完全ガイド

移動平均線の基礎

移動平均線の基礎
1 minute :1分足
5 minutes 移動平均線の基礎 :5分足
15 minutes :15分足
30 minutes :30分足
1 hour :1時間足
4 hours :4時間足
Daily 移動平均線の基礎 :日足
Weekly Monthly :週足 Monthly : 月足 First higher time frame :ひとつ上の時間足を表示
Second higher time frame :二つ上の時間足を表示
Third higher time frame :三つ上の時間足を表示

EMAと呼ばれる指数平滑移動平均線とは?SMAとの違いと具体的な戦略をご紹介

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE 移動平均線の基礎 Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

掲載情報について 当サイトに掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。また、掲載されている評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 口コミの内容はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 最新情報は各FX会社の公式サイトにてご確認ください。 『みんかぶ(FX/為替)』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。 ランキング根拠について 各ランキングページに評価項目を掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。

移動平均線のGCとDCを事前に見つけるインジケーターを作りました!

TradingViewのインジケーターの説明

TradingViewのインジケーターのEMA Pre Signをチャート上に表示した様子

まず、「EMA Pre Sign」をチャート上に表示した様子を見てみましょう。 移動平均線の基礎

EMA Pre Signをチャート上に表示すると、
2本の移動平均線と一緒にローソク足の近くの数か所に
「 LONGという文字と赤色の三角形のマーク 」と
「 SHORTという文字と青色の三角形のマーク 」が表示されると思います。

この2種類の赤色のLONGのマークと青色のSHORTのマークがそれぞれ、
ゴールデンクロスとデッドクロスを事前に教えてくれる
チャート上のサインとなります。

それでは、TradingView(トレーディングビュー)で使える、
EMA Pre Signのインジケーターの詳しい解説に入ります。

EMA Pre Signで使用している移動平均線は
「指数平滑移動平均線(EMA)」という種類の移動平均線です。
最も一般的な移動平均線は、単純移動平均線(SMA)という意移動平均線です。

このインジケーターで指数平滑移動平均線(EMA)を使用している理由は、
単純移動平均線(SMA)や加重移動平均線(WMA)と比べて
ゴールデンクロスやデッドクロスのサインが早めに出る からです。

EMA Pre Signでは指数平滑移動平均線の
ゴールデンクロスやデッドクロスよりも
早くサインを出すことができます。

EMA Pre Signでは、2本の移動平均線が表示されます。
赤色の移動平均線は、短期の期間の移動平均線で、初期のパラメーターは20です。
青色の移動平均線は、長期の期間の移動平均線で、初期のパラメーターは40です。

EMA Pre Signで変更できる設定の内容

EMA Pre Signで変更できる設定項目の一覧は次の通りです。

  • 移動平均線の期間(パラメーター)の変更
  • 2本の移動平均線の表示・非表示の変更
  • 移動平均線の線の太さや色などの変更
  • GCとDCのサインの表示・非表示の変更
  • GCとDCのサインのマークや色などの変更


TradingViewのインジケーターの設定を変更するためには、
チャート上にインジケーターを表示した後に、
歯車のマークの設定ボタンをクリックすればOKです。
(設定の変更はパソコンから行うことをお勧めします。)

EMA Pre Signの移動平均線の期間の変更

入力の設定画面では、移動平均線の期間を変更できます。
Short EMAは赤色の短期の移動平均線、
Long EMAは青色の長期の移動平均線の期間を変更します。
この2つの移動平均線のゴールデンクロスとデッドクロスを事前に表示してくれます。

注意点が1つあります。
Short EMAの期間よりもLong EMAの期間の方を長くしてください。
Short EMAの期間の方が長い場合は、ダマシが出やすくなったり、
正しくサインが表示されない場合があるので、注意してください。

EMA Pre Signの表示・非表示の主な設定

次に「スタイル」の設定画面です。こちらの設定画面で主な設定を行います。

  • Short EMA:短期の移動平均線
  • Long EMA:長期の移動平均線
  • LONG Pre Sign:ゴールデンクロスの事前サイン
  • SHORT Pre Sign:デッドクロスの事前サイン


まず、左側のチェックボックスにレ点(チェック)が入っている場合は、
そのサインを表示して、チェックが外れている場合は
そのサインを非表示にすることができます。

例えば、 上の2つのレ点を外すと、移動平均線を消して、
ゴールデンクロスとデッドクロスのサインだけを
チャート上に表示することができます。

ゴールデンクロスとデッドクロスのサインについては、
サインのマークを他の形に変更したり、
サインを出す場所を変えたりすることもできるので、
お好みのチャートになるように変更してください。

移動平均線のEMAとボラティリティを示すATRを組み合わせたインジケーター

1 minute :1分足
5 minutes :5分足
15 minutes :15分足
30 minutes :30分足
1 hour :1時間足
4 hours :4時間足
Daily :日足
Weekly Monthly :週足

Monthly : 月足

First higher time frame :ひとつ上の時間足を表示
Second higher time frame :二つ上の時間足を表示
Third higher time frame :三つ上の時間足を表示

【参考チャート】ユーロ円5分足に15分足のMTFを入れたチャート

ラインの滑らかさ、アラートの位置などを調節したい場合のポイント

まず、デフォルトのチャートがこちら

ラインを滑らかにしたのがこちら

パラメーターの「ATR factor」をデフォルトの3.0から7.0に変更しただけで滑らかになります。ほかの値は変更しても大きな変化はなく微調整するのに使う感じかなと思います。

移動平均線のGCとDCを事前に見つけるインジケーターを作りました!

TradingViewのインジケーターの説明

TradingViewのインジケーターのEMA Pre Signをチャート上に表示した様子

まず、「EMA Pre Sign」をチャート上に表示した様子を見てみましょう。

EMA Pre Signをチャート上に表示すると、
2本の移動平均線と一緒にローソク足の近くの数か所に
「 LONGという文字と赤色の三角形のマーク 」と
「 SHORTという文字と青色の三角形のマーク 」が表示されると思います。

この2種類の赤色のLONGのマークと青色のSHORTのマークがそれぞれ、
ゴールデンクロスとデッドクロスを事前に教えてくれる
チャート上のサインとなります。

それでは、TradingView(トレーディングビュー)で使える、
EMA Pre Signのインジケーターの詳しい解説に入ります。

EMA Pre Signで使用している移動平均線は
「指数平滑移動平均線(EMA)」という種類の移動平均線です。
最も一般的な移動平均線は、単純移動平均線(SMA)という意移動平均線です。

このインジケーターで指数平滑移動平均線(EMA)を使用している理由は、
単純移動平均線(SMA)や加重移動平均線(WMA)と比べて
ゴールデンクロスやデッドクロスのサインが早めに出る からです。

EMA Pre Signでは指数平滑移動平均線の
ゴールデンクロスやデッドクロスよりも
早くサインを出すことができます。

EMA Pre Signでは、2本の移動平均線が表示されます。
赤色の移動平均線は、短期の期間の移動平均線で、初期のパラメーターは20です。
青色の移動平均線は、長期の期間の移動平均線で、初期のパラメーターは40です。

EMA Pre Signで変更できる設定の内容

EMA Pre Signで変更できる設定項目の一覧は次の通りです。

  • 移動平均線の期間(パラメーター)の変更
  • 2本の移動平均線の表示・非表示の変更
  • 移動平均線の線の太さや色などの変更
  • GCとDCのサインの表示・非表示の変更
  • GCとDCのサインのマークや色などの変更


TradingViewのインジケーターの設定を変更するためには、
チャート上にインジケーターを表示した後に、
歯車のマークの設定ボタンをクリックすればOKです。
(設定の変更はパソコンから行うことをお勧めします。)

EMA Pre Signの移動平均線の期間の変更

入力の設定画面では、移動平均線の期間を変更できます。
Short EMAは赤色の短期の移動平均線、
Long EMAは青色の長期の移動平均線の期間を変更します。
この2つの移動平均線のゴールデンクロスとデッドクロスを事前に表示してくれます。

注意点が1つあります。
Short EMAの期間よりもLong EMAの期間の方を長くしてください。
Short 移動平均線の基礎 EMAの期間の方が長い場合は、ダマシが出やすくなったり、
正しくサインが表示されない場合があるので、注意してください。

EMA Pre Signの表示・非表示の主な設定

次に「スタイル」の設定画面です。こちらの設定画面で主な設定を行います。

  • Short EMA:短期の移動平均線
  • Long EMA:長期の移動平均線
  • LONG Pre Sign:ゴールデンクロスの事前サイン
  • SHORT Pre Sign:デッドクロスの事前サイン


まず、左側のチェックボックスにレ点(チェック)が入っている場合は、
そのサインを表示して、チェックが外れている場合は
そのサインを非表示にすることができます。

例えば、 上の2つのレ点を外すと、移動平均線を消して、
ゴールデンクロスとデッドクロスのサインだけを
チャート上に表示することができます。

ゴールデンクロスとデッドクロスのサインについては、
サインのマークを他の形に変更したり、
サインを出す場所を変えたりすることもできるので、
お好みのチャートになるように変更してください。

移動平均線のEMAとボラティリティを示すATRを組み合わせたインジケーター

1 minute :1分足
5 minutes :5分足
15 minutes :15分足
30 minutes :30分足
1 hour :1時間足
4 hours :4時間足
Daily :日足
Weekly Monthly :週足

Monthly : 月足

First higher time frame :ひとつ上の時間足を表示
Second higher time frame :二つ上の時間足を表示
Third higher time frame :三つ上の時間足を表示

【参考チャート】ユーロ円5分足に15分足のMTFを入れたチャート

ラインの滑らかさ、アラートの位置などを調節したい場合のポイント

まず、デフォルトのチャートがこちら

ラインを滑らかにしたのがこちら

パラメーターの「ATR factor」をデフォルトの3.0から7.0に変更しただけで滑らかになります。ほかの値は変更しても大きな変化はなく微調整するのに使う感じかなと思います。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる