株初心者向け

決済ソリューションを通じて収益を得る方法

決済ソリューションを通じて収益を得る方法
仮想通貨

出版業 出版業ビジネスの概要

企業会計ナビ

EY is a global leader in assurance, consulting, strategy and transactions, and tax services. The insights and quality services we deliver help build trust and confidence in the capital markets and in economies the world over. We develop outstanding leaders who team to deliver on our promises to all of our stakeholders. In so doing, we play a critical role in building a better working world for our people, for our clients and for our communities.

EY refers to 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 the global organization, and may refer to one or more, of the member firms of Ernst & Young Global Limited, each of which is a separate legal entity. Ernst & Young Global Limited, a UK company limited by guarantee, does not provide services to clients. For more information about our organization, please visit ey.決済ソリューションを通じて収益を得る方法 com.

© 2020 EYGM Limited. All 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 Rights Reserved.

This material has been prepared for general informational purposes only and is not intended to be relied upon as accounting, tax, or other professional advice. Please refer to your advisors for specific advice.

EY.comへようこそ

本ウェブサイトを運用する上で不可欠なクッキーに加え、利用者の利便性とEYのサービス向上のために、次の種類のクッキーを使用しています。機能性クッキー:利用者の操作性を向上させるために使用します(例:選択した設定の記憶)。パフォーマンスクッキー:ウェブサイトのパフォーマンスを測定し、利用者のサイト上での利便性を向上させるために使用します。広告/ターゲティングクッキー:広告キャンペーンを行う第三者の広告サービス提供者により設定されるもので、利用者に関連性の高いコンテンツを提供することができます。

F5 Bot DefenseでSalesforce Commerce Cloudのセキュリティを確保

 サムネール

あらゆる規模のB2BおよびB2C販売者向けのSalesforce Commerce Cloud(SFCC)は、オンライン販売やデジタル店舗に関連するあらゆるものの頼れるプラットフォームとして急速に普及しています。SFCCは拡張性の高いクラウドベースのSaaS型eコマース ソリューションであり、Adidas、Herman Miller、New Balance、PetSmart、Pumaなどをはじめとした世界の大手ブランドを魅了しています。家族経営の小さな店から世界的な小売業者まで、あらゆるユーザーがこのプラットフォームを採用していることに不思議はあるでしょうか(例えば、Salesforceの2021年会計年度の収益は、昨年比で24%増加しています)。

残念ながら、オンライン小売のような成長分野は、毎日eコマース サイトを絶えず執拗に攻撃する犯罪者や攻撃者にとっても魅力的なターゲットです。さらに、オンライン詐欺には、アカウント乗っ取り(ATO)、クレデンシャル スタッフィング攻撃、チェックアウト不正使用、Webスクレイピング、在庫拒否など、さまざまな形態があります。しかも、その被害は甚大です。決済詐欺による損失だけでも、年間200億ドルを超えると予測されています。

F5では、小売業のお客様のために、アプリケーション セキュリティの革新に常に取り組んでいます。Salesforce Commerce Cloudとの提携は、お客様のオンライン商取引を保護するための非常に強力なツールの導入と運用を、いかに簡単かつコスト効率よく行うかを示す好例です。

eコマース アプリケーションやWebサイトに流れるトラフィックのうち、最大で90%以上が自動化された攻撃によるものです。悪意のあるボット攻撃の場合、このような安価で初歩的な「プログラム」は、すでに世の中に出回っている何百万もの盗まれたり流出したりした認証情報を循環させることができます。アカウント乗っ取り(ATO)につながる可能性があるクレデンシャル スタッフィングと呼ばれるプロセスやその他の形態のサイバー攻撃を用いて、悪意のあるボットがユーザー名とパスワードの組み合わせをeコマース プラットフォームで大量に試し、そのごく一部でアクセスできることを期待します。しかし、そのごく一部がブランドにダメージを与え、顧客の信頼を失うことになるのです。ときには、その結果はもっと深刻なものになることもあります。

Figure 1: Credential stuffing attacks are distressingly easy—and inexpensive—to orchestrate

bitdao(bit)の買い方は?bybitで、bitを購入する方法と今後の将来性について

仮想通貨

1.BitDAOとは?

決済ソリューションを通じて収益を得る方法
プロジェクト/通貨名 BitDAO/bit
プラットフォーム DAO
特徴 NFT,Defi.スワップ、ステーキングなどの多彩なオプション

1-1.DAOとは?

1-2.BITトークンの役割

2.BitDAOの特徴やサービス

DAO DAO以外
取引所の管轄 なし あり
処理時間 速い 取引所による
ハッキングリスク 少ないがある あり

2-1.BitDAOの技術的特徴

トークンスワップ

○オンチェーンガバナンスシステム

2-2.BitDAOのサービス内容

トークンスワップによる企業連携

コア製品の構築

  • ガバナンススイート:オンチェーンおよびオフチェーンの製品とベストプラクティスのセット
  • 財務管理:DAOが資産を展開および監視して、利回りまたはブートストラップ製品を獲得する機能。
  • 助成金:暗号業界の公共財である研究または製品を生産するチームに助成金を提供する

助成金の提供

3.bitトークンについて

さらに、TechNewsLeader Price Indexによると、BITの24時間ボリュームは$ 97,099,774です。BitDAOの価格値は過去24時間で-2.57%変化しました。過去7日間で、BITの価格は-6.3%の変動があります。最大供給量は586,278,943コインに制限されています。

  • 既存および新規のプロジェクトとのトークンスワップ
  • さまざまな戦略への財務配分
  • パートナープロジェクトの流動性サポート
  • 開発チームおよびR&Dセンターへの助成金またはマイルストーン報酬(BitDAO製品の構築、またはパートナー製品のサポート)
  • ブロックチェーン技術プロジェクト、教育プログラム、またはその他のブロックチェーン公共財への助成金
  • BitDAOコアプロトコルの更新(ガバナンスおよび財務管理機能を含む)

3-1.bitトークンスワップ

4.bitトークンを取得/購入する方法

  • BitMart
  • 決済ソリューションを通じて収益を得る方法
  • MEXC
  • Uniswap(V3)
  • AEX
  • CoinW
  • Gate.io
  • Sushiswap

4-1.bybitでbitトークンを購入する手順

  • 日本の取引所でビットコインを購入し、入金する
  • bybitに入金する
  • bybitでbitを購入する
  • アカウントにログインする
  • ドロップダウンメニューから希望の通貨を選択する
  • 使用する金額または購入するBTCの金額を入力する
  • サービスプロバイダーと支払い方法を選択する(Bybitでの支払い方法として、電子送金、Visa / Mastercardクレジットカードとデビットカード、および現金預金を使用できます。)

  • 指値注文(特定の価格になったら自動的に注文できる)
  • 価格設定
  • 購入したいbitの枚数

4-2.bybitで購入する際の注意点。上場したのはbybitだけ?

流動性が低いと理想の価格で買えない場合がある

ハッキングなどのリスク

4-3.bitdaoのステーキングはどこで出来るのか?

  • ステーキング期間:2021年10月21日~2022年01月12日
  • 最小ロック量:1 BIT(上限なし)
  • 年率換算利回り:APYは5%~11%ですが、実際の利回りは市場の状況に応じて日々調整される
  • ロックの最短期間:1 日
  • 利回りの配布:利回りはステーキングの一日後に配布される
  • 報酬:BIT
  • ロック解除条件:ステイクされたbitトークンは24時間後にロック解除され、それ以降、いつでも解除申請可能

[資産サービス]→[MX DeFi]→[ステーキング][BIT]を見つけます。

[今すぐステーク]をクリックします。

5.BitDAOの将来の予測は?

2021年末 2.5-2.7$
2022-2023年 3-4$
2030年 35-50$

  • ネットワークの採用とパートナーシップ
  • bitトークンのホルダーの数の増加

2023年までに、最大値の$ 6.01に達する可能性があり、平均価格が$ 5.45、最低価格が$ 5.27、最高価格が$ 6.01で終了する可能性があります。

仮に強気のトレンドが継続すれば、2028年のBitDAOの価格は32.69ドルになり、最高価格は$ 40.04です。 平均価格予測は約33.63ドルになる可能性があります

SNSとは?その定義と主要アプリの概要&最新動向まとめ

多くの皆さんが毎日使っているTwitterやInstagramですが、まとめてSNSと呼ばれていますよね。でもたまに、「そういえばSNSってどんな意味だったかな」とか、「YoutubeとかLINEはSNSなのかな」、と思ったことがありませんか?
今回は今や生活に欠かせないツールになったSNSについて、どういう意味なのか、どんな種類があるのか、そして人気のSNSとその概要をまとめてみました。
そもそもSNSとは何だっけ?と思ったときに読んでいただくと、ざっくり全体像がつかめると思います。

SNSとは様々な人々と関係を構築するためのオンラインの手段のこと

SNS(Social Networking Service)とは、

写真・動画・音声・テキストなどのコンテンツを通じて、社会の様々な人々と関係を構築することができる、オンライン上の手段のこと

海外ではSNSのことはソーシャルメディアと呼ぶのが一般的

latest-version-Social-media-in-Japan

ところで海外では、日本でSNSと呼んでいる様々なアプリのことを、一般的に「ソーシャルメディア」と呼んでいます。二つの言葉は違うものではなく、SNSはソーシャルメディアの一カテゴリーとされています。

SNSは様々な定義がされている

日本で利用者数が多いSNS

日本で利用者の多いSNS(1)Youtube

youtube-japan-top-page


YouTube Japan 公式チャンネル
https://www.youtube.com/user/youtubejapan
運営会社Alphabet Inc(Google)のコーポレートサイト
https://abc.決済ソリューションを通じて収益を得る方法 xyz/

Youtubeとは

Youtubeはクリエーターに様々な収益化手段を提供している

チャンネルメンバーシップ

Super Chat(スパチャ)とSuper Stickers(スーパーステッカー)

youtube-super-chat-super-stickers

スパチャを購入すると、購入者から送信されたコメントに色が付き、チャット上部に一定時間表示されるため、ライブ配信者の目に留まりやすくなります。
スーパーステッカーは、コメントの代わりに送れるスタンプです。こちも配信者に見てもらいやすくなり、配信者とやり取りしたいファンは目立つことができます。

配信者としてスパチャを通じて収益を得るにはYoutubeパートナープログラムへの参加が必要になりますので、詳しくはこちらの公式情報を確認下さい。

日本で利用者の多いSNS(2)LINE

line-top-page


LINE公式サービスサイト
https://line.me/ja/
運営会社LINE株式会社 コーポレートサイト
https://linecorp.com/ja/

LINEとは

また、LINEニュースといった情報ポータルサービスや、「LINEヘルスケア」といったヘルスケアサービス、音楽配信の「LINE MUSIC」、決済サービスの「LINE Pay」など、広範なサービスを多角的に展開しています。

偏りのないユーザー年代層をベースに、日本国内では最強のデジタルインフラに成長

line-marketing-strategy

LINEが他のSNSと異なる大きな強みは、ユーザー年代層に偏りが少ないことにあると言えます。そのため、なるべく広く多く人にリーチする必要がある公共サービスやビジネスとの親和性が高いと言えます。近年ではLINEを活用した新型コロナワクチン接種予約システムが話題になりました。

日本で利用者が多いSNS(3)Twitter

twitter-top-page


Twitter公式サービスサイト
https://twitter.com/?lang=ja
運営会社Twiter, Inc. コーポレートサイト
https://about.twitter.com/en

Twitterとは

日本は世界第2位のTwitterユーザー数を抱える

twitter-for-business-top-page

国内利用者が多く、またハッシュタグなどを介して比較的簡単にキャンペーンなどを展開しやすいことから、近年は企業のマーケティング活動で利用されることが多いSNSでもあります。

Twitterは情報収集ツールとしての側面が強い

ツイッターはここ1,2年様々な新しいサービスを登場させている

スペース(Spaces、音声コミュニティ機能)

twitter-space-start

ツイッター画面右下の羽のマークを長押しするとスピーカーのようなアイコンが出てきますで、そこをタップするとこの機能が設定できます。

なお現在は、一定条件を満たしたユーザー向けに有料課金が可能な「チケット制スペース」も提供されています。

コミュニティ(Communities、共通の関心事を持つユーザーのための専用のコミュニティ)

スーパーフォロー(Super Follows、購読者限定コンテンツ提供機能)

Twitter Blue(サブスクリプションサービス)

日本で利用者が多いSNS(4)Instagram

instagram-login-page


Instagram公式サービスサイト
https://www.instagram.com/?hl=ja
運営会社Meta Platforms, Inc.(旧Facebook)コーポレートサイト
https://about.facebook.com/

Instagramとは

インスタグラムはもはや「正方形の写真の共有アプリ」ではない

Instagramショッピング

instagram-shopping-official

Instagramショッピングはインスタグラム上にある商品やサービスを紹介写真や動画から、簡単に買い物ができる機能の総称です。

インスタグラム上にショップを開設するとショップ専用の画面で、商品の詳細確認や検索ができるようになります。なお、現在日本では決済機能が利用できないので、ユーザーは商品詳細ページから外部ウェブサイトに移動して、商品購入を完了させる必要があります。

クリエイター向け収益化手段

instagram-live-badge

インスタグラムでは写真や動画を使って活発に発信するユーザーをクリエイターと呼んでいますが、彼らがインスタグラムを使ってコミュニティを築き上げていくことを、様々な機能を通じてサポートしています。

その大きな柱となりつつあるのが、クリエイターへの収益化手段の提供です。以前は企業のタイアップなどによる広告収入といった手段しかありませんでしたが、ライブ配信バッジの登場やInstagramインストリーム動画広告の登場により、その流れがガラッと変わりました。企業に頼らずとも、クリエイター自身の創意工夫で収益を得る手段が広がったのです。

日本で利用者が多いSNS(5)Facebook

facebook-login-page


Facebook公式サービスサイト
https://www.facebook.com/
運営会社Meta Platforms, Inc.(旧Facebook)コーポレートサイト
https://about.facebook.com/

Facebookとは

フェイスブックが人々の交流を促すために提供している機能

フェイスブックグループ

フェイスブックページ

facebook-page-official-image

フェイスブックページとはフェイスブックプラットフォーム上で無料で簡単に作成できるホームページのような機能です。必要事項を入力するだけで簡単に自分のビジネスを紹介できます。顧客と繋がることができ、イベントのお知らせなどの無料ツールもあり自営業や中小企業など手軽に自身のビジネスを紹介したい場合に使いやすい機能です。

メッセンジャー(Messanger)

Messanger ルーム(Rooms)

messanger-rooms-in-facebook-news-feed

友人や共通の趣味を持つ人々とグループビデオ通話ができる機能です。デジタル空間に自分の部屋を作るイメージで、複数の友達を呼んで友話したり、何かの会を催したりできます。ルームはメッセンジャーまたはフェイスブックから作成できます。

フェイスブックはメタバース実現を目指すソーシャルテクノロジー企業に

日本で利用者が多いSNS(6)TikTok

tikitok-for-business-top


TikTok公式サービスサイト
https://www.tiktok.com/
運営儀会社ByteDance Ltd.コーポレートサイト
https://www.bytedance.com/ja

TikTokとは

TikTokは楽しみながら個性的な動画を作成できる

カメラツール:動画撮影の速度が変えられるなどカメラツールが充実
エフェクト:豊富なエフェクトで動画をカスタマイズできる
音楽:定額制音楽配信サービスAWAとの提携で、動画で使えるBGMが豊富
その他作成機能:デュエット機能など仲間と動画作成を楽しめる

TikTokは、”本物”のコンテンツがあり、”ありのままの自分”を表現できるから好まれる

tiktok-nielsen-survey-trueselves

また同調査では、平均64%のユーザーが「TikTokではありのままの自分でいられる」と答えています。

TikTokと共に若者に人気のインスタグラムは、「インスタ映え」という言葉が象徴するようにとてもキラキラした、華やかな日常を切り取るメディアとして成長しましたが、おそらくこの世界観に疲れを感じる若者が少なからずいて、結果として普段の自分を飾らずに表現できる場としてTikTokを利用するユーザーが急速に広がったことが推測できます。

TikTokの広告やUGCによるマーケティング効果に強い期待

tikitok-for-business-top

また、UGC(ユーザー生成コンテンツ)によるマーケティング効果にも注目が集まっています。ウェブメディアBusiness Insiderの2021年8月12日の記事「『TikTok売れ』で30年前の実験的SF小説が3万5000部の緊急重版……メガヒットに出版社も熱視線」では、人気TikTokクリエイターの投稿をきっかけに出版から30年以上経過した小説の売上が急増したケースなどが紹介されています。

TikTokのコンテンツは「ありのまま」であることや「フィルタリングがされていない」ことなどが好まれる理由なので、企業からの依頼がベースのインフルエンサーマーケティングのような手法はあまり向かないことが予想できます。

なお当社エンベッドソーシャルは、SNS(Twitter, Instagram, Facebook, Google, Youtube, Tiktok等)から投稿・口コミ・ストーリを収集し、ウェブサイトやブログに埋め込み表示することが出来るUGC活用・SNS連携ツールをご提供しています。「エンベッドソーシャル」についてのお問い合わせはこちらまで。

決済代行会社とは?サービスの仕組みとメリットを徹底解説

決済代行会社とは。仕組みとメリットについて

ECサイトでは複数の決済手段を提供することは、幅広い顧客を獲得することに繋がります。しかし、決済手段を増やすと管理しなければならない情報も増えるため、業務負担や人的コストが増加してしまいます。
上述のような負担を回避する手段として、決済代行会社のご利用をおすすめいたします。 決済代行会社はEC事業者さまとクレジットカード会社などの決済機関の間に立ち、審査や契約手続き、売上入金管理などを代行 します。
以下に決済代行会社の仕組みについて、図解します。

【図解】決済代行会社の仕組み

決済代行会社の役割

EC事業者さまがご希望される決済機関との契約手続きを代行

導入する決済手段に応じたシステムの構築

EC事業者さま専用の決済環境を構築します。決済代行会社の案内に沿って、 専用の決済環境とECサイトを接続させることで簡単に各決済をご利用いただける ようになります。決済代行会社を利用せずに各決済機関と直接契約を結んだ場合には、決済機関ごとに異なるシステム仕様を理解してECサイトを開発する必要があります。

EC事業者さまと各決済機関との間に入り決済処理や入金を実行

運用開始後、売上処理・キャンセル時の返金処理業務や、入金処理などを実行します。EC事業者さまは、 決済代行会社とのみやり取りを行えばよいため、複数決済手段を導入される場合便利 です。決済代行会社を利用せずに各決済機関と直接契約を結んだ場合には、決済機関ごとに異なる売上・返金処理の処理方法、確定タイミングや入金サイクルを理解して入金管理をする必要があります。

【導入時】EC事業者さまが決済代行会社をご利用するメリット

決済代行会社を利用するとどんな良いことがあるの?決済代行会社を利用する主なメリットはコチラ!システム開発も決済代行会社のシステムを入れてコストダウン!、自分のサイトに合った提案をしてもらえる!、さまざまな決済手段を一括管理、複数の決済手段を一括で契約&サポート!俺が面倒だと思ってたこと全部解決するじゃないか!運用や管理も簡単になるので決済代行会社を利用するのをおすすめします!

決済ソリューションを通じて収益を得る方法 決済ソリューションを通じて収益を得る方法
自社で決済機関と契約 決済代行会社を利用
比較・検討時 ·情報を集めるための工数や時間が必要 ·多様な決済手段を一括で提案~見積り比較まで可能
契約時 ·各決済機関の審査基準を通過する必要あり
·決済機関ごとに個別契約が必要
·決済代行会社が、一括で審査·契約を代行
·必要申請書類が軽減
システム開発時 ·決済機関に合わせて開発する必要があり、複数決済導入時の負担が大きい·決済代行会社のシステムに合わせて開発することで、複数決済手段の導入も簡単にできる
·ECサイトと決済環境との接続方式が選択できる(リンク型·API型)

比較・検討の手間が省ける

EC事業者さまが決済手段を選定する場合、クレジットカード決済、コンビニ決済、キャリア決済など決済機関ごとに設定されている手数料率やサービス面が異なるため、比較するだけでも大変な手間となります。A社は手数料率が安いがサービス面が弱い、B社はサービスが優れているが手数料率が高いといった比較を行い、導入を検討することとなります。
決済代行会社を利用すれば EC事業者さまごとに合った、比較・検討についてのアドバイスを受けることが可能 です。また、決済手段に限らず、ECサイト運営に欠かせない周辺サービスを提供する決済代行会社も近年増えており、 当社ではプレスリリース配信サービスやSNSマーケティングサービスなどを無償で提供 しています。このように決済手段だけでなく、付加価値サービスの利用も決済代行会社を利用するメリットの一つとなってきています。

各決済機関との契約の手間を軽減

例えば、VisaやJCBなどの複数ブランドに対応したクレジットカード決済を導入する場合には、複数のクレジットカード会社とそれぞれ個別契約を結ぶ必要があります。加えて、各クレジットカード会社は独自の審査基準や手続きフローがあるため、その一つひとつを確認しつつ契約を進めていく必要があります。この個別契約の諸手続きは、時間も工数もかかりEC事業者さまにとって大きな負担となり得ます。
決済代行会社を利用すれば、各社との契約を、すべて一本化することが可能 です。決済機関ごとに必要な申請書類も軽減し、作成の手間を省くことができます。また、審査状況なども決済機関ごとに確認する必要もなくなるため、効率良く導入まですすめることが可能です。

システム開発の負担を軽減

各決済機関が提供する決済システムはそれぞれ仕様が異なり、EC事業者さまが導入する際には、これらの仕様に沿った自社システムの開発が必要です。当然、 導入する決済機関の数が増えれば増えるほど、それぞれに合わせたシステムの開発が必要になる 決済ソリューションを通じて収益を得る方法 ため、人的負担はもちろんのこと、コスト面でも大きな負担がかかってしまう可能性があります。

導入する決済機関や決済手段の数を絞るのであれば、その負担も比較的少なくは済むかもしれませんが、本来決済システムを導入する目的は、幅広い顧客層を獲得するためなので、得策とはいえません。
一方、決済代行会社を利用すれば、個別のシステム開発の必要がなくなります。決済代行会社は複数の決済機関のシステムと既に連携しているため、 EC事業者さまは決済代行会社とのシステムを開発・構築するだけで、複数の決済手段を利用できる ようになります。加えて、ECサイトと決済環境との接続方式もAPI型・リンク型のどちらも提供している決済代行会社が多くなっています。

【運用時】EC事業者さまが決済代行会社をご利用するメリット

自社で決済機関と契約 決済代行会社を利用
決済管理ツール ·決済機関ごとの管理ツールで運用するため手間がかかる
·複数管理ツールがあることで、登録ミスの恐れがある
·一つの決済管理ツールで一元管理が可能
·作業効率の向上
売上管理 ·各決済機関に合わせて売上を管理する必要がある
·入金サイクルが異なり、処理に手間がかかる
·全決済手段の売上の把握が可能
·各決済機関からの支払い·入金サイクルを揃えることが可能

管理ツールを一元管理できる

例えば、Visaのクレジットカード払いの決済管理はVisa専用のツールで、JCBならJCB専用、コンビニ決済であればまたその専用のツールでという具合に、その事務工数は大きなものになりますし、複数管理ツールがあることで、登録ミスなどのリスクも伴います。
決済代行会社を利用すれば、 管理ツールを一元化することができるため、決済機関ごとの管理が不要 となります。一元化することで、手間のかかる処理作業やミスの恐れも軽減できます。

売上を一元管理できる

決済機関によって、支払い日や入金日のサイクルが異なるため、EC事業者さまが個別に契約を行った場合、一社ずつ売上管理を行う必要があり、大変な手間がかかります。 決済ソリューションを通じて収益を得る方法
また返金やキャンセルなどの対応に迫られた際も、まずはどの決済機関かを調べ、その決済機関での対応方法を確認し、処理をするといった作業が必要となります。
一方、決済代行会社を利用すれば、 各決済機関の売上をまとめて確認もできますし、手数料率を差し引いた売上金額を一括で同じ入金日に振り込んでくれる ようになります。そのため入金の確認をする手間も省け、EC事業者さまにとって売上管理の負担を大幅に軽減することができます。

決済代行会社を決める5つのポイント

5つのポイントはこちら!決済代行会社を決める5つのポイント・希望の決済手段があるか、・費用が他社より抑えられるか、・システム仕様が希望に沿うか、・セキュリティが堅牢であるか、・新しい決済手段を増やしているか

1.希望の決済手段があるか

例えばキャリア決済では、主要キャリア3社の「ソフトバンクまとめて支払い」、「ドコモ払い」、「auかんたん決済」というサービスが存在します。3キャリア全て揃っていると、サイトを利用するお客さまが便利という利点から、EC事業者さまも全キャリア決済の導入をご検討されるかと思います。しかし、 決済代行会社の中には特定のキャリア決済しか取り扱っていない会社もありますので、よくご確認される必要 があります。取り扱いされていないキャリア決済分のみ別の決済代行会社と契約するという手もありますが、それでは一括管理できずに手間がかかってしまいます。

2.費用が他社より抑えられるか

3.システム仕様が希望に沿うか

EC事業者さまが使用されているサーバ環境などに、決済代行会社のシステムを導入できるかを確認しましょう。また、 希望どおりのシステム仕様にすることが可能か、必ず決済代行会社に事前にヒアリングしておくことが重要 です。

4.セキュリティが堅牢であるか

その際に参考になるのが、 個人情報保護に取り組む事業者に付与される「プライバシーマーク」や、情報資産保護の安全性を証明する「ISMS認証」、クレジットカード情報保護における国際基準「PCI DSS」といった認証を取得しているかどうか です。これらの認定を受けている決済代行会社であれば、サービスが適切かつ安全に運用・管理されていると考えることができます。

5.新しい決済手段を増やしているか

決済手段は、次々に新しいサービスが生まれています。EC事業者さまのビジネス拡大時に新しい決済手段を導入したいとなった際に、すでに契約している決済代行会社がそれらの決済手段に対応していないと、別の決済代行会社を検討せざる負えなくなります。今後の将来性を考えた上でも、 新しい決済手段を積極的に取り入れている決済代行会社を見極める 必要があります。

でも決済代行会社ってたくさんあるしどこが良いんだろう・・・さまざまな決済代行会社がありますがどこも同じような案内でサービスの違いが分かり難いですね・・・しかし!SBペイメントサービスは一味違います!何がそんなに違うんですか?SBペイメントサービスが選ばれる6つの理由はこちらです!えっ!早く教えてください!・豊富な連携ソリューション、・決済ビックデータを活用したAI不正検知サービス、・豊富な決済手段を基にした総合提案/支援、・万全なセキュリティ体制を整備、・ビジネスに合わせた柔軟な接続、課金方式

SBペイメントサービスが選ばれる6つの理由

1.豊富な決済手段をもとにした総合提案と支援

SBペイメントサービスのオンライン決済では、豊富な決済手段を用意しています。クレジットカード決済やキャリア決済、PayPay(オンライン決済)、コンビニ決済、などの主要な決済手段はもちろん、コンビニなどで後払いができるNP後払い、中国市場で大きなシェアを持つ銀聯ネット決済、Amazonや楽天市場などのアカウントを使用するID決済など、多種多様な決済手段が導入可能です。 事業者さまの業種、取扱商品、ターゲットに合わせて総合的な提案と支援サービスをご利用いただけます。

2.万全なセキュリティ体制を整備

ECサイトに不可欠なセキュリティ体制が整備されているのも、SBペイメントサービスの強みのひとつです。 ISMS認証である「JIS Q 27001:2014(ISO/IEC 27001:2013)」や「プライバシーマーク」の認証を受け、クレジットカード情報保護の国際基準「PCI DSS」にも適合しています。
また、不正検知と保証サービスの無償附帯、クレジットカード情報の非保持化、本人認証サービス(3Dセキュア)対応といったセキュリティ対策にも積極的に取り組んでいます。

3.ビジネスに合わせた柔軟な接続、課金方式

SBペイメントサービスのオンライン決済サービスの決済処理画面への接続方式は、「リンク型」と「API型」からお選びいただけます。リンク型は当社が提供する決済画面を呼び出して決済処理をする接続方式です。一方のAPI型は、加盟店さまと当社のサーバ間で決済情報を通信することで決済処理をする接続方式で、決済画面を加盟店さまで自由に設計していただけます。
課金方式も「都度課金」と「継続課金」の2つの方式を選択可能で、クレジットカード情報洗替サービスもご用意しています。 事業者さまのビジネスに合わせて柔軟に接続方式、課金方式を選べます。
※決済手段により対応していない接続方式、課金方式がございます。

4.豊富な連携ソリューション

SBペイメントサービスのオンライン決済サービスは、さまざまなECカートパッケージとの連携機能を備えています。 連携可能なECカートパッケージは27あり(2021年9月現在)、EC事業者さまは簡単に決済サービスを導入できます。
個別にシステム開発を行うことなく、導入の負荷を抑えて複数のオンライン決済手段をご利用いただけます。

5.決済ビッグデータを活用したAI不正検知サービス

決済ソリューションを通じて収益を得る方法 AI不正検知は、不正な決済をリアルタイムで検知するサービスです。 年間、数億件を超える決済データから、あらゆる不正パターンを機械学習してモデルを作成し、人間では見分けがつかない不正パターンとの類似性を算出します。SBペイメントサービスのオンライン決済サービスでは、このAIを活用した不正検知サービスを、2020年から国内の決済代行会社として初めて自社で提供開始しました。このサービスにより、クレジットカード決済による不正取引の、より早い発見が可能になっています。

なるほどな!こんなにメリットがあるとありがたいな!で、最後の理由は!?最後の理由はこれです!

6.アクワイアラの立場から対応

SBペイメントサービスはクレジットカード決済において、2011年にVisaとMasterCard、2015年には銀聯(UnionPay)の国際ブランドライセンスを取得しました。クレジットカードの加盟店の管理を行う「アクワイアラ」として、事業者さまや他の決済代行事業者さまの包括加盟店審査を行っています。
他の決済代行会社では、契約時に決済代行会社とアクワイアラの連携が必要ですが、 当社では審査から決済サービスのご提供までワンストップで実施します。 そのため、事業者さまにスピーディーに決済サービスを提供することが可能です。

アクワイアラの立場だと何がいいの?ご説明しましょう!通常は、という流れでクレジットカード決済のサービス提供が行われるのですが、SBペイメントサービスは・・・アクワイアラの部分も行っているので決済サービスご提供までのスピードが違います!なるほど!そういう流れでサービスが提供されているのか!とてもありがたい!そう!SBペイメントサービスの強みはそこなんです!もうどの決済代行会社を選ぶべきかわかりましたね!はい!SBペイメントサービスに相談します!ありがとうございます!これでお悩みも解決ですね!

よくあるご質問

Q. 決済代行会社とは? A. クレジットカード決済やコンビニ決済、携帯キャリア決済等の様々な決済手段を導入したいEC事業者さまと各決済機関の間に立ち、一括で契約したり・管理システムを提供する会社のことです。 Q. 決済代行会社の役割とは? A. EC事業者さまのご負担を抑えて決済手段をご利用いただけるよう、契約手続きやシステム構築などのご支援をすることが決済代行会社の役割です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる