オプション取引活用術

海外FX業者のおすすめは

海外FX業者のおすすめは
出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

海外FX業者おすすめ5選 | 2022年人気の海外FX業者を比較!

日本国内では2011年の法改正により、レバレッジが最大25倍に規制されています。海外FX会社ではレバレッジに規制がなく「レバレッジ管理はトレーダー自身が設定するべきである」という考え方に立ち、高レバレッジ取引ができます。たとえば、口座資金残高10万円のとき、レバレッジ888倍で米ドル円をロングすると、証拠金10万円×888倍で8,880万円分の米ドルのポジションが持てます。海外FX会社によって差はありますが、200倍~1000倍超が最大レバレッジに設定されています。もちろん、口座残高に対して、取引量を小さくすることでレバレッジを下げられ、リスクを調節できますのでご安心ください。

2.証拠金以上の損失はゼロになる「ゼロカット方式」を採用!

国内FXの場合、相場の急変によって証拠金以上の損失を出した場合には、その損失を補填する必要があるため「追証(追加証拠金)」が発生します。最悪の場合、追証の請求により、投資金額以上の損失を被る場合があります。しかし、海外FXでは、証拠金以上の損失が発生し口座残高がマイナスになっても、口座残高をゼロに戻す「ゼロカット方式」が採用されています。これにより、損失が証拠金よりも大きくなっても、追証なしで取引できるので、リスクが限定され、レバレッジの高い海外FXにとって必要不可欠な方式です。

3.国内FXにはない豪華なキャンペーン!

海外FXの魅力の1つとして、キャンペーンが豊富なことです。主に「口座開設ボーナス」「入金ボーナス」の二つがあります。「口座開設ボーナス」は国内FX会社と同様に口座開設するだけでもらえるボーナスで、ボーナスはそのまま取引に使用できます。もう一つが、「入金ボーナス」で、入金額に応じてボーナスが付与されます。海外FX会社にもよりますが、最大50万円のボーナスが付与される場合もあります。そのほか、豪華賞品が当たるトレードコンテストも実施されることが多いので、国内FX会社よりもプラスの付加価値が多いです。

【2022年】海外FXランキングTOP10。海外FX歴10年のプロが教える、海外FXで稼ぐために「絶対」におすすめしたい海外FX口座を厳選比較

man

稼ぐための海外FX業者選びで何を重視すべきか?

海外FX業者を比較検討するときに重視すべきポイント

  1. トレードをする上での取引条件(スプレッド、約定力、取引手数料)
  2. 使いたい機能やツール(ECN口座、トレードプラットフォーム、コピートレード、VPS、オートチャーティスト)
  3. 企業の安全性・資産保全(金融ライセンス、信託保全)
  4. サポートの充実(日本語対応、24時間対応、オンラインチャット問い合わせ)

重要ポイントその1.トレードをする上での取引条件(スプレッド、約定力、取引手数料)

  • スプレッドが狭い
  • 取引手数料が安い(無料)
  • 約定力が高い

重要ポイントその2.使いたい機能やツール(ECN口座、トレードプラットフォーム、コピートレード、VPSサーバー、オートチャーティスト、強化アプリ)

  • MT4、MT5、cTraderなどのトレードプラットフォーム
  • ECN口座のプラットフォーム
  • コピートレード、ソーシャルトレードのプラットフォーム
  • オートチャーティスト(チャートパターンの自動描写ツール)
  • MT4/MT5(メタトレーダー)の強化インジケーター・強化アプリ
  • 取引シグナル
  • VPSサーバー無料
  • 過去チャートでの練習ツール

重要ポイントその3.海外FX業者の安全性・資産保全(金融ライセンス、信託保全)

日本人投資家から見た海外FX業者の大きな問題点は、日本のFX業者のように 「情報が多くない」 という点です。

重要ポイントその4.サポートの充実(日本語対応、24時間対応、オンラインチャット問い合わせ)

英語が堪能な方でなければ 「サポートの充実度」 という点も、海外FXトレードでは重要になります。

このときにサポートが外国人(日本語が話せる外国人)だと、コミュニケーションがスムーズに取れず、ストレスを抱えてしまいます。また、万が一海外FX業者が日本市場から撤退するというような状況になったとしても、外国人のサポートだと、 無責任な対応 を受けることも少なくありません。

  • 「急に辞めてしまうかもしれない。」
    (外国企業ではリストラも日常的なので本人の意思とは無関係に辞めることがあります。)
  • 「24時間対応でも、日本人スタッフが対応してくれる時間は限られてしまう。」
    (日本人スタッフの休暇中や勤務時間外は、外国人スタッフが対応します。)

逆にそれほど重視すべきではないポイント

  1. ボーナス・トレードコンテスト
  2. 入金、出金方法

重要でないポイントその1.ボーナス・トレードコンテスト

  • ボーナスやトレードコンテストが多い海外FX業者 → スプレッドが広い
  • ボーナスやトレードコンテストがない海外FX業者 → スプレッドが狭い

むしろ、安定してトレードコストを抑えながらトレードするのに 「ボーナスやトレードコンテスト」は不要 なのです。

重要でないポイントその2.入金、出金方法

どの海外FX業者でも 「海外送金による出金」 はできます。

  • 海外送金による出金手数料:1回3,000円~5,000円のコスト
  • 「bitwallet」による出金手数料:1回824円
  • 「国内銀行送金」による出金手数料:無料

海外FXランキング

1位.XM(エックスエム)

評価基準評価
トレードをする上での取引条件
使いたい機能やツール
企業の安全性・資産保全
サポートの充実
総合
口座の種類スタンダード口座/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.00
最小 スプレッド
米ドル/円
1.50
平均 スプレッド
米ドル/円
1.60
最大レバレッジ1000倍(~2万ドル)
200倍(2万ドル~)
100倍(10万ドル~)
約定力99.35%を1秒以内に約定
執行率100%
リクオート・注文拒否なし
最低入金額500円相当

トレードをする上での取引条件(スプレッド、約定力、取引手数料)

  • XMのスプレッドは、スタンダード口座で米ドル/円平均スプレッド: 1.8pips でやや広めの設定です。
  • XMゼロ口座であれば、米ドル/円平均スプレッド: 0.45pips まで下がりますが、取引手数料が片道5ドル発生します。

使いたい機能やツール(ECN口座、トレードプラットフォーム、コピートレード、VPS、オートチャーティスト)

  • MT4、MT5
  • ECN口座
  • 独自の取引シグナル
  • 無料VPSサーバー

海外FX業者の安全性・資産保全(金融ライセンス、信託保全)

    海外FX業者のおすすめは 海外FX業者のおすすめは
  • 約15年以上日本市場でサービス提供を続けていること
  • グループ会社は、CySEC、英国FCAの金融ライセンスを保有していること
  • 投資家資産にはAIGの保険をかけていること

何より、1年、2年で営業終了(撤退や倒産)してしまう海外FX業者も多い中で、約15年の運営歴があることは 「信頼できる海外FX業者」 の証左と言えます。

サポートの充実(日本語対応、24時間対応、オンラインチャット問い合わせ)

  • 日本人スタッフが10名以上在籍
  • 動画セミナー、動画によるツール解説などのコンテンツが豊富
  • ライブチャット問い合わせがある
  • 利用できる機能やツールが豊富
  • 信頼性の高い、安全な海外FX業者
  • 日本語サポートも充実

〈XMを選ぶ理由〉

日本人が一番利用してると言われる海外FX会社

ゼロカットシステム(強制ロスカット)
を採用してる為自分が投資した以上の損失が出ません!

相場の急変からトレーダーを守ってくれますね^^

信頼性・安全性が高く
入出金トラブルの噂なし♫#XM #FX #海外FX #投資 #副業 #ドル円

— Goodさん (@Sho02024) January 11, 2020

XMデモトレード1,000倍。今日もあっさり10万なくなったが、含み益が出ていた時間はあるので、サクッと勝ち逃げできれば、使えるかも。

— パニーニ君 ヴァーチャルFXコンテスト(外為どっとコム)で修行中。 (@ochio333) January 23, 2020

私が普段利用している証券会社は「XM」です!
初心者の方や資金の少ない人にもオススメです!

理由①
ライセンス取得や実績がしっかりしている!

理由②
入金額の2倍の証拠金で取引できる!

文字制限続く、、、

— 最強FXEA無料配布 (@Dai_Fx_BO) January 21, 2020

XMでレバレッジ規制食らいました。指標発表ハイレバでやりすぎた笑笑
皆さんは気をつけてください。

[email protected]垢 (@Tatsuya71450301) January 23, 2020

2位.TitanFX(タイタンエフエックス)

海外FX業者のおすすめは
評価基準 評価
トレードをする上での取引条件
使いたい機能やツール
企業の安全性・資産保全
サポートの充実
総合

TitanFX

口座の種類Zeroスタンダード口座/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.00
最小 スプレッド
米ドル/円
1.00
平均 スプレッド
米ドル/円
1.33
最大レバレッジ500倍
約定力ミリ秒単位の約定スピード
最低入金額2万円相当

トレードをする上での取引条件(スプレッド、約定力、取引手数料)

  • Zeroスタンダード口座/STP → 米ドル/円平均スプレッド: 1.33pips
  • Zeroブレード口座/ECN → 米ドル/円平均スプレッド: 0.33pips (取引手数料:片道3.5ドル)

米ドル/円の平均トレードコストは 1.03pips にまで抑えられます。海外FX業者の中では、かなり安いトレードコストです。

使いたい機能やツール(ECN口座、トレードプラットフォーム、コピートレード、VPS、オートチャーティスト)

  • MT4、MT5
  • ECN口座
  • PAM/MAMM口座
  • 無料VPS
  • ZuluTradeプラットフォームコピートレード

海外FX業者の安全性・資産保全(金融ライセンス、信託保全)

  • バヌアツ金融サービス委員会(VFSC)より許認可を取得

サポートの充実(日本語対応、24時間対応、オンラインチャット問い合わせ)

  • 24時間対応
  • 日本人スタッフが複数名在籍
  • オンラインチャット問い合わせ
  • スプレッドも狭く
  • 機能も充実していて
  • 日本人スタッフが複数名在籍

するなど、 決定の少ない 中級者以上の投資家向けの海外FX業者と言えます。

国内口座とと海外口座ではやっぱり海外口座のほうが資金効率が良かったなぁ。レバレッジが全然違う、私はXMかTITANをメインで使用してます。

— さくら@FXで生活中!なんとか億トレーダー (@FX28957232) January 21, 2020

バイト辞めちゃう!と焦るで何か見つかるかもしんないですよ!転売とか!w

FXGTはスプ広いし損切り浅く入れれないんで、2倍くらいに出来たらすぐ出金しようと思ってます!やっぱtitanが良いっすね。

— 無念 (@diwerFX) January 18, 2020

XMだとクロス円のスプレッドまぁ広いからドルスト以外をトレードする時はTitan FXにしてみよう。

別にそこまで資金入れなければ出勤拒否のリスクも下げれるし、ハイレバかけれるから10万入れるだけでもそこそこの利益狙える。

クレカ入金ってのがちょっと面倒だけどね。

— FXトレーダーKenken🐈 (@BsmFx) January 17, 2020

Titan FXに俄然興味が湧いた!
この狭スプレッド口座でやってみようかな〜と検討中^^

ボーナスなしだけど他の部分に還元してくれるみたいだし
ボーナスありきだと出金の際とかも若干気になるし…

あとは最近出会ったトレーダーの方からもお話聞いて魅力的だったので
とりあえずdemoで試します💪

— そーだ💫サイエンティスト投資家 (@sodee_learning) December 24, 2019

XM

IS6FX

Titan FX

AXIORY

LAND-FX

6社体験してきたけど、あくまで個人の意見ですが、TitanFXかGEMFOREXが良いかと思います^ ^

全て追証なし!
レバレッジ500倍以上!
最近は世界的にスプレッドも狭くなってきてて前より使いやすいらしいです。
質問あったらお気軽に^ ^

#ドル円#ポンド#FX

— いっちゃんのまま (@ichikawadesu216) November 12, 2019

TITAN FX、かなりひどい。
ストップに設定したレートと実際に約定されたレートの乖離が15Pips以上あった。コツコツどかんで復活もできない。
雇用統計とかなら許せるけど、通常時でこれはあり得ない。

— ぱいん@ASD (@47Nothing) November 26, 2019

Titan FXのブレード口座だからスプレッド0とか1しかないんだけど手数料で実質1pipsぐらいのスプレッドと同じなんだけど!

— まと【FX】 (@Fx_trader_Mato) September 18, 2019

海外FX業者おすすめ5選 | 2022年人気の海外FX業者を比較!

日本国内では2011年の法改正により、レバレッジが最大25倍に規制されています。海外FX会社ではレバレッジに規制がなく「レバレッジ管理はトレーダー自身が設定するべきである」という考え方に立ち、高レバレッジ取引ができます。たとえば、口座資金残高10万円のとき、レバレッジ888倍で米ドル円をロングすると、証拠金10万円×888倍で8,880万円分の米ドルのポジションが持てます。海外FX会社によって差はありますが、200倍~1000倍超が最大レバレッジに設定されています。もちろん、口座残高に対して、取引量を小さくすることでレバレッジを下げられ、リスクを調節できますのでご安心ください。

2.証拠金以上の損失はゼロになる「ゼロカット方式」を採用!

国内FXの場合、相場の急変によって証拠金以上の損失を出した場合には、その損失を補填する必要があるため「追証(追加証拠金)」が発生します。最悪の場合、追証の請求により、投資金額以上の損失を被る場合があります。しかし、海外FXでは、証拠金以上の損失が発生し口座残高がマイナスになっても、口座残高をゼロに戻す「ゼロカット方式」が採用されています。これにより、損失が証拠金よりも大きくなっても、追証なしで取引できるので、リスクが限定され、レバレッジの高い海外FXにとって必要不可欠な方式です。

3.国内FXにはない豪華なキャンペーン!

海外FXの魅力の1つとして、キャンペーンが豊富なことです。主に「口座開設ボーナス」「入金ボーナス」の二つがあります。「口座開設ボーナス」は国内FX会社と同様に口座開設するだけでもらえるボーナスで、ボーナスはそのまま取引に使用できます。もう一つが、「入金ボーナス」で、入金額に応じてボーナスが付与されます。海外FX会社にもよりますが、最大50万円のボーナスが付与される場合もあります。そのほか、豪華賞品が当たるトレードコンテストも実施されることが多いので、国内FX会社よりもプラスの付加価値が多いです。

FXハイレバ取引 少額から短期で稼ぎ切る手法と練習方法

FXハイレバ取引 少額から短期で稼ぎ切る手法と練習方法

FXのハイレバ向き銘柄ドル円

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

ハイレバFXのロット計算方法

リスク管理をするにはレバレッジを何倍かけるか?よりも損切り幅を何pipsに設定し、そのために何ロットで取引するかを考えましょう。

例)
10,000(円) ÷ 10(pips) ÷ 1,000 = 1(ロット)
100,000(円) ÷ 20(pips) ÷ 1,000 = 5(ロット)
※海外FXスタンダード口座の場合

資金が少なくても損切り幅を狭めてロットを張れるようになれば、ますます大きな利益が狙えるようになりますよ。

ハイレバFXの成功法則

  1. 取引環境の良い業者や口座を使う
  2. イレギュラーな値動きをする時間帯を避ける
  3. 安定した値動きの通貨ペアを選ぶ
  4. スプレッドの狭い通貨ペアを選ぶ
  5. エントリー根拠は5分足以下
  6. ぎりぎりまで引き付ける

取引環境の良い業者や口座を使う

イレギュラーな値動きをする時間帯を避ける

  • 東京市場:9時~10時
  • ロンドン市場:15時~17時
  • NY市場:21時~22時

安定した値動きの通貨ペアを選ぶ

スプレッドの狭い通貨ペアを選ぶ

エントリー根拠は5分足以下

ぎりぎりまで引き付ける

  1. 取引環境の良い業者や口座を使う
  2. イレギュラーな値動きをする時間帯を避ける
  3. 安定した値動きの通貨ペアを選ぶ
  4. スプレッドの狭い通貨ペアを選ぶ
  5. エントリー根拠は5分足以下
  6. ぎりぎりまで引き付ける

FXのハイレバ手法

資金を5~10分割して取引口座に入金する

1時間足チャートで中長期のトレンドを見る

FXのハイレバ手法1

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

15分足で短期のトレンドを見る

FXのハイレバ手法2

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

【大トレンドと小トレンドの方向性が一致】
・中期順張り:トレンドの押し目を狙う
・利確目安:10pips~

【大トレンドと小トレンドの方向性が異なる】
・短期逆張り:トレンド形成中の過熱感を利用して素早く利確
・利確目安:5~10pips

短期逆張りは利確の判断が難しいため、まずは大トレンドと小トレンドの方向性が一致している時に順張りでエントリーしましょう。

5分足のRSIでエントリーポイントを判断

FXのハイレバ手法3

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

【パターン①】
特徴:値幅が取りやすいものの、だましに合う可能性も高い

①ローソク足が大トレンドの下限のラインにタッチしていること。
②ローソク足の実体が下限のラインを超えていないこと。
③RSIが30にタッチしていること。

FXのハイレバ手法エントリーポイント1

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

【パターン②】
特徴:狙える値幅は狭まるものの、だましに合う可能性は下がる

①ローソク足が切り下がり(下降トレンド)から切りあがりに(上昇トレンド)転換したか
②移動平均線がゴールデンクロスしたか
③ローソク足が確定した時点でRSIが50を超えたか
※下降トレンドを狙う場合はこの逆

FXのハイレバ手法エントリーポイント

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

エントリーポイントはRSIが50以上を推移してからローソク足が確定した時点で50以下をつけたタイミングです。

FXのハイレバ手法エントリーポイント2

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

【海外FX】外国のFX業者/口座をおすすめしない理由やリスク徹底解説【危険】

・海外FXとは、海外に本社がある会社(海外FX業者)を利用してFX取引をすること
・海外FXには日本の金融庁が定めるルールが適用されないため、トレーダーは保護されない

・海外FX業者のメリットは、「国内FXに比べて大きなレバレッジで取引が可能」「ゼロカットシステムがあること
その一方で、 海外FX業者は日本の金融庁から警告を出されている」「取引コストが高い」「海外FXの税金は稼ぐほど高くなる」「入出金ルールが複雑で分かりづらい」「日本語サポートが不十分な場合が多いなどのデメリットがある
また、海外FX業者のリスクは、「ハイレバレッジによる損失リスクが高い」「信託保全を採用していないため、資産が守られない」「悪質な業者も存在する
・ 安心して取引をしたいのであれば国内FXの利用がおすすめ
・ 国内FX業者は、松井証券・GMOクリック証券・LINE FX・ 外為オンライン が使いやすい
・松井証券FXでは、1通貨単位でから取引が可能
GMOクリック証券FX取引高世界第1位*でトレーダーからの信頼も高い
・新規口座開設数No.1はLINE FX
・外為オンラインFXなら自動売買で忙しい人でも簡単に取引可能

FXを始めるなら松井証券FXが使いやすいです。

松井証券FXでは、業界最小取引単位の1通貨で100円からFXの取引が始められます。

松井証券FXでは、取扱通過ペアは主要なドル円、ユーロ円など20種類を扱っており、スプレッドも業界最安値であるため低コストで取引が可能です。

口座開設がまだ済んでない方は、ぜひこの機会に松井証券FXをチェックしておきましょう。

\ 100円から取引できる! /

海外FXとは?

・海外FXとは、海外に本社がある会社(海外FX業者)を利用してFX取引をすること
・海外FXでは日本の金融庁が定めるルールが適用されない
・そのため、自由度が高いがリスクやデメリットもあるため注意が必要

海外に本社がある会社(海外FX業者)を利用してFX取引をすること

海外FXでは、国内FXと異なり、日本の金融庁が定める規制が適用されません。

FX取引を始める前に、海外FXの特徴やどのようなリスクがあるのかをしっかり押さえておくことが重要です。

海外FX業者のメリット

・国内FXに比べて大きなレバレッジで取引が可能
・ゼロカットシステムがある

国内FXに比べて大きなレバレッジで取引が可能

一方、 海外FX業者であれば、レバレッジの適用範囲は100~1000倍とかなり大きい倍率で取引が可能であるため、少額でハイリターンを期待できます。

国内FX業者に比べて、海外FX業者では 圧倒的に資金効率が高い ことが分かります。

ゼロカットシステムがある

2つ目のメリットは、海外FX業者には ゼロカットシステム 海外FX業者のおすすめは があるということです。

そのため、 海外FXでは入金した金額以上の損失(借金)が絶対に発生しない仕組み になっています。

\ 100円から取引できる! 海外FX業者のおすすめは /

海外FX業者のデメリット

日本の金融庁から警告を出されている
・取引コストが高い
・海外FXの税金は稼ぐほど高くなる
・入出金ルールが複雑で分かりづらい

・日本語サポートが不十分な場合が多い

日本の金融庁から警告を出されている

日本で登録を受けていない海外FX業者は日本の金融庁から警告を出されています。

国内FX業者であれば、金融庁が管理しているためトラブルに合った場合でもトレーダーは保護されるため安心です。 海外FX業者のおすすめは 海外FX業者のおすすめは

取引コストが高い

海外FX業者は、日本に比べてスプレッドが高いのがデメリットです。

スプレッドは小さいほど有利な取引が出来るので、国内FX業者の方が低コストで取引ができます。

海外FXの税金は稼ぐほど高くなる

海外FXの税金は稼ぐほど高くなることもデメリットです。

一方、海外FXでは「総合課税(累進課税)」扱いとなります。

入出金ルールが複雑で分かりづらい

海外FX業者では、入出金ルールが複雑で分かりづらいこともデメリットとして挙げられます。

国内FXであれば、ネットバンクやコンビニから入金できるため初心者でも簡単に行えます。

日本語サポートが不十分な場合が多い

海外FX業者には、日本語が分かるスタッフがいるとは限りません。

安心して取引をするためには国内FX業者を選択することをおすすめします。

松井証券FXは、100円から取引が始められ、業界最狭水準のスプレッドにより取引コストが抑えられて使いやすい国内FX業者です。

\ 100円から取引できる! /

海外FX会社のリスク

・ハイレバレッジによる損失リスクが高い
・信託保全を採用していないため、資産が守られない
・悪質な業者も存在する

ハイレバレッジによる損失リスクが高い

ハイレバレッジな取引

海外FXでは、高いレバレッジによりハイリターンが期待できる一方で自分の予測と異なる値動きをした際に大きな損失を被るリスクがあります。

信託保全を採用していないため、資産が守られない

海外FX業者は、「信託保全」が義務化されていません。

トレーダーから預かる資金の管理とFX会社の資産をを分けて管理するために、信託銀行に委託して管理する制度のこと

いっぽう、信託保全が義務されていない海外FX業者では、もしも倒産してしまった際に預けていた資金が戻ってこないことも考えられるということです。

悪質な業者も存在する

しかし、 海外FX業者のなかには、詐欺目的の危険な業者も混じっているため注意が必要です。

\ 100円から取引できる! /

信頼性の高い国内FX会社

それでは、信頼性の高い国内でFX会社について紹介します。

松井証券GMOクリック証券LINE FX外為オンラインについて、その特徴とお得なキャンペーン情報も合わせてご紹介します。

1通貨単位でから取引が可能】松井証券FX

松井証券FX-top
証券会社の名称松井証券
最小取引単位1通貨
通貨ペア米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/米ドル、豪ドル/円など20通貨ペア
レバレッジ1〜25倍
取引手数料(スプレッド)米ドル/円0.2銭 ユーロ/円0.5銭 ユーロ/米ドル0.4銭
公式サイト松井証券公式サイト
関連記事松井証券FXの評判

少額FXの記事でも紹介されている松井証券FXは、100年以上の歴史を持つ老舗の松井証券が運営しています。

松井証券FXの魅力は、なんといっても 業界最小取引単位の1通貨で100円からFXの取引が始められることです。

取扱通過ペアは主要なドル円、ユーロ円など20種類を扱っており、スプレッドも業界最安値であるため低コストで取引ができます。

松井証券FXのサポート体制は10年連続三つ星を獲得しており、初心者でも安心して取引ができます。

老舗の証券会社であるため、多くのトレーダーからの信頼性を寄せられています。

\ 100円から取引できる! /

【FX取引高世界第1位*】GMOクリック証券

GMOクリック証券
証券会社の名称GMOクリック証券
最小取引単位10,000通貨
通貨ペア米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/米ドル、豪ドル/円など20通貨ペア
レバレッジ1〜25倍
取引手数料(スプレッド)米ドル/円0.2銭 ユーロ/円0.5銭 ユーロ/米ドル0.海外FX業者のおすすめは 4銭
(原則固定)
公式サイトGMOクリック証券公式サイト
関連記事GMOクリック証券の評判

GMOクリック証券は、FX取引高世界第1位*の証券会社で信頼感が高く、安心して取引が可能です。 (*ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2021年12月)

新規口座開設により、 最大30万円キャッシュバック実施中 なので、ぜひこの機会にGMOクリック証券をチェックしておいてください。

\ 最大300,000円もらえる! /

新規口座開設数No.1】LINEFX

linefx
証券会社の名称LINE FX
最小取引単位1,000通貨
通貨ペア米ドル/円、ユーロ/円、英/ポンド円、豪ドル/円など23通貨ペア
レバレッジ1〜25倍
取引手数料(スプレッド)米ドル/円0.2銭 ユーロ/円0.5銭 英/ポンド円1.0銭
公式サイトLINE FX公式サイト
関連記事LINE FXの評判

LINE FXは、新規口座開設数No.1の証券会社で、充実した23通貨ペアに最小取引単位1,000通貨から少額で取引が始められます。

現在、 新規口座開設と1回の取引で、5,000円プレゼントキャンペーン実施中 です。

LINEアプリとアカウントがあれば、口座開設から入金、取引までスマホ一台で簡単に行えるため、ぜひこの機会にLINE FXをチェックしてみてください。

\ 最大55,000円もらえる! /

自動売買で忙しい人でも簡単】外為オンライン

5-gaitameon-top
証券会社の名称外為オンライン
最小取引単位10,000通貨
通貨ペア米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/米ドル、豪ドル/円など26通貨ペア
レバレッジ1〜25倍
取引手数料(スプレッド)米ドル/円0.9銭 ユーロ/円1.9銭 英/ポンド円3.4銭
公式サイト外為オンライン公式サイト
関連記事外為オンラインの評判

外為オンラインでは、取引をシステムに一任できる自動売買ツール「iサイクル2取引」が人気です。

FXを体験できる無料デモ口座もあるため、興味がある方はぜひ外為オンラインをチェックしておきましょう。

海外FXのよくある質問

・無登録FX業者を利用した場合は、法律違反になりますか
・海外FX業者の口座開設はどのようにしたらいいですか
・海外FXでもFXの知識を身につけられますか

無登録FX業者を利用した場合は、法律違反になりますか

しかし、 無登録であるためトラブルがあっても金融庁に保護されず、自分自身で解決しなければならないことは理解しておく必要があります。 海外FX業者のおすすめは

海外FXで得られた利益について、必ず申告を行うようにしましょう。

海外FX業者の口座開設はどのようにしたらいいですか

重要な書類や規約などを十分に読まずに開設するとトラブルになりかねないため、海外FX業者で口座開設する場合は注意が必要です。

海外FXでもFXの知識を身につけられますか

国内FX業者では、FXの知識を身につけるための無料口座やセミナーなど提供していますが、 海外口座では少なく、あっても日本語でないことも多く独学での学習が必要です。

海外FX業者でリスクを伴ってトレードするよりも、国内FX業者で経験を積みながらコツコツ資金を増やしていく方がおすすめです。

\ 100円から取引できる! /

【まとめ】海外FXはおすすめしない

・海外FXとは、海外に本社がある会社(海外FX業者)を利用してFX取引をすること
・海外FXには日本の金融庁が定めるルールが適用されないため、トレーダーは保護されない

・海外FX業者のメリットは、「国内FXに比べて大きなレバレッジで取引が可能」「ゼロカットシステムがあること
・その一方で、 海外FX業者は日本の金融庁から警告を出されている」「取引コストが高い」「海外FXの税金は稼ぐほど高くなる」「入出金ルールが複雑で分かりづらい」「日本語サポートが不十分な場合が多いなどのデメリットがある
また、海外FX業者のリスクは、「ハイレバレッジによる損失リスクが高い」「信託保全を採用していないため、資産が守られない」「悪質な業者も存在する
・ 安心して取引をしたいのであれば国内FXの利用がおすすめ
・ 国内FX業者は、松井証券・GMOクリック証券・LINE FX・外為オンラインが使いやすい
・松井証券FXでは、1通貨単位でから取引が可能
GMOクリック証券FX取引高世界第1位*でトレーダーからの信頼も高い
・新規口座開設数No.1はLINE FX
・外為オンラインFXなら自動売買で忙しい人でも簡単に取引可能

そのため、 FXを始めたい方は日本の金融庁に保護されている国内FXを利用することをおすすめします。

松井証券FXでは、業界最小取引単位の1通貨で100円からFXの取引が始められることが魅力です。

松井証券FXでは、取扱通過ペアは主要なドル円、ユーロ円など20種類を扱っており、スプレッドも業界最安値であるため低コストで取引が可能です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる