FX取引

ヘッジファンドと国際金融市場

ヘッジファンドと国際金融市場
10年以上存続している株式アクティブ運用投資信託281本の信託報酬控除後のリターンについて見ると、過去10年間の平均リターンは年率1.36%であり、 全体の約3分の1の商品のリターンがマイナスとなっている。 また、インデックス運用投資信託と比較しても、株式アクティブ運用投資信託 281本の71%が日経 225 を参照するインデックス運用投資信託(純資産総額上位5銘柄)の過去10年間のリターン(年率 2.37%(信託報酬 控除後))を下回っている。 引用:平成28事務年度 金融レポート

「日銀は永遠のハト派」 ヘッジファンドは140円狙い

今日は日銀金融政策決定会合があった。
既に日銀が無制限指し値オペを毎日実施に踏み切ったことは、結果的に「寝た子を起こす」ことになった。
それまで日銀の動きには無関心であった外国人投機家たちまでが、円売りトレードに新規参入するキッカケになったのだ。
円キャリートレードという懐かしい言葉まで「復活」した。
これまで毎回スルーしてきた日銀金融政策決定会合も注目されるようになった。
今は、日銀が語れば語るほど、円安に打つ手なしの実態が露わになるからだ。
可能性は極めて低いが「万が一、日銀が介入してくれたら、チャンス」とヘッジファンドは身構えている。
世界の利上げへの流れに逆らって日銀が独自に動いても、勝ち目はない。
日銀金融政策決定会合の日の日本時間昼過ぎ(声明文発表)と午後3時半過ぎ(総裁会見)には、深夜のNYからヘッジファンドのチェックが入ることも常態化したきた。
ECB、スイス、英国、オーストラリアなど主要国中央銀行の利上げも相次ぎ、利上げドミノといわれるまでになった。
その中で、日銀だけがひたすら「大規模金融緩和政策を維持」しており、我が道を行く、或いは行かざるを得ない日銀の存在が浮き彫りになる。
FRBの利上げが0.75%から1%になれば140円も視野に入る。

金の果実シリーズとは

金の果実シリーズとは

金の果実シリーズとは

ETFとは

貴金属の特性

特徴とメリット

特徴とメリット

シリーズの魅力

転換(交換)の流れ

商品ラインナップ

商品ラインナップ

純金上場信託(金の果実)

  • 純金上場信託(金の果実)開示資料アーカイブ

純プラチナ上場信託(プラチナの果実)

  • 純プラチナ上場信託(プラチナの果実)開示資料アーカイブ

純銀上場信託(銀の果実)

  • 純銀上場信託(銀の果実)開示資料アーカイブ

純パラジウム上場信託(パラジウムの果実)

  • 純パラジウム上場信託(パラジウムの果実)開示資料アーカイブ

各種お手続き

各種お手続き

転換(交換)の手続き

投資リスクについて

投資家の皆様にご負担いただく費用について

豊島逸夫による金市場解説

  • 豊島逸夫による金市場の解説 ブログ一覧

池水雄一の貴金属講座

  • 池水雄一の貴金属講座 ブログ一覧

データ・レポート

データ・レポート

ヒストリカルデータ

貴金属市場に係るレポート

プラチナ市場に係るレポート

金の果実シリーズ 純金(1540)/純プラチナ(1541)/純銀(1542)/純パラジウム(1543)/上場信託(現物国内保管型ETF)

金の果実シリーズとは

金の果実シリーズとは

ETFとは

貴金属の特性

特徴とメリット

シリーズの魅力

転換(交換)の流れ

商品ラインナップ

純金上場信託(金の果実)

  • 純金上場信託(金の果実)開示資料アーカイブ

純プラチナ上場信託(プラチナの果実)

    ヘッジファンドと国際金融市場
  • 純プラチナ上場信託(プラチナの果実)開示資料アーカイブ

純銀上場信託(銀の果実)

  • 純銀上場信託(銀の果実)開示資料アーカイブ

純パラジウム上場信託(パラジウムの果実)

  • 純パラジウム上場信託(パラジウムの果実)開示資料アーカイブ

各種お手続き

転換(交換)の手続き

投資リスクについて

投資家の皆様にご負担いただく費用について

豊島逸夫による金市場解説

  • 豊島逸夫による金市場の解説 ブログ一覧

池水雄一の貴金属講座

    ヘッジファンドと国際金融市場 ヘッジファンドと国際金融市場 ヘッジファンドと国際金融市場
  • 池水雄一の貴金属講座 ブログ一覧

データ・レポート

ヒストリカルデータ

貴金属市場に係るレポート

プラチナ市場に係るレポート

  • 本サイト(http://kikinzoku.tr.mufg.jp)は、「純金上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「金の果実」) ・「純プラチナ上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「プラチナの果実」)・ 「純銀上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「銀の果実」) ・「純パラジウム上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「パラジウムの果実」) (以下、4商品を総称して「『金の果実』シリーズ」または総称して「純金/純プラチナ/純銀/純パラジウム上場信託」または「本商品」または「貴金属上場信託」といいます。なお本サイト内においては、個別商品について「純金/純プラチナ/純銀/純パラジウム上場信託」「純金上場信託」「純プラチナ上場信託」「純銀上場信託」「純パラジウム上場信託」「Japan Physical Gold ETF」 「Japan Physical Platinum ETF」 「Japan Physical Silver ETF」「Japan Physical Palladium ETF」 と称する場合があります)に関する情報の提供を目的としており、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
  • 「純金上場信託」「純プラチナ上場信託」「純銀上場信託」「純パラジウム上場信託」はそれぞれ別の地金(金・プラチナ・銀・パラジウム)を裏付けとした個別の商品です。
  • 本サイトにおける「日本初」とは、日本の金融商品取引所に上場されている商品のうち、日本に貴金属現物が保管されかつ貴金属現物に転換(交換)可能な商品として初めてであることを言います(2010年6月1日現在。三菱UFJ信託銀行調べ)。
  • 本サイトは、特定の金融商品等の取得・勧誘を目的とするものではありません。
  • 本サイト掲載の数値・グラフ等は過去の実績・状況であり、将来の市場環境・運用成果等を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりませんので、最終的な投資成果を示すものではありません。
  • 本サイトの内容は作成基準時点のものであり、その以後予告無く変更または廃止される場合があります。また、この資料に掲載されている情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
  • 当社は、本サイトに含まれる情報およびそれを利用したことにより発生するいかなる費用または損害等の一切について責任を負いません。
  • 本サイトの一切の権利は当社に属しており、目的を問わず、無断複製・転載を禁じます。
  1. 当社店頭窓口では本商品のお取り扱いはしておりません。本商品は東京証券取引所に上場されている商品であり、当社(店頭窓口およびインターネットバンキング等いずれも)では「申込・売買・現物への転換(交換)」等一切お取扱できません。本商品に係るお取引をご希望の方は、最寄の取扱第一種金融商品取引業者(証券会社)にお申込み下さい。
    なお、貴金属現物への転換(交換)は、小口転換取扱証券会社のみのお取扱となりますのでご注意下さい。
  2. 小口転換取扱証券会社以外の証券会社で本商品を保有されている方で、現物への転換(交換)を希望される方は、小口転換取扱証券会社への口座移管が必要となります。
  3. 貴金属現物から本受益証券への転換(交換)はできません。
  4. 転換(交換)には一定の口数が必要となります。また、銀・パラジウムは大口転換(交換)のみとなります。
  • 本商品は、預金等や保険契約とは異なり、元本の保証はありません。
  • 本商品の運用により信託財産に生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。
  • 本商品は「預金保険制度」の対象ではありません。
  • 金融商品取引業者以外の金融機関は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • 本商品は、販売会社がお申込みの取扱を行います。
  • 本商品の売買を行われるに際しては、予め、お取引先の金融商品取引業者等により交付される契約締結前交付書面等を十分にお読み頂き、商品の性質・取引の仕組み、リスクの存在、手数料、信託報酬等の費用等を十分にご理解いただいた上で、ご自身でご判断下さい。
  • 本商品は書面による契約の解除(クーリング・オフ)の適用はありません。
  • 本商品は投資信託ではありません。

【手数料およびリスクについて】

  • 本サイトに掲載の商品毎に所定の手数料・信託報酬等の費用をご負担いただきます。
  • 本商品は値動きのある地金等を信託財産としているので、一口あたりの純資産額(取引所開示)は変動します。したがって、投資家の皆様の投資元金が保証されているものではなく、一口あたりの純資産額(取引所開示)下落により損失を被り、投資元金を割り込む事があります。 およびリスクの詳細につきましては必ず目論見書・有価証券届出書(純金上場信託/純プラチナ上場信託/純銀上場信託/純パラジウム上場信託)をご覧下さい。

商号等 : 三菱UFJ信託銀行株式会社 登録金融機関 関東財務局長(登金)第33号
加入している協会の名称 : 日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

外部サイトリンク

リンク先のページを開く

サイトに戻る

レポートの閲覧にあたって

ご留意事項

●次画面掲載のレポートは金市況等に関する情報の提供を目的としたものであり、特定の金融商品等の取得・勧誘を目的とするものではありません。
●次画面掲載のレポートはWorld Gold Councilの許可を得た上で掲載しております。著作権はWorld Gold Councilに帰属しており、目的を問わず、無断複製・転載を禁じます。
●次画面掲載のレポートは、World Gold Councilが作成したものであり、当社の見解や見通しを表すものではありません。
●次画面掲載のレポートの正確性、完全性についてWorld Gold Council及び当社が保証するものではありません。
●次画面掲載のレポートを利用したことにより発生するいかなる費用または損害等の一切について、World Gold Council及び当社は責任を負いません。 ヘッジファンドと国際金融市場
●次画面掲載のレポートの内容に関するご質問にはWorld Gold Council及び当社はお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

レポートの閲覧にあたって

ご留意事項

●次画面掲載のレポートはプラチナ市況等に関する情報の提供を目的としたものであり、特定の金融商品等の取得・勧誘を目的とするものではありません。
●次画面掲載のレポートはWorld Platinum Investment Councilの許可を得た上で掲載しております。著作権はWorld Platinum Investment Councilに帰属しており、目的を問わず、無断複製・転載を禁じます。
●次画面掲載のレポートは、World Platinum Investment Councilが作成したものであり、当社の見解や見通しを表すものではありません。
●次画面掲載のレポートの正確性、完全性についてWorld Platinum Investment Council及び当社が保証するものではありません。
●次画面掲載のレポートを利用したことにより発生するいかなる費用または損害等の一切について、World Platinum Investment Council及び当社は責任を負いません。
●次画面掲載のレポートの内容に関するご質問にはWorld Platinum Investment Council及び当社はお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

レポートの閲覧にあたって

ご留意事項

●次画面掲載のレポートは貴金属市況等に関する情報の提供を目的としたものであり、特定の金融商品等の取得・勧誘を目的とするものではありません。
●次画面掲載のレポートは三菱商事RtMジャパン株式会社の許可を得た上で掲載しております。著作権は三菱商事RtMジャパン株式会社に帰属しており、目的を問わず、無断複製・転載を禁じます。
●次画面掲載のレポートは、三菱商事RtMジャパンが作成したものであり、当社の見解や見通しを表すものではありません。
●次画面掲載のレポートの正確性、完全性について三菱商事RtMジャパン及び当社が保証するものではありません。
●次画面掲載のレポートを利用したことにより発生するいかなる費用または損害等の一切について、三菱商事RtMジャパン及び当社は責任を負いません。
●次画面掲載のレポートの内容に関するご質問には三菱商事RtMジャパン及び当社はお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

ブログの閲覧にあたって

ご留意事項

●次画面掲載の情報は、貴金属市況に関する情報提供を目的としたものであり、特定の金融商品の取得・勧誘を目的としたものではありません。
●次画面掲載の文章は豊島逸夫氏の許可を得た上で掲載しております。著作権は豊島逸夫氏に帰属しており、目的を問わず、無断複製・転載を禁じます。
●次画面掲載の情報は、すべて豊島逸夫氏の個人的見解であり、当社の見解を示すものではありません。
●次画面掲載の情報の正確性、完全性について豊島逸夫氏及び当社が保証するものではありません。
●次画面掲載の情報を利用したことにより発生するいかなる費用または損害等について、当社は一切責任を負いません。
●次画面掲載の情報に関するご質問には豊島逸夫氏及び当社はお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

「日銀は永遠のハト派」 ヘッジファンドは140円狙い

今日は日銀金融政策決定会合があった。
既に日銀が無制限指し値オペを毎日実施に踏み切ったことは、結果的に「寝た子を起こす」ことになった。
それまで日銀の動きには無関心であった外国人投機家たちまでが、円売りトレードに新規参入するキッカケになったのだ。
円キャリートレードという懐かしい言葉まで「復活」した。
これまで毎回スルーしてきた日銀金融政策決定会合も注目されるようになった。
今は、日銀が語れば語るほど、円安に打つ手なしの実態が露わになるからだ。
可能性は極めて低いが「万が一、日銀が介入してくれたら、チャンス」とヘッジファンドは身構えている。
世界の利上げへの流れに逆らって日銀が独自に動いても、勝ち目はない。
日銀金融政策決定会合の日の日本時間昼過ぎ(声明文発表)と午後3時半過ぎ(総裁会見)には、深夜のNYからヘッジファンドのチェックが入ることも常態化したきた。
ECB、スイス、英国、オーストラリアなど主要国中央銀行の利上げも相次ぎ、利上げドミノといわれるまでになった。
その中で、日銀だけがひたすら「大規模金融緩和政策を維持」しており、我が道を行く、或いは行かざるを得ない日銀の存在が浮き彫りになる。
FRBの利上げが0.75%から1%になれば140円も視野に入る。

金の果実シリーズとは

金の果実シリーズとは

金の果実シリーズとは

ETFとは

貴金属の特性

特徴とメリット

特徴とメリット

シリーズの魅力

転換(交換)の流れ

商品ラインナップ

商品ラインナップ

純金上場信託(金の果実)

  • 純金上場信託(金の果実)開示資料アーカイブ

純プラチナ上場信託(プラチナの果実)

  • 純プラチナ上場信託(プラチナの果実)開示資料アーカイブ

純銀上場信託(銀の果実)

  • 純銀上場信託(銀の果実)開示資料アーカイブ

純パラジウム上場信託(パラジウムの果実)

  • 純パラジウム上場信託(パラジウムの果実)開示資料アーカイブ

各種お手続き

各種お手続き

転換(交換)の手続き

投資リスクについて

投資家の皆様にご負担いただく費用について

豊島逸夫による金市場解説

  • 豊島逸夫による金市場の解説 ブログ一覧

池水雄一の貴金属講座

  • 池水雄一の貴金属講座 ブログ一覧

データ・レポート

データ・レポート

ヒストリカルデータ

貴金属市場に係るレポート

プラチナ市場に係るレポート

金の果実シリーズ 純金(1540)/純プラチナ(1541)/純銀(1542)/純パラジウム(1543)/上場信託(現物国内保管型ETF)

金の果実シリーズとは

金の果実シリーズとは

ETFとは

貴金属の特性

特徴とメリット

シリーズの魅力

転換(交換)の流れ

商品ラインナップ

純金上場信託(金の果実)

  • 純金上場信託(金の果実)開示資料アーカイブ

純プラチナ上場信託(プラチナの果実)

  • 純プラチナ上場信託(プラチナの果実)開示資料アーカイブ

純銀上場信託(銀の果実)

  • 純銀上場信託(銀の果実)開示資料アーカイブ

純パラジウム上場信託(パラジウムの果実)

  • 純パラジウム上場信託(パラジウムの果実)開示資料アーカイブ

各種お手続き

転換(交換)の手続き

投資リスクについて

投資家の皆様にご負担いただく費用について

豊島逸夫による金市場解説

  • 豊島逸夫による金市場の解説 ブログ一覧

池水雄一の貴金属講座

  • 池水雄一の貴金属講座 ブログ一覧

データ・レポート

ヒストリカルデータ

貴金属市場に係るレポート

プラチナ市場に係るレポート

  • 本サイト(http://kikinzoku.tr.mufg.jp)は、「純金上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「金の果実」) ヘッジファンドと国際金融市場 ・「純プラチナ上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「プラチナの果実」)・ 「純銀上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「銀の果実」) ・「純パラジウム上場信託(現物国内保管型)」 (愛称:「パラジウムの果実」) (以下、4商品を総称して「『金の果実』シリーズ」または総称して「純金/純プラチナ/純銀/純パラジウム上場信託」または「本商品」または「貴金属上場信託」といいます。なお本サイト内においては、個別商品について「純金/純プラチナ/純銀/純パラジウム上場信託」「純金上場信託」「純プラチナ上場信託」「純銀上場信託」「純パラジウム上場信託」「Japan Physical Gold ETF」 「Japan Physical Platinum ETF」 「Japan Physical Silver ETF」「Japan Physical Palladium ETF」 と称する場合があります)に関する情報の提供を目的としており、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
  • 「純金上場信託」「純プラチナ上場信託」「純銀上場信託」「純パラジウム上場信託」はそれぞれ別の地金(金・プラチナ・銀・パラジウム)を裏付けとした個別の商品です。
  • 本サイトにおける「日本初」とは、日本の金融商品取引所に上場されている商品のうち、日本に貴金属現物が保管されかつ貴金属現物に転換(交換)可能な商品として初めてであることを言います(2010年6月1日現在。三菱UFJ信託銀行調べ)。
  • 本サイトは、特定の金融商品等の取得・勧誘を目的とするものではありません。
  • 本サイト掲載の数値・グラフ等は過去の実績・状況であり、将来の市場環境・運用成果等を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりませんので、最終的な投資成果を示すものではありません。
  • 本サイトの内容は作成基準時点のものであり、その以後予告無く変更または廃止される場合があります。また、この資料に掲載されている情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。
  • 当社は、本サイトに含まれる情報およびそれを利用したことにより発生するいかなる費用または損害等の一切について責任を負いません。
  • 本サイトの一切の権利は当社に属しており、目的を問わず、無断複製・転載を禁じます。
  1. 当社店頭窓口では本商品のお取り扱いはしておりません。本商品は東京証券取引所に上場されている商品であり、当社(店頭窓口およびインターネットバンキング等いずれも)では「申込・売買・現物への転換(交換)」等一切お取扱できません。本商品に係るお取引をご希望の方は、最寄の取扱第一種金融商品取引業者(証券会社)にお申込み下さい。
    なお、貴金属現物への転換(交換)は、小口転換取扱証券会社のみのお取扱となりますのでご注意下さい。
  2. 小口転換取扱証券会社以外の証券会社で本商品を保有されている方で、現物への転換(交換)を希望される方は、小口転換取扱証券会社への口座移管が必要となります。
  3. 貴金属現物から本受益証券への転換(交換)はできません。
  4. 転換(交換)には一定の口数が必要となります。また、銀・パラジウムは大口転換(交換)のみとなります。
  • 本商品は、預金等や保険契約とは異なり、元本の保証はありません。
  • 本商品の運用により信託財産に生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。
  • 本商品は「預金保険制度」の対象ではありません。
  • 金融商品取引業者以外の金融機関は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • 本商品は、販売会社がお申込みの取扱を行います。
  • 本商品の売買を行われるに際しては、予め、お取引先の金融商品取引業者等により交付される契約締結前交付書面等を十分にお読み頂き、商品の性質・取引の仕組み、リスクの存在、手数料、信託報酬等の費用等を十分にご理解いただいた上で、ご自身でご判断下さい。
  • 本商品は書面による契約の解除(クーリング・オフ)の適用はありません。
  • 本商品は投資信託ではありません。

【手数料およびリスクについて】

  • 本サイトに掲載の商品毎に所定の手数料・信託報酬等の費用をご負担いただきます。
  • 本商品は値動きのある地金等を信託財産としているので、一口あたりの純資産額(取引所開示)は変動します。したがって、投資家の皆様の投資元金が保証されているものではなく、一口あたりの純資産額(取引所開示)下落により損失を被り、投資元金を割り込む事があります。 およびリスクの詳細につきましては必ず目論見書・有価証券届出書(純金上場信託/純プラチナ上場信託/純銀上場信託/純パラジウム上場信託)をご覧下さい。

商号等 : 三菱UFJ信託銀行株式会社 登録金融機関 関東財務局長(登金)第33号
加入している協会の名称 : 日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

外部サイトリンク

リンク先のページを開く

サイトに戻る

レポートの閲覧にあたって

ご留意事項

●次画面掲載のレポートは金市況等に関する情報の提供を目的としたものであり、特定の金融商品等の取得・勧誘を目的とするものではありません。
●次画面掲載のレポートはWorld Gold Councilの許可を得た上で掲載しております。著作権はWorld Gold Councilに帰属しており、目的を問わず、無断複製・転載を禁じます。
●次画面掲載のレポートは、World Gold Councilが作成したものであり、当社の見解や見通しを表すものではありません。
●次画面掲載のレポートの正確性、完全性についてWorld Gold Council及び当社が保証するものではありません。
●次画面掲載のレポートを利用したことにより発生するいかなる費用または損害等の一切について、World ヘッジファンドと国際金融市場 Gold Council及び当社は責任を負いません。
●次画面掲載のレポートの内容に関するご質問にはWorld Gold Council及び当社はお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

レポートの閲覧にあたって

ご留意事項

●次画面掲載のレポートはプラチナ市況等に関する情報の提供を目的としたものであり、特定の金融商品等の取得・勧誘を目的とするものではありません。
●次画面掲載のレポートはWorld Platinum Investment Councilの許可を得た上で掲載しております。著作権はWorld Platinum Investment Councilに帰属しており、目的を問わず、無断複製・転載を禁じます。
●次画面掲載のレポートは、World Platinum Investment ヘッジファンドと国際金融市場 Councilが作成したものであり、当社の見解や見通しを表すものではありません。
●次画面掲載のレポートの正確性、完全性についてWorld Platinum Investment Council及び当社が保証するものではありません。
●次画面掲載のレポートを利用したことにより発生するいかなる費用または損害等の一切について、World Platinum Investment Council及び当社は責任を負いません。
●次画面掲載のレポートの内容に関するご質問にはWorld Platinum Investment Council及び当社はお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

レポートの閲覧にあたって

ご留意事項

●次画面掲載のレポートは貴金属市況等に関する情報の提供を目的としたものであり、特定の金融商品等の取得・勧誘を目的とするものではありません。
●次画面掲載のレポートは三菱商事RtMジャパン株式会社の許可を得た上で掲載しております。著作権は三菱商事RtMジャパン株式会社に帰属しており、目的を問わず、無断複製・転載を禁じます。
●次画面掲載のレポートは、三菱商事RtMジャパンが作成したものであり、当社の見解や見通しを表すものではありません。
●次画面掲載のレポートの正確性、完全性について三菱商事RtMジャパン及び当社が保証するものではありません。
●次画面掲載のレポートを利用したことにより発生するいかなる費用または損害等の一切について、三菱商事RtMジャパン及び当社は責任を負いません。
●次画面掲載のレポートの内容に関するご質問には三菱商事RtMジャパン及び当社はお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

ブログの閲覧にあたって

ご留意事項

●次画面掲載の情報は、貴金属市況に関する情報提供を目的としたものであり、特定の金融商品の取得・勧誘を目的としたものではありません。
●次画面掲載の文章は豊島逸夫氏の許可を得た上で掲載しております。著作権は豊島逸夫氏に帰属しており、目的を問わず、無断複製・転載を禁じます。
●次画面掲載の情報は、すべて豊島逸夫氏の個人的見解であり、当社の見解を示すものではありません。 ヘッジファンドと国際金融市場 ヘッジファンドと国際金融市場
●次画面掲載の情報の正確性、完全性について豊島逸夫氏及び当社が保証するものではありません。
●次画面掲載の情報を利用したことにより発生するいかなる費用または損害等について、当社は一切責任を負いません。
●次画面掲載の情報に関するご質問には豊島逸夫氏及び当社はお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

最近のヘッジファンド動向(2) 商品相場下落の要因と今後の見通し

IFA JAPAN®株式会社 代表取締役社長兼CEO 国際フィナンシャルコンサルタント 投資顧問会社 IFA JAPAN®株式会社ほかリンクスグループ3社の代表を務める。中小企業診断士、日本FP協会認定CFP®。現在、金融機関に影響を受けない独立系ファイナンシャルアドバイザー(IFA)として、国内外の金融商品を用いた「海外分散投資」や「モデルポートフォリオ運用」を専門としている。中でも、海外ファンドを用いた「ポートフォリオ・マネジメント・サービス(PMS)®」の評価は高い。また、投資教育にも力を入れており、国立高知大学非常勤講師など、講演回数700回以上。日本経済新聞ほか、各マネー誌など執筆多数。 【寄稿者にメッセージを送る】

荒川 雄一の著書

  • 7/3まで【安楽亭】「肉まつり」開催中!食べ放題最大500円引き・新コースの「ピタ放題」もお試し価格
  • 【楽天モバイル】最低でも月額1078円(税込)に それでも使い続けるメリットとは
  • くら寿司「特大切り・特盛フェア」プレミア感満載 コスパ最高ベスト5を勝手にランキング

今参加できるセミナー

寄稿者の著書一覧 FPってなに? すまアレ 節約の達人 ふるさと納税の達人

スマートニュースグノシー ITmediaビジネスオンライン

© 2022 マネーの達人 All Rights Reserved. 無断転載を禁止します。
当サイトの提供する情報はその内容の真偽、正確性、安全性及び元本や利益を保証するものではありません。
記事に記載されている情報の実施はご自身の判断と責任において行ってください。

[徹底比較]ヘッジファンド vs 投資信託!似ているようで全然違う2つのファンドはどちらがおすすめか

10年以上存続している株式アクティブ運用投資信託281本の信託報酬控除後のリターンについて見ると、過去10年間の平均リターンは年率1.36%であり、 全体の約3分の1の商品のリターンがマイナスとなっている。

また、インデックス運用投資信託と比較しても、株式アクティブ運用投資信託 281本の71%が日経 225 を参照するインデックス運用投資信託(純資産総額上位5銘柄)の過去10年間のリターン(年率 2.37%(信託報酬 控除後))を下回っている。

引用:平成28事務年度 金融レポート

日本で売られている公募株式投信は 5406 本ありますが、そのうちインデックス型株式投信は 381 本です。これから、毎月分配型の投信、レバレッジのかかった投信、信託期間が短く長期投資を前提としていない投信を除き、ノーロードで信託報酬が一定率以下のものに限ると、積立 NISA の対象として残ったものは 50 本弱でした。

(中略)

この結果、積立 NISA の対象となりうる投信は、インデックス投信とアクティブ型投信あわせて約 50 本と、公募株式投信 5406 本の1%以下となりました。

出典:「日本の資産運用業界への期待」 日本証券アナリスト協会 第8回国際セミナー 「資産運用ビジネスの新しい動きとそれに向けた戦略」における 森金融庁長官基調講演 2017 年4月7日

そして、もう1つ大きなデメリットに、複雑なスキームになり、プレイヤー (販売会社や運用会社などのファンド以外の存在) が増えることで、目に見えにくいコストが発生していることに気づきにくいという点があります。

  • 購入時手数料:購入時に払う手数料(目安:0~3%)
  • 信託報酬:運用のコストそのものにかかる手数料(目安1~3%)
  • 信託財産留保額:解約時にかかる手数料(目安:0~1%)

これだけ見ると手数料は明らかなようにも見えますが、実際にはここには表れない目に見えない手数料が裏で発生しています。

  • 6,000本近い銘柄の中から、自分で儲かる産業・国や地域を選ばなくてはいけない
  • 投資信託全体の質が悪い(全体の3分の1がマイナス。全体の7割以上がマーケット以下)
  • スキームが複雑で目に見えないコストや手数料がかかっている

ヘッジファンドのポイント

ヘッジファンドの場合、ファンドと投資家(出資者)が 直接契約 をして資金を預けるため、余計なプレイヤー(仲介)が間に入らず非常にシンプルなスキームです。

もちろん資金は銀行に預けられますが、運用も自分たちで調査〜判断、実行まで一貫しているので余計な間接費用が省かれます。

ファンドごとに自由な運用ができるため、それぞれに大きな特色があるのがヘッジファンドです。

ヘッジファンドのメリット

ヘッジファンド最大のメリットは、やはりその 収益性(リターン)の高さ でしょう。

資産運用をするのであれば、やはり収益性(パフォーマンス)の高さは見逃せません。高いパフォーマンスこそ、ヘッジファンドの大きなメリットです。

投資信託の場合は、業界や地域を自分で選ぶ必要がありますが、 優秀なファンドマネージャの頭脳や投資の実力、信頼できる分析手法などに投資するのがヘッジファンドです。

  • 割安株
  • 経営基盤が安定している会社
  • 事業に持続的な集積性が見込める会社

加えて、ヘッジファンドは仕組み(スキーム)がシンプルであり余計な手数料やコストがかかっていないというメリットもあります。

  • 高いパフォーマンスが期待できる
  • 実力の高いファンドマネージャに資産を預けることができる
  • スキームがシンプルで、余計なコスト(手数料)がかかっていない

ヘッジファンドのデメリット

最もわかりやすく代表的なデメリットは最低出資金額の高さでしょう。

国内の比較的ハードルの低いファンドでも「1,000万円」が最低金額の目安になります。

この情報の秘匿性が高いパフォーマンスにも繋がっている一方で、投資家からすると様々なファンドを探したり比較するのが難しいというデメリットになります。

ヘッジファンドと投資信託の比較まとめ

ヘッジファンド 投資信託
概要 複数の投資家から資金を集めてまとめて運用する
注意点 運用によってた利益を投資家に分配する(元本保証 ではない )
特徴 優秀なトレーダーにお任せ 自分で業界を選ぶ・考える
スキーム シンプル 複雑
売買・取引 直接 銀行・証券会社(ネットでも)
パフォーマンス 極めて高い 低い(全体でC-)
手数料 シンプルでムダがない 目に見えないコスト大
情報量 情報少ない 公開情報多い
最低金額 高い(1,000万円) 安い(1,000円)
信頼度 詐欺に注意 信頼度高い

[考察]ヘッジファンドと投資信託のどっちがおすすめか

ヘッジファンドと投資信託にはそれぞれ様々なメリット・デメリットがありましたが、仮に資金に余裕があるのであれば、 ヘッジファンドの方が断然おすすめです。

また、自分で投資先や売買のタイミングを考えてあれこれ手間をかける必要もないため、仕事が忙しいビジネスマンや、投資にあまり自信のない初心者にもヘッジファンドの方をおすすめできます。

ヘッジファンドでの運用に興味がある場合、まずはファンド探しからになりますが、気になるヘッジファンドが見つかった場合には、問い合わせて直接詳しく話を聞く必要があります。

少しでも気になるファンドがあるのであれば、まずは問い合わせて連絡をとってみましょう。面談等での直接のヒアリングに優る情報収集はありません。

1: 2022/06/15(水) 16:12:16.86 ID:CAP_USER

ヘッジファンドのブルーベイ・アセット・マネジメントは日本銀行と闘うつもりだ。

日銀は債券利回りを抑える取り組みを強めているが、ブルーベイは他の主要先進国・地域の金融当局の方向性に反するこの政策を日銀が放棄せざるを得なくなるとみている。ブルーベイの最高投資責任者(CIO)、マーク・ダウディング氏(ロンドン在勤)によれば、日銀のイールドカーブコントロール(YCC)は「維持不可能」だ。

同氏は13日のインタビューで「かなりの額の日本国債をショートしている」と語った。

インフレ高進で世界の債券利回りが上昇する中、トレーダーはますます日銀を試しつつある。元ゴールドマン・サックス・グループのチーフ通貨エコノミスト、ジム・オニール氏やJPモルガン・アセット・マネジメントのシーマス・マクゴレーン氏も日銀が最終的に金利を巡る姿勢を転換させると予想している。オーストラリア準備銀行(中央銀行)は昨年11月にYCCを放棄した。

10年物日本国債の利回りは13日に日銀がYCCで許容する変動幅の上限を突破し、日銀が国債の買い入れを加速させてより長期の国債をオペに含めることにした後も、高水準にとどまっている。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-06-14/RDGD8UT0G1KW01

国債先物に一時ダイナミック・サーキット・ブレーカー発動
日本取引所グループによると、15日午後、国債先物市場でダイナミック・サーキット・ブレーカーが2回発動された。

同グループでデリバティブ取引を管轄する大阪取引所によると、大口の売り注文が入って直近価格から制限値幅の10銭を超えたところで約定が成立しそうになったことを受けて、午後1時54分と55分の2回、取引を一時中断したという。

国債先物市場でのダイナミック・サーキット・ブレーカーの発動について、取引所の広報は「いつ以来というデータはすぐに取れないものの、非常にまれなことだと理解している」と話している。
https://jp.reuters.com/article/tokyo-jpx-idJPKBN2NW0F3

ひろゆき@hirox246
日本国債は、本来、金利があがり価値が下がるはずですが、日銀が0.25%で無制限に買いまくり作戦なので価値が下がりません。

日本国債を空売り

日銀が国債買いまくりなので円安進む

買い戻して決済するとドルベースで大儲け

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる