口座開設アプリ

海外FXはゼロカットシステムで追証なし

海外FXはゼロカットシステムで追証なし
TitanFX

海外FXでは追証ゼロサービスが常識、マイナス口座はありえない

日本のFX業者では預けた証拠金以上の損失が発生しないように、一定の証拠金を上回る損失がでた場合に強制的にポジションを決済させて取引を終了させるロスカットというシステムがあります。英語ではマージンコールといいます。ですが、ここ日本の業者ではポジションを決済するときの逆指値が相場の変動によってスリッページしたり、ひどいところでは決済そのものができなくてロスカットができなかったところがあります。その場合ポジションが証拠金残高を上回る損失を出して、証拠金残高がマイナスになって追加入金を催促されるいわゆる ”追証” が発生することがあります。

これに対して海外のFX業者では 「追証ゼロ」 というサービスが標準搭載されています。このサービスは文字通り、追証がゼロになるというものです。相場がどんなに急激に変動したとしても確実に決済処理が行われて、証拠金残高がマイナスにならないというのです。それなら日本の業者でも同じだ・・・と思うかもしれませんが、この0カットシステムは 0で処理されるというところ です。大きな変動が起きてレートが飛んだとしても、マイナス残高にはなりません。これに対して日本の業者ではロスカットの逆指値がうまく作動しないと証拠金を割り込んでしまうこともあり、実際に日本業者は今でもロスカットが作動せずに顧客に追証を出している業者がまだまだ存在しています。2015年のスイスフランショックでは0カットのあるなしが天国と地獄の分かれ道になってしまいました。

日本の業者ではスリッページでマイナス発生!

為替市場では年に何回か、クロス円がリスク回避の円買いによって大きく下落することがあります。リーマン・ショックやドバイ・ショック、ギリシャショック、東日本大震災ショックや米国債ショックなど、本当に何回も暴落しています。しかもその下落はあまりに急激なためにサーバーが安定せず、 約定力の弱い日本のFX業者の一部ではロスカットが作動しなかったことがいまだにあるのです 。過去にはアトランティックトレードがサブプライムショックでトルコリラをロスカットできずに顧客に2,000万の追証を出したというものがありましたが、それと似たようなことがいまだに起こっているのです。

ロスカット未収金発生件数発生金額(千円)
H22/90
H22/100
H22/1110
H22/120
H23/151,910
H23/2125,784
H23/3(注2)12,2161,694,590
H23/40
H23/510
H23/60
H23/759
H23/8571,464

上記は金融先物取引協会の集計で明らかになっているロスカット未収金発生状況の表です。2011年3月の地震ショックでは、なんとロスカット未収金が1万件もあったのです。2011年3月といえば東日本大震災によってドル円が82円から一気に76円まで暴落したとんでもない相場でした。急落したのは早朝であり、シドニー時間だったので注文も薄くレートも飛んでいたのです。3月にはロスカットによる未収金の損害が16億円も出ています。その後も普通の相場であった月でも数件、8月の急落でも50件ほど出ています。特にくりっく365などは早朝がメンテナンスになっているので、その時間に3月17日のような暴落がくるとロスカットによる逆指値が発動せずに、証拠金残高を上回る損失が出ます。くりっく365を代表として、 日本のFX業者のロスカットシステムはまだまだ未整備なのです 。正直、ハイレバレッジでやっていくには日本の業者のサーバーと約定力は信用できないのです。

2015年1月15日スイスフラン急騰による追証恐怖

2015年1月15日CHFが瞬間的には40%もの大上昇を見せた日がありました。事の顛末は突如、スイス中銀は政策金利を-0.75%に引き下げて、CHFの上限策を中止したことにあります。 これまでスイス中銀はEURCHF1.20以上を維持する政策を取ってきており、1.20を割り込むとスイスフラン売りの為替介入を行ってきたため、トレーダーは安心してEURCHFを買っていたのですが、これがなくなったためCHFが急騰してEURCHFが大暴落、CHFがらみの通貨ペアは2000pips以上の大変動が起きました。このCHFの変動がなによりも怖かったのが、あまりにCHF買いが殺到したために決済注文のCHF売りが調達しきれずにレートが消えてしまう事態が起こったことです。それは注文が成立しない、つまり ロスカットも成立しないという現象を引き起こしました 。これによりCHF売りをしていた人は損失がみるみる増えていくのにロスカットもできず、場合によっては証拠金以上の損を出して口座資産がマイナスとなり追証になってしまったのです。特に日本の業者では0カット制度などありませんから、日本の業者を使って証拠金以上の損を出した人はのきなみ口座資産マイナスの追証をくらうこととなったのです。

スイスフランショックで0カット対応する海外FXブローカー


XM:
マイナス残高になった、全ての口座を1/17に"0"リセットし、今後も 追証を請求しない 方針に変更は無く、今後もマイナス残高に対してはゼロカットを実施。 今後、対スイスフラン通貨ペアの条件変更(レバレッジ変更等)の可能性はああるが、1/19現在、これまでの条件と同じく対スイスフランペアの提供を継続。会社の財務体質やビジネスプランには、微々たる影響である。

(参考)2015/01/17 スイスフラン政策発表後の影響について

FXPRO:
マイナス残高になった、全ての口座を1/17に"0"リセットし、今後も 追証を請求しない 方針に変更は無し。今後も取引規定に基づき、マイナス残高に対してはゼロカットを実施。 1/15、相場の流動性が高まるまで、対スイスフラン通貨ペアの取扱を一時中止。 会社の財務体質やビジネスプランには影響無し。 1/17、ゼロリセットの詳細内容と、取引条件の変更はない旨のプレスリリースを発表。

IFCMarkets:
マイナス残高になった、全ての口座の"0"リセットは完了し、今後も 追証を請求しない 方針に変更は無い。今後もマイナス残高に対してはゼロカットを実施。 スイスフランショックによる、対スイスフラン通貨ペアの条件変更は無し。会社の財務体質への影響は小さい。

FXDD:
マイナス残高になった口座は、できるだけ早い追加入金を促し、今後も、市場の急変により口座がマイナスになった場合は、 追証を請求する 方針。 スイスフランショックによる、対スイスフラン通貨ペアの条件変更は無し。会社の財務体質への影響は小さい。

Pepperstone:
マイナス残高になった口座は、できるだけ早い追加入金を促し、今後も、市場の急変により口座がマイナスになった場合は、 追証を請求する 方針。スイスフランショックによる、対スイスフラン通貨ペアの条件変更は無し。会社の財務体質への影響は無し。

海外FXなら高いレバレッジ設定、NDD方式口座による透明性の高いトレード、ゼロカットシステムにより追証なし。

国内のFX業者を使わない理由は多々ありますが、代表として上げられるものはストップ狩りになります。頻繁にストップ狩りをされてしまうとポジションを直ぐに解消させられてしまうので、大きく勝つことが出来ません。ストップ狩りが行われる度に資産を減らしてしまうことになります。ストップ狩りは多くの国内FX業者でされている行為になり、トレーダーからは敬遠される行為にもなります。更にストップ狩りだけではなく、相対取引による不正レートの取引が行われており、悪質なノミ行為も確認されているので注意が必要です。

不正レート

相対取引による不正レートでの取引が行われると一般人で勝つことは難しくなりますし、専業トレーダーでも勝つことが難しい状態になります。相対取引による不正レートを避けようとしても見た目ではわかりにくいですし、チャートを見ても判断をすることが難しくなります。特に初心者は相対取引による不正レートによって、ロスカットをされてしまう可能性もありますので、注意が必要です。相対取引による不正レートを許している業者を利用すると自分のトレードセンスにかかわらず、負債が多くなります。ロスカットをする事も日常茶飯事になりますので、ストレスも溜まります。
悪質なノミ行為をしている業者の場合には更にチャートも読みにくくなりますので、注意が必要です。悪質なノミ行為によって取引がされている所を利用すると、勝ちすぎた場合にアカウントが停止になる可能性もあります。

MT4

アカウントが凍結されてしまうと取引をする事も出来なくなり、お金を出そうとしても拒否される場合もありますので注意が必要です。
国内で悪質なノミ行為によるトラブルは多く発生しており、ニュースなどでも問題になっています。インターネット等の口コミを見ると悪質なノミ行為をしている所を判断することが可能です。相対取引による不正レートと悪質なノミ行為によって、国内は初心者にとって稼ぐことが難しい状態になります。国内を使い続けると追証の支払いが発生するデメリットもありますし、レバレッジに関しても低いものしか利用することが出来ません。元々大きな資産を持っている方であれば、低いレバレッジでも遊ぶことは出来ますが、お小遣い程度の物なら海外を選択するほうがおすすめです。 海外FXはゼロカットシステムで追証なし
国内よりも高いレバレッジを利用することが出来ますし、ストップ狩りも行われる事がありません。チャートも自然な形をしているので、勉強をする事により初心者でも勝つことが可能です。国内の場合では、多くのデメリットがありますので、初心者が参入をする環境ではありません。日本語で取引することが出来るので、安心感を感じる方も居られますが、それ以外にメリットはありませんので注意が必要です。海外でも日本語を利用することが出来る所も増えてきており、国内を利用するより大きなメリットを感じることが出来ます。国内に比べてサーバーも軽いのでトラブルが起きることもありません。

海外FX業者を使う理由②

NDD方式による公正なレート

pc-fx

追証のないゼロカットシステム

高いレバレッジ設定

私が海外FX業者を使う理由③

海外FXの大きなメリットは高いレバレッジ設定が可能

ゼロカットシステム

woman

大きな金額を動かす際に不安に感じるのはロスカットをした場合ですが、海外の場合は追証のないゼロカットシステムが導入されています。追証のないゼロカットシステムなので、ロスカットをしても証拠金以上に負けてしまうこともありません。
追証のないゼロカットシステムのない国内業者の場合では、ロスカットをするとそれ以上トレードを続けることが出来なくなり、追証を支払いする必要もあります。追証の支払いに関しても催促を受けることになるので、支払いができない場合には大きくペナルティを受けることにもなる為、注意が必要です。
追証のないゼロカットシステムなら支払いが発生することもありませんので、安心して利用をすることが出来ます。
更に海外の場合には、NDD方式による公正なレートで取引をすることが可能です。NDD方式による公正なレートで取引をする事が出来るので、トレーダーが不利になることもありません。NDD方式による公正なレートで取引をすることが出来ないとトレーダーが一方的に不利になる状態が続いてしまいます。不利な状態が続いてしまうとトレードをすればするほど、負ける事になりますので注意が必要です。

NDD方式

海外の場合には、NDD方式による公正なレートで取引をすることが出来ますし、高いレバレッジ設定が可能なので、一方的に負けてしまうこともありません。初心者の方でも勝つことが出来る状態です。
高いレバレッジ設定が可能でも追証のないゼロカットシステムが用意されているので、ロスカットをしても何度でもチャレンジをする事ができます。追証のないゼロカットシステムでロスカットをされると再チャレンジをすることはこんなんですが、ゼロカットシステムがあれば、証拠金が0より少なくなることはありません。
NDD方式による公正なレートを利用した方法を利用することが出来るので、きちんと勉強をしていくことで結果を出すことが出来るようになります。チャートを見ることが出来る力を身に着ける事ができれば、NDD方式による公正なレートで勝負をする限り、負けることは少なくなるので安心です。テクニカル分析を利用することで、大きな損失を被る事も無くなります。勉強を積み重ねて、経験値を増やしていくことが出来ると日本で取引をするよりも海外を利用したほうが、メリットが多いことを理解することが可能です。何も知識がないまま日本でトレードをしてしまうと、不利益が多くなるので注意が必要です。海外の方が日本に比べても利用をしている人数も多くなりますし、公平にトレードをする事が出来るようになります。日本語でのサポートをうける事が出来る所も増えてきているのでおすすめです。

GEMFOREXのゼロカットシステム

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の ゼロカットは、FX・CFD取引でハイリターンを狙うトレーダーには欠かすことのできないシステム です。最大5,000倍のレバレッジをかけて口座資金を運用することで、元手を数倍・数十倍に増やせる可能性がある一方で、万一の急騰・急落には大きな損失につながる可能性があります。しかし、ゼロカットシステムがあれば予期せぬ状況に巻き込まれても最大損失は口座資金のみに限定されますので、積極的にレバレッジを活用した資金効率の高いお取引を行って頂けます。

GEMFOREX ゼロカットシステムの執行ルール

GEMFOREXのゼロカット GEMFOREXのゼロカット

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のゼロカットシステム(ゼロクリア)は、 口座残高がマイナスになると有効 になります。ボーナスがある場合はボーナスとの相殺でゼロクリア処理されますが、ボーナスがない場合も自動的に口座残高がゼロに戻される仕組みです。

ゼロカット執行は残高マイナス後60分以内

GEMFOREX(ゲムフォレックス)でゼロカットが執行されるタイミングは、 口座残高がマイナスになってから60分以内 です。但し、残高がゼロにリセットされるまでにタイムラグが発生することがございますので、予めご留意ください。万が一60分を経過してもゼロカットが適用されない場合は、GEMFOREXサポートデスクまでご連絡ください。

海外FXはゼロカットシステムで追証なし
GEMFOREX
サポートデスク
[email protected] gforex.asia

ゼロカット執行の確認方法

ゼロカット確認方法 ゼロカット確認方法

マイナス分はボーナス相殺が優先

GEMFOREX(ゲムフォレックス)では、取引口座にボーナスがある場合、 マイナス残高はボーナス付与分で相殺 されます。ボーナスがなく、口座残高がマイナスとなった場合やボーナスで補填しきれない損失分についても、自動的にゼロカット処理が執行され口座残高が0円にリセットされます。

マイナス残高がボーナスで相殺される場合

クレジット相殺 クレジット相殺

マージンコール 強制ロスカット
証拠金維持率 50% 証拠金維持率 20%

ゼロカットは口座単位、他の口座に影響なし

GEMFOREX(ゲムフォレックス)の ゼロカットシステムは、口座ごとに適用 複数の取引口座にそれぞれ残高がある場合、一つの口座(A口座)の残高がマイナスになっても、他の口座(B口座)の資金には一切影響ございません。マイナスが発生した口座(A口座)にのみゼロカットシステムが適用され、 他口座(B口座)の資金がマイナス分の補填に充てられることはございません。

ポジション保有中にゼロカットは執行されない

口座残高がマイナスとなっても、ボーナスや含み益で有効証拠金額がプラスである場合、ポジションを立てることが可能ですが、 ポジションを保有している状態ではゼロカットシステムは有効になりません。 保有中のポジションがすべて決済されるとゼロカットが有効になり、60分以内に執行されます。ゼロリセット後に追加入金をご希望の場合は、マイページの「保有口座リスト」のポジション数が0、またマイページ上の口座残高が0になっていることを必ずご確認の上、入金手続きをしてください。

TitanFXはゼロカットしてくれないとの噂があるけど本当?【TitanFXのゼロカットについて徹底解説】

TitanFX

海外FX業者を利用する上で最大の魅力とも言える ゼロカットシステム。

本記事は TitanFXの公式サポートに直接問い合わせして得た情報をもとに書いています ので、間違った情報はなく、全て正しい情報となります。

TitanFXはゼロカットシステムを採用

TitanFXの公式ホームページに記載の通り、 TitanFXはゼロカットシステムを採用しております。

ゼロカットシステムはFX以外の銘柄にも適用される

  • 原油
  • 貴金属(※ゴールド/シルバーなど)
  • 株価指数(※日経225やNYダウなど)
  • 米国個別株式(※ファイザーやFacebookなど)
  • 仮想通貨

ですので、TitanFXでトレードしている限り、口座残高がマイナスになっても追証を請求されることはありません。

▼TitanFXの取扱い銘柄

FX60種類
原油4種類
貴金属11種類
株価指数21種類
米国個別株式100種類
仮想通貨24種類

ゼロカットが適用されないこともあるので要注意!

TitanFXはゼロカットシステムを採用しているので、入金額以上の損失を負うことは基本的にはありませんが、 ゼロカットを悪用したトレードをした場合、ゼロカットが適用されない場合があるので気をつけましょう。

1. 複数口座間&他業者(2業者以上)間でのゼロカット狙いの両建て
2. 週明けの窓開けや指標トレードなどゼロカットシステムを悪用した取引
3. 取引インフラの弱点を利用して利益を上げる取引

▼この件に関してのTitanFX公式サポートからの回答

弊社では、スキャルピングを含め、同一口座の両建て、EA利用など、取引方法に制限はございませんが、 複数口座間や他業者(2業者以上)間でのゼロカット狙い等の両建て取引は禁止させていただいております。

また、弊社のゼロカット補填を悪用したような取引 (明らかに指標トレードで、ハイリスク・ハイリターンを目的とし一方がゼロカットになることを前提とした大きな取引、 窓開けを狙ってマーケットクローズ直前に非常に大きな取引量を発注)や、

取引インフラの弱点を利用し利益をあげる取引方法を利用されたことが確認された際にも、ゼロカット補填を行わない場合や当社の取引条件が変更になる場合がございます。

海外FXなら高いレバレッジ設定、NDD方式口座による透明性の高いトレード、ゼロカットシステムにより追証なし。

国内のFX業者を使わない理由は多々ありますが、代表として上げられるものはストップ狩りになります。頻繁にストップ狩りをされてしまうとポジションを直ぐに解消させられてしまうので、大きく勝つことが出来ません。ストップ狩りが行われる度に資産を減らしてしまうことになります。ストップ狩りは多くの国内FX業者でされている行為になり、トレーダーからは敬遠される行為にもなります。更にストップ狩りだけではなく、相対取引による不正レートの取引が行われており、悪質なノミ行為も確認されているので注意が必要です。

不正レート

相対取引による不正レートでの取引が行われると一般人で勝つことは難しくなりますし、専業トレーダーでも勝つことが難しい状態になります。相対取引による不正レートを避けようとしても見た目ではわかりにくいですし、チャートを見ても判断をすることが難しくなります。特に初心者は相対取引による不正レートによって、ロスカットをされてしまう可能性もありますので、注意が必要です。相対取引による不正レートを許している業者を利用すると自分のトレードセンスにかかわらず、負債が多くなります。ロスカットをする事も日常茶飯事になりますので、ストレスも溜まります。
悪質なノミ行為をしている業者の場合には更にチャートも読みにくくなりますので、注意が必要です。悪質なノミ行為によって取引がされている所を利用すると、勝ちすぎた場合にアカウントが停止になる可能性もあります。

MT4

アカウントが凍結されてしまうと取引をする事も出来なくなり、お金を出そうとしても拒否される場合もありますので注意が必要です。
国内で悪質なノミ行為によるトラブルは多く発生しており、ニュースなどでも問題になっています。インターネット等の口コミを見ると悪質なノミ行為をしている所を判断することが可能です。相対取引による不正レートと悪質なノミ行為によって、国内は初心者にとって稼ぐことが難しい状態になります。国内を使い続けると追証の支払いが発生するデメリットもありますし、レバレッジに関しても低いものしか利用することが出来ません。元々大きな資産を持っている方であれば、低いレバレッジでも遊ぶことは出来ますが、お小遣い程度の物なら海外を選択するほうがおすすめです。
国内よりも高いレバレッジを利用することが出来ますし、ストップ狩りも行われる事がありません。チャートも自然な形をしているので、勉強をする事により初心者でも勝つことが可能です。国内の場合では、多くのデメリットがありますので、初心者が参入をする環境ではありません。日本語で取引することが出来るので、安心感を感じる方も居られますが、それ以外にメリットはありませんので注意が必要です。海外でも日本語を利用することが出来る所も増えてきており、国内を利用するより大きなメリットを感じることが出来ます。国内に比べてサーバーも軽いのでトラブルが起きることもありません。

海外FX業者を使う理由②

NDD方式による公正なレート

pc-fx

追証のないゼロカットシステム

高いレバレッジ設定

私が海外FX業者を使う理由③

海外FXの大きなメリットは高いレバレッジ設定が可能

ゼロカットシステム

woman

大きな金額を動かす際に不安に感じるのはロスカットをした場合ですが、海外の場合は追証のないゼロカットシステムが導入されています。追証のないゼロカットシステムなので、ロスカットをしても証拠金以上に負けてしまうこともありません。
追証のないゼロカットシステムのない国内業者の場合では、ロスカットをするとそれ以上トレードを続けることが出来なくなり、追証を支払いする必要もあります。追証の支払いに関しても催促を受けることになるので、支払いができない場合には大きくペナルティを受けることにもなる為、注意が必要です。
追証のないゼロカットシステムなら支払いが発生することもありませんので、安心して利用をすることが出来ます。
更に海外の場合には、NDD方式による公正なレートで取引をすることが可能です。NDD方式による公正なレートで取引をする事が出来るので、トレーダーが不利になることもありません。NDD方式による公正なレートで取引をすることが出来ないとトレーダーが一方的に不利になる状態が続いてしまいます。不利な状態が続いてしまうとトレードをすればするほど、負ける事になりますので注意が必要です。

NDD方式

海外の場合には、NDD方式による公正なレートで取引をすることが出来ますし、高いレバレッジ設定が可能なので、一方的に負けてしまうこともありません。初心者の方でも勝つことが出来る状態です。
高いレバレッジ設定が可能でも追証のないゼロカットシステムが用意されているので、ロスカットをしても何度でもチャレンジをする事ができます。追証のないゼロカットシステムでロスカットをされると再チャレンジをすることはこんなんですが、ゼロカットシステムがあれば、証拠金が0より少なくなることはありません。
NDD方式による公正なレートを利用した方法を利用することが出来るので、きちんと勉強をしていくことで結果を出すことが出来るようになります。チャートを見ることが出来る力を身に着ける事ができれば、NDD方式による公正なレートで勝負をする限り、負けることは少なくなるので安心です。テクニカル分析を利用することで、大きな損失を被る事も無くなります。勉強を積み重ねて、経験値を増やしていくことが出来ると日本で取引をするよりも海外を利用したほうが、メリットが多いことを理解することが可能です。何も知識がないまま日本でトレードをしてしまうと、不利益が多くなるので注意が必要です。海外の方が日本に比べても利用をしている人数も多くなりますし、公平にトレードをする事が出来るようになります。日本語でのサポートをうける事が出来る所も増えてきているのでおすすめです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる