完全ガイド

信用取引ってなに

信用取引ってなに
三菱UFJファクター公式HPより

せつこの兼業投資家日記

投資で損をしないためには「自分がよくわからない」ものには投資しないことです。 一緒に勉強していきましょう✨

信用取引って何?

f:id:Settsun:20190814142938j:plain

こんにちは、せつこです✨

お盆は会社の指定有給で9連休です😆

今日は、すでに投資をしている人はご存知の内容かもしれませんが、これから投資を始める方、初心者の方にとっては非常に重要な「 信用取引 」についてご紹介します。

実際にするしないかはともかく、知識として知っておくことは大事なことです✨

それでは始めましょう❗

信用取引って何?

皆さんの普段の買い物では、5万円持っていれば当然5万円分の買い物しかできませんよね?それはたとえ投資であっても基本的には同じです。

ただし信用取引の場合は、 5万円を担保として証券会社に預けることで株であれば約15万円くらい、FXであれば最大125万円近くの金額を買うことができます。

要は 証券会社から借金して、実際の自分の手持ち金額よりも大きい金額を取引できる制度 のことを「 信用取引 」というわけです。

借金しているわけなので、当然利息も取られますし、(証券会社により金額は違いますが)手数料もとられます。

テレビやネットなどでセンセーショナルに語られる。

「 投資で○○万円から一気に転落、借金まみれに!!」といった内容のものはまず信用取引を使用して、自分の手持ち以上に大きい金額を取引した結果 であることが多いです。

どうしても人は楽に、一気に、大きく儲けようと思う気持ちが強いので、自分の手持ちを超えて大きい金額を投資しようとしてしまうのですね。

信用取引で自己資金以上のお金を取引することを投資用語で「 レバレッジ(てこの原理)をかける。 信用取引ってなに 」と言います。

高い倍率をかけることを「 ハイレバ 」、自己資金の3倍を取引していれば「 レバ3倍 」などと言ったりします。なんだか通っぽいですね。笑

ではなぜ危険と分かっていながら、自己資金より大きい金額の取引をするのでしょう?何かメリットはあるのでしょうか?

なぜ信用取引をするのか?

まず大前提として私がお伝えしておきたいのは、基本的に信用取引は初心者のうちは絶対すべきではないということ。

競馬やパチンコですと、ビギナーズラックで大当たりという話も聞きますが、信用取引でそれらを望むのはかなり望み薄です。追証やフラッシュクラッシュなど様々な要因がありますし、何よりリスクが違います。

負けても手持ちがゼロになるパチンコ競馬と違い、信用取引の場合は最悪マイナス(借金)になる可能性もありますし、パチンコで1日散財しても精々10万20万使うかどうかといったところかと思いますが、信用取引の場合は100万でも1000万でもなくなるときは1日でなくなります。

それらを踏まえた上で、信用取引をするメリットを下記します。

(1)資金効率を高めることができる。

100万円分かったA株がなんと50%値上がりしました。

この場合100万→150万なので50万円の儲けです。

ただしこのとき信用取引をしており、100万を元手に300万のA株を買っていた場合、

300万→450万となるので150万円の儲けです。

同じ元金で、同じ値上がりにも関わらず50万の儲けを150万の儲けにできるわけです。

投資に絶対はありませんが(何らかの分析や情報で)高確率で値上がりするだろうという判断ができるのであれば、通常の取引よりはるかに効率良く稼ぐことはできます。

(2)売りからスタートすることができる。

おそらく投資をしたことがない人には何を言っているかわからないと思いますが、私はこれが信用取引最大のメリットでもあると思っています。

通常の買い物では当然、買うという選択肢しか無いですね?

ただし株の信用取引の場合は・・・例えば

B株は現在100万円です。ただしあなたはB株が何らかの原因で、今後下がっていくと予想しました。そこで自分が持っている訳でもないB株を100万円で「 空売り 信用取引ってなに 」します。

そしてB株はあなたの読み通りに100万円→60万円に下がりました。

そこであなたは100万円の時に「 空売り 」していたB株を60万円で「 買い戻す 」というわけです。すると100万-60万=40万があなたの儲けになるわけです。

ものを持ってないにも関わらず先に売ることができるのです。

つまり信用取引を駆使すれば、株価が上がろうと下がろうと利益を得ることができます。

上でメリットを書きましたが当然そんな都合の良いだけのものはありません。

信用取引の怖い所の一つに「 追証(おいしょう) 」と呼ばれるものがあります。

(勿論なければそれはそれで大変になる人がたくさん出てきますが説明は割愛します)

たとえば先程の例のように、A株があがると予測して100万円を元手に300万分のA株を買ったとします。ここで読みが外れてA株は逆に下げてしまいました。

するとあなたは証券会社に追加でお金を入金しないといけません。

(具体的にどの程度下げたらいくら入金かというのは証券会社によってもレバレッジの倍率や証拠金の額によって変わります。)

その追加入金ができない場合は、下がったA株を自動的に売却されてしまうというわけです。つまり一時的に株価が下がっただけで、今後再び持ち直すだろうと思っていてもあなたの意思とは関係なく、強制的に損失が確定するということです。

勿論信用取引をしなければそういったことも起こりませんので、これから投資をされる方が必要以上に不安がる必要はありませんよ。

いかがでしょうか?

上手に使えば様々なメリットがあり、お金持ちへの近道にもなる信用取引ですが、通常の投資以上に深い知識が必要になってきますし、 リスクも格段に跳ね上がります。

云億円を運用する有名な投資家の方ですら、信用取引は一切やらないで現物取引のみといった方も存在します。

どの程度の知識がついたら、どのくらいの資産額になったらやってもよいという基準はありませんが、 自分にとって信用取引が絶対必要な場面だと自然に思えるくらいの知識がつくまでは、信用取引は行わず、現物売買のみで良いのではないかなと思います✨

国内株式のリスクと費用について

国内株式の委託手数料は「超割コース」「いちにち定額コース」の2コースから選択することができます。
〔超割コース(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 信用取引ってなに 取引手数料
5万円まで 55円(税込)
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 115円(税込)
50万円まで 275円(税込)
100万円まで535円(税込)
150万円まで640円(税込)
3,000万円まで1,013円(税込)
3,信用取引ってなに 000万円超 1,070円(税込)

〔超割コース(信用取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 148円(税込)
50万円まで 198円(税込)
50万円超 385円(税込)

超割コース大口優遇の判定条件を達成すると、以下の優遇手数料が適用されます。大口優遇は一度条件を達成すると、3ヶ月間適用になります。詳しくは当社ウェブページをご参照ください。
〔超割コース 大口優遇(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 0円
20万円まで110円(税込)
50万円まで 261円(税込)
100万円まで 468円(税込)
150万円まで559円(税込)
3,000万円まで 886円(税込)
3,000万円超936円(税込)

〔超割コース 大口優遇(信用取引)〕
約定金額にかかわらず取引手数料は0円です。

〔いちにち定額コース〕
1日の取引金額合計(現物取引と信用取引合計)で手数料が決まります。
1日の取引金額合計 取引手数料
100万円まで0円
200万円まで 2,200円(税込)
300万円まで 3,信用取引ってなに 300円(税込)
以降、100万円増えるごとに1,100円(税込)追加。
※1日の取引金額合計は、前営業日の夜間取引と当日の日中取引を合算して計算いたします。
※一般信用取引における返済期日が当日の「いちにち信用取引」、および当社が別途指定する銘柄の手数料は0円です。これらのお取引は、いちにち定額コースの取引金額合計に含まれません。

  • カスタマーサービスセンターのオペレーターの取次ぎによる電話注文は、上記いずれのコースかに関わらず、1回のお取引ごとにオペレーター取次ぎによる手数料(最大で4,950円(税込))を頂戴いたします。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引には、上記の売買手数料の他にも各種費用がかかります。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引をおこなうには、委託保証金の差し入れが必要です。最低委託保証金は30万円、委託保証金率は30%、委託保証金最低維持率(追証ライン)が20%です。委託保証金の保証金率が20%未満となった場合、不足額を所定の時限までに当社に差し入れていただき、委託保証金へ振替えていただくか、建玉を決済していただく必要があります。
    レバレッジ型ETF等の一部の銘柄の場合や市場区分、市場の状況等により、30%を上回る委託保証金が必要な場合がありますので、ご注意ください。

【貸株サービス・信用貸株にかかるリスクおよび費用】

リスクについて 貸株サービスの利用に当社とお客様が締結する契約は「消費貸借契約」となります。株券等を貸付いただくにあたり、楽天証券よりお客様へ担保の提供はなされません(無担保取引)。
(信用貸株のみ) 株券等の貸出設定について 信用取引ってなに 信用貸株において、お客様が代用有価証券として当社に差入れている株券等(但し、当社が信用貸株の対象としていない銘柄は除く)のうち、一部の銘柄に限定して貸出すことができますが、各銘柄につき一部の数量のみに限定することはできませんので、ご注意ください。

当社の信用リスク 当社がお客様に引渡すべき株券等の引渡しが、履行期日又は両者が合意した日に行われない場合があります。この場合、「株券等貸借取引に関する基本契約書」・「信用取引規定兼株券貸借取引取扱規定第2章」に基づき遅延損害金をお客様にお支払いいたしますが、履行期日又は両者が合意した日に返還を受けていた場合に株主として得られる権利(株主優待、議決権等)は、お客様は取得できません。 投資者保護基金の対象とはなりません 貸付いただいた株券等は、証券会社が自社の資産とお客様の資産を区別して管理する分別保管および投資者保護基金による保護の対象とはなりません。 手数料等諸費用について お客様は、株券等を貸付いただくにあたり、取引手数料等の費用をお支払いいただく必要はありません。 配当金等、株主の権利・義務について 貸借期間中、株券等は楽天証券名義又は第三者名義等になっており、この期間中において、お客様は株主としての権利義務をすべて喪失します。そのため一定期間株式を所有することで得られる株主提案権等について、貸借期間中はその株式を所有していないこととなりますので、ご注意ください。(但し、信用貸株では貸借期間中の全部又は一部においてお客様名義のままの場合もあり、この場合、お客様は株主としての権利義務の一部又は全部が保持されます。)株式分割等コーポレートアクションが発生した場合、自動的にお客様の口座に対象銘柄を返却することで、株主の権利を獲得します。権利獲得後の貸出設定は、お客様のお取引状況によってお手続きが異なりますのでご注意ください。貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金については、発行会社より配当の支払いがあった後所定の期日に、所得税相当額を差し引いた配当金相当額が楽天証券からお客様へ支払われます。 株主優待、配当金の情報について 株主優待の情報は、東洋経済新報社から提供されるデータを基にしており、原則として毎月1回の更新となります。更新日から次回更新日までの内容変更、売買単位の変更、分割による株数の変動には対応しておりません。また、貸株サービス・信用貸株内における配当金の情報は、TMI(Tokyo Market Information;東京証券取引所)より提供されるデータを基にしており、原則として毎営業日の更新となります。株主優待・配当金は各企業の判断で廃止・変更になる場合がありますので、必ず当該企業のホームページ等で内容をご確認ください。 大量保有報告(短期大量譲渡に伴う変更報告書)の提出について 楽天証券、または楽天証券と共同保有者(金融商品取引法第27条の23第5項)の関係にある楽天証券グループ会社等が、貸株対象銘柄について変更報告書(同法第27条の25第2項)を提出する場合において、当社がお客様からお借りした同銘柄の株券等を同変更報告書提出義務発生日の直近60日間に、お客様に返還させていただいているときは、お客様の氏名、取引株数、契約の種類(株券消費貸借契約である旨)等、同銘柄についての楽天証券の譲渡の相手方、および対価に関する事項を同変更報告書に記載させていただく場合がございますので、予めご了承ください。 税制について 株券貸借取引で支払われる貸借料及び貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金相当額は、お客様が個人の場合、一般に雑所得又は事業所得として、総合課税の対象となります。なお、配当金相当額は、配当所得そのものではないため、配当控除は受けられません。また、お客様が法人の場合、一般に法人税に係る所得の計算上、益金の額に算入されます。税制は、お客様によりお取り扱いが異なる場合がありますので、詳しくは、税務署又は税理士等の専門家にご確認ください。

信用取引ってなに

公開日 : 2019年2月19日 / 更新日 : 2020年4月13日

15 信用取引ってなに STEPでマスター

信頼度:
難易度:

なぜなら信用買い残・信用売り残は 将来の株価の急騰・暴落のサイン だからです。

信用買い残・信用売り残とは

つまり、 「信用買い残」とは 信用取引で買われている合計株数 、「信用売り残」とは 信用取引で売られている合計株数 を表しています。

信用買い残、売り残で何がわかるか?

信用取引は担保のお金を入れれば、 最大3.3倍 の金額を運用することができます。
3.3倍の取引をしているということはそれだけ大きく株価が動くということを覚えておきましょう。

  • 信用買い残が増える=暴落前のサイン

つまり信用取引は現物取引の 約3倍の力で吊り上げられている状態 を意味しています。

  • 信用売り残が増える=急騰のサイン

つまり信用取引は現物取引の 約3倍の力で下落方向に圧力がかけられている状態 を意味しています。

信用買い残や信用売り残はいつ消化されるのか

制度信用取引では、 決済期限が6ヶ月 と決められているので、信用買いした株は6ヶ月以内に決済しなければなりません。

つまり信用買い残の方が多く積みあがっている銘柄は、 6カ月以内にそれだけ多くの株が売られ、株価が下落する ということになります。

逆に信用売り残が多く積みあがっている銘柄は、 6カ月以内に買い戻しが発生し、株価が上昇する ということになります。

実際に信用買い残・売り残は使えるの?
~信用買い残・売り残は制度信用と一般信用の合計~

「信用買い残」「信用売り残」には、 制度信用と一般信用の売買が合計されて表示されています。

したがって、この指標は盲信せず「将来の売り圧力や買い圧力になるかもしれない」ぐらいの 参考にとどめておいた方がよいでしょう。

信用取引の「二階建て」とは何ですか?

管理人ひっきーからの回答

まず、信用取引を使った二階建て(以下、信用二階建て)とは、 現物取引で買っている株と同じ株を、 さらに信用取引でも買うこと を言います。つまり、建物に例えると、「一階部分」が現物取引で、「二階部分」が信用取引です。

数字を入れた具体的な例で見ていきましょう。現物株を担保とする、代用有価証券の掛け目(担保の価値)は、一般的には 80% となっていて、100万円の株を現物取引で買ったときには、80万円分が保証金として使えます。信用取引では、保証金の約3.3倍まで取引ができるので、信用取引では 264万円分 (=100万円×80%×3.3)の取引ができることになります。

つまり、100万円を使って信用二階建てをフルでおこなった場合、100万円の現物取引と、264万円の信用取引、合わせて 364万円 分の取引ができてしまうのです。100万円で364万円の取引ができればチャンスは広がりますが、同じように損をするピンチも広がります。

信用二階建てのこわいところは、レバレッジの高さだけではなく、 担保価値が損なわれやすい 点にあります。1銘柄の株に全額を投資した場合、当然、現物取引分も信用取引分も株価の動きは同じになるので、株価が下がると担保価値も同時に下がってしまい、追証になりやすいのです。

先ほど説明したように、現物取引を使って100万円分(=株価1,000円×100株)買っていた場合は、信用取引で264万円の買い付け余力がありましたが、仮に 株価が2割下がってしまったら、買付余力も2割下がってしまいます 。この例の余力を計算すると、264万円だったところが、211万円(=80万円×80%×3.3)に下がってしまいます。

余力が下がることは、追証が発生しやすくなることと同じなので要注意です。仮に、この条件で、フルで信用二階建てをおこなっていた場合、53万円分(=264万円-211万円)の資金が足りないことになります。株を売って資金を手当てするか、新たに入金が必要となります。信用取引をすると、現物取引に比べて買付余力が増えるので、大きく投資をしたくなるものですが、あくまでも 借金で取引をしていること を忘れないでください。

国際ファクタリングってなに?仕組みや特徴、利用の流れを徹底解説!

ファクタリングとは?近年人気の資金調達法を調べてみた! アイキャッチ

三菱UFJファクター-1

三菱UFJファクター公式HPより

三菱UFJファクター アイキャッチ

みずほファクター

みずほ

みずほ銀行公式HPより

信用取引ってなに
米州 アメリカ、カナダ、チリ、ブラジル、アルゼンチン
欧州 イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ポルトガル、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、フィンランド、ノルウェー、スウェーデン、デンマーク、アイルランド、スイス、オーストリア、ポーランド、チェコ、スロバキア、ハンガリー、ロシア
アジア 韓国、台湾、中国、香港、シンガポール、タイ、インド、ベトナム
オセアニア オーストラリア、ニュージーランド
中東・アフリカ トルコ、南アフリカ、UAE

SMBCファイナンス

SMBCファイナンス

SMBCファイナンスサービス公式HPより

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる