ばいの動きから下に動き.

2502: 200日EMAを活用する ~200日EMAを攻略すると流れが分かる~

(2502)アサヒグループホールディングス 日足チャート 移動平均線大循環分析で見ると現在第5ステージです。 下降相場の終焉です。 これを200日EMAを入れてチャートを見ると方向性が良く見えてきます。 200日EMAが上昇して価格がその上で推移しているところは上昇相場。 200日EMAが下降して価格がその下で推移しているところは下降相場。 200日EMAを挟んで価格が推移しているところはもみ合い相場。 現在、もみ合い相場になっているのが分かりますね。 多くの投資家はこういった銘柄には興味を示しません。 私は違います。 なぜなら、このもみ合い相場がいずれ終わることを知っているからです。 終わればどうなるのかというと、トレンド相場が発生することが多いのが特徴で これを「もみ合い放れ」といいます。 暫くもみ合い相場.

6758: 押し目買い:ソニー

現在株価は反落中、買いのチャンス メタバース中核株 ソニーは米Epic Gamesに対して約268億円の戦略的出資。 ソニーは音楽やアニメなどのエンタメ分野が強い。 音楽ライブとかアニメ関連イベントとかもメタバースとは親和性が高い。 プレイステーションVRを手掛けるVR関連株としても中核株。 現時点で一番の本命

8316: 三井住友は押し目を作って上昇か

三井住友は8月下旬から上昇トレンドで推移していましたが、9月14日に高値をつけた後は下落し3日間陰線で終わっています。 8月12日の高値を超えることはできましたが、4000円の節目を超えることはできず調整局面となっています。 株価と20MAはまだ少し離れているため、調整が終わったとは判断できませんが、 相場が好転し株価が5MAを早期にうわ抜けし5MAが20MAを割らずに右肩上がりになれば押し目を作りそうです。 週足を確認してみると、5MAが20MAをちょうど上抜くところにあり、今後の上昇に弾みが付きそうです。 一方で、今週の週足は上ヒゲの長い陽線で終わっているため、3900円あたりまで調整が入る可能性もあります。 上昇が再開した場合は、前回失敗した4000円を超えていけるかがポイントとなりそうです。 4000円は今年の.

指数アイデア

MOS: 【マザーズ・7/4~の戦略】上値が重い状況はまだ続くの?今週の売買戦略

チャート分析は動画の通りです。 トレンド分析(#りかトレンド)、トレンドライン(りかトレンド)、ボリンジャーバンド、RSI NU/ND型のトレンドフォロー戦略の売買戦略では、トレンドに逆らった取引は行わないのが基本です。

SPXUSD: FOMC後、反発続く米国株。反発の上限の目処は?

米国株は大きなトレンドは依然として下降トレンドが続いていますが、 6/16、6/17 以降は反発してきています。 一般的に、過去12ヶ月以内の最安値から+15%〜+20%反発した場合に強気相場に転換したと見なされます。 そのレベルは、投資家も相場の先行きに自信を持ち積極的に買っていく姿勢に転換、売り方の撤退(踏み上げ)が起きるレベルなのでしょう。 現時点での過去P12ヶ月最安値は6/16、6/17です。 ここから+15%、+20%上昇のレベルはどこになるのラインを入れてみました。 現在、利上げモードにはいっており、QTも開始されたばかり、高いインフレも続いています。 米国株が強気に転換していくのはまだ先だと思われますので、 このラインを超えて強気相場に転換していくのは難しそうです。 また、もしも15%ラインを超えた場.

SPX500USD: SP500 弱い動きが継続

SP500の動きを見ていきます。 左が週足、右が日足です。 前回6/25に書いていたのは、 ---抜粋ここから----------------------------------------------- 今週は 反発の動きがどこまで続くのかを見ていきます。 日足にとっては、4204を超えてこなければ戻しということになります。 日足ストキャが陽転して、価格も伴っているので 上昇が期待できそうです。 まだ陽転して間もないところなので、買われ過ぎまではまだ余裕があります。 その間にどこまで戻せるのか。 4204を超えてくるような勢いになるのか 弱い戻しになるのかで 今後の動きが見えてきそうです。 ---抜粋ここまで---------------------------.

SPX: 米国株の大暴落がバブルの崩壊なのかどうか

年初来から始まる米国株の大暴落がバブルの崩壊なのかどうかを種々の背景をもとに考えてみた。(2022年5月29日現在) 結論としては残念ながらバブルの崩壊であり、その低迷は長期化するいう予想になった。 分析の観点は以下の3点。 ①金利の影響 ②国力の影響 ■金利の影響 一番上の図はSP500を世界恐慌が起こった1930年ごろまでさかのぼったものを対数表示したものである。 チャネルの直線性が分かりやすくなるようフィボナッチチャネルを重ねてある。 その中に株価に影響を与えた各時々の出来事を記してある。 続いて2段目グラフは政策金利、米国10年債利回り、インフレ率を示し、 それらから名目金利からインフレ率を引いた実質金利(もどき)を算出したものが3段目の図である。 これらのグラフから分かることは、まずインフレを抑えるために始め.TradingView(トレーディングビュー)とは

先物アイデア

NK2251!: 日経先物 日米で強弱別れる7月/分配金売りイベントを控えて

7月の日経平均は1週目にETF分配金捻出売りイベントがあったり2週目の他国の経済指標に振られやすく大きな上昇が見込みにくい月ですが、それと反対に米国株は第1週の独立家記念日までは強い傾向にあります(あくまで統計) ただ先入観を以て挑むと先週のようなふいの反転をフォローしていけなくなります。そこで今回は2つのインジケーターを目安に難しい7月相場を見てみます。 1.テクニカルレーティング テクニカルレーティングという機能をご存じですか?インジケーター→テクニカルで検索(technical)も可 移動平均とオシレーターから日足や週足の判定をしてくれるものですが、迷った時はこのインジケーターとハル移動平均線のインジケーターを見ています。 まずはじめにテクニカルレーティングですがチャートの右側に MA移動平均線 オシレーター の.

NK2251!: 日経225先物 7/9~26500円の売りポジはTL3大台で終了、今週も静観体制

6/30 1053 26500円売り TL3到達が大台でもあったのでここは一旦撤退。 ずぶずぶ下げてしまったが結果的に〇。 今週の戦略は、25000~25200円辺りまでの下落で買い。 ロスカットは24500円 売りは検討なし、買いもそれ以外はまだ未定。 *TL3修正

NK2251!: 日経225先物 7/4(月)日中 デイトレ シナリオ

現状は下降トレンドの60分足の調整中だが少し戻し過ぎ、15分足はトレンドレスで5波動目 この状況を基に A:26,500より上:60分足はトレンドレスに転換、75MA上、15分足も実質上昇トレンドに転換で上有利と考えて、下げても26,500より上で再上昇開始するなら買い場探し B:26,500~26,300:下降トレンドの60分足の調整が戻し過ぎで49MA上になりトレンドレスと考えて様子見 C:26,300~25,810:下降トレンドの60分足の調整終了と考えて、抵抗帯からの下落後、戻りが弱ければ売り場探し D:25,810より下:下降トレンドの60分足継続と考えて、下値は追わずに5分足のあや戻しからの売り場探し

XAUUSD: 金相場 下げ拡大

金相場の動きを見ていきます。 左が週足、右が日足です。 前回6/25に書いた注目ポイントは、 --------------------------- 今週のポイントとしては もみ合いになっているので、 どちらに動き出すのかを見ていきます。 上の場合は、1879を超えてくるか 下の場合は、1805を割り込むか 下げてくると、1787を目指す動きとなり 週足の1753のボトムも視野に入ってきます。 --------------------------- ということでした。 今週は、下げる動きがはっきりしてきて 1805を割り込み更に下げて1787も割り込みました。 現在のトレンド判断は ■週足トレンド判断 ピークとボトム:高値切り上げ、安値切り上げ →上昇トレンド 移動平.

教育アイデア

SPX500USD: チャートに”N”を探せ

今回の投稿では相場の動きの特徴であるN波動に焦点を当ててみたいと思います。 相場の動きはすべてN字と逆N字に分解することができます。 この視点を持つことで、複雑に見える相場の動きにも一定の秩序を見出すことができ、また波の伸びきった先でポジションを持ってしまうといったビギナーがやりがちなミスもなくすことができます。 一口にNといってもNには様々な形があるため、図解で紹介していきたいと思います。 .

BTCUSD: 負けトレーダーになる方法

みなさん、こんにちは!👋 ここ数週間、 相場環境に適応するための知識 や 適切なトレードマインドの構築 など、トレードを向上させるための最適な方法についていくつか見てきました。今日はその逆をやってみたら面白いのではないかと考えました。コミュニティのみなさんが強固でプロフェッショナルな取引方法を構築する手助けをするのではなく、どうしたら負けトレーダーになれるのかを一から考えてみましょう!というわけです。どのような属性や決断がトレードで負けを招くでしょうか? 理論的には市場は単なる確率のゲームです。トレーダーが確実に負けるようにするにはどうしたらよいのでしょうか。結論を先に言うと、簡単な行動をいくつか組み合わせるだけで負けは必然となります。 その1: リスクを定義しない .

BTCUSD: ビットコイン 今回も同じように底を作れるのか注目

ビットコインの短い歴史の中で見つけられるパターンとして平均線200週を底値として 上昇トレンドを作ってきました。今回も例の如く その周辺を起点としてあげていけるのか、注目だと思います。 また、EMA200週とSMA200週の間でレンジを作るパターンもありましたので、一緒に記載しました。

GBPJPY: 2022.6.23 トレード

【4時間足】 ≪値動きの意味≫ 直近下降を全戻し。その後、押し目を作って上昇。直近高値には届かず。 ≪ツール分析≫ 全戻し上昇の起点から考えてエリオット波動の動き。まだ5波の途中か、もう終わりなのか……。終わりなら山3つ作ってくれた方が分かりやすいが……。 【1時間足】 ≪値動きの意味≫ TradingView(トレーディングビュー)とは TradingView(トレーディングビュー)とは 直近下降をほぼ全戻し。押し目をつくらない(FR38すら届かない)強い上昇。 ≪ツール+法則分析≫ エリオット波動1・2・3で直近上昇のFR38に到達して反応している。6/20 17:00から直近高値へ上昇した際の起点でもある。前回上げた所は今回も……の法則が使えそう。買いの場合、下降エリオットの4波買いになる。ジグザグ動くと予測される。利確まで時間がかかりそう。 【5分足】 ≪値動きの意味≫ 直近は強い下降(下降エリオット3波なら理解は.

インジケーター&ストラテジー

US500: Ichimoku Kinkō hyō 目均衡表

█ OVERVIEW Ichimoku is known to be an Indicator that completes itself, for its power but TradingView(トレーディングビュー)とは also for its complexity. This is why I decided to improve the work of Goichi Hosoda in order to offer the maximum number of options for the most seasoned users but also beginners with options to simplify the reading of Ichimoku (such as a panel directly giving you the.

NIFTY: Traling.SL.Target

Trailing SL and Target I have seen few requests in PineScripters telegram group asking questions about implementation of trailing stop-loss (SL) and targets. This script is one of the way to implement the same. This script is developed based on dark color theme and is best viewed using dark color theme. How and where can this script be used: The script is built.

BTCUSDTPERP: Market Structure Break & Order Block by EmreKb

This indicator shows the market structure TradingView(トレーディングビュー)とは break (msb) and order blocks (ob). Msb occurs after the breakout old high when the price make lower lows or occurs after the breakout old low when the price make higher highs. OB TradingView(トレーディングビュー)とは occurs after the msb, ob is the last bullish candle before high if msb is bearish but if the msb is bullish then TradingView(トレーディングビュー)とは TradingView(トレーディングビュー)とは ob is the last bearish candle.

ETHUSDT: Template Trailing Strategy

This script is meant to be used as a generic template for new strategies. Take Profit, Stop Loss logic is provided out of the box TradingView(トレーディングビュー)とは with (or without) their trailing variations while the trailing for entry and exit orders can also be enabled and be configured! Custom quantity risk management is provided along with the ability to set custom signal messages that can be.

動画アイデア

MOS: 【マザーズ・7/4~の戦略】上値が重い状況はまだ続くの?今週の売買戦略

チャート分析は動画の通りです。 トレンド分析(#りかトレンド)、トレンドライン(りかトレンド)、ボリンジャーバンド、RSI NU/ND型のトレンドフォロー戦略の売買戦略では、トレンドに逆らった取引は行わないのが基本です。

USDJPY: 売り戦略(動画バージョン)

初めてトレーディングビューの動画を使ってみました‼ 上手く行っていますでしょうか? 内容は先ほどのアイディア + α TradingView(トレーディングビュー)とは TradingView(トレーディングビュー)とは です V字で下落していくようであれば、追わずに次のチャンスに備えます。

USDJPY: 6/24 USDJPY 5分足エントリーポイント振り返り

エントリー根拠 1.反転のピンバー 2.トレンドラインうわ抜け 反省点 1.ピンバーアラート直後にエントリーすべきでした 2.利確を早まってしましました 3.ダブルボトム形成を待ち、指値を入れておくべきでした。 134.609->134.748(13pips)

GBPJPY: 【FXポンド円】

ポンド円は日足で3度目の3度目の高値トライをしている。 この辺りは売りが出やすく、調整には十分警戒したい。(ブレイクアウト狙いはおすすめしない) 初心者にも分かりやすく解説しました。 #fx初心者

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる