ビギナーバイナリーオプション

投資助言業について

投資助言業について
ゲイツ・モス

投資顧問口コミサイトの嘘

投資顧問口コミサイトはステマや嘘ばかり、デマや嘘情報から個人投資家を守るために情報を発信していきます。

【2021年最新版】信用できる投資顧問レビューサイト3選【徹底調査】

BEST3

投資顧問のレビューサイトは信用できない
業者が作成した自演サイトばかり

事実投資顧問業界に関して言えば、 ネット上の9割以上のレビューが捏造 であると言い切れます。

そこで投資顧問サイトを50以上検証した経験のある筆者が厳選した信用できる投資顧問レビューサイト3選を紹介したいと思います。
同時に信頼してはいけないレビューサイト3選も紹介します。

検証した投資顧問レビューサイト

search

投資顧問サイトを比較・評価するレビューサイトは数にして数十サイト存在します。
その大半が業者が作成した自演サイト であることは、先述した通りです。

TMJ投資顧問・AIP投資顧問をPRするレビューサイト

無登録業者を高評価するレビューサイト

その他のレビューサイト

まず投資顧問という極めて知名度が低い業者についてのレビューサイトが、 これだけの数存在すること自体が不自然 です。

全てのサイトを検証した筆者が独断と偏見でベスト3、ワースト3のレビューサイトを決めていきたいと思います。

投資顧問レビューサイトBEST3

BEST3

投資顧問レビューサイトに「これは使える!」というサイトがほぼ皆無である ことを前提に、敢えて比較的情報に信憑性のあるサイトをピックアップしてみました。

投資顧問サイト検証ナビ

PRサイト(広告)がなく、各投資顧問会社を公平に評価しているように思えます。
実際に投資顧問会社を利用して検証したと記されていますが、あくまでも無料サービスの範囲内。
有料サービスまで踏み込んだ検証であれば、申し分ないのですが予算や労力の関係で難しいのでしょう。

仕手株投資顧問の嘘と短期急騰銘柄の真実

比較的中立性の保たれたレビューサイトです。
今年に入ってサイトの更新が止まっていることから、放置サイトとなってしまったのでは?という懸念もあります。

投資顧問の実力は?

個人で運営しているサイトでしょうか?
記事や検証方法など中立性が保たれており、偏りもないように感じます。
レビューサイトの怪しさにも一石を投じており、私とほぼ主張は一致。
記事内容に関してもほぼ共感できる内容となっています。

投資顧問レビューサイトワースト3

worst

続いてワースト3のレビューサイトです。
基本的に自演のレビューサイトは、全て利用すべきではない悪質サイト だということを念頭に置いてください。

おすすめ投資顧問ランキング

おすすめ投資顧問ランキングというサイト名ながら、 ランキングはウェブサイトの管理人に完全にコントロールされています。
ランキング上位の4サイト(2021年8月現在)は、全て投資助言業を営むことができない無登録業者です。

ランキング上位の4サイト

  • 投資顧問ファクター
  • 投資顧問マネージャー
  • 投資顧問豊
  • 投資顧問ダイレクト

無登録業者をさも優良業者であるかのように偽装 するために、上位にランキングさせるとともに 自演の可能性が極めて高い口コミを投稿(表示) させています。

行政処分・事例 | 商品先物取引被害、先物取引被害、先物被害、先物取引、先物相談、先物被害相談、仕組債、仕組債被害、金、ガソリン、原油

家族に言えず一人で悩んでいる方 誰にもわからないように解決できます。

東海投資助言サービス合同会社(以下「当社」という。)は、平成25年1月頃から、株式会社オープニングベル(名古屋市中村区、法人番号8180001090081、代表取締役 藤井 百七郎(ふじい もひちろう、以下「藤井社長」という。)、金融商品取引業の登録はない。以下「オープニングベル社」という。)の関係者4名を当社の助言分析を行う等の重要な使用人として東海財務局長に届け出た上で、投資助言・代理業を行わせていた。
しかしながら、当社は、オープニングベル社の関係者4名が行う投資助言行為に全く関与しておらず、当該4名は、オープニングベル社の藤井社長の指揮監督の下、投資助言行為を行っていたなど、当社の重要な使用人であるとの外観を装ったに過ぎず、オープニングベル社に対し、当社の名義をもって投資助言・代理業を行わせていたものと認められる。
オープニングベル社は、平成26 年10 月以降、少なくとも363 名に対し、国内株式に係る売買のタイミングや価格等を電子メールで配信する方法により投資助言行為を行っていた。
当社が行った上記行為は、自己の名義をもって、他人に金融商品取引業を行わせたものであり、金融商品取引法(以下「金商法」という。)第36条の3に違反するものと認められる。

当社は、業務のほとんどをオープニングベル社に名義を貸して行わせている状況にあり、当社の池田代表は、こうした状況が名義貸しに該当することを認識しながら、収益の確保を優先し、当該状況を継続していた。
当社は、唯一の常勤役職員である池田代表の法令等遵守意識が欠如しており、投資助言・代理業を適確に遂行するに足りる人的構成が確保されていないものと認められる。
当社における上記の状況は、金商法第29 条の4第1項第1号ホに定める「金融商品取引業を適確に遂行するに足りる人的構成を有しない者」に該当し、このような当社の状況は、同法第52 条第1項第1号に該当するものと認められる。

1)無登録営業への関与を直ちに停止すること。
2)全ての顧客に対し、今回の行政処分の内容を説明し、適切な対応を行うこと。
3)現在、当社と投資顧問契約を締結している者との契約を適切に終了させること。
4)上記2)、3)の対応状況について、1ヶ月以内に書面により随時報告すること。

東海投資助言サービス合同会社に対する検査結果に基づく勧告について

令和元年6月21日
証券取引等監視委員会 引用

1.勧告の内容
東海財務局長が東海投資助言サービス合同会社(名古屋市港区、法人番号9180003009260、代表社員 池田 昌弘(いけだ まさひろ、以下「池田代表」という。)、資本金300万円、常勤役職員1名、投資助言・代理業)を検査した結果、下記のとおり、当該金融商品取引業者に係る問題が認められたので、本日、証券取引等監視委員会は、内閣総理大臣及び金融庁長官に対して、金融庁設置法第20条第1項の規定に基づき、行政処分を行うよう勧告した。

東海投資助言サービス合同会社(以下「当社」という。)は、平成25年1月頃から、株式会社オープニングベル(名古屋市中村区、法人番号8180001090081、代表取締役 藤井 百七郎(ふじい もひちろう、以下「藤井社長」という。)、金融商品取引業の登録はない。以下「オープニングベル社」という。)の関係者4名を当社の助言分析を行う等の重要な使用人として東海財務局長に届け出た上で、投資助言・代理業を行わせていた。
しかしながら、当社は、オープニングベル社の関係者4名が行う投資助言行為に全く関与しておらず、当該4名は、オープニングベル社の藤井社長の指揮監督の下、投資助言行為を行っていたなど、当社の重要な使用人であるとの外観を装ったに過ぎず、オープニングベル社に対し、当社の名義をもって投資助言・代理業を行わせていたものと認められる。
オープニングベル社は、平成26年10月以降、少なくとも363名に対し、国内株式に係る売買のタイミングや価格等を電子メールで配信する方法により投資助言行為を行っていた。

投資における考慮要素として。投資助言 / Investment Advising

投資助言行為(Investment advising)とは、顧客に投資助言(Investment advices)を提供するプロセスを指します。投資助言行為(Investment advising)と財務計画行為(Financial planning)の間の微妙な違いが存在します。後者の財務計画行為(Financial planning)は、ファイナンシャルプランナー(Financial planner)が、顧客の全体的な財務目標を達成するために、顧客の財務ニーズ(Financial needs)(保険、退職金、投資など)の評価を実行します。前者の投資助言行為(Investment advising)は、主に投資商品(Investment products)や戦略(Strategies)などを含めた投資助言(投資助言業について Investment advices)を提供することを以って、顧客の投資目標とニーズ(Objectives and Needs)に焦点を当てていきます。
過去10年間で香港の小口投資助言市場(Retail investment advising market)はその発展速度を増してきています。リテール銀行(Retail banks)と独立系ファイナンシャル・アドバイザー(Independent financial advisors;IFA)は、投資助言のサービスを促進する上で主導的な役割を担ってきており、同時に、生活水準の向上(Improvement in living standards)と高品質な個人金融サービスの需要(Demand for high quality personal financial services)もまた強力な推進力となっています。

投資顧問業 Investment Advisors

ここ香港では投資顧問業(Investment advisor)の仕事は非常に人気のある業種であります。投資商品の性質(Nature)、特徴(Features)及びリスクや顧客の個人的な経済情況はそれぞれ異なるために、適切な投資助言(投資助言業について Investment advices)を提供しようとすると、投資顧問業(Investment advisor)として考慮すべきさまざまな要素があります。

顧客を知るKnowing the client

投資顧問業(Investment advisor)として、顧客の財務情況(Financial situation)、投資経験(Investment experience)及び投資目標(Investment objective)の情報を収集しなくてはいけません。顧客の投資知識(Investment knowledge)、投資期間(Investment horizon)やリスク許容度(Risk tolerance)などが含まれます。顧客のいかなる状況の変化(Change of circumstances)を見つけることを容易にするために、収集した情報を完全に文書化し継続的に更新する(Fully documented and updated) ことが最善のこともあります。

投資商品を理解 Understanding the investment products

投資顧問業(Investment advisor)として、投資商品の構造(Structure of the products)、リスクレベル(Level of risk)、手数料等(Fees and charges)を含む相対的なパフォーマンス(Relative performance)、流動性(Liquidity)等を十分に熟知する必要があります。

合理的な助言を提供 Providing reasonable advice

投資顧問(Investment advisor)は、投資商品のリスク•リターン•プロファイル(Risk return profile)が、まさに提案している顧客の個人的な状況(Personal circumstances)と一致しているかどうかを確認する必要があります。

その他、投資顧問業として

投資顧問はまた、顧客に十分な情報をもとに意思決定することを促すために、すべての関連情報を支援と提供する必要があります。参考になるように助言行為はなるべく文書化するべきでもあります。これは、業務の複雑性を考えると、投資顧問は金融市場だけではなく、経済学(Economics)、法律(Laws)、資産管理(投資助言業について Asset management)、リスク管理(Risk management)などのオールラウンドな知識(All-round knowledge)が必要であると言えますが、しかし、それはただの技術的な知識あります。さらに、投資顧問は顧客心理の洞察できるよう優れたコミュニケーション能力(Communication skills)を備えるべきでもあります。例えば、顧客のプライベートな問題を、礼儀正しく質問しなければならなく、市況が悪いときにも悪い情報をあえて伝えていかなければなりません。
最も重要なのこととして、職業倫理を遵守するこにより、顧客の信任を得る必要であります。それぞれの監督当局(Regulatory bodies)または職能団体(Professional association)は、倫理規定を設けている場合があり、いくつかの基本的な倫理原則は、誠実(投資助言業について Integrity)、正直(Honesty)、注意義務(Due diligence)、利益相反の回避(Avoidance of conflict of interests)、機密保持能力(Confidentiality competence)等があげられます。

投資における考慮要素として。投資助言 / Investment Advising

投資助言行為(投資助言業について Investment advising)とは、顧客に投資助言(Investment advices)投資助言業について を提供するプロセスを指します。投資助言行為(Investment advising)と財務計画行為(投資助言業について Financial planning)の間の微妙な違いが存在します。後者の財務計画行為(Financial planning)は、ファイナンシャルプランナー(Financial planner)が、顧客の全体的な財務目標を達成するために、顧客の財務ニーズ(Financial needs)(保険、退職金、投資など)の評価を実行します。前者の投資助言行為(Investment advising)は、主に投資商品(Investment products)や戦略(Strategies)などを含めた投資助言(Investment advices)を提供することを以って、顧客の投資目標とニーズ(投資助言業について Objectives and Needs)に焦点を当てていきます。
過去10年間で香港の小口投資助言市場(Retail investment advising market)はその発展速度を増してきています。リテール銀行(Retail banks)と独立系ファイナンシャル・アドバイザー(Independent 投資助言業について financial advisors;IFA)は、投資助言のサービスを促進する上で主導的な役割を担ってきており、同時に、生活水準の向上(Improvement 投資助言業について in living standards)と高品質な個人金融サービスの需要(Demand for high quality personal financial services)もまた強力な推進力となっています。

投資顧問業 Investment Advisors

ここ香港では投資顧問業(Investment advisor)の仕事は非常に人気のある業種であります。投資商品の性質(Nature)、特徴(Features)及びリスクや顧客の個人的な経済情況はそれぞれ異なるために、適切な投資助言(Investment advices)を提供しようとすると、投資顧問業(Investment advisor)として考慮すべきさまざまな要素があります。

顧客を知るKnowing the client

投資顧問業(Investment advisor)として、顧客の財務情況(Financial situation)、投資経験(Investment experience)及び投資目標(投資助言業について Investment objective)の情報を収集しなくてはいけません。顧客の投資知識(Investment knowledge)、投資期間(Investment horizon)やリスク許容度(Risk tolerance)などが含まれます。顧客のいかなる状況の変化(Change of circumstances)を見つけることを容易にするために、収集した情報を完全に文書化し継続的に更新する(Fully documented and updated) ことが最善のこともあります。

投資商品を理解 Understanding the investment products

投資顧問業(Investment advisor)として、投資商品の構造(Structure of the products)、リスクレベル(Level of risk)、手数料等(Fees and charges)を含む相対的なパフォーマンス(Relative performance)、流動性(Liquidity)等を十分に熟知する必要があります。

合理的な助言を提供 Providing reasonable advice

投資顧問(Investment advisor)は、投資商品のリスク•リターン•プロファイル(投資助言業について Risk return profile)が、まさに提案している顧客の個人的な状況(投資助言業について Personal circumstances)と一致しているかどうかを確認する必要があります。

その他、投資顧問業として

投資顧問はまた、顧客に十分な情報をもとに意思決定することを促すために、すべての関連情報を支援と提供する必要があります。参考になるように助言行為はなるべく文書化するべきでもあります。これは、業務の複雑性を考えると、投資顧問は金融市場だけではなく、経済学(Economics)、法律(Laws)、資産管理(Asset management)、リスク管理(Risk management)などのオールラウンドな知識(All-round knowledge)が必要であると言えますが、しかし、それはただの技術的な知識あります。さらに、投資顧問は顧客心理の洞察できるよう優れたコミュニケーション能力(Communication skills)を備えるべきでもあります。例えば、顧客のプライベートな問題を、礼儀正しく質問しなければならなく、市況が悪いときにも悪い情報をあえて伝えていかなければなりません。 投資助言業について
最も重要なのこととして、職業倫理を遵守するこにより、顧客の信任を得る必要であります。それぞれの監督当局(Regulatory bodies)または職能団体(Professional association)は、倫理規定を設けている場合があり、いくつかの基本的な倫理原則は、誠実(Integrity)、正直(Honesty)、注意義務(Due diligence)、利益相反の回避(Avoidance of conflict of interests)、機密保持能力(Confidentiality competence)等があげられます。

投資家が水素について知っておくべき5つのこと

Headshot1-Taylor_Jeremy.png

Headshot1-Moss_Gates.png

ゲイツ・モス

PDF版をご希望の方はこちら

従来の燃料よりもクリーンで軽量

1. 水素は新しい技術ではない。水素を製造する最も単純な方法は、水に直流電流を流し、水素と酸素を分離することだ。水の電気分解は1800年頃に始まっており、1869年にはベルギーの電気技師ゼノベ・グラムが、安価に水素を製造するためのグラム機械を発明している。化学反応としてはシンプルなもので、技術的には十分研究されてきた。

2. 重さは重要。水素は周期表の中で最も軽い原子である。1キログラムの水素に含まれるエネルギー量は、1リットルのディーゼル燃料に含まれるエネルギー量の約3倍もあり、輸送用機器向けの燃料として非常に有用だ。また、現在テスラ社が製造しているバッテリーと比べても、重量当たりのエネルギー量は100倍以上になる。

3. 現時点では、再生可能エネルギー由来の水素は経済的ではない。再生可能エネルギーを用いて製造された「グリーン」水素には明るい未来があると信じているが、現時点では、経済性は概して厳しい。輸送用機器の燃料として直接比較する場合、水素はエネルギーの貯蔵・輸送手段として最も安価なエネルギー媒体の2倍から4倍のコストがかかる。また、水素を原料として使用する化学産業プロセスでは、「グリーン」水素は、天然ガス由来で炭素排出量の大きい「グレー」水素には勝てない。

4. グリーン水素の経済性を向上させる4つの要因。第1に、産業の成長に伴いプラントの大型化が進み、スケールメリットにより単価が低下する。第2に、プラントの建設が増えることで、技術的な進歩が期待できる。例えば、電解槽に高分子電解質膜を用いることで、すでにコスト面での成果が表れている。第3の要因は、再生可能エネルギーの断続的な性質によって、エネルギー市場において一次的な電力余剰が生じていることだ。風力や太陽光発電の電力網への統合が進むにつれ、一部の国々では気象条件などによって再生可能エネルギーによる発電が供給過剰となる時間が増えており、そうした時間帯はスポット電力価格がゼロまたはマイナスになることもある。このような形で供給過剰となった電力は、水素に変えることができる。電気は水素の最大の変動コストであるため、短期的な損益分岐点を劇的に減少させることができる。

水素のバリューチェーン:投資機会はどこで生まれるのか?.png

投資家はどう備えるべきか

責任投資 カテゴリでよく読まれている記事

責任投資 カテゴリの新着記事

運用サービス

アライアンス・バーンスタイン株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第303号
【加入協会】一般社団法人投資信託協会/一般社団法人日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人第二種金融商品取引業協会
https://www.alliancebernstein.co.jp/

当資料についての重要情報

投資信託のリスクについて
アライアンス・バーンスタイン株式会社の設定・運用する投資信託は、株式・債券等の値動きのある金融商品等に投資します(外貨建資産には為替変動リスクもあります。)ので、基準価額は変動し、投資元本を割り込むことがあります。したがって、元金が保証されているものではありません。投資信託の運用による損益は、全て投資者の皆様に帰属します。投資信託は預貯金と異なります。リスクの要因については、各投資信託が投資する金融商品等により異なりますので、お申込みにあたっては、各投資信託の投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面等をご覧ください。


お客様にご負担いただく費用:投資信託のご購入時や運用期間中には以下の費用がかかります
● 申込時に直接ご負担いただく費用 …申込手数料 上限3.3%(税抜3.0%)です。
● 換金時に直接ご負担いただく費用…信託財産留保金 上限0.5%です。
● 保有期間に間接的にご負担いただく費用…信託報酬 上限2.068%(税抜1.880%)です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる