初心者必見

通常スプレッド縮小のお知らせ

通常スプレッド縮小のお知らせ
米ドル円が20年ぶりの円安!?
僕の売りが踏まれていく・・・

【外為どっとコム】スプレッド縮小キャンペーン※3を開始!

※3 「提示時間帯拡大!スプレッド縮小キャンペーン」スプレッド(対象期間:2022年2月7日(月)午前9時~2022年3月5日(土)午前3時、 提示時間帯:対象期間中の各営業日午前9時~翌午前3時)
※A本広告は『外貨ネクストネオ』におけるスプレッドを表示するものです。 国内外の休日や平日早朝など市場の流動性が低い時間帯、 主要経済指標の発表前後、 ならびに天災地変または金融・経済関連の重大事件など予期せぬ突発的事象の発生時には、 一時的にスプレッドを広告表示値よりも拡大する場合があります。 当社のスプレッド表記は、 提示率(全取引時間中に占める広告表示値以下のスプレッド提示時間の割合)を基に算出しております。 本広告では、 1pip=0.0001(米ドル、 通常スプレッド縮小のお知らせ スイスフラン、 豪ドル、 英ポンド、 カナダドル、 NZドル)、 1pip=0.001(トルコリラ)として表現しております。 提示スプレッドにつきましては、 当社の都合により予告なく変更または中止する場合があります。 なお、 ダイレクトカバーは本広告の対象外です(詳細は https://www.gaitame.com/products/nextneo/cover.html )。
当社広告表示値スプレッドの提示実績は、 https://www.gaitame.com/products/nextneo/spread.pdf (PDF)をご参照願います。

【!ご注意ください】キャンペーンには、 所定の対象条件や対象期間、 ご注意事項がございます。 ご参加にあたってはリンク先の告知ページを必ずご一読ください。

今後も外為どっとコムでは、 外国為替を中心に、 投資家の皆様のご期待に応えるべく、 サービスやお取引環境のさらなる向上を図ってまいります。

【会社概要】
株式会社外為どっとコム 代表取締役社長: 竹内 淳
所在地: 〒105-0021 東京都港区東新橋2丁目8番1号
URL: https://www.gaitame.com/
主たる業務: インターネットを介した店頭デリバティブ取引事業

店頭外国為替保証金取引および店頭通貨バイナリーオプション取引は元本や利益を保証するものではなく、 相場の変動や金利差により損失が生ずる場合がございます。 お取引の前に充分内容を理解し、 ご自身の判断でお取り組みください。
<『外貨ネクストネオ』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:各通貨の基準レートにより計算された取引金額の保証金率4%以上に設定(法人のお客様は、 保証金率1%以上となる額または金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、 通常スプレッド縮小のお知らせ 通常スプレッド縮小のお知らせ いずれか高い額以上の委託保証金が必要となります。 為替リスク想定比率とは、 金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します) 売買手数料:0円 『らくらくFX積立』 取引形態:店頭外国為替保証金取引 委託保証金:100%(レバレッジ1倍)、 50%(レバレッジ2倍)、 33.通常スプレッド縮小のお知らせ 34%(レバレッジ3倍)(法人のお客様は、 100%(レバレッジ1倍)のみ) 売買手数料:0円 【注】お客様がお預けになった保証金額以上のお取引額で取引を行うため、 保証金以上の損失が出る可能性がございます。 また取引レートには売値と買値に差(スプレッド)が生じます。 >
<『外貨ネクストバイナリー』 取引形態:店頭通貨バイナリーオプション取引(満期である判定時刻をもって自動権利行使となるヨーロピアンタイプ) 購入価格:1Lotあたり約40~999円 売買手数料:0円 【注】店頭通貨バイナリーオプション取引は期限の定めのある取引であり、 相場の変動等の要因により原資産価格が変動するため、 予想が外れた場合には投資元本の全額を失うリスクの高い金融商品です。 権利行使価格と判定価格との関係がお客様にとって利益となる場合には自動権利行使によりペイアウト額を得られますが、 損失となる場合には権利消滅により全購入金額が損失として確定します。 またオプションの購入価格と売却価格には差(スプレッド)が生じます。 >
株式会社外為どっとコム 〒105-0021 東京都港区東新橋2-8-1 パラッツォアステック4階 TEL:03-5733-3065
金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第262号/金融先物取引業協会(会員番号1509)

みんなのFXでスプレッド縮小&スワップ増量キャンペーンを使いこなせ!

資源国通貨の豪ドルが今アツい!
最新の政策金利ニュースを参考にしてくださいね

みんなのFX口座開設はこちらからどうぞ

【2022年6月】豪中銀がタカ派に転じた政策金利の利上げ

オーストラリア準備銀行は7日の政策決定会合で、 政策金利を予想を上回る0.85%に利上げ することを決定。

豪中銀、インフレ抑制で予想外の大幅利上げ-政策金利0.85%に

当初は0.25%とも言われていた利上げ幅は予想を上回ったことで、豪ドルは高騰しました。
豪ドルは元より低金利の通貨でしたが、 インフレ率が予想以上だったことで利上げせざるを得ない という状況になったわけなんですね。

声明では「インフレ率はさらに上昇する見通し」と追加利上げを示唆して、まさにタカ派になったといえます。
今はインフレが最重要課題ですから、各国は利上げを急いでいるんですね。

資源国通貨高は続く?

通貨強弱

僕はいつもみんなのFXのアプリで通貨強弱を使って、 この円安相場は通貨単体の強さ に注目しています。
ツールで見ると、 特に資源国が強く、円が弱い!

ユーロは7年ぶりの円安水準!売りで勝負していいの?

他のクロス円もとにかく上がっていますが、日本円と同じでユーロもマイナス金利の通貨ペアでした。
ここで日本よりいち早くマイナス金利政策を脱却したことで、 ユーロは7年ぶりの円安水準 に達しています。

1ユーロ=140円台前半まで一時値下がり 約7年ぶりの円安水準

ユーロ円は売りでプラススワップの通貨ペアですから、 売りで運用している人はかなり爆損になっている かと思います。

米ドル円は20年ぶりの円安水準を連日突破

日銀が円安政策を取っているため、 日本円がとにかく一人負け。
急激な円安で、僕を含む多くのFXトレーダーが狩られていることでしょう・・・

僕のように安易に逆張りはせず、流れに逆らわずに低レバで運用してくださいね。

日銀の黒田総裁・・・
口先介入だけじゃなくて、円安止めて・・・

みんなのFX口座開設はこちらからどうぞ

僕が運用している”みんなのFX”でスプレッド縮小時間を狙え!

  • 期間:2022年6月1日(水)~2022年7月29日(金)18:00〜22:00
  • 対象通貨ペア:英ポンド円、豪ドル円、ユーロ円、メキシコペソ円、南アフリカランド円、トルコリラ円

豪ドル円もユーロ円も、トレードするなら僕が運用している みんなのFXならスプレッドが割安で 運用 することができます。
時間帯はヨーロッパ時間の始まる18時から、ニューヨーク時間が始まる22時までの限定です。

縮小後のスプレッドは他のFX会社と比べてもかなり安いと思いますので、せっかくならこの時間を狙ってトレードする方がお得ですよ。

この円安相場を見極めに有効な通貨強弱も、みんなのFXアプリ上から確認できますし、 ニュース速報も早くて情報を入手しやすい点 もかなりオススメ。

資源国通貨は、原油高で強い値動きしてます
豪ドルはまだ利上げの余地もあるし、アツいかもしれませんね

米ドル円が20年ぶりの円安!?
僕の売りが踏まれていく・・・


日銀の円安政策が変わらない限り、円安は続きそうだよ
逆張りして踏まれていくトレーダーが増えているから、気をつけてね

【SBI FXα】「米ドル/円0.1銭 スプレッド縮小キャンペーン」実施のお知らせ

当社はこれまでも、現金0円でFXが始められる「株券担保サービス」や1通貨単位から購入が可能な「積立FX」の提供など、幅広い層のお客さまにFXをご利用いただけるようサービスの拡充に努めてきました。さらに、主要通貨を中心に複数通貨の基準スプレッド縮小を実施し、2020年8月には高金利通貨ペアとして代表的な南アランド/円、トルコリラ/円等の基準スプレッドを縮小するなど、FX取引におけるコスト低減にも積極的に取り組んできました。
こうした当社の取組みをご評価いただき、2020年6月にはSBI 通常スプレッド縮小のお知らせ FXα(外国為替保証金取引)の口座数が100万口座を達成し、多くの個人投資家の皆さまにご利用いただいています。

このたびの米ドル/円のスプレッド縮小キャンペーンにより、これまで以上に多くの個人投資家の皆さまに資産運用の一手段として、SBI FXαをご利用いただけるものと期待しております。
当社は、今後も「業界最低水準の手数料で業界最高水準のサービス」を提供するべく、魅力ある商品・サービスの拡充を行い、個人投資家の皆さまの投資成績の向上や資産形成を支援していきます。

※ 積立FXは対象外となります。
※ お客さまの取引コストの低減につながる本キャンペーンの開始に伴い、キャンペーン対象期間中は、当社で別途実施している「【FXデビュープログラム】FX口座の新規開設&お取引で最大100,000円キャッシュバック!」における米ドル/円の対象取引は、「1万通貨=0.5単位」での集計に変更となりますのでご留意ください。
※ 通常スプレッド縮小のお知らせ 相場や市場の状況等により、買値と売値のスプレッド幅が広くなる可能性があります。
※ 天変地異等が発生した際の相場急変時並びに指標発表時や営業時間開始・終了間際など流動性が著しく低下したときには、お客さまが注文時に指定したレートと実際に約定するレートとの間に相違(スリッページ)が生じ、当社が提示する「スプレッド」よりも広いスプレッドで取引が行われる場合があります。なお、お客さま有利にスリッページが発生した場合も、そのレートで約定されます。実際の取引レートは外国為替保証金取引サイトをご確認ください。

<金融商品取引法に係る表示>
商号等 株式会社SBI証券 金融商品取引業者
登録番号 関東財務局長(金商)第44号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会

<手数料等及びリスク情報について>
SBI証券の証券総合口座の口座開設料・管理料は無料です。
SBI証券で取り扱っている商品等へのご投資には、商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引、外国為替保証金取引、取引所CFD(くりっく株365)では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等及びリスクは商品毎に異なりますので、詳細につきましては、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

株式・FX市場情報

★NY株式市場では、NYダウは小幅続落した一方で、S&P500指数とナスダック総合指数は反発する展開になった。連日の下げで行き過ぎ感からの買戻しに、寄り付き後は上昇した。金利が再び上昇したことや原油価格の下落が警戒され重しとなったほか、連休を控えた調整や株価指数先物、オプション、個別株オプションの3つのデリバティブ取引の決済が重なるトリプルウィッチングを巡るテクニカルな取引に終日上下に振れ、NYダウは小幅安で終了した。ハイテクは前日に約1年9カ月ぶりの安値を付けたあとだけに短期的な戻りを期待した買いが入った。一方、長期金利は、高インフレ抑制のため米連邦準備理事会(FRB)が積極的な金融引き締めを続けるとの見方から債券売り(利回りは上昇)が出た。ただ、3連休を控えて一方的に下落する展開にはならなかった。今後も米長期金利の動向には注意が必要となる。イールドスプレッドからは、米長期金利が上昇した一方で、三指数まちまちの展開になったもののイールドスプレッドは主要三指数は全て縮小した。全般割高感が強まっていることから、上値追いよりも下押し調整的な動きに注意が必要である。イールドスプレッドでは、米長期金利の動向が重要なポイントになる。

世界的な経済成長による景気回復に連れたインフレ懸念が高まってきている。特に、米連邦準備理事会(FRB)が金融引き締めを急ぐタカ派姿勢を強まっていることから、米長期金利が上昇することでイールドスプレッドが縮小しやすく株価は売られやすい地合いになっている。そして、米国金利上昇は世界的な金利上昇を招くことになり、世界的な株価にとって、ネガティブな材料となりやすい。また、ウクライナ情勢の緊迫化が続くなか地政学リスクから株価が売られやすい。米国株のVIX指数は32.95から31.13へ低下した。VIX指数は30台で推移していることで、米国株は不安定な動きが継続しやすい。 通常スプレッド縮小のお知らせ

NYダウの割高の目安は3.00%近辺、S&P500は3.00%割れ、ナスダックは1.5%以下が昨年からの割高の目安となっている。 一方で割安の目安では、イールドスプレッドがNYダウ:4.0%台、S&P500:3.8%~4.0%台、NASDAQ:2.3%~2.5%台で割安感からの反発となりやすい。割安感となるイールドスプレッドを大幅に上回っていることから、相場が落ち着くと戻りも大きくなりやすい。

米10年国債金利とNYダウ:2011/4/21以降の平均▲3.246%

・直近イールドスプレッド縮小:20/10/12-▲2.847%、 21/1/11-▲2.611%

21/10/21-▲2.758%、22/4/19-▲1.713%

(NYダウが割高・米国10年債割安の状態)

・直近イールドスプレッド拡大:19/1/3-▲4.226%、19/8/5-▲4.102%、

20/2/28-▲4.541%、20/3/23-6.017%

(NYダウが割安・米国10年債割高の状態)

・6月16日:▲2.372%⇒6月17日:予想▲2.343%(前日比で縮小:割高)

米10年国債金利とS&P500:11/4/21以降の平均▲2.774%

・直近イールドスプレッド縮小: 20/10/12-▲2.664%、20/12/08-▲2.666%

21/1/11-▲2.320%、22/4/19-▲1.989%

・直近イールドスプレッド拡大:19/1/3-▲3.869%、19/8/5-▲4.002%、

19/8/15-▲4.179%、20/2/28-4.499%

20/3/23-▲6.222%

・6月16日:▲2.847%⇒6月17日:予想▲2.797%(前日比で縮小:割高)

米10年国債金利とNASDAQ:11/4/21以降の平均▲1.745%

・直近イールドスプレッド縮小:21/1/11-1.066%、21/2/16-1.144%

21/11/23-1.299%、22/4/19-0.513% 通常スプレッド縮小のお知らせ

・直近イールドスプレッド拡大:19/1/3-▲2.179%、19/8/15-▲2.383%、

19/8/15-▲2.498%、 20/3/16-▲4.094%

・6月16日:▲1.084%⇒6月17日予想▲0.989%(前日比で縮小:割高)

※PERの発表が時間的に遅行することから、前営業日の数値を使って当日終了時の予想を算定している。

※毎日イールドスプレッドを掲載していますので、米国株式市場の買われ過ぎ・売られ過ぎなど過熱感の目安としてください。

みんなのFXでスプレッド縮小&スワップ増量キャンペーンを使いこなせ!

資源国通貨の豪ドルが今アツい!
最新の政策金利ニュースを参考にしてくださいね 通常スプレッド縮小のお知らせ

みんなのFX口座開設はこちらからどうぞ

【2022年6月】豪中銀がタカ派に転じた政策金利の利上げ

オーストラリア準備銀行は7日の政策決定会合で、 政策金利を予想を上回る0.85%に利上げ することを決定。

豪中銀、インフレ抑制で予想外の大幅利上げ-政策金利0.85%に

当初は0.25%とも言われていた利上げ幅は予想を上回ったことで、豪ドルは高騰しました。
豪ドルは元より低金利の通貨でしたが、 インフレ率が予想以上だったことで利上げせざるを得ない という状況になったわけなんですね。

声明では「インフレ率はさらに上昇する見通し」と追加利上げを示唆して、まさにタカ派になったといえます。
今はインフレが最重要課題ですから、各国は利上げを急いでいるんですね。

資源国通貨高は続く?

通貨強弱

僕はいつもみんなのFXのアプリで通貨強弱を使って、 この円安相場は通貨単体の強さ に注目しています。
ツールで見ると、 特に資源国が強く、円が弱い!

ユーロは7年ぶりの円安水準!売りで勝負していいの?

他のクロス円もとにかく上がっていますが、日本円と同じでユーロもマイナス金利の通貨ペアでした。
ここで日本よりいち早くマイナス金利政策を脱却したことで、 ユーロは7年ぶりの円安水準 に達しています。

1ユーロ=140円台前半まで一時値下がり 約7年ぶりの円安水準

ユーロ円は売りでプラススワップの通貨ペアですから、 売りで運用している人はかなり爆損になっている かと思います。

米ドル円は20年ぶりの円安水準を連日突破

日銀が円安政策を取っているため、 日本円がとにかく一人負け。
急激な円安で、僕を含む多くのFXトレーダーが狩られていることでしょう・・・

僕のように安易に逆張りはせず、流れに逆らわずに低レバで運用してくださいね。

日銀の黒田総裁・・・
口先介入だけじゃなくて、円安止めて・・・ 通常スプレッド縮小のお知らせ

みんなのFX口座開設はこちらからどうぞ

僕が運用している”みんなのFX”でスプレッド縮小時間を狙え!

  • 期間:2022年6月1日(水)~2022年7月29日(金)18:00〜22:00
  • 対象通貨ペア:英ポンド円、豪ドル円、ユーロ円、メキシコペソ円、南アフリカランド円、トルコリラ円

豪ドル円もユーロ円も、トレードするなら僕が運用している みんなのFXならスプレッドが割安で 運用 通常スプレッド縮小のお知らせ することができます。
時間帯はヨーロッパ時間の始まる18時から、ニューヨーク時間が始まる22時までの限定です。

縮小後のスプレッドは他のFX会社と比べてもかなり安いと思いますので、せっかくならこの時間を狙ってトレードする方がお得ですよ。

この円安相場を見極めに有効な通貨強弱も、みんなのFXアプリ上から確認できますし、 ニュース速報も早くて情報を入手しやすい点 もかなりオススメ。

資源国通貨は、原油高で強い値動きしてます
豪ドルはまだ利上げの余地もあるし、アツいかもしれませんね

米ドル円が20年ぶりの円安!?
僕の売りが踏まれていく・・・


日銀の円安政策が変わらない限り、円安は続きそうだよ
逆張りして踏まれていくトレーダーが増えているから、気をつけてね

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる