利食い

暗号デリバティブとは何か

暗号デリバティブとは何か
コラム

【爆益】6月下旬の相場観・保有金融資産・ポートフォリオ

【相場解説】相場的中しまくり!6月の相場振り返り・リアルな口コミと来月の展望 東大ぱふぇっとです。 暗号デリバティブとは何か 6月も52週最安値を更新するなど爆下げの相場でした。一般には難しかったでしょうが、私は例のごとく予測を的中さ.

GMOクリック証券の口座開設方法や実際の使い方は記事で解説しているので見てみてくださいね🐰

【初心者向け解説】GMOクリック証券の口座開設手順とトレード方法をスクショ付きで解説! 東大ぱふぇっとです。 本ブログでは万人向けの再現性が高い投資手法としてインデックス投資を推奨しています。インデックス投資は良くも悪.

本記事は東大ぱふぇっとの資産額を公開する目的で執筆されています。初心者は空売りをしてはいけません。短期売買をせずにインデックスをガチホしましょう。

初心者の方は短期売買も個別株投資もやらず にインデックス投資を行うのが良いでしょう。

【初心者向け】つみたてNISAの次は何をすれば良い?おすすめの投資法5選! 東大ぱふぇっとです。 初心者の方向けにも情報を発信する意図で、初心者向けの記事を少し増やしています。 つみたてNISAを満額.

インデックス投資は万人向けにおすすめできる方法です。 初心者の方には長期運用まとめnoteをオススメ しておきます。

本記事は東大ぱふぇっとの資産額推移を毎月公開することが目的で執筆されています。 デリバティブの活用や海外不動産投資は投資初心者の方には絶対におすすめできません のでご留意くださいね。

初心者の方には長期運用まとめnoteをオススメしておきます。超絶堅実な長期資産運用の教科書 ですね。

金融資産額の推移

現在金融資産額7628万円。海外不動産の投資元本を入れると11408万円。

年内に金融資産ベースで1億円を目指したい ところですね。

保有金融資産の内訳

【投資の裏技】禁断のデリバティブ・インデックス投資をなんと無料公開!☆市場リターンを超越するデリバティブ・インデックス投資とは?☆ 東大ぱふぇっとです。 クリスマス・プレゼント、そしてお年玉として…なんと禁断のインデックス投資たる【投資の裏技】を無料公開しちゃい.

現金保有額

現金は千万円単位で持っています。

基本的には株式や不動産へのレバレッジを使っているため、 実質的には借金をして株と不動産を買っている状態 になっています。※手元にある金融資産以上の株式と不動産を保有していると考えて頂ければと思います。

株式保有額

ポートフォリオの大部分は デリバティブ+米国株で構成されています。メインのポートフォリオですね。

  • ロボアド系←初心者の方向け!
  • 【最新10種】東大ぱふぇっと流最新10種!(かつて個別株投資が流行っていたときに設定した企画なんだけど、いま個別株やってる人いるのかなぁそもそも…)
  • 日本株(優待目的の高配当株だったんだけど、、、優待廃止でもはや…)

メインのポートフォリオ

これは東大ぱふぇっと10種、ロボプロ、WealthNavi、優待目的の日本株などそういった諸々を 除いた メインとなるポートフォリオですね。

初心者の方に個別株やレバレッジは非推奨です!

現在の保有状況

ショートで稼いでるだけなので、上記円グラフに意味はありません。

  • 秘密の宝くじ銘柄は【投資神託・予言書】毎月の短期ポジション★世界の未来予測★に書いているアレですね。
  • ETHはイーサリアムですね。GMOコインがダントツでおすすめです。【暗号資産(仮想通貨)】私が購入しているのはビットコインではなく○○だ!おすすめの暗号資産(仮想通貨)口座は?暗号資産(仮想通貨)の未来を見る!という記事を読めばなぜイーサリアムに投資をしているかが分かります!

※私のポジション変更は★毎月の短期ポジション☆世界の未来予測☆豪華なおまけ★にてなるべくリアルタイムに近い形で公開しています。私のポジションを参考にしたい方はそちらをご覧くださいね。

デリバティブ・短期売買について

東大ぱふぇっとは仮想レバレッジポートフォリオnote後編に書いてある手法を用いてレバレッジを掛けております。 安定相場で長期的にリターンを得ることを目的にした手法をnoteには書いております。なお、個人的に気が向いたときは短期動向を読んで短期で遊ぶこともあります。デリバティブ・インデックス投資【実践編】には短期も少し書きました。 暗号デリバティブとは何か

初心者が迂闊にデリバティブに手を出して大火傷するのは困るのでブログに詳細は書いておりません。ブログだと単発記事になってしまいますし。 安易なイナゴができないように配慮されています。

レバレッジはデリバティブ商品 ですからね。 ガチホが正義のインデックス投資とは大きく異なります。 しっかりと体系的な知識がないと危険ですからね。

ロボプロによる運用

また、相場観を見る上での参考指標にもなり得るかなと考えております。 相場の天気予報的な感じで観察対象にしています。実際またゴールドを当てましたし、調整も当てており良い感じですね。

相場的中しまくり!?先を読んで投資してくれる凄いロボアドを見つけた!東大ぱふぇっと目線で徹底評価。 東大ぱふぇっとです。 今回は先を読む凄いロボアドを発見したのでご紹介します。 ロボプロというロボアドですね。 何が凄い.

また、取材をさせて頂いた際の記事も載せておきます。大局的な相場観を養う上で非常に役立つ記事なのでぜひご覧くださいね。 特にあの図は必見 です。

最新AI投資で市場平均を超えられるか?実績が高いと評判のロボプロの運用方法や相場的中の理由をFOLIO(フォリオ社)に取材! 東大ぱふぇっとです。 先日はゴールド1オンス=1729ドルで見事に底値圏で仕込むことに成功しました。 https://sel.

コア部分ではしっかりと長期投資戦略を実行しつつも、サテライト部分(アクティブ運用)では東大ぱふぇっとが個人的に良いと思った投資を行っております。初心者の方は当ブログの初心者向け記事を見たり長期運用まとめnoteを参考にまずは長期投資を行いましょう!

投資信託など

詳しくは初心者の方向け記事3選をご覧下さい。以下ページにて細かく解説してあります。

また、 ロボプロによる運用も開始 しました。先ほども書きましたが、ロボプロはアクティブ運用に向いているロボアドです。安定した資産形成を目的とするコア部分においてはWealthNaviがおすすめとなっております。

東大ぱふぇっとは高配当株戦略として『株主優待を楽しむ』ことを選択しています。

個別株投資をしたい方へ

そんな方向けに作ったのがGANDAMポートフォリオですね。

株式投資初心者の方へ

株式投資初心者の方はまずは個別株ではなく、 インデックス投資から始めるべきでしょう。

自分で買付を行うのが怖ければロボアドから始めるべき でしょう。変にポートフォリオをいじるより、王道の資産運用から始めるべきでしょう。

詳しくは以下ページにまとめてあるため、 初心者の方は必ず以下ページをご覧下さい。

また、良く分からない株を10種類個別株で持つよりは、 WealthNaviの方がずっとディフェンシブ 暗号デリバティブとは何か ですからね。

【初心者向け】つみたてNISA・三井住友カード・SBI証券でおすすめ投資信託の購入手順まとめ【最大還元率2%】 東大ぱふぇっとです。 本記事では、初めて株式投資を行う投資初心者の方向けに、 インデックス投資をやる上での口座開設方.

東大ぱふぇっとにとってのコア部分とは、つみたてNISAで保有している投資信託のことを指します。新卒2年目の現在の資産保有額なんて、運用の時間分散と人的資本の債券性を考えればサテライト部分みたいなもんです。 これは上級者向けの思考回路です。初心者の方は長期戦略に基づいた資産運用をしましょう。(WealthNaviやつみたてNISAからスタートしましょう!)

東大ぱふぇっとはインカムゲイン狙いの高配当株再投資戦略ではなく、キャピタルゲイン狙いのインデックス・レバレッジ・個別株投資による総資産の最大化戦略を取っております。お金が必要になった際に株式を売却すれば良いだけですからね。

高配当株投資は配当金にのみ着目することで暴落時にも精神的な下支えとなるなどという主張もありましたが、実際のところは狼狽売りやら減配やらが相次いでおり、配当金が下支えとなるという言説は極めて怪しいと思われます。

配当金はいざという時に精神的な下支えとはならない可能性が極めて高いです。そのような方は高配当株投資をするのではなく、リスク許容度を把握した上でロボアドに丸投げしたほうが精神の安寧は保たれるのではないでしょうか。

どのような戦略を取るにせよ、長所短所を理解した上で、自分にあった投資を行うようにしましょう。

初心者の方へのオススメは、インデックス投資です!インデックス投資ですら怖くてガチホ出来ない人はロボアドにしましょう!

上記のポートフォリオは東大ぱふぇっとが趣味で遊んでいるだけです!

初心者の方は長期戦略noteを読んだ上でまずはコア部分を長期投資で固めましょう。なお、個別株の売買は難易度が高いものの、サテライト部分で挑戦してみるのは勉強になるかもしれません。東大ぱふぇっとが買っているから私も買おうなどと思考停止で個別株を買ってはいけません。

DeFiによる暗号資産デリバティブ取引/信用取引と日本法

dYdXのユーザーは、トークンをブロックチェーン上のスマートコントラクトにロックし、リレイヤーであるDEX (Decentralized Exchange:分散型取引所)にてトークンの交換等を実現する。dYdXでは0xプロトコルが使用され、取引注文を管理するオーダーブックをリレイヤーがオフチェーンで管理し、決済をオンチェーンで行うというハイブリッドアプローチが利用されることにより、ユーザーの手数料を抑え、処理スピードの向上を図っている。

① リレイヤーがオファーを希望するユーザー(メイカー)に対して取引手数料額と取引手数料を受け取るためのアドレスを提示。なお、リレイヤーの提示する取引手数料額はリレイヤーが自由に設定でき、リレイヤー間での競争を促進し、取引手数料額の低価格化が図られている。
② ユーザー(暗号デリバティブとは何か メイカー)は提示されたアドレスに取引手数料をセットし、秘密鍵で署名した購入オファーや売却オファー、ローンオファーをリレイヤーに送信。
③ リレイヤーはオファーを受け取り、それが有効であること、必要な取引手数料が提供されていることを確認し、有効なオファーをオフチェーンで管理されるオーダーブックに書き込む。
④ 他のユーザー(テイカ―)は、オーダーブック上でテイクを希望するオファーがある場合、秘密鍵で署名をしてテイク、ブロックチェーン上での決済を行う。

2 Synthetix

Synthetixは、Ethereum上に構築された合成資産(Synth)の発⾏を実施するためのDeFiプラットフォームである。Synthetixでは、USドル・ユーロ・日本円・オーストラリアドル・シンガポールドル、カナディアンドル、ロシアンルーブル、インディアンルピーなどの主要通貨、金などのコモディティ、暗号資産、株式インデックスなどと連動したSynthが提供され、取引されている。SynthetixのユーザーはSNXトークン(the Synthetix Network Token)をSynthetixのスマートコントラクトにロックすることでSynthの発行を受ける。P2Pではなく担保プールを介してP2C(Peer-to-Contract)で取引することが可能なため、カウンターパーティーが不要となる。また、Synthetix Exchangeが提供され、合成資産をP2Cで取引することが可能である。

II 結論のまとめ

1 暗号資産デリバティブ取引

① 業としてデリバティブ取引のカウンターパーティーとなり(例:ショートとロングのプライスを出し、プライスに同意するユーザーとデリバティブ取引をなす)、又は業としてデリバティブ取引の媒介をなす場合(例:デリバティブ取引の板を作成・運営する)には、原則として第一種金融商品取引業の登録が必要である。
② 完全に非中央集権であり、スマートコントラクトのみで動いているDeFiデリバティブ取引プラットフォームの場合、業を行う「者」ではなく、登録は必要ないと思われる。但し、実際に「運営者」等がいないかは慎重な判断を要する。
③ dYdXの場合、デリバティブ取引のマッチング自体はオフチェーンで行われる。オフチェーンのマッチングシステムを提供する者は、日本居住者を顧客とする場合、第一種金融商品業の登録義務を負う。
④ 規制されていないDeFiデリバティブ取引プラットフォームを単に一般ユーザーとして利用する者には規制はないと思われる。
⑤ 規制されていないDeFiデリバティブ取引プラットフォームが暗号資産をマージン(担保)としてロックしてスマートコントラクトで管理する場合には、暗号資産のカストディ規制は適用されないと思われる。
⑥ 規制されていないDeFiデリバティブ取引プラットフォームがTetherなどのステーブルコインをマージンとしてロックしてスマートコントラクトで管理する場合には、日本法上は暗号資産カストディ規制や出資法による規制などの預り金規制は適用されないと思われる。

2 暗号資産信用取引

① 暗号資産の信用取引(レンディング+売買や交換)についてはデリバティブ取引と別途の規制が適用される。レンディングには規制がなく、業として行う売買や交換やそれらの媒介には暗号資産交換業の規制がある。
② 完全な非中央集権型で運営者がいないと認められる場合には業を行う「者」がおらず登録は必要ないと思われること、但し、運営者の有無は慎重に判断する必要があること、DeFi信用取引プラットフォームの単なる一般ユーザーであれば規制はないと思われること、スマートコントラクトでのロック自体にはカストディ規制等の適用がないと思われることなど、デリバティブ取引と同様である

III 中央集権型の暗号資産デリバティブ取引への金商法や資金決済法の適用関係

1 暗号資産の店頭デリバティブ取引が金商法改正により規制対象となった

2 暗号資産デリバティブ取引と市場規制

3 暗号資産デリバティブ取引とPTS

4 金融商品取引業者の担保の保管規制

5 暗号デリバティブとは何か 暗号資産カストディ業務に関する規制

6 海外のデリバティブ取引所

Ⅳ 中央集権型の暗号資産信用取引への資金決済法の適用関係

1 暗号資産信用取引に関する法規制

2 暗号資産交換業者の担保の保管規制

3 海外の取引所による信用取引

V DeFiデリバティブ取引と日本法

1 DeFiでの暗号資産デリバティブ取引所の運営

2 dYdXにおけるオフチェーンでのマッチング業務

3 DeFiデリバティブ取引プラットフォームを利用する一般ユーザーについての法規制

4 DeFiデリバティブ取引のブロックチェーンでのマージン(担保)のロック

(1)暗号資産のロックについて
DeFiデリバティブ取引では暗号資産がマージン(担保)としてスマートコントラクトにロックされる。
デリバティブ取引の担保のための暗号資産の保管は中央集権型取引所の場合には上記Ⅲ5記載のように原則としてカストディ規制が適用される。
他方、本邦での暗号資産のカストディ規制の「他人のために暗号資産の管理をすること」につき、例えば「スマートコントラクト内に保管されている利用者の暗号資産を移転するために必要な秘密鍵にアクセスする権限を有しておらず、当該スマートコントラクトによる暗号資産の移転先を指定し、又は変更し得る権限を有していないなど、当該事業者が主体的に利用者の暗号資産の移転を行い得る状態にない場合には、基本的には、資金決済法第2条第7項第4号に規定する「他人のために暗号資産の管理をすること」に該当しないと考えられます」[11] とされており、DeFiでスマートコントラクトに保管する場合、カストディ業務には該当しない可能性がある。

(2) Tetherなどのステーブルコインのロックについて
DeFiデリバティブ取引でマージンとしてロックされる資産がTetherなど法定通貨にペッグしたステーブルコインである場合、それは通貨建資産(資金決済法2条6項)に該当し、暗号資産の定義から除外されているため(資金決済法2条5項1号)、資金決済法上のカストディ規制の適用はない。
また、出資法の預り金規制(暗号デリバティブとは何か 出資法2条)についても、出資法上の預り金は、預金、貯金又は定期積金の受入れ、又はこれらと同様の経済的性質を有するものとして、元金の返還を約する金銭の受入れで、価値ないし価額の保管をもって主として預け人の便宜のために行われるものを意味することからすると[12]、ステーブルコインは金銭ではなく、預り金には該当しないように思われる。またユーザーの損失の担保としてロックされるものであり元本保証がなされていないこと等からも預金等と同様の経済的性質を有するものとはいえない。

Ⅵ DeFi信用取引と日本法

1 DeFiでの暗号資産信用取引所の運営

2 dYdXにおけるオフチェーンでのマッチング業務

3 DeFi信用取引プラットフォームを利用する一般ユーザーについての法規制

4 DeFi信用取引のブロックチェーンでのマージン(暗号デリバティブとは何か 暗号デリバティブとは何か 担保)のロック

留保事項

参考条文

金商法
第29条(登録)
金融商品取引業は、内閣総理大臣の登録を受けた者でなければ、行うことができない。

第2条(定義)
8 この法律において「金融商品取引業」とは、次に掲げる行為(その内容等を勘案し、投資者の保護のため支障を生ずることがないと認められるものとして政令で定めるもの及び銀行、優先出資法第二条第一項に規定する協同組織金融機関(以下「協同組織金融機関」という。)その他政令で定める金融機関が行う第十二号、第十四号、第十五号又は第二十八条第八項各号に掲げるものを除く。)のいずれかを業として行うことをいう。
四 店頭デリバティブ取引又はその媒介、取次ぎ(有価証券等清算取次ぎを除く。)若しくは代理(暗号デリバティブとは何か 以下「店頭デリバティブ取引等」という。)
十 有価証券の売買又はその媒介、取次ぎ若しくは代理であつて、電子情報処理組織を使用して、同時に多数の者を一方の当事者又は各当事者として次に掲げる売買価格の決定方法又はこれに類似する方法により行うもの(取り扱う有価証券の種類等に照らして取引所金融商品市場又は店頭売買有価証券市場(第六十七条第二項に規定する店頭売買有価証券市場をいう。)以外において行うことが投資者保護のため適当でないと認められるものとして政令で定めるものを除く。)

22 この法律において「店頭デリバティブ取引」とは、金融商品市場及び外国金融商品市場によらないで行う次に掲げる取引(その内容等を勘案し、公益又は投資者の保護のため支障を生ずることがないと認められるものとして政令で定めるものを除く。)をいう。
一 売買の当事者が将来の一定の時期において金融商品(第二十四項第三号の三及び第五号に掲げるものを除く。第三号及び第六号において同じ。)及びその対価の授受を約する売買であって、当該売買の目的となっている金融商品の売戻し又は買戻しその他政令で定める行為をしたときは差金の授受によって決済することができる取引
二 約定数値(第二十四項第三号の三又は第五号に掲げる金融商品に係る金融指標の数値を除く。)と現実数値(これらの号に掲げる金融商品に係る金融指標の数値を除く。)の差に基づいて算出される金銭の授受を約する取引又はこれに類似する取引
三 当事者の一方の意思表示により当事者間において次に掲げる取引を成立させることができる権利を相手方が当事者の一方に付与し、当事者の一方がこれに対して対価を支払うことを約する取引又はこれに類似する取引
イ 金融商品の売買(第一号に掲げる取引を除く。)
ロ 前二号及び第五号から第七号までに掲げる取引
四 当事者の一方の意思表示により当事者間において当該意思表示を行う場合の金融指標(第二十四項第三号の三又は第五号に掲げる金融商品に係るものを除く。)としてあらかじめ約定する数値と現に当該意思表示を行った時期における現実の当該金融指標の数値の差に基づいて算出される金銭を授受することとなる取引を成立させることができる権利を相手方が当事者の一方に付与し、当事者の一方がこれに対して対価を支払うことを約する取引又はこれに類似する取引
五 当事者が元本として定めた金額について当事者の一方が相手方と取り決めた金融商品(第二十四項第三号、第三号の三及び第五号に掲げるものを除く。)の利率等若しくは金融指標の約定した期間における変化率に基づいて金銭を支払い、相手方が当事者の一方と取り決めた金融商品(これらの号に掲げるものを除く。)の利率等若しくは金融指標の約定した期間における変化率に基づいて金銭を支払うことを相互に約する取引(これらの金銭の支払とあわせて当該元本として定めた金額に相当する金銭又は金融商品(同項第三号の三及び第五号に掲げるものを除く。)を授受することを約するものを含む。)又はこれに類似する取引
六 当事者の一方が金銭を支払い、これに対して当事者があらかじめ定めた次に掲げるいずれかの事由が発生した場合において相手方が金銭を支払うことを約する取引(当該事由が発生した場合において、当事者の一方が金融商品、金融商品に係る権利又は金銭債権(金融商品であるもの及び金融商品に係る権利であるものを除く。)を移転することを約するものを含み、第二号から前号までに掲げるものを除く。)又はこれに類似する取引
イ 法人の信用状態に係る事由その他これに類似するものとして政令で定めるもの
ロ 当事者がその発生に影響を及ぼすことが不可能又は著しく困難な事由であって、当該当事者その他の事業者の事業活動に重大な影響を与えるものとして政令で定めるもの(イに掲げるものを除く。)
七 前各号に掲げるもののほか、これらと同様の経済的性質を有する取引であって、公益又は投資者の保護を確保することが必要と認められるものとして政令で定める取引

24 この法律において「金融商品」とは、次に掲げるものをいう。
三の二 暗号資産(資金決済に関する法律(平成二十一年法律第五十九号)第二条第五項に規定する暗号資産をいう。以下同じ。)

25 この法律において「金融指標」とは、次に掲げるものをいう。
一 金融商品の価格又は金融商品(前項第三号及び第三号の三に掲げるものを除く。)の利率等

第28条(金融商品取引業者等)
1 この章において「第一種金融商品取引業」とは、金融商品取引業のうち、次に掲げる行為のいずれかを業として行うことをいう。
二 第2条第8項第4号に掲げる行為又は店頭デリバティブ取引についての同項第五号に掲げる行為

資金決済法
第2条(定義)
5 この法律において「暗号資産」とは、次に掲げるものをいう。ただし、金融商品取引法(昭和二十三年法律第二十五号)第二条第三項に規定する電子記録移転権利を表示するものを除く。
一 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの
二 不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

7 この法律において「暗号資産交換業」とは、次に掲げる行為のいずれかを業として行うことをいい、「暗号資産の交換等」とは、第一号及び第二号に掲げる行為をいい、「暗号資産の管理」とは、第四号に掲げる行為をいう。
一 暗号資産の売買又は他の暗号資産との交換
二 前号に掲げる行為の媒介、取次ぎ又は代理
四 他人のために暗号資産の管理をすること(暗号デリバティブとは何か 当該管理を業として行うことにつき他の法律に特別の規定のある場合を除く。)。

暗号資産交換業府令
第1条(定義)
2 この府令において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
六 暗号資産信用取引 暗号資産交換業の利用者に信用を供与して行う暗号資産の交換等をいう。

出資法
第2条(預り金の禁止)
1 業として預り金をするにつき他の法律に特別の規定のある者を除く外、何人も業として預り金をしてはならない。

2 前項の「預り金」とは、不特定かつ多数の者からの金銭の受入れであつて、次に掲げるものをいう。
一 預金、貯金又は定期積金の受入れ
二 社債、借入金その他いかなる名義をもつてするかを問わず、前号に掲げるものと同様の経済的性質を有するもの

貸金業法
第2条(定義)
1 この法律において「貸金業」とは、金銭の貸付け又は金銭の貸借の媒介(手形の割引、売渡担保その他これらに類する方法によつてする金銭の交付又は当該方法によつてする金銭の授受の媒介を含む。以下これらを総称して単に「貸付け」という。)で業として行うものをいう。ただし、次に掲げるものを除く。

[7] 金融庁パブコメ回答7頁20番等[令2.4.3]、金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針IV-3-3-1- (3)暗号資産関連店頭デリバティブ取引等業者の区分管理に係る留意事項(注2)

投資顧問会社とは?投資顧問とは何か、主な2つの業務内容をわかりやすく紹介!

投資顧問会社とは?投資顧問とは何か、主な2つの業務内容をわかりやすく紹介!

コラム

投資顧問会社とは?

投資顧問会社とは、投資家に対して「投資顧問」をする会社のことです。投資顧問には「投資運用」と「投資助言」の2種類があります。

投資顧問とは?2つの業務内容

投資顧問会社は、大きく分けて「投資運用業」と「投資助言代理業」の2種類の業務を行っています。ここでは、それぞれの業務内容を詳しく説明していきます。

投資助言業務、代理・媒介業務

投資助言業務

投資助言業務とは、投資家に対して投資に関するアドバイスをする業務のことです。例えば、投資家が株式投資をする際に値上がりが見込めそうな銘柄を紹介したり、売買の適切なタイミングを助言したりします。

代理・媒介業務

代理・媒介業務とは、投資顧問契約や投資一任契約の代理や媒介を行う業務のことです。具体的には、投資家に投資助言会社や資産運用会社を紹介したり、代理人として契約を締結したりするのが主な業務になります。

投資一任業務、ファンド運用業務

投資一任業務

投資一任業務とは、投資顧問会社が投資家に代わって資産運用を行う業務のことです。投資顧問会社が投資一任業務を行う際には、「有価証券に係る投資顧問業の規制等に関する法律」の規定に則り、金融庁の認可を受けることが必要です。

ファンド運用業務

ファンド運用業務とは、文字通りファンドを運用する業務のことです。ファンドとは、複数の投資家から資金を集め、集めた資金を元手に債券や株式などの金融商品に投資する集団投資スキームを指します。

投資顧問会社と契約するメリット

投資顧問会社と契約するメリット

第三者のプロの意見を聞ける

投資助言を行っている投資顧問会社と契約すると、第三者のプロから投資に関する専門的なアドバイスが受けられます。プロの意見を参考にすることで運用成績の向上が期待でき、資産を増やせる可能性が広がります。

最新の投資情報を元に運用できる

最新の投資情報を入手できることも、投資顧問会社と契約することの大きなメリットです。資産運用を成功させるには常に新しい情報を収集することが大切ですが、投資顧問会社と契約すれば、より簡単に最新情報を入手できるようになります。

投資顧問会社と契約するデメリット

投資顧問料がかかる

投資顧問会社と契約するには投資顧問料がかかります。投資顧問料は投資助言を受けることに対する対価であり、投資助言会社の収益源になります。

投資顧問料の種類 料金相場
定額かかる場合 月額数万円~20万円程度
定率かかる場合 1%~2%程度
成功報酬顧問料の場合 収益の10~30%程度

投資顧問料の相場は、定額かかる顧問料は月額数万円~20万円程度、定率かかる場合は1%~2%程度、成功報酬顧問料は収益の10~30%程度です。投資顧問会社を探す際は、この投資顧問料の相場を参考にして、投資顧問料が妥当であるかを判断しましょう。

投資顧問会社・投資助言会社に資産運用アドバイスをもらいたい方は?

ヘッジファンドダイレクトでは、資産運用の実績が豊富な優良ヘッジファンドを紹介しているので、あなたのニーズに合わせた理想的な資産運用の実現をサポートしています。

一番安全な資産運用はどれ?低リスクで安全な投資手法7選!

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

インデックスファンドの分配金(配当金)とは?仕組みやいつもらえるのかを徹底解説!

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

貯金3億円で資産運用シミュレーション!おすすめのポートフォリオの組み方は?

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

【2021年最新】ヘッジファンドに資金が集まる3つの理由

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

ヘッジファンドと投資信託の違いとは?徹底比較!

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

【資産の増やし方】資産形成の方程式から要素分解して解説!

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

ヘッジファンドダイレクト

本サイトは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたのもので、金融商品の取得勧誘・販売等を目的としたものではありません。本資料作成においては万全の注意を払っておりますが、本資料に含まれる情報の正確性、更新性に関しては弊社は一切保証していません。また、当該評価は過去の一定期間の実績を分析したものであり、将来の運用成果等を保証したものではございません。銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願い致します。【著作権に関するお願い】当社およびその関係会社が当社Webサイトで提供する文書・映像・音声・その他の著作物および当DVDは、著作権法、およびその他の法律により保護されています。当社の文書での許諾なく、これらの一部又は全部をそのまま又は改変して転載・転用・送信・上映等により利用することは、その目的が営利か非営利か、その手段が電子的か否か、またメディアの如何を問わず禁止します。「引用」を行う場合には、必ず出典ページへのリンクを併用してください。当サイトへのリンクは自由です。著作権に関する詳しい情報は、公益社団法人 著作権情報センター著作権相談室までご確認ください。

ロンドン為替見通し=リスクオン材料あるが、独連銀とECB総裁の溝には注意

blockHeadVisual

低いスプレッドと高い約定力で人気の海外FX業者Traders Trust(トレーダーズトラスト)は2022年7月1日、「月次開催トレーディングコンテスト」の再開を発表しました。2021年末まで毎月開催されていたトレードコンテストですが、半年ぶりに再開されることになります。この月次トレーディングコンテストは7月から12月までの計6回開催されることが決まっており、月間単位で競い合うコンテスト形式のプロモーションです。毎月上位5名に賞金が付与され、優勝者は5,000ドル(67万5,000円)の賞金が受け取れます。2021年の最終開催から、継続開催や再開を望むトレーダーの声も多く、今回、再開が決定しました。目次[非表示]毎月賞金5,000ドル獲得のチャンス!参加条件収益率で競うフェアな方式トレーディングコンテストの参加方法は?Traders Trustとは毎月賞金獲得のチャンス毎月賞金5,000ドル獲得のチャンス!Traders Trust(トレーダーズトラスト)が開催するトレーディングコンテストは、2022年7月〜12月までの計6回開催されます。月間単位でトレーダー同士が競い合い、上位5名に賞金が付与される流れです。このコンテストは収益率で勝負する形式となっているため、少額資金でも優勝するチャンスがあります。開催期間2022年7月~12月(毎月開催)優勝賞金5,000ドル参加条件300ドル(3万円)の入金入金額2%の取引量対象口座クラシック・インターナショナル口座対象銘柄全銘柄対象月間単位で開催されるトレーディング・コンテストに参加するには、毎月申請が必要です。通常のクラシック口座と同じ最大3,000倍のレバレッジが適用され、全銘柄の取引が対象です。さらに、取引手法に制限はありませんので、スキャルピングでも自動売買プログラムであるEA(エキスパートアドバイザ)も自由に利用することができます。トレーディングコンテストの参加方法は?順位賞金1位5,000ドル(67万5,000円)2位2,000ドル(27万円)3位1,500ドル(20万2,500円)4位1,000ドル(13万5,000円)5位500ドル(6万7,500円)優勝すると5,000ドルの賞金を獲得できます。2位以降でも豪華な賞金を獲得するチャンスがあります。獲得した賞金は自由に出金可能です。参加条件賞金を獲得するための条件は下記の2つです。300ドル(3万円)の入金入金総額2%(日本円の場合0.02%)の取引ロット数コンテスト専用口座である「クラシック・インターナショナル口座」へ日本円で3万円の入金が条件です。これは、新規入金はもちろん、通常のクラシック口座やプロ口座からの資金移動であっても条件を満たしたことになります。賞金を受け取るために必要な最小取引ロット数は、入金総額に対して2%(ドル建ての場合)のロット数です。日本円の場合、0.02%の取引ロット数が賞金獲得の条件となります。例えば、3万円を入金した場合は、最低6ロットの取引が必要になります。2021年に開催されていたときは「入金総額に対して3%のロット数」という条件でしたが、今回から条件が緩和され「入金総額に対して2%のロット数」となりました。収益率で競うフェアな方式コンテストの順位は、収益率で決定されます。そのため、資金量に関係なく、トレードの実力で勝負できるフェアな方式です。計算方法は以下のとおりです。「含み益・含み損を加味して計算」「クレジット(ボーナス)は除外」という2点に注意すれば、計算方法が理解しやすくなります。例えば、コンテスト終了時の段階で3万円の利益(確定利益)と2万円の含み益(未確定損益)、コンテスト登録時の有効証拠金が10万円(うちボーナスが5万円)で、月の途中で7万円を追加入金した場合を考えます。MT4の「有効証拠金」は、自己資金とボーナスが合算して表示されてしまいますので、まず有効証拠金からボーナスを引いて自己資金を計算します。この場合は5万円です。また、「総入金額」は追加入金の合計なので、7万円となります。合計12万円の資金で、含み益を合わせて5万円の利益を上げられた計算になりますので、運用成績は約41%です。コンテスト参加の条件として、日本円の場合、コンテスト登録時に入金した金額と追加入金の合計額である「ご入金総額」の0.02%の取引ロット数が必要であるため、コンテスト期間中に24ロットの取引量が必要です。上記のように高額の資金を入金せずとも、トレードの運用成績が良ければ、上位入賞できる可能性が十分あります。コンテスト口座もレバレッジは最大3,000倍となっているため、資金を効率的に運用できます。月途中の追加入金は不利になるコンテストの利用規約に掲載されている運用パフォーマンスの計算式によると、追加入金は上位入賞をするのに不利になってしまいます。例えば、最初は3万円で入金したとします。この時、入賞するために必要なロット数は6ロットです。そのあと7万円追加入金したら、最初から10万円証拠金があったものとして計算されてしまい、入賞するために必要なロット数は20ロットと、必要取引ロット数が大きくなってしまいます。また、追加入金をした分、3万円のときに小ロットで取引して利益も小さい状態だった時期の分が収益率に影響します。トレーディングコンテストの参加方法は?コンテストに参加するためには「コンテスト参加用クラシック・インターナショナル口座」をマイページから追加口座開設し、コンテストへの参加登録をすることが必要です。クラシック・インターナショナル口座とは?トレードコンテストに参加するための口座タイプです。取引条件はクラシック口座と同じでレバレッジやスプレッドに違いはなく、取引制限もありません。通常のクラシック口座はコンテストに登録できないため、追加口座としてクラシック・インターナショナル口座を開設します。手順1Traders Trust(トレーダーズトラスト)のマイページにアクセスします。Traders Trustのマイページ手順2マイページにアクセスし、取引口座の「新規作成」タブを選択します。手順3「クラシック・インターナショナル口座」を追加口座開設します。必要事項を記載し、「作成」をクリックすると、登録しているメールアドレスに口座番号とパスワードが送付されます。番号項目名説明1タイプLiveを選択します2口座タイプリストから「Classic International」を選択します3口座通貨リストから口座通貨を選択します4レバレッジリストからレバレッジを選択します。手順4お好きな入金方法でクラシック・インターナショナル口座に、300ドル(3万円)以上の入金をします。Traders Trustに入金する方法は以下の5種類です。bitwallet(ビットウォレット)クレジットカード国内銀行送金仮想通貨(テザー・ビットコイン)国際銀行送金手順5「クラシック・インターナショナル口座」をコンテストに登録します。メニュー一覧の「トレーディングコンテスト最新!」をクリックしてください。手順6コンテストに追加する取引口座とコンテストに参加する月をリストから選択します。Traders TrustとはTraders Trust(トレーダーズトラスト)は、低スプレッドと取引環境を重視する海外FX業者です。取引サイズに応じてレバレッジが変化するダイナミックレバレッジ制を導入しており、最大3,000倍のハイレバレッジで取引が可能です。口座タイプクラシック口座プロ口座VIP口座レバレッジ最大3,000倍取引ツールMetaTrader4(MT4)対応銘柄【FX/通貨ペア】:53【CFD/貴金属】:6【CFD/株価指数】:9【CFD/エネルギー】:2【CFD/仮想通貨】:8最低入金額クラシック口座:5,000円プロ口座:5,000円VIP口座:200万円サポート対応(平日)午前 10:00~午前 0:00(日本時間)プロモーション月次トレーディングコンテストトレーダーズ・チャレンジ!口座開設ボーナス100%入金ボーナス200%入金ボーナスVIPキャッシュバック報酬無料VPSTraders Trustの口座タイプは3種類あり、最も利用されているのはプロ口座です。プロ口座は取引環境で定評のあるTitan FX(タイタンエフエックス)のブレード口座よりもやや狭いスプレッド水準となっています。キャンペーンが豊富なブローカーであり、常時様々なキャンペーンを開催しています。最近では、「月次トレーディングコンテスト」と同じようなキャンペーンで、「トレーダーズ・チャレンジ」プロモーションもあります。こちらはコンテスト形式ではなく、大きなドローダウンをすることなく継続的に利益を挙げられるよう、自己管理力を高めるのが目的の企画です。競い合うのではなく、マイペースでトレード力を鍛えたいという方向けのプロモーションです。毎月賞金獲得のチャンス海外FX業者Traders Trust(トレーダーズトラスト)は、ユーザーからの再開の声が大きかった月次トレーディングコンテストの再開に踏み切りました。2022年は7月から毎月開催され、計6回、賞金獲得のチャンスがあります。また、以前開催されていたときよりも取引ロット数の条件が緩和され、賞金獲得のハードルが下がっています。このトレードコンテストは収益率でトレーダー同士が競い合うため、少額資金のトレーダーでも上位入賞を狙うことができる点が特徴です。賞金を獲得できるのは上位5名と狭き門ですが、実力次第で多額の賞金を獲得するチャンスです。自分のトレードの実力を試す絶好のチャンスといえるでしょう。参加は無料ですので、トレードの腕試しに参加してみてはいかがでしょうか。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる