外国為替に関する取引戦略

固定スプレッド

固定スプレッド
IFCMarkets

固定スプレッド

トレード画面のスプレッド表事例

上は GMOクリック証券 の注文画面で、画面上部の青枠が「BID(売値)」、赤枠が「ASK(買値)」です。

その間にある「 SP 0.2 」が現在のスプレッドです。

GMOクリック証券 は、スプレッドが一目でわかる仕様ですが、一部の会社ではスプレッドを表示せず、売値と買値を自力で計算させる仕様もあります。

スプレッドの計算方法

次にスプレッドのコスト計算方法です。

【1万通貨を手数料0.2銭でトレードした時のコスト】

10,000通貨 × 0.002円(スプレッド) = 20円

スプレッドが引かれるタイミング

スプレッドってどのタイミングで引かれるの?

実際にコストとして金額が引かれるタイミングは 決済注文のタイミング です。

スプレッドの違いでどれだけ年間コストが違うのか?

手数料でどれだけ損する?

スプレッドの違いで、年間コストはどれくらい変わるの?

質問の具体的な答えを出すために、米ドル/円を1万通貨スプレッド0.2銭1銭年間50回トレードした時のコストを比較してみましょう。

【1万通貨をスプレッド0.2銭で50回トレードした時の総コスト】

0.2銭(スプレッド) × 10,000通貨 × 固定スプレッド 50回 = 1,000円

【1万通貨をスプレッド1銭で50回トレードした時の総コスト】

1銭(スプレッド)× 10,000通貨 × 50回 = 5,000円

この後でも触れますが、特に短期トレード中心のトレードを考えている人は、スプレッドが狭い(安い)会社を選びましょう。

短期トレードはスプレッドに要注意!

デイトレードとスキャルピングは低スプレッド

短期トレーダーは必ず最狭水準スプレッドのFX会社を選びましょう。

スプレッドは取引回数が多くなるほどコストが高くなるため、取引回数勝負の短期トレーダーはできるだけ安い会社を選ばないと損をします。

短期トレーダーは、1日以内に取引を終えるデイトレードや、数秒や数分で終えるスキャルピングをメインとしているトレーダーです。

逆に日をまたぐスイングトレードや数ヶ月単位の長期トレードがメインの長期トレーダーは、取引回数が少ないためスプレッドの影響は小さいです。

コストの違いがイメージできるように、スプレッド1銭年間5回の長期トレーダーと年間100回の短期トレーダーを比較してみましょう。

【1万通貨を手数料0.2銭で5回トレードした時の総コスト】

1銭(手数料) × 10,000通貨 × 5回 = 500円

【1万通貨を手数料0.2銭で100回トレードした時の総コスト】

1銭(手数料)× 10,000通貨 × 100回 = 10,000円

短期はスプレッドを重視し、長期の場合は手数料よりも金融経済ニュースの豊富さ取扱通貨ペア数など別の要素で会社を選びましょう。

スプレッドで会社を選ぶ時のポイント

手数料で会社を選ぶポイント

ポイントは、スプレッドが業界最狭水準であるか原則固定方式であるかの2点だけです。

米ドル/円 = 0.2銭以下を目安にしよう

米ドル/円のスプレッドを 0.2銭以下 に設定している会社を目安にしましょう。

なぜなら、0.2銭は国内最狭水準で十分狭いスプレッドです。

米ドル/円を0.2銭に設定している会社は、相対して他の通貨ペアも安く設定している傾向があります。

原則固定制を採用しているFX会社を選ぼう

原則固定を採用しているFX会社 を選びましょう。

理由はスプレッドが安定しているからです。

スプレッドの値を決める方式は、会社ごとに異なり国内では原則固定制変動制の2種類あります。

原則固定制は、FX会社が設定しているスプレッドが原則固定される方式で、スプレッドが安定しており初心者向けです。

変動制は、為替レートの値動きに合わせてスプレッドが変動する方式で、常にスプレッドが変動しているため、取引タイミングを計るのが難しく上級者向けです。

ただし原則固定制は「原則」とあるように、常時固定ではなくスプレッドが変動する時間帯があります。

変動する時間帯は、取引が停滞する早朝指標発表などのイベント発生時が多く、これらの時間帯は通常よりスプレッドが広がりやすい傾向があります。

原則固定スプレッドは例外時にどれだけ
広がる? 日本時間早朝、相場急変動時、
重要経済指標発表時を徹底調査!

米ドル/円の原則固定スプレッドを0.2銭以下で提供している主要FX会社とそのスプレッド
マネーパートナーズ[パートナーズFX nano] …0.0銭原則固定(100通貨から3万通貨)
SBI FXトレード …0.09銭(1通貨から1000通貨)
GMOクリック証券[FXネオ] …0.2銭原則固定
DMM.com証券[DMM FX] …0.2銭原則固定
ヒロセ通商[LION FX] …0.2銭原則固定(~2/1までのキャンペーン)
外為どっとコム[外貨ネクストネオ] …0.2銭原則固定
トレイダーズ証券[みんなのFX] …0.2銭原則固定(午前8時から翌午前5時)
外貨ex byGMO[外貨ex] …0.2銭原則固定(午前9時から翌午前3時)
セントラル短資FX[FXダイレクトプラス] …0.2銭原則固定(午後4時から翌午前1時)

けれど、SBI FXトレードによると、2021年12月1日(水)7時から2022年1月1日(土)6時30分における、米ドル/円の1通貨から1000通貨までのスプレッド実績値は、0.09銭で100%提供されていたとのこと。そのため本記事では、SBI 固定スプレッド FXトレードの1通貨から1000通貨の米ドル/円スプレッドである0.09銭を実質的な原則固定とみなして扱うことにします。

SBI FXトレードの米ドル/円の1通貨から1000通貨までのスプレッド実績値

また、SBI FXトレードと マネーパートナーズ[パートナーズFX nano] は、取引量によってスプレッドが変化しますが、今回は米ドル/円のスプレッドが一番狭くなる取引量でスプレッドを調査することにします。

なお、 ゴールデンウェイ・ジャパン(旧FXトレード・フィナンシャル)[FXTF MT4] [FXTF GX] は、米ドル/円の原則固定スプレッドを0.1銭で提供しているFX会社ですが、チャートで確認できるレートが買値のみでした。売値を確認できないと、買値と売値の差であるスプレッドを算出できないため、今回の調査からは外しました。

日足始値スプレッドの平均値はDMM.com証券、トレイダーズ証券[みんなのFX]、外貨ex byGMO、GMOクリック証券だと、だいたい3~4銭前後

トレイダーズ証券[みんなのFX]の日足始値スプレッド

外貨ex byGMO[外貨ex]の日足始値スプレッド

SBI FXトレードの日足始値スプレッド

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]の日足始値スプレッド

トレイダーズ証券[みんなのFX]、外貨ex byGMO[外貨ex]、SBI 固定スプレッド FXトレード、セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]はいずれも、新年1発目の取引となる2022年1月3日(月)の日足始値スプレッドこそ例外的に広かったものの、1月4日(火)から1月7日(金)の日足始値スプレッドは同じでした。

なかでも、トレイダーズ証券[みんなのFX]は、1月4日(火)から1月7日(金)の日足始値スプレッドが3.9銭、外貨ex byGMO[外貨ex]は4.0銭と、今回調べた主要FX会社のなかでは狭いほうのスプレッドだと言えます。

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]だと、通常時は0.2銭原則固定(午後4時から翌午前1時)ですが、1月4日(火)から1月7日(金)の日足始値スプレッドは10銭まで広がっています。

DMM.com証券[DMM FX]の日足始値スプレッド

GMOクリック証券[FXネオ]の日足始値スプレッド

ヒロセ通商[LION FX]の日足始値スプレッド

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]の日足始値スプレッド

マネーパートナーズ[パートナーズFX nano]の日足始値スプレッド

上のFX会社の日足始値スプレッドは1月3日(月)から1月7日(金)まで毎日異なるものだったわけですが、新年1発目だった1月3日(月)を除いた、1月4日(火)から1月7日(金)の日足始値スプレッドの平均値を比べてみると、DMM.com証券[DMM FX]が3.375銭と、今回調べたFX会社のなかでは一番狭い結果となりました。

そして、DMM.com証券[DMM FX]の3.375銭に続いたのはGMOクリック証券[FXネオ]の4.225銭でした。先ほど連日同じスプレッドを提供していた会社は別にご紹介しましたが、そちらではトレイダーズ証券[みんなのFX]が3.9銭、外貨ex byGMO[外貨ex]が4.0銭でしたから、全部合わせるとGMOクリック証券[FXネオ]は4番手の狭さということになります。

また、マネーパートナーズ[パートナーズFX nano]は9.6銭で、連日同じスプレッドを提供していた会社の1つであるセントラル短資FX[FXダイレクトプラス]の10銭に迫る広さまでスプレッドが拡大していました。

今回の調査において、米ドル/円の0.2銭以下の原則固定スプレッドを、基本的に24時間配信しているのはマネーパートナーズ[パートナーズFX nano](100通貨から3万通貨)、SBI FXトレード(1通貨から1000通貨)、GMOクリック証券[FXネオ]、DMM.com証券[DMM FX]、ヒロセ通商[LION 固定スプレッド FX]、外為どっとコム[外貨ネクストネオ]なのですが、日本時間早朝はさすがに0.2銭以下というような狭いスプレッドを維持することはできず、1月3日(月)から1月7日(金)の日足始値においては、いずれも3銭以上にスプレッドは拡大していたということになります。

記事冒頭で書いたとおり、GMOクリック証券[FXネオ]の公式サイトでは、例外的にスプレッドが拡大する場合があるとの注釈があり、その他のFX会社においても、日本時間早朝にスプレッドが拡大する可能性があるということは、多くのFXトレーダーがなんとなく知っていることだと思います。

そこで、日本時間早朝の日足始値というタイミングでスプレッドが具体的にどれくらい拡大するのか、そのなかでも、どのFX会社が比較的狭いのかを調べてみたら、一番狭くても3~4銭前後だということがわかりました。

ここまでをまとめると、米ドル/円の原則固定スプレッドを0.2銭以下で提供している主要FX会社において、1月4日(火)から1月7日(金)までの日足始値スプレッドの平均値は、DMM.com証券[DMM FX]、トレイダーズ証券[みんなのFX]、外貨ex byGMO[外貨ex]、GMOクリック証券[FXネオ]だと、だいたい3~4銭前後で、それ以上に広がるFX会社もある、ということになりました。

多くのFX会社では、祝日などがない通常の週であれば、水曜日から木曜日に日付が変わるタイミングで、3日分のスワップポイントが付与されます。付与直後にスワップポイント分の利益を確定させようと、木曜の日足始値あたりで決済したくなるトレーダーもいるかもしれません。

ですが、1月3日(火)から1月7日(金)の日足始値を調べたかぎり、日足始値は通常時よりスプレッドが広い傾向がありましたから、木曜の日足始値でスワップポイント3日分の利益を確定させるというのは、あまり得策ではないと言えるのではないでしょうか。

米CPI発表時の米ドル/円スプレッドは、セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]が1.9銭で一番狭かった

重要経済指標の結果次第で、相場が上下に大きく動く可能性がありますから、それに備えてFX会社はスプレッドを広くしているかもしれないわけですが、実際にはどうなのでしょうか。

今回は2021年12月分の米CPI (消費者物価指数) が発表された、2022年1月12日(水)22時30分の30分足始値のスプレッドを調査したところ、以下のようになりました。

2022年1月12日(水)22時30分の米ドル/円30分足始値のスプレッド

2021年12月分の米CPIが発表された、2022年1月12日(水)22時30分の30分足始値において、米ドル/円のスプレッドが一番狭かったのは、セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]の1.9銭でした。

1月4日(火)から1月7日(金)の日足始値スプレッドにおいて、セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]の米ドル/円スプレッドは10銭まで拡大し、今回調べたFX会社のなかで一番広かったのですが、米CPIの発表時では逆に、今回調べたFX会社のなかで一番狭かったというのは、ちょっと意外な結果と感じます。

加えて、セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]は通常、米ドル/円のスプレッドを0.2銭原則固定(午後4時から翌午前1時)で提供していますが、今回調査した主要FX会社のなかで一番、0.2銭原則固定の時間帯が短いFX会社です。

ということは、狭いスプレッド配信には消極的なのかな…と思いきや、1月12日(水)22時30分の米CPI発表時の、米ドル/円スプレッドは一番狭かったわけで、そういう意味においても意外な結果だったと言えるかもしれません。

続いて、トレイダーズ証券[みんなのFX]が2.9銭、GMOクリック証券[FXネオ]が3銭、DMM.com証券[DMM FX]が3.2銭とだいたい3銭程度、外為どっとコム[外貨ネクストネオ]と外貨ex byGMO[外貨ex]は4銭になりました。

ここで、本記事冒頭で紹介した、わけがわからない謎現象が解決することになります。

その理由は、米雇用統計発表予定時刻の1秒前に、米ドル/円の原則固定スプレッドが大きく拡大し、記者の買いポジションより5銭下に発注したストップロスの売り注文にヒットした、ということに他ならないのでした。

実際に、米CPI発表時だとマネーパートナーズ[パートナーズFX nano]では9.9銭、SBI FXトレードでは7.8銭と5銭以上に広がっています。今回の調査は米雇用統計発表時ではなく、米CPI発表時のものですが、米雇用統計発表時も同じようにスプレッドが拡大する可能性がありそうです。

また、1月4日(火)から1月7日(金)の日足始値スプレッドの平均値においても、マネーパートナーズ[パートナーズFX nano]は9.6銭と、セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]の10銭に次ぐ広さでした。マネーパートナーズ[パートナーズFX nano]は例外的にスプレッドが拡大する場合、その幅が広いものになる傾向があるのかもしれません。

そもそも、マネーパートナーズ[パートナーズFX nano]は、100通貨から3万通貨の米ドル/円スプレッドを基本的に24時間、0.0銭原則固定で提供しているスゴイFX会社です。

マネーパートナーズ[パートナーズFX nano]は通常時、収益なしの0.0銭原則固定で提供している分、例外的にスプレッドを拡大する場合、その幅を広いものにしているのかも…しれませんね。

逆に言えば、この口座は例外的にスプレッドが拡大するようなときでなく、通常時に使った方がいいと言えるのかもしれません。「0.0銭原則固定」のマネーパートナーズ[パートナーズFX nano]は使いどころを考えたほうがよさそうですね。

相場急変動時のスプレッドは、日本時間早朝や重要経済指標発表時のスプレッドより狭い傾向がありそう

今回は、2022年1月18日(火)11時45分の米ドル/円15分足高値のスプレッドを調べてみました。

なぜこのタイミングを選んだのかというと、1月18日(火)11時46分前後に日銀金融政策決定会合の結果が発表され、米ドル/円が急上昇したからです。日銀は金融緩和の維持を決定したのですが、事前に日銀の利上げに関する報道が話題になっていただけに、米ドル/円が急上昇したのです。

つまり、1月18日(火)11時45分の米ドル/円15分足高値は、相場の急上昇中についたレートですから、FX会社によってはスプレッドが広がっている可能性が否定できません

1月18日(火)11時45分の米ドル/円15分足高値スプレッド

1月18日(火)11時45分の米ドル/円15分足高値のスプレッドは、マネーパートナーズ[パートナーズFX nano]、DMM.com証券[DMM FX]、ヒロセ通商[LION FX]が0.2銭でした。

DMM.com証券[DMM FX]、ヒロセ通商[LION FX]の米ドル/円スプレッドは通常、0.2銭原則固定ですから、日銀の金融緩和維持を受けた米ドル/円急上昇のなかでも、通常時のスプレッドを提示してくれたことになります。

一方、マネーパートナーズ[パートナーズFX nano]の米ドル/円スプレッドは基本的に24時間、0.0銭原則固定ですが、1月18日(火)11時45分の15分足高値では、スプレッドが0.2銭にじわりと広がっていました。

そして、外貨ex byGMO[外貨ex]は0.3銭、GMOクリック証券[FXネオ]は0.4銭、SBI FXトレードとトレイダーズ証券[みんなのFX]は0.5銭、外為どっとコム[外貨ネクストネオ]は0.6銭、セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]は0.9銭と、通常時の0.2銭以下の原則固定スプレッドよりやや広がっていたことがわかります。

もっとも、1月3日(月)から1月7日(金)の日足始値スプレッドや、米CPIが発表された1月12日(水)22時30分の30分足始値スプレッドの広がり方に比べれば、1月18日(火)11時45分の15分足高値スプレッドは全体的にかなり狭いものにとどまっているとも言えます。

FX会社にとってみれば、日足始値や重要経済指標発表時刻などは事前にタイミングがわかっているため、スプレッドを広げやすい面がある一方、相場の急変動は原則固定スプレッド配信中に急に訪れるため、スプレッドを広げるにしても、原則固定に近いスプレッドになりやすい、といったことがあるのかもしれません。

1月4日(火)から1月7日(金)までの日足始値スプレッドの平均値を調べてみると、DMM.com証券[DMM FX]、トレイダーズ証券[みんなのFX]、外貨ex byGMO[外貨ex]、GMOクリック証券[FXネオ]がだいたい3~4銭前後で、それ以上に広がるFX会社もあることがわかりました。

多くのFX会社で、木曜の日足始値は3日分のスワップポイントが付与された直後にあたり、その場ですぐにスワップポイント分の利益を確定したくなりますが、日足始値のスプレッドが広い傾向を考慮すると、お得なタイミングとは言えなさそうです。

また、1月4日(火)から1月7日(金)までの日足始値スプレッドの平均値と、1月12日(水)22時30分の30分足始値スプレッドのいずれにおいても、マネーパートナーズ[パートナーズFX nano]は10銭ほど広がっていました。

「0.0銭原則固定」のマネーパートナーズ[パートナーズFX nano]は、例外的にスプレッドが拡大するようなときでなく、通常時に使った方がいい口座と言えるかもしれません。

そして、1月18日(火)11時45分の米ドル/円15分足高値のスプレッドはというと、DMM.com証券[DMM FX]、ヒロセ通商[LION FX]が0.2銭と通常どおりで、その他のFX会社では若干広がりました。

日本時間早朝や重要経済指標発表時のスプレッドの広がり方に比べれば、相場急変動時のスプレッドは全体的にかなり狭いものにとどまる傾向があり、取引条件はまだよい可能性が感じられました。

Googleスプレッドシート セルを固定 1行や1列 任意の場所で指定可能。作業効率アップ!

スプレッド gyouretu

Googleスプレッドシート 行と列のセルを固定 は
1行や2行とか1列や2列はもちろん簡単です。
また、任意の場所での指定も簡単に出来ます。
この方法を使うと作業効率は数段にアップします。

Googleスプレッドシートでいろんなデータや資料を
管理しててデータ量が多くなってきた場合、
スクロールしていくと、 行と列の最初の方が見れなくなります

私は、いつも効率が悪いなぁと、思ってました。
でもこの方法があるの知ってからは、すぐに設定してるので
ストレスなく作業が出来てます。

行と列を固定する方法

表示タブ⇒ 固定の順番でクリック します。
すると下図のようになります。

1行・2行と1列・2列 を指定する場合

1行・2行と1列・2列の指定の場合は、
それぞれの、 1行・2行と1列・2列 をクリック。
これで設定が可能になります。

固定が反映されたところに、グレーの太線が入ります。

1行固定する場合

2行目で固定したい場合は、 2行をクリック
で2行目で固定されるようになります。

1列目で固定したい場合は、 1列をクリック。

2列目で固定したい場合は、 2列をクリック 。 固定スプレッド
こんな感じで、簡単に出来ます。

任意の場所での固定方法

次は、 3行・3列以降の場所で固定する場合
の方法も説明していきます。

表示 ⇒ 固定 で選択してるセルの
場所が表示されるのでそこを選択です。

例えば、4行目で固定したい場合。
4行目のセル選択。 (4行目ならどこでもOK)

これで4行目で固定されました。
5行目以降がスクロールされるようになります。

次に、D列で固定したい場合は、
D列のセルを選択した状態で、
表示 ⇒ 固定 で選択してるセル
が表示されてるのでそこクリック。

これでD列での 固定は完了です。
E列移行がスクロールされるようになりました。

下図は、 5行目とD列で固定設定した場合です。

固定を解除する方法

行・列の固定を解除する方法も説明しときます。
表示 ⇒ 固定

行を削除する場合は、 行なし をクリック。
列を削除する場合は、 列無し をクリック。

Googleスプレッドシートで既に作成してるシートのデータを 違うスプレッドシートに表示させる方法が簡単に出来ます。 スプレッドシートでリンクさせるIMPORTRANGE関数を使うことでできるので その方法を図にして書きま.

MATSUI FX (松井証券)の特徴やおすすめポイントを解説!

【どんなFX会社?】
MATSUI FXは、ネット証券大手の松井証券が提供するFX口座。
「1通貨単位」の低コスト取引が可能な、初心者におすすめの口座!

特に注目なのが、 FX業界では珍しい「1通貨単位」での取引が可能 だということ。FXの一般的な最低取引単位は1000通貨なので、 MATSUI FX ではその1000分の1の規模の取引が可能になる。もちろん、1通貨の取引でも売買手数料は0円なので、取引にかかる実質的なコストはスプレッド分のみとなる。

また、一般的なFX会社では一律で25倍に設定されていることが多い レバレッジを、1倍・5倍・10倍・25倍の4つのコースから選択できる のも特徴。投資スタイルに合わせた好みのコースを選択することで、リスク管理もしやすくなる。FXを始めたばかりの投資家や、リスクを抑えた取引をしたい投資家には非常におすすめ。

MATSUI FX(松井証券)のおすすめポイント

【最低取引単位】
MATSUI FX (松井証券)では「1通貨単位」の取引が可能!
FX初心者におすすめの、少額でリスクを抑えた取引ができる

MATSUI FX(松井証券) は、 「1通貨単位」で取引できるのが最大のメリット 。取引量が小さければ小さいほど、取引に必要な資金は少額で済み、為替レートの変動によるリスクも極限まで抑えることができるので、FX初心者には特におすすめ。

MATSUI FX 以外にも、 SBI FXトレード で1通貨単位の取引が可能だが、FXの最低取引単位は1000通貨が主流。 MATSUI FX は、超少額の取引が可能となる、数少ない貴重なFX口座の1つだ。しかも、最低取引単位が一般的な1000通貨の場合、取引量は1000通貨、2000通貨、3000通貨……と、1000通貨単位でしか設定することができないが、1通貨単位の MATSUI FX なら、5通貨、10通貨、20通貨……などと、取引量を細かく設定することも可能。

つまり、資金力にあわせて注文する量を柔軟に調整できるのだ。これだけで、 FX初心者や少額投資をメインとする投資家が、 MATSUI FX に口座を開くことを検討する価値は十分にある だろう。

もちろん、 MATSUI FX では 1通貨の取引でも取引手数料(売買手数料)は無料 。取引の総コストはスプレッド分だけだが、 MATSUI FX のスプレッドは総じて満足のいく狭さなので、極めて小さなポジション量のFX取引を、非常に低いコストで行えるのが魅力だ。

【スプレッド】
MATSUI FXのスプレッドは主要通貨ペアで業界最狭水準。
原則固定の提供時間は、動きやすい時間帯をしっかりカバーしているのも魅力!

MATSUI FX(松井証券) のスプレッドは、 米ドル/円は0.2~1.6銭、ユーロ/米ドルは0.4pips(原則固定)など、総じて業界最狭レベル 。しかも、原則固定スプレッドが適用される通貨ペアでは、取引時間中は常に「原則固定」のスプレッドが提供されるのも魅力だ。

仮想通貨FX(暗号資産CFD)が、固定スプレッドで取引できる海外FX口座を教えて下さい。

SuperForex (スーパーフォレックス)

SuperForex (スーパーフォレックス)

キャンペーン

入金のたびに何度も60%入金ボーナスがもらえる!

100ドル以上の入金で300%ボーナスがもらえる!

海外FX最強の入金ボーナス!入金額の30倍のボーナスがもらえる!

海外FX業者 SuperForex(スーパーフォレックス)の未入金ボーナスは、2段階!口座開設して88ドル、初回入金で99ドルが追加

海外FX業者 SuperForex(スーパーフォレックス)公式タイアップのキャッシュバック口座!リベート率は0.4 pips/lot!

海外FX業者 SuperForex(スーパーフォレックス)で最大50%の入金ボーナスがもらえる口座開設キャンペーン!

新着情報・お知らせ

最新のページ

  • XM(XMTrading)が、最大レバレッジを1,000倍に引き上げ
  • SimpleFX(シンプルFX)が、最大レバレッジを1,000倍に引き上げ
  • XM(XMTrading)の仮想通貨取引を徹底解説!XMで仮想通貨を取引するメリットとデメリット!
  • FXGTが、無料VPSホスティングサービスを提供開始
  • XM(XMTrading)が、仮想通貨取引を再開 – ハイレバ250倍&スワップフリー&24時間365日取引できる

SuperForexSuperForex (スーパーフォレックス)

最新のお知らせ

入金のたびに何度も60%入金ボーナスがもらえる!

SuperForex 60%入金ボーナス - エナジーボーナス

100ドル以上の入金で300%ボーナスがもらえる!

SuperForex 300%入金ボーナス&150%入金ボーナス - ホットボーナス

海外FX最強の入金ボーナス!入金額の30倍のボーナスがもらえる!

SuperForex 3,000%入金ボーナス - イージーデポジットボーナス

他のFAQ

トピックス

FXで便利なリスク管理オプション「トレーリングストップ」とは?

FXで便利なリスク管理オプション「トレーリングストップ」とは?

海外FX業者 Land-FX(ランドFX、LANDFX)の定期預金サービス!Land Walletに、証拠金を預けると最大2.5%の金利付与!

Land-FX 定期預金 - 最大2.5%の預金金利

最大5,000ドル!GeneTradeが入金ボーナスを増額!

GeneTrade 75%入金ボーナス

ロイター ビジネスビデオ - 最新情報はロイターでリサーチしよう

ロイター ビジネスビデオ - 最新情報はロイターでリサーチしよう

2021年上半期に503名、75,519.72ドルのリベートをお支払い

TradersTrust(トレーダーズトラスト、TTCM)数字で見るキャッシュバックリベート

市場の養分になる前に

市場の養分(えさ)になる前に - 大事なリスク管理とボーナス

関連ページ

XM

IFCMarkets

XM

ページナビゲーション

  1. ホーム
  2. 海外FX会社
  3. SuperForex
  4. FAQ
  5. 仮想通貨FX(暗号資産CFD)が、固定スプレッドで取引できる海外FX口座を教えて下さい。

最近のコメント

liam のコメント

iiiiiii のコメント

kaede のコメント

わんちゃん のコメント

gggggg のコメント

Kinjo のコメント

海外FX会社

仮想通貨取引所

新着情報・お知らせ

  • XM(XMTrading)が、最大レバレッジを1,000倍に引き上げ
  • SimpleFX(シンプルFX)が、最大レバレッジを1,000倍に引き上げ
  • FXGTが、無料VPSホスティングサービスを提供開始
  • XM(XMTrading)が、仮想通貨取引を再開 固定スプレッド - ハイレバ250倍&スワップフリー&24時間365日取引できる
  • HotForex(ホットフォレックス)が、ブランド名を「HFM(HF Markets、HFマーケット)」に変更
  • easyMarkets(イージーマーケット)が、MT5口座を提供開始 - MT5(メタトレーダー5)は変動スプレッド

重要なお知らせ

  • SuperForex(スーパーフォレックス)より、模倣サイトを使った詐欺に関する注意喚起
  • AXIORY(アキシオリー)より、模倣サイトおよびAXIORYを名乗る偽メールに関する注意喚起
  • HotForex(ホットフォレックス)より、偽装サイトに関する注意喚起
  • XM(XMTrading)より、偽サイトや偽アプリに関する注意喚起 - 詐欺に注意
  • AXIORY(アキシオリー)より、お中元ボーナスキャンペーンに関する大切なお願い
  • 固定スプレッド
  • 廣常智輝(広常智輝、ひろつねともき、Tomoki Hirotsune、徳島県名西郡石井町在住)への警告

キャンペーン

  • IRONX 抽選プレゼント 10ドル分のETC×10名様
  • LAND-FX 100%入金ボーナス
  • XMTrading ロイヤルティプログラム 最大20 XMP/ロット
  • XMTrading 100%+20%入金ボーナス
  • 固定スプレッド
  • GeneTrade 75%入金ボーナス
  • exness Premier キャッシュバック 最大3ドル/ロット

キャンペーンとボーナス

ニュース・リリース

コントラクト

みんなで海外FXは、個人投資家・トレーダーのためのFX・株式投資総合情報サイトです。 日本国外の証券会社(海外証券会社)、日本国外のFX会社(海外FX会社)の情報を中心に、投資用の各種海外口座における会社選びや口座選びの安心と安全の目安を提供します。 これから海外口座で投資(FXや株式、CFDなど)を始める方も、既に海外口座をご利用でも、どんな方でもご利用いただける情報の提供を行っています。 2016年より、海外取引所を中心に仮想通貨取引所および仮想通貨販売所の掲載を開始しました。

投資は、開始される前に市場の仕組みや各社の定める規定や契約を十分に認識し、取引システムの操作方法への理解を深めていただく必要があります。 金融サービスガイドやリスクの説明は、各社のサポートデスクまでお問い合わせください。 取引を開始される前に、金融サービスガイドやリスク説明をお読みいただくようお願いいたします。 いついかなる場面でも、必ずご自身の意思で投資を開始されてください。

みんなで海外FXが提供する全てのサービス及び全ての情報は、FXや株式投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。あわせて、当サイトは、主にユーロ圏在住の日本語スピーカーの方へ向けたものであり、日本在住の方を勧誘することを意図したものではありません。 みんなで海外FXに含まれる市場分析やその他情報は全て個人の見解であり、情報の正確性・普遍性などにおきまして一切の保証・確約をするものでもございません。みんなで海外FXの情報やその内容につきましては万全を期しておりますがその内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じたいかなる損害についてもみんなで海外FXおよび本情報提供者は一切の責任を負うものではないことを予めご了承ください。 みんなで海外FXでは、各種の投資商品及び投資におけるアドバイスは提供しておりません。 みんなで海外FX上の記載事項は、予告なしに内容が変更又は廃止される場合がございます。 ユーザーは、FX会社(海外FX会社、海外FX業者、海外証券会社)の選択、取引口座(海外口座、海外FX口座、証券口座)の開設、資金のご入金、投資行為、その全てをご自身の責任で行うものです。みんなで海外FXは、ユーザーのどのような行為であってもユーザーの責任のもとで発生したいかなる損害に対して責任を負いかねます。 実際に利用する取引口座の設定や環境(スプレッド、ロスカット、マージンコール、取り扱い銘柄など)必ずご自身でご利用となるFX会社(証券会社)にてご確認ください。 みんなで海外FXは、ユーザーが利用するFX会社(証券会社)が提供するサービスにつきまして、一切の責任を負わず、FX会社はみんなで海外FXが提供するサービスに責任を負いません。ご利用のFX会社とみんなで海外FX、それぞれに対しユーザーがその全責任を負う必要があります。 上記されるユーザーの責任につきましては、みんなで海外FXにFXや株式投資だけではなく掲載される全てのファイナンシャル・サービス(電子マネー、オンライン・ウォレット、市況配信サービスなど)においても同様です。投資の抱えるリスクについて十分にご理解とご納得の上でお取引してください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる