タダで投資

ローソク足の見方を初心者にわかりやすく解説

ローソク足の見方を初心者にわかりやすく解説
画像:著者作成(Trading View使用)

テクニカル分析チャート講座

FX初心者におすすめ!FXの基礎知識や失敗しないための方法を紹介

詳しくみる

【初心者におすすめ】FX自動売買とは?

詳しくみる

スプレッドとは

詳しくみる

【2021年】FXの税金や確定申告・税率について

詳しくみる

FX取引手法とは?初心者に役立つ分析方法を紹介

詳しくみる

【初心者向け】無料デモトレード

詳しくみる

トラッキングトレード ガチンコバトル!

詳しくみる

FX用語集

詳しくみる

FXブロードネットが選ばれる5つの理由

詳しくみる

テクニカルチャート分析

詳しくみる

【初心者から上級者に人気】ドル円予想レポート

詳しくみる

TradingViewの使い方を解説!米国株は50日・200日移動平均線をチャートで確認!

ETF•個別株

具体的には、チャート上で確認すべき項目/傾向と、その確認するためのツール(TradingView)の使い方をわかりやすく紹介します。

  • 米国株は、①50日/200日移動平均線を確認する
  • 米国株は、②株価の大きなトレンドを確認する
  • 米国株の株価チャートの確認は、「TradingView」が無料でおすすめ

米国株の株価チャートで確認すべき項目

ここでは「50日/200日移動平均線」について解説します。

50日移動平均線/200日移動平均線

50日移動平均線とは、過去50日間の株価の終値を合計して50で割った値を、チャート上につなげた線のことです。同様に、200日移動平均線とは、過去200日間の株価の終値を合計して200で割った値を、チャート上につなげた線のことです。

50日移動平均線か200日移動平均線を基準に株価が反発することが多いため、よく確認されます。

画像:著者作成(Trading View使用)

上のチャートは、S&P500指数のチャートと50日移動平均線を示した図になります。 S&P500指数は基本的に50日移動平均線より上側で推移していることが分かります。下がってきても50日移動平均線付近を基準に反発して株価が再上昇しています。

TradingViewとは?

TradingView(トレーディングビュー)は、全世界で使用者が増加中のチャートツールです。

TradingViewのチャート画面

画像:著者作成

  • ①:調べたい銘柄のティッカーシンボル(S&P500指数を選択中)
  • ②:時間足・日足・週足・月足の選択(日足を選択中)
  • ③:チャートの表示形式(ローソク足を選択中)
  • ④:比較銘柄を追加する
  • ⑤:インジケーターを表示(50日移動平均線などの関数を表示させる)

もっと色々な操作もあり、有料版だと更にできることは増えますが、 上記の5つ を操作できれば、米国株を始めるには十分です。順番に解説していきます。

FX 平均足だけで勝てるのか?デメリットや手法を公開!

テクニカル分析

FX 平均足だけで勝てるか?デメリットや手法を公開!

平均足とは?

よって、普通のローソク足に比べると 上昇トレンドでは陽線の表示 が多くなり、反対に ローソク足の見方を初心者にわかりやすく解説 下降トレンドでは陰線の表示 が多くなるものです。

平均足のメリット

平均足のデメリット

デメリットとしては、 ローソク足と異なり現時点の価格がわかりにくい ことで、また 短期売買の場合には頻繁にトレンドの入れ替わりが起こる ため、判断材料として使うと間に合わないケースが殆どです。

このため 短期売買で平均足を使うのは得策とはいえません。 大きな流れを理解するために平均足を用いるのが一般的です

平均足を使った手法

平均足を使った手法

平均足は上記の図のように 陽線と陰線が続く傾向にあります ので、非常にわかりやすくFX初心者には便利なインジケーターかと思います。

まずこの平均足を利用できる場面としては トレンドが出ている場面 です。トレンドが出ていない場面で平均足は以下のようになります。

平均足でトレンドが出ていない場面

よってレンジの状態でエントリーをしてしまうと平均値での表示のため、利益がなく場合によっては損失となってしまうこともありますので 注意が必要 です。

よって、まずはトレンドの把握です。今回は買いを例に説明します。 トレンドがあるとは、高値、安値が共に切りあがっている ことが条件です。

上昇トレンドのチャート

上昇トレンドで高値、安値が共に切り上がっているチャート

赤線はチャートの動きをわかりやすく示したものです。ここで 青丸の所ですが、高値、安値が共に切りあがっていることが分か るかと思います。

これで上昇トレンドということが確認できました。次に押し目を見極めエントリーします。そうすると ピンク〇あたりがエントリーポイントとして良いポイント となると思います。

エントリーポイントの説明するチャート

よって今回のテーマである 平均足を利用 します。下のチャートをご覧ください。

平均足を表示した状態で実際のエントリーポイント

ローソク足でのエントリーで押し目を見極めるのが難しい場合、上記の ピンク〇の2か所のように平均足の色が変わったところでエントリーをしてもらえばよい かと思います。

【FX初心者】FXの始め方がわかる!稼ぎ方からおすすめ口座まで完全ガイド|エフテン|FXにつよくなる

「相場は生き物である」という言葉を聞いたことはありますか? 為替相場はまるで生き物のように複雑な動きをするため、トレーダーにとって相場の予測は容易ではない、という意味の言葉です。 しかし、本当に相場の動きは予測不能なのでしょうか.

ZigZagを使用した手法とパラメーターの意味を簡単に解説!

ZigZagを使用した手法とパラメーターの意味を簡単に解説!

みなさん、「ZigZag(ジグザグ)」というインジケーターをご存知ですか? 「ZigZag」とは、レート(価格)の高値・安値が分かりやすく表示され、大まかな相場の流れが見て取れるインジケーターです。 このペー.

FXの失敗談・成功談コピペまとめ15選!阿鼻叫喚!メシウマ⁉な体験談を紹介

FXの失敗談・成功談コピペまとめ15選!阿鼻叫喚!メシウマ⁉な体験談を紹介

過去の失敗や教訓は、これからの成功に向けて大いに役立つものです。 とはいっても、教本やセミナーで語られる、ありきたりな失敗談については、皆さんもすでにご存じのことでしょう。 そこで本記事では、匿名掲示板の代表格である2ch(現5.

「CCI」の使い方をマスターして、FX中級者を目指そう!

「CCI」の使い方をマスターして、FX中級者を目指そう!

ヒドゥンダイバージェンスとは?最強のトレンド読み方をチャートで解説

ヒドゥンダイバージェンスとは?最強のトレンド読み方をチャートで解説

「Pivot(ピボット)」徹底解説!世界中のトレーダーが注目するインジケーター!

「Pivot(ピボット)」徹底解説!世界中のトレーダーが注目するインジケーター!

あなたは、Pivot(ピボット)というインジケーターをご存知でしょうか。 このPivotを開発した「J・ウェルズ・ワイルダー氏」ですが、実は、他にも様々なインジケーターを開発している人なんです。 例えば、 .

<FXの始め方>人気記事

FXの失敗談・成功談コピペまとめ15選!阿鼻叫喚!メシウマ⁉な体験談を紹介

FXの失敗談・成功談コピペまとめ15選!阿鼻叫喚!メシウマ⁉な体験談を紹介

過去の失敗や教訓は、これからの成功に向けて大いに役立つものです。 ローソク足の見方を初心者にわかりやすく解説 とはいっても、教本やセミナーで語られる、ありきたりな失敗談については、皆さんもすでにご存じのことでしょう。 そこで本記事では、匿名掲示板の代表格である2ch(現5.

豪ドルの5年後見通しは?100円超えの可能性や相場分析から見る買い時とは【2022年最新】

豪ドルの5年後見通しは?100円超えの可能性や相場分析から見る買い時とは【2022年最新】

外貨の中で人気を誇る豪ドル(オーストラリアドル)は、オーストラリア連邦が発行する通貨です。 現在の外国為替市場において豪ドルは、英ポンドやニュージーランドドルと並び、先進国通貨の代表格となっています。 かつては高金利通貨としての.

フィボナッチエクスパンションの有効的な使い方からラインの引き方までを徹底解説!

フィボナッチエクスパンションの有効的な使い方からラインの引き方までを徹底解説!

あなたはMT4に標準搭載されている「フィボナッチエクスパンション」という機能をご存知でしょうか? 知る人ぞ知るこの機能、無料で使い放題なのに、すっごくシンプルで使いやすいんです。 しかも機能とは言いましたが、正確には、テクニカル.

<インジケーター解説>人気記事

ZigZagを使用した手法とパラメーターの意味を簡単に解説!

ZigZagを使用した手法とパラメーターの意味を簡単に解説!

みなさん、「ZigZag(ジグザグ)」というインジケーターをご存知ですか? 「ZigZag」とは、レート(価格)の高値・安値が分かりやすく表示され、大まかな相場の流れが見て取れるインジケーターです。 このペー.

株の初心者にもわかりやすい!株のスクリーニング徹底解説


株価チャートとは、株価の過去の動きをグラフにしたもので、色々な指標が使われます。
株価のトレンドが分かり、今後の動きを予測することにも役立つので投資家には重宝されています。

株のスクリーニングソフトでおすすめはこれ

現在、上場企業数は3500社以上。この銘柄すべてを監視するのはベテラン投資家でも無理だといえるでしょう。株初心者であればなおさらです。
そんな時に活用したいのが無料で使えるスクリーニングソフトです。
ここでは、株初心者向けの無料のおすすめスクリーニングソフト3つを紹介します。

株探のスクリーニングでは「ファンダメンタルズで探す」にある、「業績上方修正が有望銘柄」でのスクリーニングが株初心者にはおすすめです。
「【第1四半期】時点 中間期上振れ 有望銘柄」「【第1四半期】時点 通期上振れ 有望銘柄」「【中間期】時点 通期上振れ 有望銘柄」「【第3四半期】時点 通期上振れ 有望銘柄」でスクリーニングができますので、株初心者にはとても使いやすいと思います。

株のスクリーニングのアプリでおすすめのアプリはこれ

■株マップ.comアプリ
「株のスクリーニングソフトでおすすめはこれ」で紹介した株マップ.comのアプリです。アプリでは「簡易スクリーニング」「スコアスクリーニング」の2つのテーマから選ぶことができます。
WEBに比べるとスクリーニング条件は少ないですが、株マップ.comの一番の特徴であるクォンツスコアでのスクリーニングはアプリでも使うことができます。
また、簡易スクリーニングでは投資金額と「成長株」「割安優良」などの検索条件を入れるとおすすめ銘柄の検索ができるので、株初心者には使いやすい内容となっています。

■Yahoo!ファイナンスアプリ
Yahoo!ファイナンスアプリにもスクリーニング機能が付いています。
株初心者向けのスクリーニング条件は、「シグナル」にある「ゴールデンクロス」です。
この検索条件で上昇可能性が高い銘柄を探してください。

株のスクリーニングは楽天とSBIとyahoo初心者に使いやすいのはどれ?

「クォンツスコア」はクォンツ・リサーチ株式会社が提供する独自のスコアリングで、「成長性スコア」「市場トレンドスコア」「値動きスコア」などで設定ができます。
クォンツスコアは基本的にはスコアが高いほど優良銘柄とされています。
「チャート形状検索」は25種類のチャート形状から銘柄検索ができます。気になるチャート形状をクリックすると該当する銘柄が一目で分かるようになるので、株初心者には重宝される機能です。
また、SBI証券にはその他一通りの検索条件も揃っています。

■楽天証券
楽天証券には「スーパースクリーナー」という国内株式の検索ツールがあります。
「市場」「規模」「投資金額」「業種」といった基本的なものから、「財務」「テクニカル」といった銘柄検索に必要なものはすべて備えています。
また、独自の「コンセンサス(プロのアナリストによる業績予想)」や「レーティング(銘柄の格付け)」を見ることができ、アナリストのコメントなどを確認することができるのが特徴です。

■YAHOO!ファイナンス ローソク足の見方を初心者にわかりやすく解説
YAHOO!ファイナンスでも銘柄検索をすることができます。
値上がり率や出来高増加率などの各ランキングや、ゴールデンクロス・デッドクロスなどのテクニカル指標でも検索をすることはでき、とても見やすいです。
しかし、楽天証券やSBI証券のスクリーニングツールに比べるとスクリーニング条件は非常に少なくなります。
その分、株初心者には使いやすいかもしれません。
株初心者には「ゴールデンクロス」や「出来高増加率」などの指標を使って検索することをおすすめします。
また、独自の掲示板を持っているので、掲示板投稿数ランキングをみるとどの銘柄が盛り上がっているのか一目で分かります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる